足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

急がれる新首相選び

2020-08-30 17:39:09 | 投資戦略

市場の関心事は自民党の総裁選に移った。石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長、菅儀偉官房長官が候補に上がっている。両院議員総会で選出される方向で進んでいる。どの候補が選出されるかは,話は混沌としているが、世論はどの候補が選ばれるかの早急な結果を期待している。

安倍晋三首相の突如の辞任表明だけに候補者選びは順調に進みそうである。コロナ問題という深刻な問題に直面しているだけに、これまでの経験から官儀偉官房長官が選ばれる可能性が高い。経済問題の処理にも長じている。決定に時間をかえる余裕はない。

株式市場も安定感のある選考を期待している。後継者選びは、安倍長期政権の最後の仕事になる。

 

コメント

バフェットの金鉱株投資

2020-08-30 10:52:52 | 投資戦略

バフェットが金相場の動きに関心を持ち始めた。これまでは金を運用対象とみて投資することはなかった。

しかし金鉱株のブルーチップといわれるバリック・ゴールドに投資したのには、バフェット通も驚いた。世間では金鉱株のブルーチップという定評のある銘柄だ。堅実な経営を通してきたが、バフェットはめずらしく2100万ドルを投資した。バフェットの資産運用の規模からすると、きわめて小さい金額で見落としてしまう。投資規模金額は別にして、金鉱株そのものに関心を持ち、ポートフォリオに加えたことにバフェット通は驚いた。

バフェットが、これまでの金についての見方を替えたかどうかを、今後の動きを注意深く追跡しなければならない。

第2四半期のSECへの報告書では、ゴールドマン・サックス、レストラン・ブランズを売却し、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、ウェルズ・ファーゴと代表的な金融株の比率を引き上げた。金融株は長年にわたってバフェットの銘柄選択の主柱で、今後ともポートフォリオの主力であることを誇示した。

バフェットはエネルギー関連を主柱にしてきたが、現在も変化はなく、ポートフォリオのメインシナリオには変化はみられない。

われわれが入手できるポートフォリオをみるかぎりでは、相場の先行きには慎重な姿勢を崩していない。

 

90歳の誕生日を通過したバフェットが、運用方針を変えるかどうかが大きな関心事である。

 

コメント

ソニーグループの優等生

2020-08-27 16:54:28 | 投資戦略

日経平均は82円安の2万3208円で終わった。

われわれの注目しているエムスリー(2419)-1.09%、ULSグループ(3798)-2.17%、日本新薬(4516)-1.24%、アンジェス(4563)-4.35%、そせいグループ(4565)-4.06%、住友鉱山(5713)-1.28%、ローム(6963)-1.27%も下落した。

日経平均の下落-2.8を上回る銘柄が多かった。現在の相場の人気の波に乗る銘柄は日経平均の上下への変動率が大きく、相場人気が上向きに転じてきたときは上昇の変動率が大きく、反動安がでたときには反対に下落率が大きくなる。

ここに顔を出した銘柄を業種別にみてみると医薬品関連の比率が高い。

トップに顔をだしたエムスリーはインターネットを通じて製薬会社の情報を提供するユニークな会社で21世紀に入ってから設立されたソニー・グループの成長企業である。

5年余で売り上げは3倍になったが、ソニーがこれまで蓄積してきた企業資産を独立させ短期間で成長企業につくりあげた。これからグループの拡張を進めるのに短期間で成長企業を育てあげた好例である。ソニーはこのような成長のための企業資産を抱えていることを実証した。

エムスリーの時価での投資を考えたい。

コメント

ウォール街で成長株の新顔が続く

2020-08-26 16:18:19 | 投資戦略

セールスフォースが急騰した。引け後、ダウ平均の構成銘柄エクソン・モビル(XOM)と入れ替えになることが発表された。8月末から実行される。典型的なクラウド・ソフトウェアの会社でこの業種から選別された第一号である。ダウ工業株としてはじまった指数だが、

時代の変化で産業構造の大きな転換を考慮した。今後もこの種の入れ替えが後続するだろう。セールスフォースは引け後の取引で13%急騰した。年初来では33%上昇し相場の牽引役になった。

ダウ平均の構成銘柄の変遷は米国の産業構造の移り代わりを的確に示している。

セールスフォースは最近、傘下のズーム・ビデオ・コミュニケーション(ZM)を放出した。株価は年初来+273%急騰した。先行き、ウォール街ではこの種の動きが広がり、新しい成長銘柄の出現が続くだろう。新時代いりがはじまった。

われわれにも新しい投資の分野を提供する役目をはたすが、成長銘柄を選択する分析も変える必要が出てきた。

コメント

米国株テスラに注目・・・自動車関連の成長銘柄

2020-08-25 17:06:36 | 投資戦略

自動車株テスラ(Tesla)に人気が出てきた。

投資会社ARK Investが「向こう5年間で$700~$4,000の株価の動きが期待できる」と推奨を始めた。理由は高い利益率、高い資本効率、自動運転、独自の技術力での開発した新製品。

特にすぐれた自動運転の技術は、先行きの高収益率につながりはじめた。世界の大手自動車メーカーは大量生産によるコストダウンに走り、自動運転の新技術の開発に立ち遅れてきた。テスラは過当競争に巻き込まれず独自の高性能の製品の開発に集中してきたのが、新製品の高い評判につながってきた。

テスラは100%の自動運転車をめざして技術開発をすすめてきたが自動化が70%までの高い水準にまで進み、競争相手との差を広げてきた。

ARK Investによると電気自動車の価格帯を従来のガソリン車の水準にまで引き下げることに成功した。向こう5年以内には電気自動車が3分の1の構成比になるとみる。後発のテスラの出番が到来する。

自動車会社の優劣が一段と進むが、テスラは技術力でも先端をいく。業界での成長株として注目したい。

コメント