田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

天守閣は、バリアフリー??

2016-12-31 18:04:17 | 2人3脚チンタラ道中
小学生時代のヒゲには、熊本城は格好の遊び場でした。
遊ぶ為の小遣いが要らないからです。 (笑)
城内では、“宇土櫓(やぐら)”と云う、西南戦争で焼け残った一角で遊ぶ事が多かった。
               
くつ下を履いてる時は、要注意です。
勾配のキツい木の階段を登る時に、おもしろい様に滑りコケるのです。
最上階でひとしきり展望を楽しんで、その階段を降り様とすると、
まるで垂直に落ちるような恐怖が小学生ヒゲを脅します。
            
それから間もなくして、大天守閣の再建工事が始まりました。
鉄筋コンクリートの近代建築で造られたお城。
宇土櫓とはまるで違うお城の姿に、違和感がありました。

そして、今度の大震災で、大きな被害を受けた熊本城。
今後の再建では、エレベーターを設置するとか。
ヒゲみたいな車椅子の障がい者でも、見学出来る様にする為です。
なんてありがたい配慮でしょう。涙がちょちょぎれる場面です。
しかし、ヒゲには、再び違和感が起きます。
コレって、余り車椅子の事を御存知ない方の思いつきでしょうね。
アーケード街のフラットな道路を通る時でさえ、小さい段差や通路のごく緩い傾斜が在るだけで、
車椅子は困難するのです。

そんな困難を乗り越えて、お城の坂・行幸坂まで来たとしましょう。
更に、この道幅の狭い通りを、車を避け、木の根っ子を乗り越えて、無事に進んだとしましょう。
いよいよ、お城に入る行程です。
昔の記憶を頼りに、進んでみると、とても進める道ではありません。
名物の大きな石の階段の所は、バリアフリーのスロープでも設置すればイイとでも
思っておいでなのでしょうか?
曲がりくねった道を、車椅子が巧く動けるハズもなく。
何の為に、そんな角かどの道を造った?
当然ですが、そもそもお城とは、防護に徹した設備。
だから、バリア・バリバリ。
          
そんな所に、バリア・フリーなんて、180度違う概念を持って来るもんだから無理がある。

天の声 「 ヒゲは、心配せんでいい! お前が生きてる内には、お城の再建は無理だから。 」
ヒゲ  「 そうか! どうせ、俺が生きてる内には出来ないのか。
       それでも、ヒゲ達の税金を使ったあげく、あのバリアフリーの工事は全く無駄遣い
       でしたとなるのは、如何にも残念だが。 」

     人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

イブの対決

2016-12-29 17:04:54 | ヒゲの盤上の世界
12/22、午前中。 急いで、ニコ生の竜王戦第七局をのぞく。
局面は、丸山九段が 9五銀 と出たところです。
ヒゲも解説者も首をひねる。 コレは何だろうか?
9六歩 と突かれて、当然(?) 同銀 かと新手を期待したら、すごすごと 8四銀 。
アマチュアが時計を使った時の早指し戦。
勢いで 9五銀 と出たものの、良く見ると相手が 8八玉 と備えてあり、
頭を抱えて引き返すシーンを思い出される。
       
これじゃあ、無理か?
ヒゲは当然、ひょうたんから駒の決着を期待していた。
だって、アメリカ大統領選でさえ、ひょうたんからピッグ的な出来事。
今の世の中、何が起きても不思議ではありません。
もちろん、ひょうたんから赤ら顔の豚が飛び出し、宣誓式をしてもだ。
だから、飛沫候補の丸ちゃんには、是非とも4000万円のぼた餅を掴んで貰いたかったのだ。
そうそう、ギャラリー・野次馬の期待通りにはなる訳ないよね。
     
気を取り直して、クリスマス・イブでの、藤井 新四段 のデビュー戦へ。
ニコ生の画面は、ちょうど昼食の注文訊き。
藤井くんが、昼食選びに長考する。 (笑)
     
後から聞いた話では、出身地の “ 味噌煮込みウドン ” とか。
ヘェ〜、会館では初めて聞いたメニューだ。
再開後の楽しみは、加藤ピンさんのパフォーマンスだ。
それを楽しみに、こちとら、ユンケル片手に応援してるンだゼ。(笑)
そして、その時! 出た~~!! ヒフミンのコブラ睨みが。
ラスト(?)の活きた伝説を目撃して、ヒゲは満足。

しかし、次の日のマスコミの表現にムッと。
新井新四段、“ 金星デビュー ”!
何だ? この金星とは??
恐らく相撲用語からの引きで、番狂わせとかまぐれ勝ちとかを煽り立てたい一心の表現だろう。
九段 対 四段。 その差五段だから、当然勝ち目は無いと考えたのだろう。
それは、将棋界の事を良く知らないジャーナリストだ。
昔も今も新進気鋭の四段が、ロートルの九段を負かすのは、当たり前の事だ。
そんな壁は、やすやすと抜けなければ、プロとしてはもう先がないのです。

だから、逆に加藤ピンさんが勝利したら、其れこそ金星!
番狂わせ、神の御加護。
イブの日の奇蹟を目撃することに。
街にはメサイアが流れ、ピンさんの復活祭に化けます。
         ハーレルヤ ♫ ハーレルヤ  いやー、めでたい、目出度い!
     人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (6)

カストロ往く

2016-12-25 16:34:24 | ヒゲの毒舌
ヒゲがまだ小学生の頃、“ 黒い雨 ”と云う言葉がありました。
どこかで、核実験が行われます。   
翌日の登校日、雨が降ったら大変でした。
その頃、まことしやかに或るウワサが、城東小学校に流れていたからです。
『 黒い雨に髪が濡れると抜け落ちる ・・・ 』
             
その頃在った、“お岩さん” のワンシーンが思い出され、ヒッエーと震え上がります。
『 そんな事を繰り返すと、若くして頭がハゲるぞ。つるっぱげに! 』
ハゲ頭と云う言葉が、小学生に恐怖を煽り立てます。
だからヒゲは、傘を深々しくかぶり、放射能雨に用心しながら学校へ行きました。
             
そんなある日、小学生ヒゲは新聞で妙な活字を見付けました。
【 臨検 】 と 【 海上封鎖 】 です。
こんなむつかしい語彙を、国語は万年最下位(!)の小学生に、分かるはずはないのですが。
軍事専門雑誌 “ 丸 ” を愛読していたヒゲには、ピンときました。
これって ・・・
例えば、ヤクザが三人、通りを歩いています。
そして、連中の前に立ちはだかり、こう言います。
「 おう、兄さん方! ポケットに隠してる物、全部見せて貰おうか。怪我をしない内に。 」
要するに、ケンカを売っている訳です。
そんな恐ろしい事が、どうやら地球の裏側で行われているみたいです。

ヤクザは、ソ連船籍。  インネン係は、米国海軍。
のっぴきならない情勢、いつドスが抜かれてもおかしくありません。
普段、勉強もしないくせに、ヒゲ達は厭勉ムードに落ち込みます。
もう、どうせ勉強しても、直ぐにソ連の水爆で焼き殺されるンだ。
諦めが漂う中、ソ連のヤクザは踵を返して世界戦争は回避されました。

ヒゲ小学生は、この機会に騒乱の元となったキューバと云う国を勉強しました。
すると、米国が援助している政権が気に入らないと、キューバ革命が起きたらしい。
米国系の企業を国有化して没収すると云う暴挙を起こしたのが、革命の指導者カストロだと。
そして、この極悪人が組んだ相手がソ連のニキータ!
なるほど見えてきた。
その革命の同志がチェ・ゲバラで、後の日本の学生運動で、革命の戦士として人気者に。
当の独裁者カストロは、粛清を繰り返しながら、長期政権を維持。
2016年の今年、世を去った。
核戦争の元凶をつくった歴史の証人が、また居なくなってしまった。
そして今、陽気なカリビアンは、長~く社会主義を強いてきた独裁者を
どう評価してるのだろうか。
                      
     人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

トラ・トラ・トラ

2016-12-21 22:09:26 | ヒゲの毒舌
いつもの三ツ星寿司屋。
祝勝会の打ち上げで、喜色満面でトロを頬張るシンゾウ総理。

総理補佐官 「 トランプ大統領との抜き打ち会談、支持率チョーアップですね! 」
安倍総理 「 見たかね、偉大なわたくしの外交術を。
        他国を退けて、世界で一番最初に米国トランプ大統領と会談する離れ業は、
        俺様にしか出来ないハズだ。
        君~、外交はスピードだよ!
        民主党の連中にも教えてあげなさい。
        オバマと違い、トランプは話しの分かる男だよ。
        正直、オバマは頑固な話しの分からぬ男で、参ったヨ。
        ああいうのを、石アタマと云うンだろうね。 ワ、ハハハハ~
        あっ、コレはオフレコだよ。 」
数日後、寿司屋。   
補佐官 「 テーへんだ、テーへんです、 ソーリー! 」
         ・・・ 手には、瓦版(かわらばん)を握りしめている。
総理  「 どうしたんだね? 八兵衛補佐官。 黒船でもやって来たんかい。 」
補佐官 「 ハイ、黒はクロでも、黒船の提督の親分、つまり米国大統領です。
       先日の頭越しのトランプとの極秘会談に、非常にご立腹です。
       まるで、なめ切ったような手段だからですネ。
       ソーリの 『話しの分からぬ男』 発言にも ・・・ 」
総理  「 ひえ~~、どうしよう八兵衛。 」
           
補佐官 「 そうだ! 今度は、ソーリが真珠湾に出向いて謝罪外交をすればイイ。
       なーに、名目はヒロシマのお返しぐらい言っとけば。 」
総理  「 うん、そうだな。 直ぐに、パールハーバー訪問の手続きをとりたまえ。
       しかし、そうなると、アノ周 近平やろうが、直ぐに南京に来いと
       言いはしないだろうか?
       まるで、土下座外交みたいで嫌だな。 トホホー 」

数日後の官邸。
補佐官 「 テーへんです、ソーリ。 オスプレイが墜落しました。 」
総理  「 なんだと~?? 
       オバマ野郎は、オスプレイは絶対墜ちないからと言ってたぞ。 」
補佐官 「 ソーリ、問題は沖縄の米軍司令官でして。
       副知事が感謝状を持って来なかった事に、激しく抗議してテーブルを殴打しました。
       なんでも、沖縄県民に被害が及ばなかったのは、我が軍のおかげである。
       当然、知事が感謝状を携えて口上を述べて、我が兵士を讃えるベキであると。
       それを事もあろうに、素手ぶりで来て、挙げ句、抗議だと!? (怒) 」
                              
総理  「 ヒエッ、そんな厄介なのは、スガに任せちゃお。 」

      人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ジェネレーション・ギャップ~ソング

2016-12-19 18:04:44 | ヒゲの毒舌
ヒゲ・オジサンには、どうにも理解出来ないモノがあります。
オジサンの現役時代には、歌手と云う職種がありました。
    
それと別に、俳優なる職種もありました。
ダンスが得意な人は、ダンサーと呼びました。
それが今は、女優さんが歌を唄うと『アーティスト』と云うそうで。
まあ、なんて眩しいネーミングでしょう。
芸術家 L・ダビンチも顔負けです。
全くヒゲおじさん世代には、言葉の概念がひっくり返るような衝撃です。(笑)
これって、一億総アーティストのしゃれ?
まあ、マスコミかなんかが、そんな概念を作ったらしょうがない、従うとしましょう。

今度は、そのアーティストさん達が作った歌に困ったちゃん。
何が困ったかと言うと、歌の良さが理解出来ないのです。 (汗・汗)
勿論、ヒゲ奴が年老いた影響が多いのでしょう。
アナログ昭和世代には、デジタル平成音楽がむつかしい。
           
宇多田ヒカルさんの時期ぐらいから、さっぱり分からなくなりました。
特に、曲の途中には、決まり事のように英語の歌詞を入れる。
コレって、本当に必要な決まり事でしょうか。
英語がわからない昭和オジサンには、“にくじ”のように思える。
更に、アップテンポでビートが効いて、まるでマシーンで作った曲みたい。
小室OO某の曲なんか聞くと、コレって前の曲とどう違うのか?
オジサンの耳には分からない。
判で押した様にパターンテックな、まるで金太郎飴みたいに素晴らしい曲が次々に。
       
昭和オヤジの耳に一番違和感あるのが、曲と歌詞のハーモニーです。
若手の才能任せに作ってあるせいでしょうか。
曲と歌詞が練れてない。
昔(?)は、曲を作る先生と歌詞を作る先生は、別々が多かった。
だから、一音と一語の“せめぎ合い”が激しかった様な気がする。
       
CM曲増産の影響でしょうか?
「一曲一曲丁寧に作るより、曲を量産しろ!」の掛け声でもあるんでしょうかね。
さあ、暮れには紅白を観て、いまどきソングなっと、耳慣らししてみるか?
あまりに早過ぎる曲に、耳鳴りでも起きはしないか?
心配だが ・・・ (笑)
                     
      人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

七番勝負アゲイン

2016-12-17 14:24:20 | ヒゲの盤上の世界
12/8(木曜日) ニコ生をのぞくと、竜王戦第6局二日目です。
午前中なのに、もう結構際どい局面・後手 6七金!
のっぴきならない場面。
これなら昼食前の投了もあるか? ぐらいの様子です。
渡辺竜王の背中が丸い。
解説は、先崎学九段。
対局室は、甲府市の常磐ホテル。
     
気になる記録係りのバックには、六曲一双の屏風が。
今回は、古典テーマの、老松に鶴。
    
センちゃんの解説によると、後手の丸山九段に、安全勝ちの6ハ歩やら、
踏み込みの7ハ金か。
選択が多くて、人間的にはヒューマン・エラーが出やすい局面。

今回は、ヒゲは丸山九段に、是非(!)勝って欲しいのです。
なぜならヒゲ的には、4ー2のスコアの七番勝負の決着は好きではありません。
大山名人最盛期は、ほとんどがこのスコアで決着がつきました。
完全なるアウトボクシング。
興奮もスリルもありませんでした。
勝負事は、やはり最終戦までもつれ込まないと面白くない。

更に挑戦者のマルちゃんは、いわばトランプ候補。
予選落ちのハズの泡沫候補の、繰り上げ当選と云うのは、失礼か?
とって付けたなファイナリストの視線の先に棚が。
良く見れば “ 棚から牡丹餅! ”
露骨に云えば、“ 棚から4000万円! ”
その賞金が、今目の前に落ちてきた。
男マルちゃん、この絶好のチャンスを逃してたマルものですか!

そんな最終戦第七戦が、なんと21日水曜日らしい。
つまり、来週は、ヒゲはミッシリとスケジュールが詰まっている訳です。
そして、そんな大事な週を前に、ヒゲは妙な風邪を。
カァちゃんは、誤嚥性肺炎の一歩手前で止められたと主張してます。
X線には出てなかったけど、血液には炎症反応が出ていたようで。
なんて事でしょう。
今日・明日で、体調が回復するのを願うばかりです。

      人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

映像の世紀・コンサート

2016-12-15 15:45:35 | ヒゲの毒舌
12/4 (日曜日) 午前中は、NHK杯将棋を観戦する。
佐藤康光ちゃんの惨敗と思い、朝刊を手にした時です。
充分優勢なハズの斎藤六段が、7二飛車成りと微妙。
おやっ? ヒゲは、再び画面にしがみつきました。
そして、とうとう逆転です。
                 
このだんだんと逆転するプロセスが、実に面白い!
その後、ちょっと女子バトミントン・ダブルスをのぞいて、BSにチャンネルを。

ずっと以前のブログで、こう書いてます。
ヒゲがつい観てしまう番組 ~~ NHKの映像の世紀。
もう何度も、再放送も観てるハズなのに、又、つい覗いてしまうと。
               
そして今回は、そのテーマ音楽を日本フィル交響楽団が生演奏すると云う趣向。
日本フィルのバックには、映画館並みのスクリーンが張ってあります。
そのスクリーンに、以前の映像の世紀を流しながら、加古 隆氏作曲のテーマを聴く。
しかも、ピアノ演奏は、加古さん本人が演じる。
なんと贅沢な設定!
               
オーチャード・ホールのぎっしり詰まった観客席。
進藤 晶子さんの語りで始まる。
スクリーンに映像の世紀が投影されると、岩村 力の指揮棒が揺れる。
                     
やがて、スクリーンに人類が犯した愚かな行為の数々が映し出されると、
ハットの似合う加古 隆のピアノ演奏が。
“ パリは 燃えているか  ” だ。      
指揮者の前には、スコアと小さいタブレットが置いてあり、スクリーンと同じ映像が
流れているようだ。

大きなスクリーンの映像は、90年代ヒゲが観たNHKスペシャルのリマスター番でしょう。
場面を観ただけで、山根 基世アナの淡々としたナレーションが聞こえるよう。
演奏者の間には、小型カメラが設置されている。
邪魔にならないか、心配してしまう。
この映像の世紀は、20世紀初頭からの人類が犯した愚かな行為の数々を
フィルムに収めた物でした。
所で、百年後の現在。
我々が選んだ偉大な指導者の顔ぶれ。
この指導者を見ていると、果たしてこの人達の何人がヒットラーよりマシだったと
笑えるでしょうか。
或いは、前世紀の過ちの轍を再び踏んでしまい、孫の代に美しかった地球を残す事が
出来なかったと云う事にならない様にしたいものだ。

      人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

家呑みも、又楽しからずや!

2016-12-13 21:02:36 | 2人3脚チンタラ道中
12/2(金曜日) カァちゃんが、ニコニコ顏で英会話教室から帰ってきた。
鶴屋のデパ地下で、良い肴が手に入ったらしい。
直ぐに披露したのは、富山県の氷見(ヒミ)ぶりのカマです。
大きい! 今夜は、コレの塩焼きがメイン。
          
カァちゃんが、今日の仕入れ品を冷蔵庫に入れ終わった頃でした。
驚きの目で、ヒゲの動きを眺めています。
なんと、別室に酒を取りに行ったからです。
普段は、右の物を左にも動かさないクセに!
自分のアルコールを用意する時には、足腰の軽いこと!?
どこが障がい者なんだ? あきれ顏です。

先ずは、球磨焼酎“文蔵・原酒”のお湯割で、体を温めます。
直ぐに出してくれたのは、地フカの湯引き・酢味噌。
                
そして、北海道展で買い物していた“曲がり数の子”
準主役は、赤むつの刺し身。 身に薄っすらとサシが入っています。
    
                 
そろそろ、酒が代わります。
カァちゃんの冷たい目に晒されながらヒゲが取ってきた日本酒は、“立山・本醸造”。
富山の氷見ブリに、富山の日本酒を合わせようと云う趣向です。
                            
やがて、焼けたぶりカマがテーブルに登場です。
大きいのですが、値段も地味にスゴイ!
熊本の、ある時期の天然ブリ一匹が買える価格。
まあ、それを半額シールで手に入れてくるのが、カァちゃんのお手柄です。

ブリがテーブルに並ぶと、当然ですが猫どもも飛んできます。
何しろ人間でさえ、滅多に氷見ブリのカマ焼きは食べられません。
そんなレアな物を、あたら畜生どもに喰われてたまるモノですか!
人間にも意地が有ります。
ヒゲは、一計を案じます。 
熱々の焼けた身をやるのです。 どうだ!
ネコ舌と云うぐらいだから、手も舌も出まい!? カンラ・カンラ (笑)
どっこい、今度は猫どもが意地を見せます。
熱くて食べれないハズのカマ焼きを食べてみせたのです。
そして、もっと寄こせと言ってます。
なんて事でしょう。
カマは充分脂がのっているのですが、天然らしく身質はしっかりしてます。
合わせる立山は常温。
本当は、燗を付けたいのですが、離席すると戻った時には肝心のブリが無くなってしまう。
悪魔どもが狙っているからです。
ヒゲは、たっぷり厚い皮を堪能する。
天然の大きなカマの皮だから、ちゃんと歯ごたえやゼラチン質が味わえて酒も進む。
いやっ~ 今日は贅沢な家飲みだった。

      人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

リアル・ミケランジェロ

2016-12-10 16:38:42 | ヒゲの毒舌
 【 ヨーロッパ財宝ミステリー  消えた黄金列車の謎 】
   ~~ ポーランド発掘 ナチス財宝はあるのか ~~

BSのTBS系放送です。
なんて長くて煽る、新聞テレビ欄のタイトルでしょう!
ここまで書かないと、視聴者が来ないのですか?
何とも、放送局も辛い時代だ。 (笑)
      
          
ドキュメンタリー風な展開の映像です。
メインは、ミステリーハンターが、地下に埋められた列車を掘り当てるプロジェクト。
地下レーダーで、一攫千金を狙う男たちが探すのは?
ナチス列車に積まれた、ユダヤ人の抜歯された金歯か宝飾品か?
         
以前のブログで、映画 『 ミケランジェロ・プロジェクト 』 の事を書きました。
映画は、主に、ナチスが略奪した絵画や美術品を取り返す仕事がテーマでした。
その中で、岩塩炭坑をナチスが爆破する作戦のシーンが。
映画ではサラーッと流してありましたが、その作戦を阻止して、炭坑の入口だけを
爆破する話しが実在した。
                 
TBSの番組では、何と阻止したリアル村人を取材しています。
           
さすが、リアル村人がその場所を説明すると、戦時下のイメージが沸いてきます。

コレとは別に、NHK・BSの世界のドキュメンタリー物も。
こちらは、主に大戦前期にルーブル美術館の至宝を、
フランス各地に疎開させたJ・ジョジャール館長を描いたものです。
つまり、映画とは逆の、盗られる前に隠すというプロジェクト。
ルーブルの美術館職員の意地と心意気の物語です。
戦時下の食糧事情も悪い時代を考えると、なかなか出来ない作業です。

このドキュメンタリーに重要な役をする、実在の女性がいます。
映画では、ケイト・ブランシェット扮する女性学芸員。
                 
          
   
ほら、映画ではイケずなパリ女性風に描いてあった。
彼女の記録した帳簿が、後の逃亡先や元の持ち主探しに役立つのです。
ヨーロッパ人の、絵画に対する凄まじい執念を感じさせた、三作品でした。

      人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

デビュー戦はクリスマスイブ

2016-12-07 17:23:19 | ヒゲの盤上の世界
少し前のブログ(将棋人気~奨励会)で、ヒゲは絶叫しましたネ。
ぜひ、生きてる内(!)に、天下の加藤一二三九段と神童・藤井悠太新四段の
初対局を観たいと。

コレが、まさかの実現に到ることになったのです。
今度のクリスマスイブに、竜王戦の予選で、我らがピンさんと
14歳の新人・藤井くんのデビュー対局が、将棋連盟で行われると。
今年のイブまで、もう少し。
なんとか、ヒゲも生き延びそう(?)だし。(笑)
      
それにしても何と云う、楽しみな闘いでしょう。
コレってえ、タニーさんの粋な計らいでしょうか。
さらに願わくば、対局中継して欲しい。
ニコ生でもNHKでも、もちろん民放でもOK。
見出しは、《 新・神童 VS 元・神童 ~~~ 勝つのはどっちショー!? 》
副タイトルは ~~ 62年ぶり記録を塗り替え、神武以来の神童対決。
しかも、現役最年長 対 現役最年少 棋士!   その差、62年。

困ったちゃんは、解説者と秒読み係り。
しょうがない、ヨネさんをあの世から、ちょいと拝借しようか?
秒読みは、そうだ! あの神吉くんが良い。
         
当然、一二三九段には、赤い長ネクタイをだらりと下げて頂く。
途中で、そのネクタイを、中腰になりながらシゴく動作も大事ですね。
長考の時に、相手側に回って、盤を一回転のヒフミン・アイは最大の魅せ場。
活きたヒフミン・アイは、今世紀最後になるかもしれない。

絶対外せないのが、昼の棋士メシ。
コレは、古館伊知郎で実況中継を演っていただきたい。
ひふみんの特製鰻丼、かたや悠太くんは、ゲンを担いでスペシャルかつ丼。
           
そんなTV中継があるならば、皆さんにお願いします。
決してその日に、ヒゲを誘って、しちーホテルでワインを飲もう会なーんて言わないで。
或いは、孫たちと一緒にクリスマスケーキを食べましょうもダメですヨ。 (笑)
                 

       人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (4)