足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

バフェットの運用が踊り場

2020-05-23 15:28:15 | 投資戦略

バフェットの運用成果がさえない。

5月末のバークシア・ハザウエィのポートフォリオでは上位ビッグ5銘柄で69.46%と、全体のほぼ70%を占める。内訳はアップル35.52%、バンク・オブ・アメリカ11.19%、コカコーラ10.08%、アメリカン・エクスプレックス7.39%、ウェルズ・ファーゴ5.28%である。

残りはクラフト・ハインズ4.59%、ムーディ2.97%、JPモルガン2.96%、JPモルガン2.96%、USバンクコープ2.60%、ダビタ・ヘルスケア1.65%の5社が続き、ここに列挙した上位10銘柄で69.46%である。

バフェットの運用をみていると、もっと多様化している感じをうけるが、70%弱の銘柄に分析を集中できることが、運用銘柄数の多い運用者よりも時間の余裕が大きく、分析に深堀ができる。

バフェットの運用銘柄の数は同じ運用規模の競争相手に比べて集中度が高く数少ない運用銘柄だけに、運用者は数少ない運用銘柄アップル、バンク・オブ・アメリカ、コカコーラなどの分析に時間をかけることができ、専門的なツールを駆使して株価のパフォーマンスを追いかけることができる。

組み入れ銘柄については分析の推移に、競合相手の運用者よりも深絞りの分析ができ、競争相手の銘柄よりも優位な銘柄選択のチャンスが持てる。

競争相手を向こうに回して人気度の高い銘柄に絞るだけに、個々の銘柄のアナリストの分析資料を読む時間にも充当することができる。

銘柄数を絞った運用は、1銘柄あたりの分析に割り振りする時間が多くなり、運用成果での競争の優劣が出てくる。

バフェットのケースをみると、2人の主力運用者が銘柄の選択とポートフォリオを組み、成果の競争でファンド運用の強弱が決まるが、バフェットが運用戦略の柱をつくり、具体的な運用はトップ2人に委ねている。人気が高いのはファンドの安定的な運用成果である。

現在の投資銘柄数は50社で、上位5銘柄で69.46%とほぼ70%である。この銘柄群のパフォーマンスがバフェットの運用の成果を左右する。業種別には金融関連が30%を占めている。バフェツトが得意とする業種である。

 最近のバフェットの運用成果には目を見張る成果が見られない。

 

 

 

コメント

トランプ大統領の論戦に注目

2020-05-22 17:20:40 | 投資戦略

米中間の軋轢が相場の方向性を決める材料になってきた。株価はトランプ大統領の政策に大きな関心を集めはじめた。

大統領選ではトランプ大統領が中国との貿易摩擦のかべを取り払う宣言をした。また中国が原因とするコロナウイルスの感染も攻撃の的にし、早急に改善対策をとる行動に出ている。

大統領選で勝利するためには中国の侵食によって経済面ではおおきな被害を受けている問題に、野党は攻撃の焦点をしぼっている。

米上院では中国の影響度を軽減させる政策の立案に主動しはじめた。

大統領選が近づくにしたがい、米国では中国の侵攻排除を軸にした対策が進行していく。これまでに見られなかった戦いが政治面で始まるだろう。トランプ大統領も選挙で勝利をあげるために強権策の発動は必至である。

相場の流れはトランプ大統領の再選の方向に動いており、選挙では与党のトランプ大統領に賭ける人気が高まっている。

行動力のあるトランプ大統領がどのような意外性のある戦略を打ち出して、勝利につなげるか、今後の選挙戦の行方に相場は大きな関心を払っている。

秋の選挙の終了までは、トランプ大統領の言動が相場を動かすことになるだろう。

コメント

不思議な国、日本か?

2020-05-21 17:18:24 | 投資戦略

ニューズウィーク誌が「日本の生ぬるい新型コロナ対応がうまくいっている不思議だ」という記事を掲載し話題になっている。

日本のコロナ対策はすべて間違っている。検査を受けたのは人口比で0.185%。ソーシャル・ディスタンスも中途半端で、国民の過半数が、政府の対応に批判的。だが日本は、死亡率は世界でももっとも低い部類。直接死亡者は5月14日現在で687人、100万人当たりの死者は日本が5人、アメリカは258人、スペインは584人。防疫政策が評価されたドイツでさえ94人。日本がラッキーなだけなのか、政策の成果なのかを見極めるのは難しい。

日本のPCR検査実施施設は国際水準を大きく下回る。5月14日までに実施された検査数は約23万件、アメリカの2.296%。

外出制限もゆるい。緊急事態制限が発令されても、日本政府は自宅待機を強制したり、企業や店舗に閉鎖命令を発したりすることはできない。第2次大戦後に(アメリカが草案して)制定された憲法で国家権力が制限されているからだ。

日本は自ら法治国家、そして公衆衛生の意識が高い社会とみている。だが国民全員が真面目に感染予防をしたわけでもない。大きな懸念材料になったのはパチンコ店だ。数少ない営業店舗に入ろうとする客が長い行列をつくった。

しかし全体としては、相手を気遣い、人との距離を取り、握手を避け、清潔を心がける日本の文化は、感染者を抑える上で大きな役割を果たしたようだ。

医療従事者や感染者に対する差別的な言動という、日本文化のよくない側面も表面化している。そもそも日本がなぜ諸外国のような感染危機にいたらなかったという大きな疑問もまだ残っている。日本の現状を評価しているような、していないような、まさに奥歯に物が挟まった様な記事、そんな読後感を持つ向きも少なくないだろう。だが、やはり根本は、安倍政権に対するいやみで貫かれていると読むべきのようだ。

この記事を読んで感じたのは「日本が勝った」ということだ。

今回は国民が一致してウィルスと戦った。その姿勢を自慢してよい。犠牲者は出たが国民の意識と行動が抑えたと私はみる。

勉強が遅れるという犠牲を子供たちは背負った。しかしそれは取り戻す意欲が残っている。

ニューズウィークは、国民が団結してウィルスに対抗した努力と団結力を評価すべきである。

国民には慢心はないと私は思う。

 

本ブログも  ウィルスに戦うという意気込みを貫いてきた。

コメント

NYダウ平均 4万ドルに賭ける

2020-05-19 17:27:39 | 投資戦略

ウォール街での投機家の武器にコロナウイルスが登場してきた。

伝染病の拡散に大きな危機意識が盛り上がるが、それに対する特効薬の開発に医薬品会社の関心が集中し、新薬の成功のうわさが株価を動かす材料になってきた。人類が直面する生存の危機に繋がるとメデイアが騒ぎ出し、関連銘柄の株価が動き出した。

米の投資会社へリティジ・キャピタルの経営者ポール・シヤッツは「2021年に3万ドル台になり、その勢いが2023年にダウ平均4万ドルを目指す」と予見した。「この関門を超えると株価のトレンドは大きく上方に離れる」

「いま問題のCOVID-19の治療薬や医療機器が開発され、2021年の早い時期から試験、成果公表、新医療機器の出現と続き、決定的なワクチンの登場というスケージュール」というのが専門家の目標になってきた。

 このような前向きの動きが連続すれば、これまで失ってきた時間を取り戻し、対策が効果を上げ始める。失ったGDPの回復が人々の前向きの思考を生み出す。

 株式相場にも明るさが確実にもどるとみる。

 コロナウイルスの災害が、株式相場にもプラスの効果をもたらせることを期待したい。

コメント

バフェットが力説すること

2020-05-18 15:32:36 | 投資戦略

ウォーレン・バフェットの経営するバークシア・ハザウエィの本年の株主総会は、毎年、本社の所在地ネブラスカ州オマハで行われ世界中の株主が訪れてきたが、本年は期待を裏切ってインターネット利用で行われた。

コロナ問題が発生したので多くの株主が集中し開催するのを避けた。会社はインターネットを利用し簡便な株主総会になった。

バフェットは「バークシア・ハザウエィの株価がこれからの10年間もS&P500の成果を上回ることを目標にできない。個人の想定としては向こう10年間もこれまでのようにS&P500を上回るとは思えない。したがって投資家にはS&P500の株価指標のインデックス投信をお勧めしたい」と語った。

「ただ今後も資産の99%はバークシア・ハザウエィに投資するが、資金運用はS&P500のインデックス・ファンドへの投資が中心になる」と語った。

これまでの90年間の人生で学んできたことは、インデックス・ファンド、成長株投信などを長期的に上回ることは不可能と断言した。

メデイアでは「バフェットの成果は歴史的にみても常識を超えるものがあった。そのことは彼自身がだれよりもよく周知している。それだけにバフェット時代の終焉が来たことを世間に語りはじめた」と報じている。

バフェットが伝えたいのは常識をこえる記録を残したことである。

いつも有難く感じることは,

われわれがバフェットと同時代に投資家人生を経験してきたことである。

コメント