田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

今夜(6/20)の小料理屋・あけみ

2009-06-28 19:36:01 | よもやま話・料理編
肴は、 枝豆 と くっぞこ (舌平目) ・・・

   丸々太った枝付き豆 = 100円      
こんな値段で、減反農家はやっていけるのか?
手が要る(?)料理で、需要が少ないせいかなぁ。
今はやり風居酒屋でも、せめて両端を切り落として、ウブ毛を取ってある枝豆が出ると、
少しホッとする。
中国産・冷凍枝豆は、せいぜい二次会のスナックあたりで、出してよ ・・・。

ヒゲが中学生の時、親父から寿司屋に連れて行ってもらった事がある。
付き出しに枝豆がでた。 それを喰っているのを見た親父が、激怒した!
「 お前は、中学にもなって、枝豆の喰い方も知らんのか!? 」
ヒゲは、豆を横笛式にくわえて喰っていた。
親の説は、こうだ ・・・ 
   豆を縦笛式に口の奥に入れて、引き抜きながらこさぐのが正しい食べ方だと。
なる程そんな物かと、疑いもせず、従ったのだが ・・・ 。
田園の店で、お客様方の頂き方を観察してみると、どうも横笛式が多いようなのだが?
皆様は、どうでしょうか?

   今でこそ、黒豆の枝豆も流通するようになって、
                 そんなに珍しくなくなったのですが ・・・
18年程前、
“ 美味しんぼ ” にも 『 黒い枝豆 』 等と紹介された頃です。
ヒゲの所にも、使わないかと打診がありました。
丹波の黒枝豆! なんと兵庫の酒流通(!)から、送られるものでした。
その頃、 酒 ・ 酢 ・ 醤油 などの上物は特定の酒シンジケートの独占でしたから、
解らないでもない話です。
但し、元価が掛かった割には、熊本の方には、いまいちウケが悪かったのが残念でした。

付き出しの枝豆の後は、 1パック3匹入り = 390円 の舌平目。
なんと全部子持ちだ。
今の、 『 浮き渡りカニ 』 もそうだが、子持ちを取り過ぎないようにするのも、
海資源保護の大事な所だ。
アジ・サバも、ちょうど繁殖期の “ 若い ” メスを取り過ぎて、少なくなっていると聞く。

          

舌平目は、鱗を取り、頭を落とし、黒っぽい方の表皮を取るのがミソだ。
剥きにくいので、布巾を使うのが良い。
皮を取る理由は、生臭さがあるからです。
裏の方は、取らなくても構わない。 (カァちゃんは神経質だから、遮二無二取る)
熊本では、すぐ 『 くっぞこの煮つけ 』 にしたがりますが、ここはバター焼きに
こだわりたいところ。
中骨にそって包丁目を丁寧に入れて、塩胡椒し、小麦粉を打って焼けば、
こんなに安くていいんだろうかと呻ってしまいます。
切り身にするような舌平目は、ベラボウな値段 (中央で) ですが、
熊本には、チョット小振りで安い良い魚がまだまだ落ちている。
コメント

馴染まないもの

2009-06-27 18:42:05 | ヒゲの毒舌
病気後のヒゲになじまない物 ・・・   

* パンツ一丁の男芸人 ---
* 今、乗っている車 --- スピード計が、37、38 ・・ 41とデジタル表示すると、
                   目がクルクルしてしまう。
         
      時計 10:23 も頭の中で、アナログ・スタイル  にしないと落ち着かない。

  そして、ケータイも持たないヒゲを、世間の人はあざ笑う。
          “ 世界の常識は、 あんた (ヒゲ) の非常識よ! ”

* 女性のプロボクシング --- 男の子のストリート・ケンカみたいな女BOX。
                      おもしろうて、やがて悲しきファイトかな?
                      こんなん、しゃんむりやる必要あるの?
* 男のプロテニス --- “ エース ” 一発で決まる男のテニス。
               相手は受けるそぶりもなく、次のコートに移るシーンばかり。
               それからすると、女子テニスの伊達公子たちはすごい。
               ボールに対する執着が良い。
               ヒゲの好きな “ 汗を流す ” 仕事が、次々と打ち出される。
             男のは、ルールでも変えたら?サーブは、アンダーハンド打ちとか!?
   

* 予告の長~い TVドラマとCGのやたらと多い映画。
   テレビおたくのヒゲにツライのは、
   サスペンス等で、途中のCMタイムに次の分のシーンを垂れ流される事だ。
   ヘタすると、次に誰が殺されるかのシーンまでも。 知りたくもない!!
   テレビ局もCM時にチャンネルでも変えられると、エライコッチャと心配なのか?
   ボンド・シリーズで一番好きだったシーン ・・・
     ボンドが、屈強のロシア・スパイと狭い客室で格闘する、あの汗まみれの時間。
     ハデな機械物の宇宙シリーズにはない “ 汗 ” が堪らない。
                

* 今どきソング --- これって、人間が歌っているの??
             機械が歌っているのか、マシーンが人間に歌わせているのか?
             おじさんには、どれを聞いても同じにしか聞こえない?

* キャバ嬢風ギャル ---   
      スザンヌも若いギャル子も、目に “ 黒いタンポポ ” みたいなの付けているの?
      どの子を見ても同じにしか見えない?

* 南アのW杯 --- 世界一治安の悪い南アで、サッカー観戦!?
            のほほんの日本人が、こんな所に行けるのか?
            鴨葱とは日本人のことか?
* イランの選挙 --- イスラム教・親分の鶴の一声で、全て変わるイラン。
                 こんな国で、民主選挙なんぞ、何の意味があるのかい?


漢検・アソウ級並みのヒゲ、最近やっと電子辞書に、スーイ、スーイと馴染んできました。
が、なかなか、パソコンには手が届かないで、カカァに笑われています。
こんなアナログな親父達は、カラオケでもやりに、田園ビルの “さんすい” にでも行こうか!

       時代遅れの ~    男のままで ~  
コメント

日本一、熊本小中高喫煙率! (熊日)

2009-06-25 15:18:13 | ヒゲの毒舌
「 タバコ吸うのは、けしからん 」  ついでに  「 運動会の酒も、けしからん 」
と、Mペアレンツから禁止になったとか?


ヒゲの小学生時代の運動会 ・・・ ジーさん (祖父) は、前日からソワソワ。
孫のかけっこ競技が心配か??  いやいや、朝っぱらの宴会が楽しみなんです。
城東小学校の運動場のはずれ、大きな銀杏の樹の下に “ 三段お重 ” を持って、
陣取ります。
ヒゲの親達も、直ぐ呼び出されます。
たちまち、お酒が飛び交い、大盛り上がり。
孫 (ヒゲ) の走りは見えない所なんですが?? どうなんでしょう!
心配いりません。
どうせ孫は、万年どべこす (最下位) と決まっているから観るまでもないんです。
今年も、どんこすでうなだれてきた孫に
「 ほら、お前も酒ば飲むか?
  少しぐらい良かたい、ハァツ、ハッ、ハー 」
          《 ヒゲ達の結婚式の時の祖父 》 

時は流れ、山之内小学校の中庭 ・・・
            

「 あー、校長先生、こっち、こっち!! 」
ゴザの中央には、一升瓶の “ 越乃寒梅 ” と “ 伊佐美 ” 、 肴はキャビア缶!
もう、まさに宴会場そのまま。
あけみカァちゃん、 「 先生、どっちがよかですか? 」
校長先生も嫌いではありません。 「 じゃぁ、寒梅を 」
  〈 もう、時効の話ですが、先生の名誉の為に ・・・ 
    一応辞退されました。 ヒゲのしつこさに負けて、舐められたのです。 〉

         

そして、この日も子供達の競技を見ることなく、飲み続けるヒゲ。
ジーさんのDNAとはいえ、なんという一家なんでしょう?!
カァちゃんは、ビデオとカメラを持って、子供の追っかけ ・・・



今どきのMペアレンツが見たら、何と言われたでしょうか?
良い (?) 時代でした。
孫が出来ても、こんな楽しみは、もう出来ない世の中なんですね。
酒の出ない運動会なんて、行ーかない!
コメント

芸術散舞(三昧?)のメオト(夫婦)

2009-06-23 19:24:52 | 2人3脚チンタラ道中
映画館行き “ リハビリ ” の済んだヒゲ。
今日 (6/11) の “ リハ ” は、なんと 『 美術館巡り 』 だ。
TVで宣伝されている 『 ルネサンス~ロココ 』 を見てやろうという訳。
先週はダビンチ・コード、今週はレンブラント、何んて我ら夫婦の格調の高いことだろう??!

        

だが、その品格とは裏腹に、トラブルが ・・・ ヒゲの “ ウ○チ ” だ。
三日間も “ ヤツ ” が出ずに、ウンウン呻っている。
とうとう最後の手段、強制ハイセツとなったので御座います ・・・ 。
疲れて、しばらく横に。 気を取り直し、いよいよ出発。

久し振りの二の丸公園から、県立美術館へ。
着いたはいいが、ヒゲもカァちゃんも入口が解らない。
タクシーの運転手さんも、 「 ここが玄関のはずですがね? 何か解りにっかですなぁ? 」
標示がないのだ。 やっとの思いで、展示室の入口まで ・・・ ちょっと休憩。
そして、本番! 
なんという事だ、今度は “ 眼 ” が合わない。
メガネを付けているが、こういう物を見る心の目が慣れていないのだ (残念!)。
休み休みしながら、喫茶室でティータイム。 ケーキとコーヒーのセット。


                               ~ 木陰の人影は、休憩中のヒゲ ~

再び展示室へ。 今度は、 “ 車椅子 ” を借りて!
お陰で、ゆっくり観れたのはラッキー。
さぁてと、帰ろうとするも、今度は帰り路が解らない。
いったい誰が、こんな蜂の巣みたいな設計をしたのか?
疲れて出口の階段に座っているヒゲの前を、猫とカラスが悠然と歩いて行く。

         

ヒゲには、目の前の 『 永青文庫展示室 』 に入る体力は残っていなかった。
庭の写真だけ ・・・



タクシーが来て、今度はバァさん (ヒゲの母親) の病院見舞い。
四人部屋だが、内のバァさんだけ、疲れたように寝ている。
こんな息子だが、喜んで笑顔になった ・・・

何時かは行ってみようと思っていた 『 宝寿司 』 へ、夕食のつもりで。
病院から、ヒゲでも歩いて行ける距離の所にある。
物でゴチャゴチャの店。 「 あの~ォ、入って良かっでしょうか? 」
やっと、カウンター2人分のスペースを取って座る。
「 あたし、あたし、今、目の前におっとよ。 宝寿司さんタイ。 出て来んね? 」
カァちゃんが、○○女学院のM監督に電話。
寿司屋の大将が 「 幼馴染の会話ですね。僕達は、恐れ多くてそんなに言いきらんです。 」
ヒゲは、にぎりと燗酒に。 カァちゃんは生ビール。
「 ちょうど、良かタイミング。 打ち上げの前の時間が取れて。 」 と、
Mちゃんはふな口の缶を。
我々の土産にと、 超レア物の 『 野うさぎの走り 』 も持参して。

店は、 “ 折 ” の注文も入って大変。
寿司屋は、予約なしの折のオーダーが入ると、手仕事だから、どうにもならない。
やがて、お女将さんも出てくる。
田園の焼き肉店で働いていた方で、カァちゃんもギリギリ知っているから、昔話で盛り上がる。
ヒゲも、寿司屋さんの椅子の形状が心配だったが、背もたれが少し高いだけで、
何とか持ち応えられた。
腹いっぱいにはならないで、帰ることにする。
六時間に及ぶ “ リハ (?) ” 。  頑張れるようになったもんだ。
コメント

水無月

2009-06-22 10:24:18 | よもやま話・料理編
「 うわぁー、こないな所で “ 水無月 ” 頂けるなんて、思わへんかった。 」
栄通り時代の田園に、京都弁が響き渡りました。
六月 (水無月) だけの、ヒゲの仕事です。 2.3度しかできませんでしたが ・・・

前日、小豆を戻すのですが、量がすくないからポットで間に合います。
ヒゲが作るのは、 “ 水無月南京 ”
上質の “ 栗カボチャ ” が入った時だけです。
                            
カボチャは薄口醤油で煮る、酒肴仕立てとなります。
小豆には砂糖を入れ、ある程度軟らかくする必要があります。
裏ごししたカボチャに寒天を合わせ、流しカンに。
小豆は、水分を取っておく必要も。

ジーッと目を凝らさず ・・・ 南京寒天の表面が固まる一瞬にだ。
その瞬間に、ヒゲは小豆を表面に配する。
頭の中には、カット・ラインがあり、適宜小豆を置かないと “ 水無月 ” には
ならない (!)
この時間だけは、客の注文も無視だ。
息も出来ないで配して、少し小豆の頭を押さえてやる。
荒熱が取れたら、流しカンごと冷蔵庫へ。

次の日、流しカンから出して、いよいよ本番。 緊張の切り出し!
柳包丁を上から俯瞰 (ふかん) して、一番安全 (小豆を切らないで済む) な
ラインを求め、棒に切り出す。
次は、小豆ごと一人前に切る作業。
包丁の切れ具合と小豆の軟らかさと相談しながら ・・・。
新物の青紅葉を添えて。
                   ヒゲの作品ではありません。
                               菓子の水無月です。

味は、まぁ、カボチャの炊いたんだが、小豆が乗ることで、日本人の持つ季節感を
呼び起こそうという仕事です。
残念ながら、西銀座通り・田園では、登場できませんでした。
ヒゲが知らないなら、諦めもつきますが ・・・ 。
作り方を尋ねる板場もおりませんでしたし。

さァ、熊本は梅雨入りしたというのに、水の無い月日が続いています。
バルコニーの苦瓜にも、水をやらなくっちゃ ・・・

             
                             あめ あめ ふれ ふれ もっと~
コメント

社民党、民主と連立か?

2009-06-21 19:57:47 | ヒゲの盤上の世界
 白い眉毛のこのお方がトップの時代、ある深夜のお話・・・

「 ピーン・ポーン 」 とエレベーターのセンサーが鳴り響きました。
エレベーターの壁に背もたれた (お得意のポーズ?) О江市議の登場。
閉店時間無視の遅い常連組のおひとりです。
「 おい、オヤジ! 冷酒と何か肴を見繕ってな。 」
「 ヘイ、塩辛に葱たっぷりですね! 」  「 バカやろう (苦笑) 」


「 マスター、今、俺は気分いいんだ。 」 と社○党のО江先生
「 与党だぜ! なんたって与党なんだ。 」
「 そぎゃん違うもんですか? 」
「 まず、見入りが違うし、何もかも違うんだ! ママも早くこっち来んね! 」


「 よ~し、そろそろ将棋盤持ってこんね。 」
並べ終わって、ヒゲが 「 では失礼します。 」 と言って飛車と角を袋に戻した。
「 ママ、 酒のなくなった。 」 と
駒を見つめながら、左手が空の徳利をキャッチしての声掛け。
ヒゲとの対局料 (?) は、指している間の日本酒が暗黙のルールだ。
客もちゃんと解っている。

「 俺もなぁ、オレもな、ガキの頃にはな、山口の碁(将棋)会所で、
  ちょいとは鳴らしたもんや。 」
今日は、いつもより善戦して、舌も滑らかだ。
「 さぁ、どうや!? 」 と、ヒゲの王様を追い込んだ (詰めろ!)。
ヒゲは、ニコニコと日本酒をあおり、次の手(王手)。
そして、さしも考えず、次々と王手を繰り出したのでした。


15手程の応酬の後、詰まされて投了のО江先生。
「 お前は、いったい何者や?! 」 と、又酒をすすめる。
「 まさか、15手詰をやってくるとは思わんかった。 」 ・・・
「 そうか、お前は将棋指しくずれか! なるほどな? 」
再び酒がすすんで、さぁーて、お開き。
「 俺たちもなァ、いつ迄与党でおられるか、解らんめえ? 」 と、
エレベーターに向かわれました。
コメント

桜桃忌

2009-06-20 14:44:04 | よもやま話・料理編
「 マスタァー、ここにあっとタイ。 」 夜中、S村所長と車を停めた所で ・・・
自衛隊の正門、左の一本目から数えて五番目の桜の樹。
その樹に、お目当ての 『 天然のサクランボ 』 がなるんです。
小躍りしながら、しかし、場所が場所だけに用心しながら、有難く頂きました。
明日、どの常連さんの前菜に使おうかと考えながら ・・・ 。

   味はマァ、甘くもなく酸っぱい、黄色いサクランボーか。
              我々日本人は、もう忘れかけている・・・
           登山の途中で見つけた野イチゴのほの甘さが嬉しかったことを。

京都 『 吉兆 』 の影響なのでしょうか、ヒゲは野性の果実を前菜に使いたがります。
桑の実やグミの実等、皆んな持って来てくれるようになりました。
ある日は、ママとゴルフ場に行っているのに、野イチゴを見つけた二人は、
懸命に収穫(?)しておりました。 (笑)

   { 枝ごとのグミは、しばらく花材として披露されます }

  { ママの実家の “ ゆすら梅 ” も活躍しました }

そんな時、 “ 黒潮市場 ” で “ 生の山桃 ” を見つけた時は、我が目を疑いました。
表面が少し傷んでいるけど、中身は大丈夫そうです。
三パック買って、そーっ (デリケートな果実です) と大事に大事に店に。
赤ワインと砂糖に漬けて ・・・
                           
「 マスター、今日は “ 山桃 ” の付いとったよ。 何処で手に入れたつね?  」
珍しさに客が喜び、ヒゲに伝わるのが、一番の楽しみでした。
甘くもない天然果実を、解らない方も結構多いのですが ・・・ 。
料理屋は、足を棒にして、山の中に幸を求めるのが本来の仕事だと考えていましたから。

「 メロスよ! 山桃はあったかい? 」       
                              
コメント (2)

レッド・クリフ ~ ある日の自○党

2009-06-18 18:41:44 | ヒゲの毒舌
「 ソーリー、親分からお電話です。 」   「 ウン 」
「 オレ、オレ! お前、解っとるよね?
  早く、郵便社長のゴタゴタを始末せなん事ぐらい (怒) 」
「 はい、ちゃんと後任社長リストを作って、鳩にやりましたが? 」
  「 アホウ! まるっきり逆じゃないか 」
           「 こうした方が、国民の意に添えると考えまして ・・・ 」
「 バカタレ! いったい誰のお陰でその椅子に座っていられると思っているのか?
  無能者のお前を引き上げてやったのは、このオレ様だぞ!
  言う事を聞かんと、中川劣曲と小池バラ子を鉄砲玉で暴れさせるぞ! 
  早く鳩を撃ってしまえ (怒) 」
   「 今日は、すまんな、わざわざ来てもろうて ・・・ 」  

      「 いえいえ、盟友ですから当然の事です。 」
「 ちょうど、いい酒が届いているんだ。 一杯やりながらどうだ? 」
        
「 こいつぁ、いけません。 あっしは義の人間です。
        昔から  “ 渇しても盗泉の水は飲まず ”  といますから 。 」
「 ほんなら、葉巻とブランデーでいいかい? 」  「 ハイ 」
「 なんか、さっきから、四方で歌が聞こえますが? 」
「 もうすぐ、次の選挙で絶滅するチルドレンの怨み歌だろう。 」 「 ソカ、そーか! 」
「 馬しょくを切って、支持率を落とし、次の日は千葉選に負け、ドミノ倒しに敗れ、
  チルドレンが生き残れる訳はないものなぁー。
  行くも地獄、引くも地獄、後は水 ・・・ 」
コメント

和ヤ~ン、がんばれ~

2009-06-17 17:09:39 | 2人3脚チンタラ道中
第三火曜日  ~  この日は、毎月 “ 海王丸 ” に出かける日だ。
カァちゃんと浪ちゃんは、田園時代から引き継がれた宴会に出席。
ヒゲは、カァちゃんのガードマン? 本音は、美女との偶然の御対面を期待している。

今回は、 “ 酔いどれ ” を返上 (見極めの判定は、まだだが) して、
 “ 頑張る ” に挑戦中の和ヤンに逢えるのが楽しみ。

宴会も終わって、和ヤンとの話に夢中になる。
新年早々からの東京での修業を終え、着々と開店の準備を進めてきた目標が、
現実となるのです。
自分達の時を思い出して、話す言葉に、つい力が入ります。
七月中旬オープン!
私達の目で見てから、お知らせしますね。 

     安政町で、ノロシを挙げます!
コメント (1)

食 育

2009-06-16 13:47:03 | ヒゲの毒舌
最近の新聞 ・・・ 『 子供は、 (魚に) 骨があるから苦手 』 だとか。
まさに 『 魚離れは、世界の非常識 (小松教授) 』 が加速され、
水産国・ニッポンはどうなる?

我が家の事で恐縮だが、二人の子供は、他に取り得は無いものの、
魚の骨をむしって食べるのだけは、ピカイチです。
暇で貧乏だった栄通り田園の時、仕方なく、食べにくい為売り物にならない
平目のアラを持って帰り、親子で食べる有様でした。
子供もそれしか喰い物がないから必死です。
いつの間にか、アラしゃぶりの達人になったのでした。 (笑)

                               
マスメディアも少し考えるべきだ。
制作費が安いからと言って、まるで馬鹿のひとつ覚えみたいに、
ラーメンと焼肉番組ばかり作って。
イージー・フード (喰いやすい物) のオン・パレードではないか。
もっと、 “ 骨のある ” 番組を作るディレクターはいないのか。
料理を教える番組も同じだ。
魚は上身になってからスタートしている。 頭も骨もウロコもない!
こんなんで、若い奥さん達に何が伝えられるんや (怒)
ジミで汚らしい部分を省いて、ハデで華やかな所だけ画にして何になる? (怒)

              

子育てから10年程経って、我が家にネコが来ました。
刺し身とか切り身の焼魚ばかりエサにやっていたところ ・・・
ある日、ヒゲが骨付きの小イワシの焼いたのをやると、口にくわえた後、
ペッと吐き出したのです。 骨があるから食べないんです(!?)
人間もネコも小さい時の “ 食育 ” が大事なんですね。
コメント