足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

アマゾン対グーグルの勝負

2018-04-28 11:09:10 | 投資戦略
NY株はS&P500、ナスダックは上昇したがダウ平均は小幅安とまちまちの動き。
韓国と北朝鮮の両首脳が「板門店宣言」に署名し、完全な非核化の実現で合意した。年内に朝鮮戦争の終戦宣言をする。米国にとっては中東問題が残されているが、朝鮮の南北問題の解決はアジアにとっては朗報である。

米国株の基調は強い。9年間に及ぶNY株の上昇トレンドは、相場サイクルからしてどこかで本格的な調整局面いりすることは、多くの投資家の頭に残る懸念材料だが、業績好調が相場の上昇トレンドを支える。

一例はアマゾン(AMZN)の株価の強いことだ。米国でのインターネット間連の代表株は長い間、グーグル(GOOG)であったが、最近はアマゾンが指導的な位置を占める。年初来の株価の上昇率をみるとアマゾンが+80%、グーグルは+20%である。昨日も株価は+3.6%で$1617.54まで上昇した。
ゴールドマン・サックスでは「買い」推奨を継続し、インターネットのデータ・センターの拡張と多様化を進めてきたが、先行き成長率は一段と高まるとみている。最近もアマゾン・プライム・サービスの年間料金を$99から$119に引き上げたが、手元の豊かな流動性を駆使して競合相手よりも一歩先を行くサービス提供で、値上げによる新サービス提供を顧客は受け入れる。成長の好循環にはいった。
アップルとアマゾンの競合は、株価の人気化からはアマゾンに軍配が上がる。


コメント