田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

ボケかお迎えか?ドッチショー

2017-04-30 20:50:33 | ヒゲの毒舌
先日、Nスペ『認知症の・・・』を、つい(!)のぞいてしまいました。
今までヒゲは、この種の“ボケ防止ノウハウ番組”は、見ませんでした。
なぜなら、そんなボケが来る前に、ヒゲには“お迎え!”が来るハズでしたから。
そんなノウハウ番組は、自分には必要ない・関係ないと自覚してました。
      
生きてるのが奇跡だと思われている人間が、そうそう長くは生きないだろう。
それでも一応、2020年の東京五輪までは生かしてもらえばオンの字のつもり。
新・旧東京オリンピックの記念切手やコインを、孫三人に分けたなら、あばよグッバイ!
未練があるとすれば、ブログでまだまだ書き遺すべきネタが沢山あることだろうか?

そんな思いだったのが、最近ふっと、下手に長生きでもしたら!? (笑)
わぁ~、認知症が発症したヒゲは、誰に世話掛けるんだろう?
カァちゃんが元気な内はよいが。 そんな恐怖感に襲われました。

今のヒゲにとっての天敵は“骨折”でしょう。
ちょっとヘマをして転んだだけで、折れてしまうから始末が悪い。
待っているのは長期入院の道。
「ハイ、入院3カ月ですね。」 と言われたら、思わず天を仰ぎます。
退院した時には、もうヨレヨレになってますヨ。
ほら、高齢女性が骨折したら、そのまま認知症に一直線みたいな。
よくある例ですよね。
特に注意しないといけないのが、圧迫骨折です。
           
最近は、お脳の方も気になります。 例えば、英単語。
必死に新しい単語を憶えようとしますが、なかなか上手くいきません。
もう、昔憶えた単語をキープするのが精一杯です。 (冷汗)
なるほど、若い時の勉強は、身に付くものと再認識。
必要ないと思っていた認知症回避策。 最近見たのが、文春の記事。
幹線道路・高速道路沿いの住まいの人は、7%のリスクがあると。
ひっえー、そんな高いパーセンテージなのか?
                   
また別の週刊誌の見出し、認知症予防に“海馬”を鍛えましょう!
うんうん、そうか!
             
さて、冒頭のNスペ。
ボケ防止のノウハウ物は、ほんの少し“ 手の運動”だけが紹介されました。
そして、専ら説明されたのは、近未来の日本の風景。
ボケ老人は、まるでゾンビみたいに増殖して、5人にひとりが認知症になる社会。
こんな事なら、もう早く死んでしまった方がマシかもしれません。
いやはや、むつかしい世の中になったものだ。
                

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

下魚で一杯

2017-04-28 21:29:59 | 2人3脚チンタラ道中
4/10 (月曜日) 雨続きだったので、久しぶりの車椅子外食です。
今日は、銀座通りの“まさき”さんに向かう。
以前、わざわざ出掛けて店が休みで、ガーンッ! ときた処です。

代継橋を渡ると、花見シーズンと云うのに、やたらと川風が冷たい。
こんな日は、熱燗が恋しくなる。

この店は、車海老と中華料理が目的です。
店に着くと、カウンターでは、いけすの車海老が迎えてくれる。
こうじゃなくっちゃ!?    
カウンター回りは、やたらごちゃごちゃしている。
車海老踊り(980円)の後、ヒゲはコノシロの刺し身を頼みました。
           
なにしろ400円ですから、そんなに期待はしてませんでした。
やがて、若主人が運んできた鉢を見て、驚きました!
                
見ただけで解ります。 活けもののコノシロです。
すごい! 田園の店以来の出会い。
しかも、ヒラと見まごうばかりに薄く切ってあります。
これで、400円か!

直ぐに、酒を頼みます。
店指定の燗付け酒は、一合800円!となっています。
酒呑みのヒゲには、クラクラする様な値付けです。
二本飲んだら、1600円!
ひと昔前の上等和定食・松がいただける金額です。
年金暮しには、辛い設定です。
400円の刺し身と800円のお銚子。
そのコスパのねじれに、酒呑みは複雑な気分に陥ります。
まるで、カキ氷と熱々カレーライスを同時に食べる様な違和感。

入り口辺りの客が、おしゃべりの度にテーブルを叩きます。
その度にヒゲ達のテーブルにまで、振動があって不愉快になります。
トランプといい、どうして不動産屋にはテーブル叩き屋が多いのでしょうか?
聴くつもりはなくても、耳に入る話し振りです。 (笑)

注文した、骨つき豚の酢豚が出来てきます。
なかなか丁寧に仕上げてあるのが嬉しい。
中華料理もいただけるのは、ヒゲ夫婦にはありがたい。
父親が中華で、息子が和食の担当。
更に、先ほどのコノシロのアラ(!)の唐揚げのサービス品が出てきて、
またまた酒がすすむ。
下足バター焼き(700円)が出ると、ヒゲは再び驚きです。
なんてリッパなLサイズのアオリイカの生下足を使ってあるのでしょう。
これも、田園の店以来です。
普通の店は、冷凍甲いかの下足がほとんどですから。
それにしても、料理はまあ良いのだが、若主人の覇気のなさが気になる。
やはり、店は雰囲気も大事、店主の元気さも大きな要因だ。

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

あきらめない男~加藤一二三の伝説

2017-04-26 19:39:34 | ヒゲの毒舌
3/27(月曜日) テレビの番組欄に、『ノーナレ』 棋士・加藤一二三 とある。
何だ、このノーナレってぇ横文字は?
年寄りには、わからない。
ボケ防止用の“ノートレ・脳トレ”は知っているけど。 
まあ、イイさ!? のぞいてみよう。
どうやら、加藤一二三九段のドキュメンタリーみたいだなぁ?
それも、ナレーション無しの ・・・ あっ! だから、 ノー・ナレーション か。
なんとも、親父ギャグより趣味が悪い造語だな。
最近は、こんな短縮化がやたら・ヤタラに流行って多い。
こう云うのを、芸がない。 つまり 『ノーゲイ』 (笑)

始まって間もなく、カァちゃんが加藤さんの鼻くそを見つける。 (笑)
ピンさんの大食いの映像が、また素晴らしい。
中原名人が語る、“3時のおやつ、三個のデザート事件(?)”は有名です。
     
今は、ヒフミンと呼ばれていますが、昔(?)は、加藤ピンさんと言っていた。
長ネクタイも、名物!   
映像には、嫁はんや子供さんの姿も。
ヒゲは、初めてお目にかかる映像!
こんな変な(失礼)お父さんを持って、大変ですネ!? (苦笑)
ところで、そのピンさんから頂いた色紙『直感精読』は、もう50年近く前の物。
四半世紀前と云う、ヒゲの歴史的遺産!
切手に続いで、古い物です。
ちなみに、その次が嫁さんです。 

番組終了後も放置していると、次ぎの番組“プロフェッショナル 仕事の流儀”の映像に。
この番組に登場する人は、少々アクが強い方が多いので苦手ですが。
ザザビーズの業者で、日本人が登場します。
     
各地の美術館から依頼されて、過剰な美術品を売りさばく仕事が紹介されています。
             
興味を持って見ていると ・・・ 特徴ある建物が登場して、記憶が蘇る。
岸部一徳が演じたドラマでの伊藤若冲の絵があるかも?
        
「 あれっ、ジョー・プライスさんじゃあないか! 」
        
ほら、伊藤若冲の蒐集家で有名な。
クローズアップ現代にも登場したし、ドキュメンタリーでもよく放送されている。

日本人ディーラーが、ジョーさんから依頼されたのは、コレクションの買い手です。
なるほど、そろそろ終活の時期でしょうね。
しかも散逸しない様に、一括購入してくれる日本の美術館を探すのか?
凄い金額になるハズだから、余程の館じゃあないと無理かも。
果たしてどこの美術館が落とすのか、興味は尽きないところ。

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ドンにも色々ありまして 🎶

2017-04-24 15:42:48 | ヒゲの毒舌
先ずは、前ブログ“物欲よ、さらば”の、M・マウンテン氏のコメントをお読み下さい。
このコメントにインスパイアされて、つい筆を取りました。

では、『松の木小唄』のお調子で、お手を拝借。
えッ?
「 そんな古い昭和の演歌なんて、誰も知らねえゾー! 」 ってえ?
まあまあ、ちょっとお付き合いを。       

      まつの木ばかりがまつじゃあ無い  🎶  
                時計を見ながらただひとり~  ♫


このオリジナルに対して、替え歌も流行ったもんです。

      キリンばかりがビールじゃあ無い
                アサヒにサッポロみなビール   🎶

この唄は、最後の 『 クチビール(くちびる) 』 が受けたんです。 (笑)

お次は ・・・
      天丼ばかりがドンじゃない  🎶
                ウナ丼  カツ丼  オヤコ丼
            今か今かと腹空かし  丼待つのもまーつのうち 🎶
         喰えないドンもありまして ♫  
                ノドンに   テポドン   みんな嫌
           都議会のドンも  阿蘇から飛び出すラドンも嫌~
                    訳の分からんキム野郎のドン腹  もっと嫌~ 🎶

                 

ついでのニュースをもうひとつ。
先ごろ、日本中を騒がせた “ つなぎ融資の女王 ”が、7億円をだまし取ったとして、
熊本県警に機上で逮捕されました。
地震で一番被害が大きかった熊本の益城町の出身です。
そこに建ってる一億円の豪邸は、被害もなかったように見えますが?
その詐欺の手口の巧妙さ、悪どさから、色んな噂がささやかれています。
熊本特有の出身高校探しもあってるようで。
カァちゃんが 「 私の後輩ではないでしょうね? 」 と、心配しています。

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (4)

君臨と大きなお世話?

2017-04-22 14:06:59 | ヒゲの毒舌
たまーにですが、ヒゲもカラオケ・スナックに行く事があります。
だいたいバーボンロックですから、上機嫌になり、がなり立てる昭和のオヤジモード。
                          
ところが、歌い終えると採点してくれるありがたい“カラオケマシーン”がある店も。
何て素晴らしい機械でしょう!?
      
しかしですよ、点数が62点となると、冷や水もの。
こちとら気晴らしで唄っているのに、何だこの点数付けは? (怒)
不愉快になります。
まるで、カラオケ教室での練習みたいやん。
第一、こちとら酒を煽っての気晴らしソング。
酒の味も知らねえマシーン野郎が、要らぬお世話だい。
                            
先日の将棋名人戦の中継と解説。
解説の途中で、コンピューターのポナンザの評価値が登場する。
ヒゲ的には、これが興ざめ。
まるで、格下の人間同士の闘いを、上から目線でコンピュータが眺めているようで。
そして、AIくんが評価関数をつぶやきます。
「 今の佐藤の手は何点。稲葉くんの手はO点じゃ。 」

                 ≪ 文とは直接関係ない写真ですが ≫
チェスの世界では、歴代チャンピオンの序列をAIが判定するとか。
コンピューターの選んだ指し手に一番合わせた人間が、高評価されるということか。
何か嫌だな~。
将棋盤の上に君臨するAIの元、生身の人間同士がタイトル戦を争う図。
もう、ほっといてくれ! 人間は人間同士でヤルから。
これぞ、真の将棋名人戦だ。
あんたらマシーンは、マシーン同士でヤッテくれ。 (怒!)
マシーン将棋名人戦とでも、名乗って。

近未来の結婚相談所。
もう、現実化してるかも?
アドバイスするのは、もちろんAI。
情報源は、クラウドと政府の監視カメラ。
男女の相性チェックで、完璧な数字を叩き出すから信頼度が高い。
優生遺伝子情報も完備してますから、病気対策もバッチリと。
AくんとB子さんの相性度は、91点です。
直ぐに結婚しましょう。良い子が生まれますヨ。
                 
ケッ! 大きなお世話だい。
しかしなぁ~?
「パートナー位、自分で判断して決める!」と、居直れる日本男児が何人いるのだろうか?
マシーンが役に立つとしたら、煮えきらず結婚に至らない現代日本の若い男達の背中を押す
肝入り役ぐらいにはなるかもしれない?

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

甘鯛はウロコと共に

2017-04-18 18:52:55 | よもやま話・料理編
さてさて、前ブログでのこと。
当たり前みたいに、ウロコ付きの甘鯛の話をしましたが、そう簡単ではありません。
グルメ漫画・美味しんぼに依りますと ・・・ 
関東の板前が関西で甘鯛の料理をした時、ウロコを剥がして料理し、笑われたシーン。
まあ、京都人のイケズと云うか、グジに対する執念と云うか。
そないにしてまで、鱗まで喰わせんでもイイのに。 (笑)
   

やっとこさ、手作りで仕上げたひと塩グジ、一晩冷蔵庫で寝かせ準備OK牧場。
いよいよ焼く時が来ました。
先ず、1/6の切り身にします。
斜には切らず、ブツッとカットする作業。 案外平等に切るのは悩ましい。
この切り身に串を打って焼くのですが、最初に先輩から注意されるのがウロコ。
けっして“松ぼっくり”みたいに、ウロコが起き上がらないようにと。
つまり表側は、急な加熱じゃあなく、だましだましで焼くことが求められる訳です。
   
  
鱗を乾燥させる工程に、神経を使います。
ウロコがしっかり固まったら、ほどほどの焼き色を付けます。
その後、酒と薄口醤油を合わせた若狭地をウロコ側に塗って、
ウロコを柔らかくしていきます。
この付け焼きをニ、三度繰り返して若狭焼きの出来上がりと云う訳ですが ・・・
   

さて、この切り身を成功させたら、次に考えるのが、グジの姿焼きへの挑戦です。
この甘鯛の難しさの壁があります。それは、頭の重さ!!
末広に串前して、姿焼きの始まりです。
ウロコを焼く工程には違いはないハズ。
ところがどっこい!? 頭の部分が、グラ付いてきました。
あれっと気付く間もなく、バラバラに。 末広の串打ちのせいでもあります。
末広の串を上手に操るのは、よっぽど手練れの仕事です。
    

慣れない者が操作すると、頭の重さでいびつ(!)に金串に力が掛かり、
グジの繊細な身はホロホロとなります。
特に、腹の当たりは脆いので、注意が必要ですね。
田園の店でも、ほとんど上手くいった事はありませんでした。 (;´д`)トホホー
まあ、リンナイの天火焼き台を使い、網で補足してやれば多少は違いますが。
    

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

溜飲を下げた後で

2017-04-16 21:25:38 | ヒゲの毒舌
突然のトランプ野郎のシリア空爆。  
この悪役(!)同士のケンカに、ヒゲは快哉を叫んだ。
悪党の一方は、サリンを撒いたシリアの独裁者アサドと後ろ楯の皇帝プーチン。
もう一方は、それは人道上けしからんと、取って付けた様に世界の警察官を任じる
トランプ親分。
          
この展開に憮然とした、もうひとりの悪玉のキンペイ野郎。
自分ひとり、つんぼ桟敷にされ、中国人の嫌うメンツを失ったと怒!!
  「 ヘラヘラ笑っている場合かー! 」 
おっと、この“ツンボ…”は、つい最近のニュース解説で、ゲストが使ってしまった。
番組から、直ぐにお詫びの言葉が出たが、代わりの言葉はなかった。
ゲストは、ヒゲと同じ世代の方。
つい、使いガチなこの慣用句が今はダメみたい。
じゃあ、今は何て言うんだろう。
仲間外れ? 蚊帳の外? 聞こえないエリア? ・・・・
                   
そんな、世界で嫌われ者同士が衝突したこの出来事。
まるで、プロレスの悪者同士が戦っている様なシーンに、ひとしきり溜飲を下げたヒゲ。
そのお笑いの興奮が収まると、寒々とした昔の映画『デッド・ゾーン』が思い出された。
ここのブログで何度か引き合いに出したが、再び出番があるとは!?
    
今日は一捻りの、ヒゲのリメーク版をご紹介します。 (笑)

80年代のアメリカ。    
或る男性が、カミナリに当たります。
それを境に、彼は超能力者に成ります。
握手をすると相手の未来の一瞬が視える様になったのです。
そんなある日、紹介されたのが、倒産した不動産屋でした。
その金髪の男と握手した超能力者は驚きます。
目の前の品のない男は、将来の合衆国大統領だったのです。
           
さらに超能力者の頭に近未来の出来事が浮かんで来ます ・・・・
その男が派遣した無敵艦隊が、日本海に入った時です。
血の気が多いソリアゲ僕が、威してやれとスカッドミサイルを発射させました。
ところが、そのミサイルが思いがけず(!?)遠くまで飛翔してしまいます。
挙げ句、空母の直ぐ近くに着弾したからサア大変。
激怒の元不動産屋は、直ちに駆逐艦から、懲らしめのトマホーク攻撃を命じます。
徹底的に爆撃したハズでしたが、撃ち漏らしがあったのでしょう。
今度は、北朝鮮のどこかから核ミサイルが発射された。
ミサイルは、ソウルと日本の山口米軍基地を目指した。
ケンカ好きの米大統領は、引き止める側近を射殺して、核のボタンを押したのです。
しかも、そのうちの一本は、誤まって中国に向かったのでした。

この幻想を目撃した超能力者は、逡巡した後ピストルを手にしたのでした。

「 お粗末様でした。 」 の、ヒゲの一言で終わりますように。

            人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

物欲よ、さらば?

2017-04-14 08:37:25 | ヒゲの毒舌
お題「最近卒業したものは?」に参加中!
最近の日テレ系の新番組、小泉孝太郎が司会する『 眠れる森の美術館 』
タイトル名に釣られて、つい観てしまいました。
これって、フジ系の“ なんでも鑑定団 ” のレプリカなの?
笑ってしまった、ヒゲでした。
                  
“ なんでも鑑定団 ” は、ヒゲの楽しみな番組のひとつです。
しかし、もう、コレで目利きの肥やしにしようなんて気はありません。
番組で感心するのが、ヒゲより年配のマニア。
そう70過ぎて、更(!)に骨董品を収集しようと、ネットオークションに
血まなこになっている男性の方々の多さ。
「まあ、金が余っているから、イイじゃあないか。」と言われるとその通りですが。
その煩悩力には、脱帽します。
驚きの活力です。
これなら、スッポンパワーの錠剤も不要なようです。
ヒゲ的には、うらやましい限り!?
なるほどヒゲも、現役時代には、美術品や工芸品を血まなこで追い求めてました。
店のコンセプトは、本物しか使わないでしたから。
部屋に飾る御軸や色紙の蒐集は大変でした。
何しろ、予算が限られていますし。

しかし、リタイアした今。
いまさら物を買おうなんて、毛ほども思いません。
物欲的なモンは卒業です。
まあ、枯れ木ほどにはなってないのですが。 (笑)
今までに蒐集した美術工芸品の一部だけあれば、もう十分です。
例えば、ゴッホの真筆を差し上げると言われても、固辞するでしょう?
これは、ウソです。 はい! (笑)
後は、日々の酒と、そのお相手たる少量の気の利いた肴さえあれば、幸せ感が。
     
ヒゲは66歳ですが、番組見てると、70歳なんてとっくに過ぎているご老体が多い。
座敷には、並びきらない程の壺が在るのに、まだでも欲しがるのか?
その物欲には、感心します。
間もなくお迎え(!)のハズなのに、残される骨董品はどうするんでしょう。
奥さんや子供達が興味もなく、嫌われる多くの壺達を。
「 こんなに遺してどうするの? 墓にも入り切らないワー (怒) 」
                  
さて、物欲は卒業したヒゲですが、酒呑みの煩悩は、まだフツフツと残っています。
来週の月曜日(3/17)、元田園ビルの“ささの”で、天下を論じながらの飲み会です。
怖いのが、トランプ大統領暗殺の謀議を聞き付けたアベ憲兵隊が、
ヒゲ達を共謀罪(!)で逮捕する事です。
「 暗殺テロの準備行為たる酒呑みが、証拠である! 」 と。
“ 森友流教育勅語 ” さえ暗唱出来ないヒゲには、申し開きできないハズ。
唯一、「 町のパン屋さんより、和菓子屋さんがイイです。 」 と言うだけですかな。(笑)
そうだ、こう言おう!
「 憲兵さん、この会は酔いどれ合唱団の練習会ですヨ。
  決して、暗殺計画会ではありません。
  どうぞ御一緒に~ 🎶  蔦のからまーるチャペルで~ ♬ 祈りをささげた日 🎶 」

             人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (4)

魔都の生き延び方

2017-04-13 18:56:00 | カァちゃんのたわ言
以前のブログ“ 花嫁は、夜汽車に乗って♬ ”で、ヒゲ夫婦を話題に。
新婚旅行とは程遠い旅で、修業先の京都へ着いたあけみカァちゃんでした。
翌日のたった一日で、所帯の調度品を片付けたヒゲは、さっさと琵琶湖へ。
料理旅館での修業は、住み込みがお決まりです。
月に何度、我が家へ帰れるのか?

知人も誰一人無く、魔都に残されたカァちゃんは、どうしたんでしょう?
両親の過保護の元で育ったカァちゃんは、世間慣れしてない上に重度の方向音痴。
修学旅行・友人とのちょい旅・家具の買物に出向いた時の三度だけの京都体験です。
住居は、嵐電・妙心寺駅から妙に曲がって行く細道を通ります。
スーパーなど、食材を調達出来る店も何所にあるのか、全く分からない様な環境。
明日からの生活は、いったいどうするの?
魔都ですから場所を教えてくれる、親切なおばさんを期待出来そうもありません。
ここは、ご本人にインタビューしてみましょう? (笑)

と云う事で、これよりカァちゃんに執筆してもらいます。

京都初日、多忙な時間を割いて、オヤジさん(和食業界では、上司のトップをこう呼びます)宅に
夫婦で挨拶に出かけました。
此処で、思いも寄らぬ洗礼を受けます。
なんと、「 ぶぶ漬けでもどうどすか? 」 と。
在宅していたであろう親父さんにも会えず、ぶぶ漬けものさらず、手土産を置いて帰ったのでした。
(;´д`)トホホの京都に身構えた、忘れられない出来事です。
いけずに感じなかった、田舎育ちのお人好しカァちゃんの勉強スタート!!

先ず、同じ敷地内にある住居のオーナー宅に御挨拶。
おっとりしたおばあちゃんの丁寧な対応に、笑顔で返しながら、騙されないぞと引き締める。
それから、近所を歩いて回ることに。
小さな雑貨屋・八百屋・クリーニング屋・履物屋が見つかる。
そして、あることを思い付きます。
そうだ、電車で一回りしてみよう!  
京都市内の地図を片手に、新居の吉田マンションを出発します。
出口の所には、ざこば寿司と云う小さな店。 
左手の嵐電に向かいます。 妙心寺北門前が最寄りの駅なんです。
        
嵐電経由で、京都市内の電車に乗ろうとの塩梅です。
嵐電は、西大路通りの北野白梅町で終わります。
そこから市電に乗り換えて、西大路通り~北大路通り~東大路通り~四条通り~西大路通りへ
と、きょろきょろしながら京都市街を眺めました。
当時は路面電車ばかりで、一年位後に地下鉄工事が始まりました。
京都は、碁盤目のような区画で、方向音痴の私にも解りやすいものでした。

だが、ある時やっちゃいました。
京都駅からバスに乗るとき、妙心寺の文字が目に付いたので、飛び乗りました。
途中から、見知らぬ通りを走っているのに気づきます。
まぁ、妙心寺南門前で止まるから、少し歩けばよいだろうと、安心して降りたのです。
          
ところが、南門から北門までの距離が、それはそれは ・・・・ !!!
心細くなって、泣きそうでした。
それからは、バスの路線番号を確認して乗る習慣がついたのでした。
             
              ≪ 南門から北門の方を眺めると ≫

京都人になって、一週間位経った頃でしょうか?
大家さんの若奥様が、訪ねておいでになりました。
「片山さぁん、お洗濯はどないしてはりますか?ベランダに、洗濯機が見えないようですが?」
「はい、まだ買ってません。 取り敢えず、お風呂場で。」
「それは、いけません。 お風呂場は詰まりますから、早う買うて下さい。」

二人分くらい、しばらく手洗いでも間に合うと思っていた私は、驚きました。
そこまで介入されるのかとの思いと、見張られていることに。
洗濯機の搬入が何時か何時かと、4階のベランダを見上げていたんでしょうね。
                
      ≪ こんな風に、洗濯機置き場が用意されていたのです ≫

この後も、嫌な事は多少ありましたが、楽しかった事の方が多いです。
熊本に帰ってからの為には、貪欲に吸収すべきことが多々ありましたので、
細かいことを気にしなかったからかもしれませんが?
素晴らしい景観等々、みんなが憧れる京都ですが、長く住み続けようとは思わなかった私でした。

これを機会に、京都の想い出話を、時々書きましょう。

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

桶仕込み酒を飲もう!

2017-04-10 19:14:57 | よもやま話・酒編
以前のブログで、寿司屋で偶然出逢った藤田千恵子さんを紹介しました。
彼女は、日本酒や発酵食品に係わる著書があるフリーライターです。
後からですが、尾瀬あきらさんのコミック“みのり伝説”のモデルだったと知りました。
     
その彼女との会話で一番盛り上がったのが、“発泡日本酒”でした。
『 埼玉県の神亀 純米・活性にごり酒 』
                
神亀さんは、日本で初めて、全量を純米酒に切り替えた蔵元です。
この濁り酒も、今流行りの炭酸ガスを注入した発泡日本酒ではありません。
仏シャンパーニュ地方で作られる瓶内発酵と似ています。

これが手に入った時は、狂喜乱舞のヒゲでした。
なぜなら、これを入荷する迄は、“濁り酒に何を使うか?” 悩みでしたから。
もっぱら使っていたのは、石川県の菊姫にごり酒でした。
問題は、コレが甘味料添加の酒だったんです。
店のプライドとして、添加物入りの日本酒はためらいがありました。

そんな忸怩たる思いのヒゲに、驚きの連絡が来ました。
純米酒で、しかも濁り酒と云う。
これだけでも有り難いのに、コレが発泡してると!?
つまり、桶内で醗酵中の酒を瓶詰めして送ると云うこと。
にわかには信じられません。
どうやって一升瓶に密封(!?)して醗酵酒を保存するのだろう。

そして、酒が届きました。
ヒゲは、そーっと抱えて冷蔵庫へ。
一晩寝かせて、次の日が出番です。
お初の酒は、遥々長洲から来店頂く酒好きのドクターに出そうと決めます。

この方の酒は、いつもヒゲに一任です。
まぁ、常連さんの大半がそうでしたが。
さてさて ・・・ ヒゲは、うやうやしく一升瓶を抱えて“雪の席”に。
底に、白いもろみが沈殿しています。
蓋を押さえたまま、一升瓶をゆっくり逆さまにします。
そのまま20秒ほどすると、もろみが瓶の口の方に集まります。
で、瓶を元に戻すと、程よく全体が白濁してます。
            
そして、添付の押しピンみたいなのが登場です。
王冠の部分に差し込みます。
              
すると、醗酵ガスの反応があります。
一升瓶の入口当たりに、アワがピチピチと湧き上がってくるのです。
押しピンみたいのは、瓶内のガス抜き用だったのです。
少しピンを緩める(上に上げる)と、ガスが噴き出します。
再びピンで押さえて、急激なガス噴射を止めます。
そんな、だましだましの作業で、“瓶内の減圧”を済ませ、ピンを抜き取ります。
王冠の部分を外して、冷酒徳利に移してOKです。
いやはや、気を使います。
見ためは、菊姫濁り酒と変わりませんが、味わいは大違い。
口に拡がる発泡酒のプチプチ感。
甘味料のあの嫌さが無い、さわやか感が素晴らしい!
四人の客は、たちまち一升瓶を呑み上げたので御座いました。
もちろん、ヒゲとママ(カァちゃん)も試飲に参加です。
                      
     人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)