田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

ナイト サッカー

2016-03-18 18:04:02 | 銀&Marc物語り
ヒゲ家に来て、もう五か月程になるギンとマール。
最初から我がもの顔で動き始めたのには安堵したのだが、最近の激しい運動量には、
ヒゲ夫婦も困ったちゃんモード。 (笑)
寒さが薄らぎ、布団と仲良くしなくてよくなった二人は、たちまち我が世の春とばかりに。
ニャンコ達にも、男と女の性格の違いはあるようで面白い。
♂のギンちゃん、いたずら小僧風な風貌が可愛らしい。
白っぽい毛並みに、ヒョウ柄のドットがあり、前の飼い主からは 「コハダちゃん 」 
とも呼ばれた。
グリーンの眼が印象的。ウルメイワシみたいな涙目で、ヒゲ達を見つめます。
                
この子の鳴き声も独特で、怪獣の高音域帯的な声です。
オタク的な例えですが、怪獣ラドンが隠れていた阿蘇の火口壁から登場する時、
「 キッキー、キッキー 」 と現れて、阿蘇の観光客が逃げまどいながら、
熊本の『 産交バス 』 で避難するシーン。
熊本県民にはおなじみのバスに、映画の観客からは拍手が起こった場面を
思い出させます。

或る夜のことです。
「 カサッ! カサッ? 」 と、何やら音が聴こえてきました。
やがて、ギンちゃんが床を走り回る音が耳に届きます。
そおっと目を開けると、二匹は楽しそうにサッカーを演っているのです。
ギンちゃんが先導し、マールが追い駆ける図式です。
ボールは、ゴミ箱を倒して(!)選んだもの。
カァちゃんが紙を捨てる時、くちゃくちゃと丸めてボール状にする癖があります。
それが、お気に入りなんです。
ギンちゃんの右手、否、サッカーですから、前足と云うべきでしょう。
メッシも顔負けのドリブルで、紙ボールを操りながら走りこみます。
ところが、ギンがミスしてボールが転がるや、マールがタックルしてボールを取りに行きます。
ゲームは、サッカーからラグビーに変わります。 (笑)
ひとしきり遊び回って疲れると、何事も無かった様にヒゲの布団に乗ってくるのです。
次の朝、起きたカァちゃんの悲鳴が我が家に響き渡ります。
ゴミ箱からはみ出したクズクズに、運動量を物語る抜け毛の散乱 ・・・・ お見事です!!
        
カァちゃんの声で状況を把握した二人は、おとなしくヒゲの横にべったり。

写真を取ろうと、紙ボールを与えてみたのですが、夜中みたいには動きません。
自分で見付けたものでないと、盛り上がらないのでしょうか?
    
「 どうしようかなぁ? 」 と暫らく見つめています。  
そして、口にくわえて運びました。  
    
前足で、チョイチョイと動かし始めますが、気合が入らない様子。
     やっと、マールも参加します。

さてさて、今月の定例飲み会ですが、第三月曜日が祝日の為、翌日の火曜日にします。
しばし、ニャンコ達に留守番してもらい、県知事選でも語りましょう!

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 酒飲みの経済学 | トップ | 麻痺那星雲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銀&Marc物語り」カテゴリの最新記事