田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

災いは突然に~マルサ

2016-03-31 20:50:36 | 2人3脚チンタラ道中
昨年の11月の事。
それは、昼下がりの突然の電話から始まりました。
受話器を手にしたカァちゃんのトーンが、みるみる下がっていきます。
こんなモードになったのは、もう何年ぶりでしょうか。 (笑)
                         
ヒゲ達中小企業の主が、ゲジゲジみたいに嫌いな人種があります。
ひとつは、チンピラやくざです。 ショバ代をねだる手合いのものです。
まるでアベ政権の高市大臣の手口そのもの、電波停止をチラつかせて、ゆするのです。
やくざが片手をポケットに入れたまま、チャカか何か握り締めてるかの様に見せるながら。
そして、非常に丁寧な言葉でお願いするのです。
もちろん高市大臣同様、けっして言葉に出して店屋を脅すことはありません。
金を払えと忖度する様に仕向けます。証拠は残りません。

もうひとつが、税務署さんです。 
一生懸命働いて帳簿を付けても、何かにつけ因縁を付けてくる。
まあ、向こう様も仕事だからしょうがないのですが?
               
そして我が家に、税務署員がやって来た。
年配の男性と若い女性の組み合わせ。
椅子に座っている女性の足に、マールが頭をこすりつける。
猫好きな女性みたいで、まんざらでもない気色。

署員の目的は、現金の流れを確認したいという事だ。
まぁ、ビルの売却・父親の死亡となれば、何か突きたくなるのは必然のことでしょう。
昭和30年代、両親のずさんな金銭管理がもとで、散々とっちめられた記憶から、
節税はしても脱税など一切しないというのが、内の考えでしたから、何もないはずなんだが?
            
署員は、猫の愛想に気をよくしたのか、笑顔の内に話しを続ける。
まるで、税務講座みたいだ。
でも、まぁ、こんなところまで質問するのかと、不思議がるほどの突っ込み!!
カァちゃんが用意していた通帳やメモを写真に納めて、その日は終わり。
後日の訪問とあいなった。

精査後の結果は、細やかな申告漏れとそれに伴う延滞税。
気付かなかった事を、カァちゃんは苦々しく思っている。
暫くして、調査結果の書類が届き、その後、別便で払込用紙が届いたのでした。
憤然としながらも、カァちゃんは翌日、納付したのでした。
「 こんな書類が、目の前にあるのは面白くない。 ムムッ 」 と、吐き捨てて。

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

外食2~思わぬ出会い

2016-03-30 14:26:26 | 2人3脚チンタラ道中
電気館での映画の後、あちこち四苦八苦して、やっと銀座通りの“伍乃40”に到着。
車椅子を降り、杖を頼りに店に入る。
   この写真をウェブ上で見ていて、選んだのでした。
カウンターは直ぐ近くにあり、ヒゲには助かる。
焼酎の“ 武者返し ” を腹に入れ、少しは人心地つく。
カウンターは、オープンな感じでイイ。
車椅子の運転で気疲れしたカァちゃんは、ビールの肴にソフトシェルクラブを。
                       
ヒゲが先ず選んだのは、鴨のたたき。 皮の焼き加減がなかなかです。  
           
さて、酒を選ばなくちゃー。
御多分に洩れず、此処にも八海山・本醸造があります。
で?、お値段をのぞくと、一合1200円の表示。 「 うわっ~! 」 
以前のブログで、八海山は7~800円もしてると書いた。
そのはるか上をいきます。
いったい、いつから八海山は、こんなバブリーになったのか。
80年代初め、この酒が、未だ熊本には無い頃です。
田園の店には、ごく当たり前に八海山があり、150ml=400円で飲めたのです。
今風なら、 “ 気楽にワンコインで飲める! ” と云うところ。
ところが、現在はトリプル・コインじゃあないと、飲めないのか。 うーん ・・・
鴨の後は、天ぷらを注文しました。   
ヒゲは、熊本の居酒屋では、刺し身盛合せを頼むことはありません。
ネタは、おおかた冷凍マグロ・養殖カンパチ・輸入サーモンと決まっているからです。
これでは違いが無く、仕事振りを楽しめません。
その代わり、天ぷら盛合せを頼むことにしています。
コレの方が千差万別で、はるかに仕事振りが解るからです。
店の姿勢や板さんの技量に至るまで楽しめます。

さてと、帰る準備でカァちゃんが、車椅子をセットしに行った時です。
ヒゲが、リップサービスで、「 兄さん、此処は何時までやっているンですか? 」と、
奥からカウンターへ出て来た板さんに声をかけました。
板さんは、「 12時までです。 」 と答えながら、「 社長! お元気でしたか? 」
と問うてきました。
あれっ、おかしいな?
ヒゲのことを、社長呼ばわりする人間は限られているハズ。
顔を良く見ると、ヒゲが元気な頃の同業店の板さんです。
カァちゃんも、直ぐ気付きました。
もう、この辺りでは数少ない昔の知り合いです。
そうか!
よし、今度また此処に来て、昔の話でもして盛り上がろう。 (笑)

        人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

ビリボーイ~熊本城マラソン2

2016-03-28 14:13:03 | ヒゲの毒舌
3/18(金曜日) Yahooニュースを見たら、面白い記事がありました。
千葉県松戸市の小学校での出来事。 ≪ 体罰 テスト間違いで校庭60周 ≫
惹かれてのぞいて見ると、50代の女教師の仕業らしい。
“ 漢字の書き取りの罰? ” もあったとか。
なんとまあ、最近のヒゲ・ブログ 『 ビリボーイ~漢字と熊本城マラソン 』 
の内容、そのままじゃあないですか。
55年も前の出来事が、タイム・マシーンでワープする様に、今も繰り返されている。

但し!
ヒゲ小学生時代には当たり前のペナルテイだったけど、今の時代は違います。
“ 体罰・虐待 ” にあたるらしい。
もちろん当時は、ヒゲにも多少の惨めさはありましたが、そんな“ 捨てたモノ ”
でもありませんでした。
絵や習字の練習は出来ませんでしたが、走る練習にはなりました。
おかげで、ヒゲに一番不足していた体力の養成がしっかり出来たのです。
まさに、人生、塞翁が馬ですね。
                      
城東小学校の運動場をひとりで駆け抜けた小学生ヒゲは、校門の所で立ち止まります。
ここが分かれ道。     
右に行くと熊本城の横道、左に行くと上通り商店街の中。
なにしろ、ほぼ一日置きに走らされるから、「 今日はどのルートを行こうかな? 」
なんて、楽しみだったのかも。 (笑)

上通りでは、魚屋さんが威勢よく動き回って、開店準備。
午前中、準備中の商店街の景色をながめるのが楽しい。
             
こんな楽しみは、真面目に学校で勉強する小学生には味わえないのです。(ウッシッシーwww)
お城のルートは、起伏に富んでます。
傾斜の差も大きく、石や木の根も道のあちこちに点在しているからです。
だから、“ コース取り ” を読むのは、走りの大事な要素になるのです。
こんな楽しみ(?)は、やはり校門を出て行くからでしょう。
       
冒頭の体罰女教師さんも、生徒に校庭60周は、余りに単調過ぎるのでは?
可哀そう!             
せめて、風景でも楽しめる安全な校外のルートを走らせて欲しい。
落ちこぼれヒゲの、ささやかなお願いです。 (笑)

        人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

食いしん坊ネコ

2016-03-26 16:36:37 | 銀&Marc物語り
ヒゲ家に来たニャンコ達で、最初に酒の肴に興味を示したのはギンでした。
コノシロを、ためらいながらパクリ。
しかし、それ以上は求めませんでした。
カァちゃんが 「 ギンは、案外“ くちぎれい ” みたいネ。 」 と。
くちぎれいとは、食べ物に卑しくない事を言います。
代わりにしゃしゃり出て来たのは、マール。
サヨリの刺身をスタートに、長崎カステラ・生牛肉・ショコラケーキ・馬刺し・干アジと、
グルメなレパートリーを拡げてます。
クンクンとチェックして、気に入らないとゴロリと横になります。
お決まりの御飯以外は食べさせない事になっているので、注意してはいるのですが ・・・
まぁ、お気に入りの物でも、ホンの少量で納得するので、ホッとしているところです。
ただ、カァちゃんは困っています。
必ず食卓に上がり込んで、何かヤレと催促するもんですから、料理が並べられないと。
        
マールのダーク・グリーンな眼が、暗やみでは、エキゾチックに光ります。
顔や首には、タイガー柄の模様が広がっている。
鳴き声がオモロい。
文字で書くと 「 ニャン 」 ですが、ショートレンジで不思議な感じです。
口をホンのちょっとだけ開いて鳴くのが、チョー可愛い!
顔つきはなかなかのモノ。
元AKB48の前田敦子似の、ちょっとイケズな雰囲気が。(失礼)
   「 どう? ソックリでしょう?? (笑) 」

この子の跳力がスゴい。
1メートルぐらいの高さには、「 スーッ 」 音も無く飛び上がることが出来る。
しかし、降り方は下手です。
まるで落ちる様に、「 ドテッ! 」 と生生しい音を立てての着地です。
トンは、降り方は上手でした。
高い塀で見張り番していて、ヒゲ達の顔を見たら降りてくるのですが、なんて云うか、
蛇が壁つたいにスルスルと降りる様に、両脚を巧く使ってストンと音も無く着地するのです。
そして、でんぐり返って見せます。
   
ヒゲ達が、その腹をモフモフすると、ご機嫌でした。

さて、ヒゲ達が寝ている時に、二匹のニャンコがウロウロするのですが、
もう今では、どっちの猫が歩いているのか直ぐ分かる様になりました。
マールの歩き方が、特徴的だからです。
フローリングとマーの爪が擦過する音が、深夜の家に響きます。
「 チカ・テン・チカ・テン・チカ・テテテテン ♪♪ 」
昔の、石炭蒸気機関車の線路音でしょうか?
或いは、新規パチンコ屋開店案内の、チンドン屋さんのミニ・ドラの音でしょうか?
「 今の時代、そんな音なんて、聴いたこともない!? 」
「 あっ、こいつはどうも失礼しました。 (笑) 」

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

AIの闘いとすき焼き

2016-03-25 17:14:57 | 2人3脚チンタラ道中
3/13 (日曜日) 
ゆっくり起きた為、もうNHK杯のテレビ・トーナメントは始まっていた。
今日は、TV観戦で忙しい日です。
                  
囲碁の、『 最強棋士対アルファ碁 』
ニコ生の 『 勝てば三百万円・将棋アマ棋士対ポナンザ 』
なんて煽るタイトルでしょう。
アマ棋士には殆ど縁のない、賞金300万円。
そんな人参ぶら下げられて、多くのアマ強豪が参加した。

さて、将棋の企画。 しばらく見て感じたのは ・・・
これって、昔ローマ帝国時代、キリスト教徒をコロッセオに集め、
腹を空かせたライオンを放つ、殺りくショーなの?
      
或いは、未来の地球で抹殺対象たる人類をターミネイトするマシーンショー?
ばったばったと倒され、負け犬にはインタビューに応える力さえ残っていないなんて。

第一、対局の条件が、きつ過ぎる。
時間設定がアマ棋士にはハード。
なにしろ人間側からは、詰めろのひとつさえ掛けるのが難しいのだから。
演ってられないヨ~!?
見るも無残な中、唯一慰めは、秒読み係りのかわい子ちゃんの存在でしょう。 (苦笑)
彼女らが居なかったら、この企画は無味乾燥したモノになってたかも。
ヒゲ的には、企画のタイトルを変えたらと。
 【 人間が、詰めろを掛けたら100万円 】 とか。 (笑)

時々、囲碁の方も見るのだが、おしゃべりばかり演っている。
対局中のイセドル九段の姿も見えないし、盤面のシーンもない。
ちょっとぐらい、碁盤を観たかったのに。
ここのニコ生では、やって無いのか?
憤然としながら、再び将棋の方へ。
それから暫く経過して、囲碁の対局では、「 人間が勝った! 」 と大騒ぎ。
実際は、先に三敗しているのだから、人類側の惨敗なのだが、大騒ぎする気持ちは理解出来る。
それは、映画・ターミネーターのシーンを彷彿とさせる。
多くの犠牲を払いながら、大型殺りくマシーンを炎上させて、歓声を挙げる反乱軍。
とうとう、こんな時代になったのか?

夕食は、長男の嫁はんが送ってくれた牛肉で、すき焼きパーチー。
カァちゃんの妹を呼んである。
肉は、東京・今半さんからの物で、一枚ずつ特殊なペーパーに包んで、
竹の皮で結び、桐の箱に!
食べる人間より、丁寧に大事にされてる様だ。 (笑)
      
先ずは、京都・三嶋亭式に、広いままのロース肉を焼き付ける様に頂く。
ヒゲみたいな年寄りには、少しどかっとくる食べ方です。
やはり、小ぶりに切ったのをチビチビいくのが相に合っているか。
熟成肉のミスジの中央筋が、旨そうにチジレている。
笹がきゴボウと一緒にいく。
妹・トンちゃんも、今夜はハイペースの飲みっぷりでご機嫌です。
牛肉で腹一杯になり、ウドンまでたどり着けなかったのが残念。
上等なお肉でした!! 「 お御馳走様でした~ 」

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (4)

週刊 デンエン

2016-03-23 22:16:40 | ヒゲの毒舌
ハーイ! ヒゲ編集長でーす。
今週も、スクープネタを貴方だけに。 (笑)
実は、今、熊本が熱い!?
と云うのも、最近の事件やスキャンダルに、おらが県が関わっているからです。
そんな貴重なネタですから、ここだけの話しにお願いしますネ。

熊本に居たことがある人なら、一度は耳にしたことがあると思うセリフ。
「 ジュンな、どこヤ? 」 全く、訳がわからない事でしょう、この質問。
  ( ジュンは、貴方の意です。 )
英語なら 「 Where are you? 」 と表現するところか。
すると貴方は、変なガイジンやなぁと。
目の前に居るんだから、 「 I am here! 」 とムカつく場面でしょう。
実は、貴方の出身高校を尋ねているのです。
決して、出身大学を尋ねているのではありません。
コレが、熊本県民の不思議のひとつ。
高校閥の縄張り意識が、実に広く行き渡っているのです。

これが更に 『 狭義のシチュエーション 』 となると、ちょっと厄介に。
「 ジュンな、どっちヤ? 」 となるのです。
熊本市に在るふたつの有名進学校。
「 貴方はどっちの学校出身ですか? 」 を尋ねている。
自分の出身校の良さを、ぎょうさん並べ立てて、一歩も引かない先輩達を何人も知っています。
母校愛と言えば、褒められもしますが、それだけではないのです。

さて、今!、世間を震撼させてる福岡の予備校生惨殺事件。
被害者・加害者共に、熊本出身の情報は流れています。
特に被害者は、上記の有名進学校のひとつ、 “ 熊本高校 ” の出身である事は明白です。
じゃあ、問題の加害者は? 
どうやら、もう一つの有名進学校らしいとの噂話もでたようですが、
表だっての話は全く耳に入りません。
同じ県立の、K高校との話もチラリと出ましたが、これも信憑性に掛けてるようです。
母校愛の為せる業で、悪い話は封じ込められているのかもしれませんね?
                             
そう言えば、卑近のブログ 『 将棋人気 ・・・ 』 の中で、
ヒゲ高校生が解説会の観衆に中学時の同級生が居て、ムッとして火花を散らす場面。
実は、彼氏は熊本高校の生徒だったんです。
そして、ヒゲはもう一つの高校の生徒。
その当時は、人気を二分するライバル校でした。

今度の猟奇殺人事件、まさかとは思いますが、このライバル意識が根元にあるんじゃないですよネ。
それにしても、ナイフと斧を両手に持った男が、素手の女の子を襲うのは、如何なものか。
せめて、相手に竹刀ぐらい持たせてやる位の、度量が欲しいところか。
余りの卑怯さで、廉恥を知らない行ないに、同じ県民として頭を抱え込む。

ついでにと云うとナンですが、このふたつの進学校のすべり止めとして有名なのが、
S付属高校でした。
これまた最近、経歴詐欺で賑わしている、TVに多く登場していた人物も熊本の高校出身だった。
それが、上記の高校だとか? いやはや ・・・   
                
真相を探りに、マスコミ記者さんも熊本入りしているんでしょうが、ヒゲ身辺では静かなもの。
タクシーの運転手さん達も、一言も話題にしません。 (笑)
これでは、週刊誌も売れず、編集長は首ですわ!

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

グリーン♪グリーン♪

2016-03-21 14:39:11 | 2人3脚チンタラ道中
以前のブログで、カァちゃんの家庭菜園は、パセリだに育たない事を話しました。
ヒゲ 「 まぁイイさ。パセリはデパ地下刺身にしこたま付いてるから。 ワハッハー 」
しかし、カァちゃんのプライドが許さない。一応、御百姓の娘さん! 
素人でも出来るパセリにソッポを向かれ、ヒゲからは散々馬鹿にされた。
他の苗物達にもトライするも、ずいぶん枯らし、長嶋一茂なみの打率だと。

そんな惨敗続きのカァちゃんが、去年、珍しい種を手に入れてきた。
物は試しと、孫と一緒に播いてみると、なんと芽が出た! ヤッター 
それは今流行りのベビー・リーフでした。
雪・寒波にも耐えて、育ち、ヒゲ家の食卓に上がる様になりました。
                     
今度は、食べるのが追いつかない程に育ち、ベビーから中学生サイズに。
成る程、こうなると少しアクがありますが、ヒゲには少々アクがないと物足りない。 (笑)
新鮮な青菜が付け合わせの主役として、器を彩ります。
朝の目玉焼きには、オリーブオイルで少ししんなりとなったのがちょうどよい塩梅に。

そして、去年から今年にかけ、我が家のベランダの色が大きく変わりました。
よく、花も実もある人生と言いますが、ヒゲは少し違います。
葉っぱが生い茂れば、ご機嫌。グリーン色が窓越しに見えると嬉しい。
        
更に、豆の茎が延びたのがイイ。 
くるっと巻いたツルの風情が、なんとも言えないヒゲ好み。
花芽が付いて、 「 絹さやの収穫が楽しみ~! 」 と言うカァちゃん。
しかし、ヒゲは食べるのはどうでも良いんです。 (笑)
雪でやられたソテツも、なんとか復活出来そう。  
前の家から連れてきた彼岸花も、相棒のクローバーもどきと元気にしている。
                        
そして、今日。  
ヒゲの前には、父が晩酌に使っていたグラスに桜の小枝が飾られています。
昨日、御彼岸の墓参りに行き、懐かしい新町散策をしました。
新町は、ヒゲの祖父時代からの家が在った所で、父が育った場所。
敷地内に恵比寿様の祠が在ったのを、祖父母亡き後、神社として建立しました。
そこの桜が大きく育ち、今年も花見が楽しめそうです。
カァちゃんが、やっと手の届くところのを二枝、一足早く頂きました。仏様用に。
帰りは、蕎麦屋へ。    
ヒゲは、子供時代から店の前を度々通っているのですが、入店するのは初めて。
        
先ずは、板ワサと馬肉煮に熱燗を注文。
なんと、チロリのまま出て来た。 これまた、初体験。
天ざる蕎麦とおかめ蕎麦を食べて、満腹のふたり。
何時もの様に、調子が盛り上がらなかったのございました。 

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

麻痺那星雲

2016-03-19 15:57:35 | 田園ものがたり
先日のバッテンさんのコメントでの、 『 春ですね ♪ 』 の中の一文。
「 味の素で、マヒナスターズ 」
何の意味かわからない方もいらっしゃるでしょう。
ヒゲに、少し補足させていただきます。
とはいえ、かなり広範囲で歴史的な部分もあり、補足の域を超えてしまうのは、
しょうがないと思って下さい。

マヒナスターズのマヒは、『 麻痺 』 で、舌が麻痺するの意です。
最近のメディアでは、グルメ漫画 『 美味しんぼ 』 の中に登場してます。
中華料理シンドロームと云う症状で、紹介があります。
つまり、中華料理を食べた後に、舌が痺れるような感覚が残ると。
或いは、ちょっと前の(今は知りませんが)、ラーメンを食べた後の不快感。
原因は、化学調味料(味の素)の使い過ぎですね。
    

しかし、テレビ・メディアが、この症状を公開する事は決してありませんでした。
昔も今も、サントリーと味の素は、テレビにとって大き過ぎるCMスポンサー。
間違っても、そんなスポンサーの悪口を流すなんてありえませんから。
だから、日本国民のごく一部の人しか、サントリーの混ぜ物ウイスキーを知りません。
もちろん、朝ドラ・マッサンでも、この辺りはスルーしてあります。
当然、味の素でマヒナスターズなんて、間違っても伝えませんよね。


味の素も、日本国内では、もはや飽和状態ですので、海外に販路を求めるのは
当然でしょう。
野菜など滋味豊かな食材の宝庫の南アジア。
化学調味料など使う必要の無い所ですが、
「 コレを少し入れれば、料理が劇的に美味しくなるよ。 」 と、
巧みに勧誘します。
昔、大英国が、清国の人民を騙してアヘンを吸引すると、気分が良くなりますよと、
勧誘して行ったのに似てますが。
そして、段々感覚はマヒして、アヘンや味の素の量を増やさないと、
美味しさを感じなくなると云うあんばい。
良く出来てますネ。

80年代後半、田園カウンター。
「 マスター、お土産ヨ。ママにも差し上げて 」 と、広島名物の紅葉まんじゅうが。
味の素の支店長さんからです。
そして、お連れさんに、「 この店はね、漫画・美味しんぼの料理を出すんだ。
             つまり、うちの会社とは敵対関係なんだが、面白い店だから、
             此処に来るしかないんだよ。 ハッハッハー 」
ヒゲも、さすがに、この説明にはグウの音も出ません。 この支店長の太っ腹!!

さあて、ヒゲも一句ダジャレ返しをしないと、オヤジの名がすたる? (笑)
最近の国会議員のお粗末サ!
もうちょっと、マシナスターズな先生を選ばないと日本死ねかも。 (汗・汗)

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ナイト サッカー

2016-03-18 18:04:02 | 銀&Marc物語り
ヒゲ家に来て、もう五か月程になるギンとマール。
最初から我がもの顔で動き始めたのには安堵したのだが、最近の激しい運動量には、
ヒゲ夫婦も困ったちゃんモード。 (笑)
寒さが薄らぎ、布団と仲良くしなくてよくなった二人は、たちまち我が世の春とばかりに。
ニャンコ達にも、男と女の性格の違いはあるようで面白い。
♂のギンちゃん、いたずら小僧風な風貌が可愛らしい。
白っぽい毛並みに、ヒョウ柄のドットがあり、前の飼い主からは 「コハダちゃん 」 
とも呼ばれた。
グリーンの眼が印象的。ウルメイワシみたいな涙目で、ヒゲ達を見つめます。
                
この子の鳴き声も独特で、怪獣の高音域帯的な声です。
オタク的な例えですが、怪獣ラドンが隠れていた阿蘇の火口壁から登場する時、
「 キッキー、キッキー 」 と現れて、阿蘇の観光客が逃げまどいながら、
熊本の『 産交バス 』 で避難するシーン。
熊本県民にはおなじみのバスに、映画の観客からは拍手が起こった場面を
思い出させます。

或る夜のことです。
「 カサッ! カサッ? 」 と、何やら音が聴こえてきました。
やがて、ギンちゃんが床を走り回る音が耳に届きます。
そおっと目を開けると、二匹は楽しそうにサッカーを演っているのです。
ギンちゃんが先導し、マールが追い駆ける図式です。
ボールは、ゴミ箱を倒して(!)選んだもの。
カァちゃんが紙を捨てる時、くちゃくちゃと丸めてボール状にする癖があります。
それが、お気に入りなんです。
ギンちゃんの右手、否、サッカーですから、前足と云うべきでしょう。
メッシも顔負けのドリブルで、紙ボールを操りながら走りこみます。
ところが、ギンがミスしてボールが転がるや、マールがタックルしてボールを取りに行きます。
ゲームは、サッカーからラグビーに変わります。 (笑)
ひとしきり遊び回って疲れると、何事も無かった様にヒゲの布団に乗ってくるのです。
次の朝、起きたカァちゃんの悲鳴が我が家に響き渡ります。
ゴミ箱からはみ出したクズクズに、運動量を物語る抜け毛の散乱 ・・・・ お見事です!!
        
カァちゃんの声で状況を把握した二人は、おとなしくヒゲの横にべったり。

写真を取ろうと、紙ボールを与えてみたのですが、夜中みたいには動きません。
自分で見付けたものでないと、盛り上がらないのでしょうか?
    
「 どうしようかなぁ? 」 と暫らく見つめています。  
そして、口にくわえて運びました。  
    
前足で、チョイチョイと動かし始めますが、気合が入らない様子。
     やっと、マールも参加します。

さてさて、今月の定例飲み会ですが、第三月曜日が祝日の為、翌日の火曜日にします。
しばし、ニャンコ達に留守番してもらい、県知事選でも語りましょう!

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

酒飲みの経済学

2016-03-16 16:13:14 | よもやま話・酒編
ヒゲには、どうにも不思議に思える現象があります。
最近の熊本(日本?)では、酒飲みが冷遇されているんではないかと。
これが、信じられない。
酒飲みは、しかるべき優遇がされて当たり前と思うのです。 (笑)
というのも、栄通り時代の苦しい経営を、飲み客達から助けられたからです。
ヒゲが助けて貰った数式は、次のとおりです。

和食屋でのランチ。
例えば、和定食1,000円で、20人の客をこなす。
ひとりでさばくと、ふっと云う疲労度ですが、合計は二万円しかあがってません。
「 あちゃー 」
お茶のサービスを何度もこなし、茶殼の山が労働量を物語っています。
同じ客が、ビール中瓶を頼んだとしましょう。
すると ・・・ ビール代 550円。 突き出し代 250円。
つまり、本日のランチ代の総売り上げは ・・・
550+250+1000=1800円  これに人数の20を掛けて = 36,000円。
二万円と三万六千円の差は、途轍もなく大きい。
コレがひと月続くとすると、大した額です。
ひと月のランチ代で、家賃をまかなうのが目標ですが、飲み客の払いで人件費の
一部までペイ出来るかもしれません。
ヒゲの母親なんかは、相手が飲む客と分かった瞬間、揉み手して喜んだモノでした。 (笑)

こんなに有り難い(!)酒飲みを、何で冷遇するンでしょう?
最近の熊本の小じゃれた店では、メニューが二つあります。
ひとつは、料理のメニューで、横文字が多用されたオシャレーなやつ。
しかも、お値段もリーズナブルです。
ところが、もう一つの、つまりドリンクのメニューを開けると、目が覚めるのです。
日本酒の値段が高すぎるからです。
まるで、飲むなと言わんばかり。
こんな高額な酒を出してて、 『 居酒屋 』 と云えるのか?
ウチの店は、酔っ払いを相手にしてません。
飲まない御上品な女性客ばかりで御座~いますとアピールしてるようです。
まあ、それも良いでしょう。
もうひとつ考えられるのは、料理は低価格にして客を呼び込み、
その実、ドリンクの利ざやを大きくして、最終的な売り上げのバランスをとる。
分からんでもありませんが、浮気な女性客に飽きられてポイと捨てられない事を
祈るばかりです。

特に、日本酒の価格の高いのには、閉口する。
何で、ココまで上げなくちゃいけないのでしょう?
ヒゲの時代と比べて、そんなに原価が上がっているとは、思えないのですが。
「ふん! 酔っぱらいふぜいが、いちいちメニューの値段何か、覚えているハズもない。」
なるほど、酔っぱらいは料理の値段は、全く覚えてはいないでしょう。
どっこい、案外酒の値段だけはきっちり覚えているモンなんです。 (笑)

こんな寒い日、居酒屋の熱燗で一杯なんて楽しみが、今は気安く出来なくなっています。
気分良く支払う範ちゅうのプライスを、大きくはみ出しているからです。
なんてことでしょう。
せめて、年金生活者にも優しい燗酒を提供して欲しいナァ。
       
昨晩は、カァちゃんと二人、外飲みをしました。
一件目、カウンターのある居酒屋。
“ アオサ ” の天ぷらで名残の香りを肴に、立山の純米を熱燗で。
若い女性スタッフに、燗付けを説明するのに一苦労。 (笑)
二件目は、知り合い夫婦の店へ。
同世代なので、最近の客層の変わり方に意気投合して盛り上がる。
ここでも、燗酒を楽しむ。
お互いに体調が万全でないのは致し方ない年齢と、笑い飛ばしながら。

    人気ブログランキングへ 
   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (2)