田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

猟奇殺人未遂事件~セクハラ

2018-01-27 17:12:03 | トンカツ物語り
今、アメリカ映画界では、セクハラ事件の嵐が吹き荒れています。
昔ハリウッドであった、マッカーシーの赤狩り旋風を思い出します。
しかし、まあ~、まさか男社会の相撲界で、セクハラ行司が登場するとは?(驚)
             
  

三年前、20歳目前で眠るように老衰死した我が家の猫。
名前はトンカツですが、一応雌猫なんです。
そのメス猫が天井向いて寝ていると、ヒゲは股間に手を伸ばします! (笑)
モフモフに触れた瞬間です。
   
       
トンは、ヒゲの手を両手(足?)でガチッと抑えます。
まるで、地下鉄で、「 この人が痴漢です! 」 と表示するみたいに。
直ぐに、牙を向いて噛みつきます。
甘噛みと云う手心は、このネコにはありません。
噛みつかれ、爪を立てられ、動けないヒゲの手。
そこに、更に、後脚で連続キックを浴びせます。
「 うーう~ 」 と唸り声をたてながら。
ひとしきり攻撃を飼い主に浴びせたら、脱兎のごとく逃げて行くのです。
ヒゲの手は、牙の痕の血が斑点となり、擦過傷もあります。
      
そんなトンも、10歳を越えるくらいになると、少し変わってきました。
噛みつくのは、相変わらずです。
しかし、噛んだ後、「 アッ、シマッタ! 」 の態度。 
飼い主さんを噛むのは、いけないことだったのだと気付いて、口を離します。
そして、噛んだ痕を、一生懸命ペロペロと舐めるのです。
まるで、悪いことして、反省してますと言わんばかりに。 
        
さてさて、同居して二年ほどになる現在の二匹のニャンコ達。
一度たりとも、噛みついたり爪を立てたりした事はありません。
さすが、血統書付きなんでしょうか?
ノラ系のトンカツとは大違いです。
先日の、御船・老女殺人未遂事件の犯ニャンP子も、ノラ系で拾われた。
飼い主を傷つけるのは、恩を仇で返す所業。
ペット界では、大罪ですぞ~!
再び雇用主が現れる事は、難しいでしょうネ?

         人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
              ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

猫の恩返し

2017-01-07 16:15:52 | トンカツ物語り
忖度(ソンタク)と云う言葉が、最近よく使われます。
今日は、ヒゲが見聞したふたつの忖度をご紹介します。
NHK会長の籾井勝人とか言う輩。  
政権与党におもねる見本みたいな野郎です。
BSのニュースには、毎度の安倍内閣のどうでもいい様な顔ぶれ閣議を取材。
お友だち安倍自民党にヨイショ・ニュースは、全て放映しましょうと。

更に、自民党に不都合な真実を尋ねてくる“クロ現”のキャスターは首にしちゃった。
おかげで、今のクロ現のネタたるや、喰い物話しなんぞばかり。
どこの赤牛肉は美味しいとか。
まるで、民放のバラエティー番組並みの低俗さ。
こんな酷いNHKにした本人が、会長職の再任を希望する。
もちろん、再任に一票を投じる委員が居るハズもない。
本人は、「 何故だーー!? 」
挙げ句、「 政府が右というものを、左というわけにはいかない。 」
「 だって、ロシア国営放送でも、プーチンの言うままに、黒いモノも白いと言っているだろう。
  サンOO新聞だって、政権の提灯記事ばかりジャン。 俺だけ何で悪い! 」 と居直る。

さて、ヒゲの家には、野良猫上がりのトンカツと云うネコが居りました。
この猫は、人間に抱っこされるのが嫌いでした。
ヒゲが抱っこしたくて、捕まえようとすると、逃げ廻って大変でした。
そして、99年ヒゲは発症。
7ヶ月の入院後、やっと我が家に戻ります。

退院から少し経ったある日、ヒゲはふと猫トンを抱っこしたくなり、近づきます。
しかし、元気な時でさえ捕まえるのは大変だったのですから、退院後のゾンビ・ウオークのヒゲが
追い付くハズは無いのですが ・・・ ?
猫トンは、飼い主の気持ちをおもんぱかってでしょうか、2.3歩逃げた格好だけした後、
腹をぺたりと床に着けて逃げようとはしませんでした。
「 どうぞ! 捕まえて下さい。 」 と言っているのです。
                   
こんな何気ない動きの中に、猫トンの芸の細かいのが光っているのです。
ゾンビ歩きしか出来ないヒゲに、一応(!)追いかけられた末に捕まってしまったと
演出するのです。
最初からハイどうぞと捕まる様な、みえみえの“ワザと負け”は、飼い主のプライドが傷つく事を、
ちゃんと(!)知っているのです。
        
障がい者になった飼い主に対する“ 忖度 ”のなんて素晴らしい事でしょうか。
それに較べて、モミイと云う人間の忖度。
浅ましくて、猫畜生にさえ劣る品性と言われても仕方ない。
そんな下衆野郎も、今度の紅白が最後の仕事になるらしい。
次の会長には、是非、せめて野良猫には負けない様な人品(!)の方に
成っていただきたいものだ。
そして、不偏不党のジャーナリストの原則を、もう一度現場に戻して貰いたい。
先ずは、クロ現を元の時間の、元(!)のキャスターに戻して欲しいところ。
                         

   
                                ≪ カァちゃんの帰りを待つトン ≫
    人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

亡霊が指南!?

2016-01-27 22:00:50 | トンカツ物語り
今度の猫達が来てから、10日程経った頃です。
どうにも不可思議な現象が、起き始めました。

ヒゲ夫婦は、新入りのニャンコ達の為、ごく普通の準備をしていました。
キャットフード用のお皿と、その横に水用の器を置きました。
トイレは、使い慣れた物が良いだろうと、長男が送って来ました。
多分、猫を飼った皆さんも、こんな感じでセットなさると思います。
当然、二匹のネコは、当たり前のように餌を食べて、その横の水を飲みました。
トイレも、スムーズに。

しかし、家の探索も終わって、我がもの顔で動き始めた頃、二匹に異変が。
何故か? バスルームをのぞき込むのです。
普通、ネコとバスルームは天敵なハズ。
水に濡れるのが嫌いだからです。
まして、水で濡れた冷たい場所を、肉球で直に接触するのはイヤで堪らないでしょう。

そんな二匹に、天の声でも届いたのでしょうか!?
「 このうちではネ、バスルームの中で温かい湯を飲むのがしきたりなのよ。 」 とでも。
きっと、天国の猫トンが、諭してくれたのでしょう。
まるで、映画 『 居酒屋ユウレイ 』 で現れる、亡くなった前妻みたいです。
そして、二匹の猫は、そうするベキだと言わんばかりに、カァちゃんのシャワー時に、
ドアの前で終わるのを待っているのです。
目的は、温かいシャワーの湯です。
    
           ≪ 空っぽの湯舟で遊ぶ二人 ≫
    ≪ 仲良く飲んでます ≫
更に最近は、驚く行動に。
あの臆病者のマールが、ヒゲが湯船に浸っていると、「 ニャア~ ドアを開けて~ 」 と。
浴室に入り、ひとしきり見渡した後、ピョンと浴槽の淵に飛び乗ったのです。
ヒゲはびっくらポンです。
まるでサーカスの様に、狭い淵を歩いてみせてドヤ顔。
ヒゲは、湯が溜まっている浴槽に滑り落ちたら、どうやって助けようと頭がパニクる。
そんな飼い主を尻目に、マールは前足を伸ばして浴槽の湯に肉球を浸した後、
ナンと(!!)口でチュチュして魅せたのでした。
そう、ずっと以前のブログで、前猫トンが、ジョウロの水を飲んだ(?)事件を書きましたね。
手を突っ込んで、浸した肉球を舐め舐めしたことがあったと。
そんな事まで、前妻は指南しているのでしょうか。 (笑)
       
トンは、そうめんが大好きでしたが、こんな風にしてしか食べませんでした。
銀とマールをお試しするのを、楽しみにしています。
なかなか撮影しづらい場面なので、写真がうまくありません。
    
トンは、蛇口から直接のも大好きでした。
この写真は、「 水を出して~ 」 と、おねだりしている所です。
マールは、シャワーから出る水を見ているのも好きそうです。
           
      人気ブログランキングへ 
   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

お留守番~2

2015-07-25 12:11:58 | トンカツ物語り
今、カアちゃんは、娘夫婦とゴジラ孫と天草遊びに行ってます。
ヒゲは、いつものようにひとりお留守番。
カアちゃん達は、天草漁師宿で、伊勢海老やあわびの龍宮料理を堪能。
イルカ見学の後で腹を空かせてのイセエビはたまらないでしょうネ。

留守番のヒゲの手元には、幕の内弁当がポイと置いてあります。
去年までなら、こんな時弁当の鯖焼きを、猫トンとチビチビ分け合いながら食べたモノです。
ヒゲがテレビに見惚けて手が止まると、辛抱たまらずトンが催促に。ウ、ニャーン!
ご飯の当てに残していた鯖焼きが減ってしまいました。笑
今年は、焼き魚を分けることなく、ひとりで全部食べられます。

さて、カアちゃん達の帰り道、恐ろしい台風が天草方面を狙っています。
弱虫のゴジラ孫が無事に帰れます様に。
コメント

マタハラおやじ

2015-04-06 18:41:57 | トンカツ物語り
ヒゲは、マタハラおやじ?
何時ものように、酔って戻って来たヒゲ。
猫トンを見つけると、直ぐに抱き上げて、自分の部屋に連れて行ってました。
トンは、ソファーに降ろされても、もう逃げようとはしません。
困ったちゃんな顔はしますが。 (笑)
頭を撫でられた後、体を返されます。
ヒゲの手は、お腹をさすりながら、股の方に ・・・
   
すると、諦めた様にトンは脚を開いてみせます。
「 ハイ、どーぞ! 」 と言わんばかりに。
                        
マタとハラをモフモフして、ヒゲもご機嫌です。
                       
これで油断していると、突然しっぺ返しがきます。
トンが、ヒゲの手首の所をがぶりと噛みつき、脱出成功です。
でも逃げる先は、ヒゲが掛けているブルーの布団の中です。
              

そんな日から随分経った今年、孫ゴジラがいつものように遊びに来ました。
ひとしきり遊んだ後、 「 オヤ? 」 って顔で、ソファーに向かいました。
そして、其処にあるブルーの布団を、そっと持ち上げて中を覗き込んだのです。
遊び仲間だった、猫・トンを探しているのでしよう。
「 トンはね、死んじゃったの。 」
ヒゲ達が説明しても、まだ納得してない様子。
鼻の奥が、ツーンとくる瞬間でした。
                                      
それにしても、この 『 マタハラ 』 なんて造語、一体誰が考えたのか?
今は、なんでも、縮めて(!)言いさえすれば、流行語らしい。
こんな猥褻感あふれ、魍魎たる用語は、ヒゲは解しかねる。
そうだ、折角のクズ語だから、ヒゲ親父が、ギャグってやろう。
Abeや菅から、いじめ・ハラスメントされてる沖縄知事や県民が元気に成るよう。
泡盛片手に、尾長黒鯛の刺身を酢味噌で食べながら盛り上がろうぜ!
  ♪  サ~君は野中の  イバラの花ヨ  さあユイユイ  ♪
      暮れて帰るに “ または~ら ” ぬ ツンダラ かぬしゃまよ~ ♪

                           
 人気ブログランキングへ 
  http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ゴーストライター~2

2015-03-09 10:00:16 | トンカツ物語り
静かです。我が家は、いま何ひとつ物音がしません。
時折、加湿器と冷蔵庫の振動音が流れるぐらい。
冷蔵庫には、ポンと豆腐バーグ弁当540円が放り込んであります。
ありがたいことです。

静かな訳は?
例の?アシスタント水上あさみが、薄給に抗議して、孫の処に遊びに行ったからです。
軽井沢とやらで、息子夫婦と孫に囲まれ雪遊びだそうですが。
南国の人間が、慣れない雪に転んで、骨折でもしない事を祈りましょう。笑

こんな時、いつも猫トンが隣に寝転びました。
猫にも、二人?きりに見捨てられた事が分かるのでしょう。
たった猫一匹ですが、同じ布団に包まって居ると、こんな寒い日でもけっこう温かい。
それでもアシスタントが出て行くと、トンにとっても大変です。
直ぐにヒゲの前に来てお座りします。エサの催促しないといけないから。
トイレの片付けが終わりやれやれのヒゲ。数日が経ちます。

猫トンが不思議な行動をします。ベランダに出て、ジョウロに向かうのです。
何するンでしょう?すると、トンはジョウロの水入れ口から手を入れたのです。
そしてジョウロの底の残り水を手に浸し、手をチュウチュウと吸いあげて渇きを癒やしたのです!
急いでトンの水入れを見に行くと、カラカラになっていました。( 前ブログあり)

Uチューブの、「ずぼらな水の飲み方の猫」どころではない、トンの驚異の技でした。
そんな唯一の味方トンも、今年はもう居ません。いよいよ静かさに輪を掛けます。

コメント

ペットロス

2015-02-17 16:45:01 | トンカツ物語り
2/15  今日は、愛猫・トンの四十九日。
テーブルに何時も一緒だったトンの御骨は、今日が最後。
明日からは、仏壇に移動します。

最後の晩餐は、勿論、キビナゴ!!
トンは御酒呑めないけど、トォちゃんとカァちゃんは何時ものように楽しんでいる。
カァちゃんが、何故か? 「 泡アワ飲もうかな!? 」 と言って準備始めた。
甲州のスパークリング・ワイン、初めて飲むやつだ。
「 想った程には甘くないが、一度味わえばよろしい。 」 とカァちゃん。
明日からの新入りさんを可愛がってもらえるように、仏壇の御先祖様にもお供えを。
一緒に生活したことがある母は、喜んでくれるだろう。
逢うことが出来なかった二人の曾孫の様子を、トンが伝えてくれるかなぁ。

カァちゃんは、時々、トンが居ると思って動きそうなこともある。
「 あぁ、居ないんだ!? 」 と、何度か呟いた。
        
人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

トンとの別れ

2015-01-02 19:07:35 | トンカツ物語り
愛猫のトンは、12月29日午後11時、19歳の生涯を終えました。
片山ファミリー全員集合の、一番の賑やかな数日を共にした後の、穏やかな最後でした。
長女が高校生の時、我が家の一員になり、長女が命名。
柴犬の熊五郎・鶏のコウスケとも、一緒に遊びました。

御近所の奥様方にも可愛がられ、隣の屋根でもお昼寝をさせてもらいました。
鳩を捕えて来た時は、トン専用の窓から入れなくて、困ってしまいました。
マンション生活になって、野性味は発揮出来ませんでしたが、それなりの遊びで楽しみました。

キャット・タワーで遊ぶのは嫌いで、食事専用の台に。

ソーメン大好き! この食べ方が一番!!

カァちゃんの料理にも興味が。 でも、キビナゴが一番!!!

トゥちゃんは寝ているのが多いから、お布団がいつも暖かい。 
寒い時は、居心地良かったよ~
 可愛いでしょう!
 こういう顔も、偶には ・・・

思い出しながら、懐かしい写真を並べました。
二人の孫同士が逢うのが初めてで、賑やかにはしゃぐのを、トンはどんな思いで聴いていたでしょう?
「 この二人が居れば、あたしが居なくなっても、トウちゃんもカァちゃんも寂しくないかな? 」 とでも。
その孫達から、優しく、時にはムギュッ(笑)と、撫でなでもしてもらいました。

28日の夜、長男が連れて来ている犬が、ヒゲのベッドで一緒に寝ました。
カァちゃんは、トンが寂しい思いをしないようにと、自分のベッドに連れて行きました。
何時もなら、嫌がって直ぐ逃げ出すのですが、その日は腕枕で、幼少の頃と同じように。
朝方、気付いた時は、自分の寝場所に帰っていました。
何時、どんなして降りて行ったのか?
代わりに、犬のスコッチが寝ていました。

29日は、ずーっとヒゲのソファで過ごし、水飲みにも動かず、口元に持っていってもダメでした。
夜、カァちゃんの片づけがひと段落後、抱っこして 「 うう~ん、危ないかな? 」
「 お義父さんの時と同じようだ。 」 と。
呼吸の間隔がだんだん遠くなり、閉じてた口を大きく開き、まもなくでした。
話せなくなって数時間の父、動けなくなって数時間のトン、二人とも見事な大往生でした。
子供達が、それぞれの相棒の実家に移動して、静かになった我が家。
二人の食卓には、トンの御骨がいつも一緒です。
                     ≪ トンの最後の姿 ≫    
人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです
コメント (2)

ペット・ロス

2014-12-30 19:37:18 | トンカツ物語り
12/30、火曜日。今夜は、夫婦二人だけでお通夜です。
昨日の夜11時に、猫トンが息を引き取りました。
ヒゲ・ファミリーの、子供達・孫達に見守られての大往生でした。
二十年近い猫生?を堪能した事でしょう。
トンが大好きだった干しアジを肴に、夫婦で飲みながら見送ろうと思います。
コメント (2)

トンの衣替え

2014-11-12 16:30:59 | トンカツ物語り
熊本の郷土祭り・藤崎宮秋の大祭が終わると、熊本地方は判で押したよう涼しくなります。
夏の間は、ほとんど寝てばかりいた猫トンの動きも変わります。
今年で19回目の冬を迎えるトン。
随兵寒合(ズイビョウガンヤ・祭り因んだ熊本独特の季語?)の頃になると、
朝陽を感じるとるや窓際に寝転びます。

  

カァちゃんのカーテン開きが遅いと、抗議の声が。  「 日向ぼっこが出来ないニャァ~ン 」 
昨年、切開した背中の部分の毛も、やっと生え揃いました。
ご機嫌なんでしょう、時々クルッと寝返りして魅せます。

毎年の事なんですが、今年はチョット違います。
目が見えなくなっているのと、オムツを着けていることです。
本人は、しょうがねえナみたいな顔でいます。
このオムツ選びが大変でした。 
猫&犬共用らしく、尻尾の部分に丸く穴が。
尾っぽを掴んで、その穴に通すのですが、トンはもろ嫌がります。 当然ですよね~。
穴は細い為、引っ張って拡げて、サッと通さないといけません。
カァちゃんは、オムツのサイズを確認して取り寄せたのですが、コレが案外むつかしい。
ウンチが、オムツからぽろっとこぼれ落ちたりと。
やっと、ポロリが防げる商品に出会いました。
しかし、便が柔らかいと、腹の毛に絡んでしまい、拭き取るのは大変です。
一日2~3回替える事もあるので、オムツ代もバカになりません。  (笑)

最近のニュースで、ペットの高齢化問題が取り上げてありました。
日本のペットの長生き問題です。
老老介護とでも云うべきか、人間と共に長寿を全うすると、最後は誰が看るのか?

テレビで、リタイア奥様が豪華客船で優雅にクルーズして、シャンパンを傾けるシーンが登場します。
このシーンが映ると、ヤバイ(!?)のです。
「 私に、こんな日が来るのかしら?? 」
そう言ってカァちゃんは、ソファーにごろごろして居るヒゲとトンを、ジーッと見つめます。
「 こいつらの世話があるので、私は豪華船旅もおぼつかないのね。 あんた達さえ、居なくなれば~ 」
きっと、そう呟いているのでしょう!?
ヒゲ&トンの首筋に、スーッと涼しい冷気が渡っていきます。
         
今季初めて、布団に潜り込んだ時のトンです。 
眼は不自由ですが、耳はまだバッチリ聞こえます。

    人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント