田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

リアル ハゲタカ

2018-08-29 19:00:07 | ヒゲの毒舌
8/21(火曜日) 新聞を拡げると、面白い記事が。
                       
   《  大塚家具の全株式売却  米ファンド 》
米ファンド、ブランデス・インベストメント・パートナーズが保有していた大塚家具の
全株式を売却していたことが、20日に関東財務局に提出された変更報告書で分かった。
業績が改善しない大塚家具への投資に見切りを付けたとみられる。
ブランデスは一時10%超を保有し、大塚家具の大塚久美子社長が当時の会長で父の勝久氏と
株主の支持を取り付ける委任状争奪戦を展開した際は、久美子社長を支持していた。


今、テレビ朝日系で人気のドラマ 『 ハゲタカ 』 の、粗スジを思わせる新聞記事。
               
ヒゲは、この委任状争奪戦の様子を、週刊誌か何かで見ていた。
あの時の味方が、逃げ出す展開!
まさに、リアル ハゲタカ。 「 いいね! 」
TOB・公開株買い付けなんて、特殊用語が徘徊する世界。
                  
まあ、ヒゲと父親との関係も、決して仲がイイものではありませんでしたが。 (笑)
ヒゲの場合は、面従腹背の精神で、耐え忍んだ間柄。
まあ、ハイカラ久美子さんには無理な話しでしょうが。

そこで思い付いたのが、 『 実録ドラマ! 仁義なきファミリー大塚 』
キャスティングですが、芸能界オンチのヒゲが推薦するのもナンですが ・・・
久美子社長さん役に、秋本奈緒美さんか檀ふみさんか?
     
 ( 成る程、壇ふみさんの顔は似ているがイメージが優しすぎるんと、反論するカァちゃん )

勝久会長役には、やはりアノ二人のどちらかをスカウトしたいところ。
        
アメフト監督か、ボクシング会長ですネ。
 ( ウゥ~ン? これは、笹野高史さんがいいんではと。 )
                          
この暑い中、ハゲタカとは場違いな無駄話をする、おもろい夫婦でありました。 (笑)

      人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ヒゲは、差別主義者

2018-08-28 18:43:05 | 田園ものがたり
今日のタイトルから、今はやりの女性やLGBT差別主義者と思われるかな?
嫌々、ヒゲが差別したのは、70年後半から90年代の冷凍食品です。
「 そんなモノ、使えるか!(怒) 犬に喰わせてしまえ。 」

80年代の、旧・田園の店。
ヒゲは、ホシザキの熊本支店長と打ち合わせ中。
新・田園の厨房の図面を示して、意見を求めます。
鈴木支店長は、大型冷凍冷蔵庫を指差しながら、首を傾げます。
6枚ドアーの、奥行きも充分な冷凍冷蔵庫です。

「 私見ですが ・・・ この冷蔵庫には、冷凍庫はひとつです。
  これでは、足りないと思います。
  普通、ツウ・ドアー、すなわち二個の冷凍庫になさる店が多いですよ。 」 (ニヤリ!)
        
ヒゲは、大笑いしながら ・・・
「 スズキ所長、ウチは冷凍物を使わない事で有名なんです。
   冷凍室は、せいぜい製氷機の氷と卸し生姜を保存しておく程度の役目。
   ついでに、店を見渡して下さい。
   サントリー製品と灘・伏見の酒は一本も置いてありません。
   よその店とは、まるで違うコンセプトなんですヨ。 わはははは~ 」

所長 「 ハアアー、なるほど!
      この食器洗浄機も驚きですネ。
      熊本の和食店では、初めての設置になります。
      よかったら、我が社のモデル店として使わせて頂けないでしょうか。 」

それから二年ほど経った、新・田園。
ヒゲは、仔羊の脳ミソの在庫を確認しに、冷凍室を開けました。
そしたら、ドドドドドっと、食材がヒゲの足元に滑り落ちて来た!
  「 何だ? コレは?? 」    冷凍室は満タン。
開けると、待ってましたとばかり、ネタがあふれるばかりに飛び出す有り様。
鯛のアラ ・ 魚の切り身一枚 ・ 宴会用のひとつ残りの物 ・・・
一個一個ラップで丁寧に包装され、冷凍室に放りこまれていた。
じゃまになる一個残りを、冷凍して決着をつける板場の風習を忘れていたのです。
    「 あ~ あ~ 」
スズキ所長の、ニヤリ(!)とした顔が、浮かんできました。
何もかも、お見通しだったのですネ。 (笑)
 
最近の業界を熟知していらっしゃるバッテンさんは、時代遅れのヒゲを笑っておいででしょう。
冷凍品の展示会もすごいようで、足を運べば、差別主義も解消するかもしれませんね。

        
                   
        
              
                     
   
この様子では、飲食店の厨房も様変わりでしょう。
冷凍が4ドアーで冷蔵は2ドアーに!
            
そう云えば、ヒゲ家も、冷凍食材が食卓を賑やかすのが増えてきました。
ヒゲの主義と同じだったカァちゃんが、変わって来たのです。
冷凍品の質が向上したし、何より便利で重宝だそうです。
冷凍庫が寂しくなると、お取り寄せ品をヒゲに選ばせます。
「 物さえ選べば、楽チン楽チン!! 」 と、言うカァちゃん。
こだわりの田園時代から思うと、隔世の感ですね。 (笑)

       人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

新作鉢盛りで壮行会

2018-08-26 17:48:31 | よもやま話・料理編
8/10(金曜日) ゴジラ孫のサマースクールの壮行会を開くことに。
親と共に、フィリッピンでの二週間・英語レッスンだそうです。
N〇〇さんの鉢盛りと刺身盛り合せを注文した。
鉢盛りは鉢盛りでも、“ 新作 ” とうたい文句が付いている。
古典鉢盛り演者のヒゲは、興味津々。
新作ってえ、どんなのヤロ?
      
中央のメロンの姿が、ハデで目を惹く。
デザート物を先に食べると、親に注意されるゴジラ孫は、自分を制する為か?
「 これは、冷蔵庫で冷やしておこうよ。 」 と言った。 (笑)
鉢盛りの器は、大皿ではなく、回転オードブル盆と云う商品名のもの。
中華の回転テーブルみたいなプラ土台の上に、5個の扇状鉢をセットする物。
田園で使っていた物は、この扇状鉢が九谷焼だった。
この回転オードブル盆を12セット購入するのは、けっこう大きな出費だったが。(笑)

先ず、ヒゲはツブ貝を取った。 「 アッ、久しぶりの生やん。 」
近ごろ、冷凍貝ばかりだったからなぁ。
ゴジラ孫は、笹巻き風が気になるようで、一番に手に取った。
柿の葉寿司みたいな物で、ご機嫌で食べた。 (シャンパンの奥に見える)
              
揚げ物は、コーンの天ぷら。
最近は、このトウモロコシの天ぷらがよく出てくる。
大きな有頭エビのつや煮。
じゃりじゃりと、背わたの砂が歯にさわる。 気持ち悪~い。
ローストビーフも、孫のお気に入り。 これも新作か?
明太子レンコンの赤い色がイイ。
鯛のアラ煮も入っている。 珍しい!?
こんな食べ難いモノは、昔は使わないのがルールだったが。
しかも、煮た後に冷蔵してあるから、骨離れが悪いワルイ。
自家製の甲羅焼きみたいなのが目を引く。 (メロンの斜め後ろで、見えない)
ミディトマトの射込みのアイデアは面白い。
さて、刺し身盛り合せの皿。
見ると、いかにも良いネタ使ってある。
活け物の養殖シマアジ ・ 真鯛 ・ 本マグロ ・ 甲イカ ・ タコ 。
しかし、ネタの切り出しが大きい!
失礼な例えで言うと、昔の田舎の魚屋のサイズ。
よく言えば、豪快に。 別の言い方では、“カン無し”と。
活けシマアジを、こんなに気持ち良くブツ切りにするなんて、有難過ぎて、
ヒゲの歯ではどうにも歯がたたない。 (汗)
娘夫婦が差し入れた赤ワインのボトルが珍しい。 
ジョージアの土埋めのワインらしい。 けっこう濃厚だ。
腹をみたしたラドン孫が、ゴソゴソと動き出した。
先ずは、猫の銀にちょっかい。
           
銀が成長したからか、ゴジラ孫の時よりおとなしく対応するニャンコ。
ムギュッ掴みにも、動じない。
ニャンコ遊びに飽いたら、キッチンの方へ移動。
玉ねぎを見つけ、コロコロと動かして薄皮を剥がした。
面白いのか!? 「 キッキー キッキー ワウワウ ・・・ 」 楽しそう!!
そして、あろうことか、玉ねぎにかぶりついた。
初めての生玉ねぎ ・・・ 少し顔をしかめたが、再チャレンジでガブッ!
辛みの少ない玉ねぎではあったが、一歳児には美味しくなかっただろうに? (笑)
こうして、ヒゲ家のにぎやかな宴は続いたのでした。

      
           《 レッスン開始時の講師の先生方と仲間達 》

      
      《 慣れて来た頃の、休講日の様子かな? ラドン孫もいる。 》
収穫ある体験だったようで、只今帰国のフライト中です。

        人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

復興需要と客引き

2018-08-25 20:15:16 | ヒゲの毒舌
つい最近のニュースで、思わず笑ってしまった。
 《 震災の復興需要が高い仙台市で、大勢の客引きが現れた。
         その数、700名!  アーケード商店街をうようよ~ 》
       
                   
「 あんたン所もね? センダイさん。 困ったもんバイ。 」
ちょうど同じ頃、熊本の新聞でも、客引きのニュースが登場した。
やはり、震災の復興需要をあてこんだ客引きが、街にウジャウジャ。
特に増えるのが、西銀座通りと三年坂通りの間のアーケード街。
        
熊本市に押し寄せた客引きは、主に大阪と福岡から来ていると。
当然、悪質な客引きは、お縄になるのですが ・・・
                     
どっこい、連中の巧妙なところは、相互互助会を創っている点らしいです。
パクられても、互助会から罰金(保釈金)が直ぐに出るから、痛くも痒くもない。
ブタ箱から出た日には、たちまち現場復帰の客引き。
保証がしっかりしている。
これなら、安心して再び悪業(!)に専念出来るっちゅう訳です。
これじゃあ、熊本ジゴロの客引きは、手も足も出ないでしょう。
             
今の安倍政権みたいなもんです。
悪業が暴露されても、形ばかり反省するふりして、ほとぼりが冷めたら、もう政権復帰。
友だち保証! ステキ~ 🎶 🎶
なーんて、うまい事考え出すのでしょう。
昔の田舎で在った “ 講 ” の応用編か?
これ程のワル知恵を、もっと全うな商売に生かしたら良いのに!?
なんて考えるのは、我々凡人の浅はかさでしょうか。

せいぜい我々は、この客引きシンジケートに捕まらないよう気をつけるぐらいか。
どうしても客引きに絡まれたたら、花畑公園を目指しましょう。
公園に接して、花畑交番があります。
是非是非、ご相談を。
                     
        人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

石焼き芋

2018-08-22 15:04:33 | ヒゲの毒舌
昭和30年代 ・・・
熊本市立城東小学校から帰宅するヒゲは、坪井川を渡って上通りに向います。
当時の坪井川は、ゴミ等が捨てられ、汚い川でした。
橋を渡ると細い道が二本。
一本は、信愛幼稚園に面した通り。
         
小学生ヒゲは、もう一本の道を選びます。
この道では時々、二輪のリアカーに出会えるのが楽しみ。
            
その日も石焼き芋屋さんが居た。
ワクワクしながら、半ズボンのポケットをまさぐります。
ヤッターマン! 今日はこずかいを持っている。

軍手をはめたオジサンは、壺の中をのぞき、一個を選び出します。
そして、竿のはかり(ちきり?)の丸盆に載せ、釣り上げながら、
右手のオモリをスライドさせます。
いかにも(!?)重さを確認したようにうなづいて、ヒゲに代金を伝えたのです。
           
四つ切りの新聞紙に包まれた焼きイモ。
割った芋のギザギザした断面から湯気があがるのが、おいしそう。
嬉しそうに頬張るヒゲの前で、おじさんは仕事しています。
              
壺の中を、グーっとのぞき込むみたいにして、唐芋(薩摩芋)を取り出します。
引っ掛けてあるS状のハリガネを抜いて、90度ほど回して、又ハリガネを差し直します。
再び壺に引っ掛け、隣の芋を取り出します。
こんな風に、次々と作業が進みます。
                  
「 なるほど、輻射熱が均一に当たるように、こんな手間を掛けるんだ。 」
感心する小学生ヒゲ。
作業を見ながら食べる石焼き芋は、いっそう味わい深くなります。
以来、石焼き芋は、新聞紙にくるんで食べるのが、一番美味しいと感じるのです。
屋台で買うお好み焼きなんかも、新聞紙にくるんで持っていくのは、当たり前の時代。
現在の洋風お好み焼き(=ピザ)が、立派な紙箱に容れられているのを見ると、
三丁目の夕日のヒゲは、複雑な気持ちになるのでした。
               
        人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

入れ歯入門編

2018-08-21 17:18:38 | ヒゲの毒舌
去年の12月のことです。
食事中に、「 カクッ! 」 と衝撃がありました。
差し歯が外れたのです。
まあ、しょうがない。 又、詰め直して貰えばイイさ。
そう考えて、差し歯を持ち、30歳代から通っていた歯医者さんへ。
以前の住居の近所だから、まぁ遠い場所なんですが。
             
診察したドクター、「 詰め直しは無理です。 」 と、事も無げに言った。
土台(根)が割れていて、使えないんだそうな。
なら、しょうがないと、治療をアクセプトしたのだが、問題が発生。
現在服用中のクスリに、歯の治療に影響する物があったのでした。
とりあえず、簡単詰め物をしてもらい、主治医に許可をもらうことに。

ほら、ヒゲが腰椎圧迫骨折した話がありましたよね。
その後、骨粗鬆症の検査をすると、相当レベルが低く、予防薬を服用始めたのです。
この “フォサマック錠” を三か月間止めないと、歯の治療が出来ないと。
あ~! 面倒臭い。
こうして、長期間を経てやっと、歯の治療が始まりました。
外れた差し歯の隣りもダメのようです。
ヤバい! 厄介にも長引く治療になりそうだ。

麻酔をしながら二本の抜歯・型取り・クリーニング・・・何度も通いました。
かろうじて、ブリッジ役の歯が生きていたので、部分入れ歯で済みました。
調整も済ませ、出来上がりましたが、まだまだ試練は続いたのです。
看護師さんに、「 自分で外してみて下さい。 」 と促されます。
トライしたヒゲは、気付きます。
後遺症が残る右手の人差し指が、効かないのです。
両手を駆使して、血まみれになって、やっと外れました。
「 エライこっちゃあナー 」 こんなに大変なのか?!
しょうがない。 動く指を計算して、トレーニング。
まぁまぁに、外す方法が分かりました。
そして、部分入れ歯を、夕食時にだけ使用するにしました。
そのうち、慣れるでしょう。

しばらくすると、今まで気にも留めなかった “ CM ” に目がいく様に。
“和らげる為のクッション剤” ~ 高座の座布団を引き合いに出してあるCM。
                 
或いは、「 ポリデント 」 ~ 部分入れ歯用洗剤とナレーションが聴こえる。
              
つい、目と耳がテレビ画面を追いかけてしまいます。
又は、電動洗浄機なんか便利そうとか。
       
目移りして舞う。 (笑)       
だって、カァちゃんの負担を軽くしてあげようと思う、優しい気持ちがあるもんですから。

         人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

天ぷらへの誘い~足赤エビ

2018-08-19 17:24:29 | よもやま話・料理編
熊本では、割と大きな足赤エビが獲れます。
不知火海では、自然漁法のうたせ網漁が行なわれています。
        
舟に帆を掛けて、自然の風にお任せの漁で、足赤エビも獲れるのです。
  
天然の足赤エビ! 特産と云うべき、大型エビ。
        

天草でも、コレを名物にして売り出そうと企画があったことが。
ところがどっこい、この企画はそう簡単ではありませんでした。
当然の事ですが、このうたせ網漁の釣果は自然の天候に大きく左右される。
そして、この足赤エビは、とてもデリケートで、活かすのがむつかしい。
勢い、冷凍処理で済ますしかないのですが、有頭エビの悲しさで劣化が大きいのです。
ですから、田園でも、この海老は悩みのタネでした。
活きた足赤エビだから、いくらでも方法がありそうですが。
先ずは、姿造り。  
頭と尾は茹でて、ミニ剣山に立てます。 身は、五つにカット。
まあ、伊勢エビの代用ですね。
悪くはないのですが、身が柔らかいから、熊本県民には微妙。

で、次に考えるのが、リッパな体躯を生かして、姿焼きはどうだろう?
お祝い事の席で、一匹付けの有頭の塩焼き!
いやあ、めでたい、めでたい。
しかし、実際焼いてみると、品格がない。
まるで、冷凍の有頭エビを焼いた時みたいです。
水分が少し多いせいか、焼くと外殻が浮き上がっているのが、見た目を損なう。
活き車海老の塩焼きの様な格調高さがないのです。
料理屋ですから、見た目の美しさも大事。
 
じゃあ、揚げ物はどうだろう?
頭は、茹でるか焼いて置いて、一緒に盛り付ける。
しかし、天ぷらにすると大き過ぎて、まわりとのバランスが悪い。
まあ、そんな事、気にしないならイイんですが。
            
じゃあ、ジャンボ海老フライなら? これなら、水分の多さも調節出来るし。
そこで、ヒゲはハッと気付いた。
このサイズなら、箸で摘まんで口パクは無理がある。
すると、ナイフ&フォークが必要となるナ~。
田園の小うるさい客に、「 自分の好きなように、カットしてお召し上がり下さい。 」
なんて、誰が言う?
案外、悩ましい特大サイズの足赤エビで御座いました。
             《 注 : 写真は、お借りしました。 悪しからず  》

         人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

タイブレーク

2018-08-18 17:17:03 | ヒゲの毒舌
今日(8/12)は、中学の同窓会の日だ。
出掛けるまでには時間があるので、テレビを点けた。
高校野球の『星稜VS済美』戦をやっている。 9回でのスコアは9対9。
         
なんと、派手で煽るような点数でしょうか。
そのまま、延長戦になだれ込みます。
両校、ギリギリの攻防戦を演じながら、12回に突入。
「 ひょっとしたら? 」 と、ヒゲは期待します。
今大会から採用された『タイブレーク制』を初めて観る機会があるかも?

ヒゲの願いは叶い、13回はタイブレーク方式です。
ノーアウト、走者一塁・二塁で始める形式。
何としても、点が入り易い様にして、試合の“決着”を付けるのが目的なんでしょう。
そして、星稜が2点入れる!   済美は追い詰められた。
延長戦での2点差! 普通は、勝負アリのセイフティーリードです。
が、解説者がいみじくも言います。
「 このタイブレーク制なら、2点差では分かりませんヨ! 」

済美のバントが、なんとセイフに。 これで、ノーアウト満塁です。
追い詰められてるのは、星稜の方だ!
済美の次打者のバッターが放った大飛球は、ポール直撃のホームラン。
史上初!  
逆転サヨナラ満塁ホームランと云う絵に描いたような幕切れでした。
イイもん観せてもろた。
こんな試合なら、初回から観とけば良かった。 (笑)
さて、同窓会に出発しよう!

       
ついでに、チェスのタイブレーク方式をご紹介します。
73年の学生チェス・チャンピオンシップ。
初日3ラウンド、2日目3ラウンドの、計6ラウンドのスイス式トーナメント。
優勝は、タイブレーク制です。
だいたいの意図は、“ どれ程強い相手と闘って、勝ったか!? ” です。
負かしたプレイヤーの勝利数(ポイント)の合計が多い方を、優位とします。

難敵との闘いが多かったヒゲ(4P)。
最終ラウンドでは、全勝(5ポイント)の相手との決戦。
ヒゲが勝っても、5勝1敗同士になり、同率になります。
しかし、タイブレーク制があります。
最終戦を制したヒゲは、相手の5ポイントを頂くから、文句なしでした。
現在は、どんな方式のタイブレークをやっているのかしら?

   
このお二人、似てませんか?
病気で倒れる前のヒゲは、「 フセイン 」 と呼ばれることも。 (笑)
ブログとは関係ない写真でしたが、ふと目に付いたので ・・・ 。

          人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ウイスキー ボンボン

2018-08-15 14:48:43 | ヒゲの毒舌
面白かった(!?)ニュース。
見出しは 『 調味料飲み 酒気帯び運転 教員逮捕 』 とある。
沖縄高専の教師が、6/16に起こした交通違反での言い訳がふるっている。
沖縄には、“ コーレグース ” と云う香辛料があります。
飲み物ではありません。   
泡盛に島唐辛子を漬けたモノで、沖縄麺食等に使用します。
唐辛子成分が酒に抽出して、香辛料として喜ばれます。
我が家でも、重宝した時期があります。
で、この先生が主張します。
「 飲んだのは調味料コーレグースであり、酒では無い! だから無罪だ。 」
まるで、最近のアベ自民党を絵に描いたようなすり替えです。

しかし、ヒゲには、この教員をとがめ立てすることは出来ません。
1974年冬の京都、平安閣、朝早い時間。
今日は、スッポンをほどく日です。
冬の京都の朝は、極寒です。
ヒゲとM宮君も、普通の靴下に高下駄の格好。
M宮君が、さばく係り。
ヒゲが、言います。
「 この生き血は、飲めるんですよね?試してみましょうか。日本酒を持って来ます。 」
グラスに、生き血が注がれます。
「 アッ、ちゃんと飲めますネ! 」 と、二人はうそぶきます。
「 コレ、濃ゆいから、もう少し薄めましょうか? 」
そう言いながら、ヒゲはたっぷり日本酒を追加します。
更に、三杯目も作って飲み合うと、寒い京都でも少し暖が取れたのでした。

そう、仕事中、生き血の味見と称して、日本酒をたらふく呑んだヒゲ達。
沖縄ソバの調味料と称して、泡盛をたらふく掛けて飲酒運転の先生を
笑うことが出来ないのでした。
            

ちなみに、ヒゲの小学生時代に、ウイスキー・ボンボンなるモノが登場しました。
    

ボトル型のチョコレートで、中が空洞(?)なのがミソ。
その空間には、ウイスキー風味なドリンクが詰められているのです。
           
爺ちゃんが、菓子を買ってくれると云う話にると、菓子売り場で小学生ヒゲが選ぶのは、
一も二もなくウイスキー・ボンボンのチョコレート。
ヒゲは、アピールします。 「 チョコレート 大好き🎶 」
しかし、小学生がホンマに狙っていたのは、中身の方だったのです! (笑)
三つ子の魂百までとは、よく言ったモノですね。

さぁ、久し振りの『 ささの 』での飲み会は、20日の月曜日。
話題満載なのだが、何処から始めようか!?
話しが盛り上がり、酒が進む肴も楽しみたいところ ・・・  

     人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

天秤~本音と建前

2018-08-14 15:15:34 | ヒゲの毒舌
ヒゲは、困っています。 今度の総裁選!
建前は、晋三の顔なんて、もう見たくもない。
このまま、東京五輪までなだれ込んで、開会式となると ・・・ 。
会場で、晋三~喜朗~バラ子の面々を拝むことになるなんて堪えられない。(笑)
 
誰でも(!?)イイから、替わって欲しい。
政策とか、そんなのは、もうどうでもいいから替われ~!
国民もヒゲも、もうウンザリしているンだ。

しかし、別の本音もあります。
ブログ屋として、晋ちゃん(ご夫妻)は得がたい人材なんです。
素敵 ~ ♬ (本音?)
こんな滑稽で、嘘つきで、浅ましい人物なのが、イイ材料(?)なんです。
まさに、風刺絵の主人公としては、最高のモデル。
余人をもって替えがたい素晴らしい総理大臣でしょう。
ブログのネタに困ったら、この人達を見れば、自然に文章が湧き上がる!
またぞろ、何処ぞで、コソコソと悪行を始めているからです。
             
しかし、もうロスタイムの時間が限られたヒゲ。
こんなクズみたいな人物に付き合っていくには、あまりに時間が勿体ない。
もっと有意義(!)なことに、時間を使うべきなんです。
自分の経験や知識など、他に書き残すべき話題があるハズ。
年初の約束? 『 味オンチ卒業の術 』 さえも、一行も書く暇がない。(笑)
なんて、体たらくなヒゲでしょう。
これを打開するには、KYするアベちゃんに辞めて頂くのが一番ですが、
少し未練も残るヒゲでござんス。 (笑)
                  
     人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント