田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

最後の晩さん~商業捕鯨②

2019-08-22 19:24:12 | ヒゲの毒舌
商業捕鯨船が出港して、ヒゲはその帰港を楽しみにしていました。
          
                《 7/1 下関港を出港する捕鯨船 》

その捕鯨船が、7/28に釜石漁港に戻ってきたとニュースが流れた。
ニタリクジラの大漁だそうだ。
         
               《 釧路港に水揚げされた鯨 》  

ニュースでは、クジラ身(?)が多量の業務紙箱で降ろされる映像が映し出されていた。
フレッシュミートの状態の内に、あの紙箱が熊本まで届くのだろうか?
今回は、ご祝儀(!)相場の中で、熊本の業者が引けるのか。
気になるヒゲです。
もう一つ心配なのが、オバケです。
どうぞお願いですから、技術伝承をして下さいよ。
  「 さらし鯨は、 “ さらし過ぎない ” のがコツ! 」 と。
クジラの風味が残っている方が、昔の人間にはありがたいのです。
                 
さて、城東小学校の給食で鯨カツが登場すると、ご機嫌だったヒゲ。 
しかし、滅多なことでは、クジラはありませんでした。 

そして、主菜が “ カボチャの煮物 ” の時には、天を仰いだモンです。 
現代の栗カボチャをイメージするのとは大違い。
まぁ、黒皮南京の一種です。
ボウブラと云う、甘くも美味しくもない戦時(!)食料モノです。
             

その日の給食は、コッペパンに、アルミパックのマーガリン。
脱脂粉乳とボウブラの煮しめと云う、小学生ヒゲが泣いて喜ぶ(?)献立です。
みんなは、さっさと済ませて運動場へ飛び出します。
『完食』が義務付けられていますから、食事が終わらないヒゲは机に座ったまんま。
しょうがないと意を決し、硬いボウブラを丸呑み(!)したのです。
やがて、次の授業が始まる少し前。
ヒゲは、ヨタリながらT野先生の机に近づくのですが、顔色は青ざめています。
とその直後、けいれんした様に、黒板の前で口からボウブラ達を吐き出したのでした。
教室に悲鳴が起きます。
                 
                 《 この子の気持ちが、よ~く解るヒゲ 》

保険室で横になっているヒゲ。
暫くして、T野先生がやって来ます。
「 片山君は具合が悪いのを、先生に言おうとしてたのね。
   もう今度からは、カボチャを無理して食べなくて良いから。 (笑) 」
                        
鯨から、チョッと寄り道しての、ヒゲの苦い思い出話でした。

       人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

酒飲みの憂愁~コスパ

2019-08-20 16:51:22 | よもやま話・酒編
酔いどれヒゲの悩みの種のひとつは、外飲み時の店選びです。
掘りごたつ席では長時間座れないから、まず8割の店が吹き飛びます。
次に、車椅子で行ける条件を付けると、更に1割飛びます。
カァちゃんと2人で行く時に、ゆっくりしたスペースのあるカウンターを
チョイスしょうとすると、選択支は少な~くなってしまします。

さぁ、やっとこさ店を選び、カウンターに座ります。
酒メニューを開くのですが、値段が高い! 💦
“ 立派な(?)日本酒 ” ばかり揃えてあるから、仕方ないのか?
気分良く飲める値段が付いているのは、熊本の霊山ぐらいです。 (笑)

最早、先が見えてるんだから(笑)、酒代ぐらい辛抱しなくてもと思わなくもない。
しかし、酒飲みは、そうそう単純なもんでもありません。
例えば、一合のお銚子一本が1200円を超えると、何故か酒がマズくなる! (笑)
何かジャリジャリとした、銭(ゼン)の味がするから不思議です。
「 この酒が、1200円~1500円だとお!? (怒) 」
酒飲みにしか理解出来ない気持ちかも。
                
ヒゲ達昭和世代は、一合徳利(トックリ)一本を350円で愉しんでいた。
ええか~、350円で飲めるから、『 徳利 』 言うんや。 呑み助が得した利益や!
こんな千円超える徳利は、トックリとは言わない。
利益がボツになるから、『 没利 』 や。
今風には、ボックリ!  つまり、ボッタクリや。
まるで、ベネズエラ並みに値段が騰がる、令和の日本酒。
更に、定番のカラスミ大根(1000円)を頼むと、もうそれだけで2200円やで。
                   
バブル景気の、東京じゃあアルまいに。
地方の酒飲みは、もっとリーゾナブルな酒が欲しいのだぞ~! (怒)
昔みたいに、二級酒の辛口を気軽に熱燗トックリで楽しめる処はないのか。
俺たち “ イージー・ドランカー ”  には 
                “ ワイルドに飲ろうぜ ”  が お似合いだから!
           

  

       人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。


コメント (2)

黒い卵

2019-08-19 19:10:09 | 田園ものがたり
NHKで放映された(7/23) 『 夢食堂の料理人~64東京オリンピック選手村物語 』
             
日本各地から集められた選手村の料理人が主役です。
アフリカから初参加の選手の注文に驚きます。
目玉焼きのターンオーバーを、更にベリーウェルダンにしてくれ。
ステーキも、周りが焦げるまで焼いてくれ。
                
ダイニングの料理人たちは、この得体のしれないオーダーに首をひねります。
ヒゲは、TVを観ながら思い出した事がありました。

90年代の西銀座通りの田園。 新しい料理長に変わった頃の話です。
錦玉子(二色玉子)を作らせる為、「 明日、茹で卵を10個用意しておく様に 」と頼みます。
そして次の日、用意してある茹で卵をふたつに割ったところ ・・・ 
ぼうぜんとしながらヒゲは 「 コレは、何や? 」 と辛うじて言葉をつなぎます。
新料理長 「 アッ、まだ(?)煮えとらんだったですか?
          ちゃんと50分(!)茹でたつばってん ・・・ 」
ヒゲが割ったゆで卵の黄身は、黒くなっていたのです。
その瞬間、ヒゲは色々な事を理解しました。
                     
卵を長い時間加熱すると、温泉などで発生する硫化OOの影響で黄身が黒くなるのです。
理屈では知っていましたが、見るのは初めてです! (笑)
後から、料理長に訊ねました。
   「 君がついた親方は、割と年輩の方だったのだろう? 」
   「 ハイ。 和歌山の旅館で私が一番若かったせいか、
        年寄り料理長から可愛いがられて、イロイロ教えてもらいました。 」

ヒゲは、京都時代の話も思い出しました。
地方では、此処とまるで違うレシピで仕事する店があるから、気をつける事やでー。
特に、戦時中の食糧事情が悪い頃を経験した料理人は、とんでもない料理法を
持っている人たちが居るからな!

鮮度に、難がある食材が多かった当時。
絶対、食あたりしない方法が求められてました。
基本は、長時間加熱(過熱)です。
カァちゃんの実家の祖母ちゃんも、シャクを煮るのに異常なほど時間を掛けていました。
                     
神経質な性格も邪魔して、写真の様な赤い色も消え、シャクの風味も殺され、
黒く煮詰まって残念なものでした。

さて、冒頭の首をひねる若手料理人に、帝国の料理長が近づきます。
                
シェフ役の猿之助が言います。
   「 世界では、とんでもなく食糧事情が悪い国が在る。
       そういう所には、特殊な食生活が存在するんだよ。 」
                 
田園の新料理長の経歴を聞いたヒゲ。
田園の先行きに、不安と云うシェードがかかるのをぬぐい切れませんでした。
時代は、新鮮な食材が入るようになった日本。
ニューウェーブが湧き上がろうとしてる時代です。
こんな古いレシピで、時代遅れになりはしないか?

     人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

奥様族とのバトル②

2019-08-17 19:59:12 | 田園ものがたり
西部工芸展を明日にひかえた前夜。
カァちゃんを帰した後、ヒゲは吉兆の部屋で、座布団枕に毛布をかぶって横に。
酒が効いてますから、たちまち深い眠りに ・・・    (笑)

やがて、丑(ウシ)三つ時 ・・・ なにやら足音らしい気配で目が覚めた。
こんな真夜中に何だ? まさか、お岩さん?  
しかし、お岩さんには足がないから、足音はしないハズだが?  
じゃあ、だれだ?
すると、懐中電灯の小さい灯りが動く。
ははー コレは泥棒だな~     
田園にしか無い(当時はそうでした)幻の “越乃寒梅” を狙っているのか。

しかし、足音と共に小さな灯りが、店内を徘徊し始めた!?
そして、部屋の前に止まり、ふすまが開けられ、懐中電灯の灯りがヒゲの顔に。
ヒゲ&賊  「 お前は誰だ? 」 お互いに叫びます。   

  ヒゲ  「 私は、この店のオーナーだ! 」
  賊   「 私は、このビルの警備会社です。 」
  ヒゲ  「 そうか、ご苦労さま 」
  賊?  「 お疲れ様です 」 

再び眠りについたヒゲ。
やがて、吉兆間の入り口に在る、赤電話の着信音がけたたましく鳴ります。
ヒゲは、目をこすりながら、受話器を取る。
聴きなれた、カウンター係の浪ヤンの声です。
  「 マスター おはようございまぁ~す! 時間ですよ~! 」
                             
そう! この電話は、ヒゲが依頼していたモーニング・コールだったのです。
万が一にも、朝寝坊での遅刻は許されません。
ヒゲは、赤電話に近い部屋で、さらに電話に近い方に頭を向けて寝ていました。
寝ぼけ顔をこすりこすり、ヒゲは店を飛び出します  

             
        今は亡き平島酒店さんと一夜を共にした部屋が吉兆の間です。
        同じ毛布を掛けて寝たのでした。
        右端に、電話のコードが見えます。


                                 ~~~ つづく ~~~

《 補足 》
  * 携帯電話が、今の様に普及していない頃ですから、お客様用に公衆電話を設置していました。
     ピンク色のダイヤル式でした。
  * カァちゃんが帰る時、警備会社にお決まりのチェックをしていたのです。
     ネズミがチョロついても反応するセンサーが、ヒゲの動きを見逃す訳はありません。(笑)
     ヒゲが間違いなくオーナーなのか?  カァちゃんに問い合わせがあったそうです。

      人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

もしもし、こちら児相ですが・・・

2019-08-15 20:25:17 | 2人3脚チンタラ道中
6/9 (日曜日) 
ヒゲ夫婦は、昨日の疲れを癒やす為、まったりとTV将棋を観ていました。
娘とゴジラ孫の所要がある日に、婿の出張が重なったので、ラドン孫を預かっての
世話疲れだったのです。
ソファーにべったり横たわりながら、中盤戦の攻防に注目している時でした。
 「 ピンポーン♫ 」 玄関で鳴ります。
おかしいな? 今日は配達の予定はないハズだが??
そういぶかりながら、応答します。
「 あの~、こちら児童相談所ですが ・・・
   ご近所で気になる事があったと通報がありましたので、聴き取り調査をしています。
   ご協力をお願いできませんでしょうか? 」
ナンという話だと思いながらも、カァちゃんは玄関に向かい入れます。
身分証明書を提示して、話は進みます。
                     
ちょうど2日前に、札幌で幼児虐待死事件が起こったばかり。
ピリピリしている児相としては、いたずら通報と思っても、真摯に取り組まなければならない。
それにしても、何で我が家に?
「 子供さんがいらっしゃるお宅を訪ねてます。 」 と。
「 そうでしたか。 その孫は海外の学校へ行ってますので、此処には住んでいません。 」
話しは、和やかに進んでいく。
昨晩の11時頃、男の声で怒鳴り声がした。
「 ゴメンナサイ ゴメンナサイ 」 との声も ・・・
「 窓を開けていましたが、聞こえませんでしたよ。 」 と言ったカァちゃん。

そう云えば、時間帯も男の声と言うのも違うが、もしかしたら ・・・ 
思い当たる節を思い出したカァちゃんが、話し始める。
                     
昨日の夕方の事です。
一歳の孫が、此処に来ていました。
チョッとした騒ぎが起きて、私が大きな声を出しましたが。
実は、冷蔵庫に付いていたミニマグネット付きのおもちゃを、孫が呑み込んで大変でした。
逆さにして背中を叩いたり、口に手を入れたので泣いたりと。
                  
実際は、口に入れて遊んでいるうち、呑み込みそうになったので驚き、出そうとしたら
マグネットが外れて、コロコロと冷蔵庫の下へ。
「 口の中へ ・・・ 」 と聞いて、慌てたカァちゃんだったのでした。
             
孫の話しを最後まで聞いておれば、騒ぎもなかったのですが。
転がったマグネットが、冷蔵庫にピッタリとくっ付いてしまっていたのも運が悪かった。
孫の体内に入っていないという証拠を見つけるまでは、安心出来ないカァちゃんでした。

ヒゲも、何かの本で読んだ事が浮かんできて、心配でした。
マグネットの磁力の影響で、胃に穴が空く可能性が。
一件落着して、孫もカァちゃんも落ち着き、安堵したものでした。

その日は、孫の泣き声も私の驚きの大声も、何んとも気にしていませんでした。
遊びに来た時の兄弟喧嘩の声は度々ですし、子供いる家庭では大声は付き物ですから。
しかし、児相の方々の訪問を機に、反省しました。
窓を開けてる時は、ニャンコを叱るのも気を付けようと。
今回の通報が、我が家の事かどうかは判りませんが。 (笑)
児童虐待が疑われて、お次は夫婦間の○○なんて疑いを掛けられたら、恥ずかしいですモン!
                  
思わぬところで、容疑者A子の汚名でマークされたカァちゃん。 (爆笑)
何時、どんな時に ・・・ 李下で冠を正して、泥棒あつかいに成るか?
よーく理解いたしました。

      人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (6)