足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

バフェットの金鉱株買い

2020-08-15 17:13:10 | 投資戦略

ウォーレン・バフェットが金鉱株買いに出動した。

世界第2位の金鉱株バリック・ゴールドで、これまではバフェットとはあまり縁がなかった。

投資したのは発行株式数の1.2%で2090万株である。

大きな規模ではないが、バフェットは、この種の市況関連銘柄には大きな関心を持たなかった。業績は市況変動の影響に大きく左右されるので、バフェット好みではなかった。銘柄選択はバフェットではなく、後継者のトッド・コームズとテッド・ウィシュラーの強い推奨が投資のきっかけになった。バフェットの運用も、今後はこの種の銘柄がポートフォリオにはいり、運用の幅が広がった。

今回の非鉄関連への投資は製品価格の上昇という単純な理由から選考された。往年のバフェットならこの種の市況関連には手を出さない。

コームズとウイシュラーが注目したのは商品相場が上昇をはじめ、業績が上方トレンドいりしたからでる。商品市況の上昇だけでなく、バリック・ゴールドの収益が大きく上方修正されるのを買った。

バリック・ゴールドは製品の市況変動に影響を受けるが、業界のなかでも非鉄金属のブルー・チップスという定評があり、競争相手に比べて格段の差で合理化が進んでおり、当面は業績の上方修正が期待される。機関投資家のなかでもフアンの多い銘柄である。

それにしても、これまでのバフェットの運用スタイルとは大きな変化が出てきたのには大いに注目される。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« バフェツトの後継者 | トップ | 相場の見通しを上方修正 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パフェットと金鉱山株 (sd)
2020-08-16 14:16:09
パフェットが金鉱山株(?)と検索していて、このブログに辿り着きました。元々、ゴールドだけでなく、素材株自体に全く興味がないと記憶していたからです。ちょっとビックリするニュースでした。

当ブログのアーカイブを読ませていただいて、簡潔で適切な内容、とても参考になります。

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事