田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

〆張でご機嫌

2017-02-27 21:41:54 | よもやま話・酒編
先日のブログで、ご機嫌で車椅子利用の外呑みに出掛けた事を書いた。
「 〆張 🎶  〆張 🎶 」 と、鼻唄混じりのヒゲの前に立ちはだかった壁。
お目当ての店のビルには、エレベーターがなかったのです。
ガチョーン! ガァーン!!
車椅子では登れませんから、あきらめてスゴスゴと帰ったヒゲ達のことを。

2/6(月曜日) タクシーで銀杏南通りの『栖』さんの前に到着。
      
今回は、リマッチ! 自力で階段を登ります。
カァちゃんの同級生夫婦と待ち合わせ。
店のドアを開けると、もう先方さんは来ていた。
挨拶を済ませ、酒と肴を選ぶ。
焼酎の後は、日本酒がヒゲのルーティン。
お目当ての〆張鶴・本醸造の燗つけを頼む。
あーっ、懐かしい酒です。    
昔の戦友に再会したみたいだ。
店を閉めて以来だから、もう随分になる。
熊本市では、この銘柄を用意している店はほとんどない。
肴は ・・・  あれっ? 無い。 ここの店にも無い。
ナマコ酢を楽しみにしてたんだが ・・・ 。
ナマコを一切れコリっとさせて海を感じ、〆張の燗つけをクイっとやる!
「 酒呑みに生まれて良かったね! 」 となるハズなのに。

どっこい、最近のコジャレタ居酒屋では、どこも生子がない。
サラダ類は多いのに。
女性向きのワイン&サラダは充実しても、オヤジ御用達・酒肴の生子は置いてないのか。
ケッ、〆張鶴の燗つけ煽るのに、シーザーサラダなんか喰えるか。
ブルータスじゃああるまいに!?
露骨なオヤジ無視。
コレは、男女平等の安倍政策違反ではないか。 訴えてやるー! (笑)
しょうがないので、白魚ポン酢を選ぶ。
生のシラウオを一本づつつまみ、酒を楽しむ。
                        
新潟県村上市の銘酒は、田園の店では特に、正月時分に登場する機会が多い。
銘柄の〆張がお正月のしめ縄を表すとして、重宝したもんです。
ちなみに、二月初旬頃までは、静岡県の開運・吟醸が主役の事も。
お客様の今年の運が開けますように!
朱塗りの大盃に、この酒を注いで回し飲みしたもんです。
   

厄年の時、長男・長女から開運を注がれて飲むヒゲ。
       

ヒゲは、初めて会う御主人と会話が弾んだ。
天草の人たちの、特殊な食習慣の異様なこだわり性。
熊本県民のモッコス気質と従順性の二律背反。
そんな多岐に渡る話題が、次々に湧き上がったのでした。
盛り上がると差しつ差されつ!
日本酒が進む。  「 ママ~! 〆張もう一本ね~ 」 (笑)

        人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

公衆電話使ったことある?

2017-02-25 17:43:59 | 2人3脚チンタラ道中
お題「公衆電話使ったことある?」に参加中!
いや〜、驚きのお題です。
ヒゲ達が如何に後期高齢者(笑)で、時代がかっているか分かるテーマです。
コレが、「 携帯電話使ったことある? 」 とでも指定してあったら、
違和感はなかったでしょう。
今どき、いかに公衆電話が使われてないかを現す、お題ではありませんか。

1970年代前半、まだまだ携帯電話がない時代。
いや? 世界にひとつだけ在ったかも。
米TV版 『 スタートレック 』 で、カーク船長が愛用したコミュニケーター(通信機)です。
なんでも、手首のスナップで開くとか。
      
エンタープライズ号に、任意な時に通話出来るソレは、人類の大きな憧れの道具でした。
バービー人形にも登場したくらいですから。
                      
やはり同じ年代、京都の学生ヒゲは帰宅後、財布から十円玉を本棚の端に積み重ねます。
主にタバコを買った時のつり銭を、少しずつ貯める事が多かった。
やがて、十円玉がツインタワーになるぐらいの時が、その時です。
                          
ポケットにドサッとくる重みを感じながら、アパートを出て西大路通りに向かいます。
通りに出た所にスーパーがあり、更に下ると電話ボックスが見えます。
ラッキー! 誰も使ってない。
           ≪ 数年後のプッシュ式 ≫            

中に入り、十円玉タワーを投入口近くに建てます。
とりあえず五枚ほどを投入口に入れて、市外局番を確認しながらダイヤルを回します!

暫く待つと、呼び出し音が聞こえます。 
緊張の一瞬 
向こう側の電話に誰が出るか?
親父(オヤジ)さんなら、何て言うべきか?
悩ましい時間です。 電話先は、嫁さん候補の実家です。
ガチャリと音がします。 母親さんの声です。
ヒゲはホッとしながらも慌てて 「 片山です。あけみさんお願いします。」 と。
電話先では、笑い声らしき雰囲気が感じられます。
あけみちゃんに、最重要な帰省日時の報告を口早に伝えます。
十円玉を投入口に入れる作業も忘れない様に!
京都と熊本の間は遠い! 十円玉はたちまちなくなります。

夢中でしゃべっていたら、突然、電話ボックスのガラス窓を叩く音が。
ガタイの大きそうな若者がおめいて(わめいて)いたのです。
「 何時まで掛けているんヤー (怒) 」
とても、ケンカ出来そうな相手ではありません。
しかも、公衆電話ボックスは、この周辺ではこの一台しか無いのです。
すごすごと、ボックスを明け渡すしかありませんでした。
帰り道は、ちょっぴりほろ苦い思いです。
もしその頃、携帯が在ったら、こんな思いはしないで済んだでしょうか。
             
ボックスの中の電話は、こんなものでした。
「 ときめきのピンク電話 」 と言った人がいたらしいが ・・・

        人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

波蘭の女流棋士誕生!!

2017-02-23 16:40:43 | ヒゲの盤上の世界
やるもんだ~! ガイジンさんも。
ポーランド国籍のカロリーナさんが、とうとう日本の女流将棋二級の壁を破る。
いやー、めでたい! 目出度い!
ヒゲ的には、三級留まりで、女流二級プロは無理だろうと考えていた。
                     
こうなりゃ、是非! 観たいモノがある。
NHK杯将棋トーナメント、カロリーナさんに棋譜読み上げを担当して欲しい。
来年の正月明けには、ポーランド女性が着物姿で読み上げ役!
あまりのカルチャーショックで、年寄りは餅が喉につかえない様に注意しましょう。
                
ついでに、早い時間に対局が済んだら、ほら! 以前、先崎~神吉のパトロールがあった様に、
放送の余り時間で、カロリーナさんの“のど自慢”を流して欲しい。
唄は、決まっている! (笑)
“故船村徹”先生の『王将』です。
                         
ポーランドの若き女性が、
     🎶  女房の小春~  ♪ つくる笑顔が いじーらしい~ 🎶
なんて唄ったら、昭和の男どもは涙がちょちょぎれることだろう! (笑)
徹先生も草葉の陰から、ギター片手に喜んでくれるはずだ。
                
しかし、平成の今なら歌詞を書き換えなくちゃいけないかな?
      🎶 女房の大春~ ♬ つくる怒顔が 怖い 怖い~ 🎶

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ねぇマスタ~♬ 熱燗、まぁーだ~?

2017-02-21 18:18:40 | よもやま話・酒編
さあ、鱈の白子ポン酢が出来た。
相棒の燗付け日本酒の出番です。
と、ここ迄きて、サッとお燗が出て来ない。
イライラして待つ! 
   
酒呑みが、一番嫌がる瞬間ですネ。
だいたい、D祭やらA政やらの人気酒が置いてある店が、この瞬間が多いはず。
普段から冷酒ばかりで、燗付け酒なんて低い地位に置かれているからです。

今日は、燗付けの道具をざっとお話しします。
最近のブログで、チロリと云う言葉がでました。
ほら、おでんの屋台で時々見かけますネ。
                  
おでん鍋の横にあって、湯せんの部分を。
そこに、酒を注いだアルミ製のチロルをぽちゃり。
  
「 ヘイ、お待ち! 」 と、客のコップに熱燗を注ぐ。
客も上司の悪口言いながら、グイッとコップ酒をあおる。

ヒゲの店で使っていたのは、円型の酒燗器。    
ガス火で湯せんするタイプのお銚子7本用です。
ほら、ドラマ“相棒”で、小料理屋のカウンターのコーナーに置いてあるアレ。
お銚子に、一升瓶の日本酒を注ぎ入れた後、この酒燗器の蓋をとってお湯に浸けます。
           
実は、この一升瓶からお銚子に注ぎ入れる仕事が一番のネックなのです。
慣れてないと、小さなお銚子の口から酒がこぼれてしまう。
こぼれない様に丁寧にすると、やたらに時間が掛かりひんしゅくモノです。
田園の店では、ある便利グッズを使ってました。
ネーミングは忘れました。   
プラスチック製の鳥のクチバシみたいなものを、一升瓶の口にはめて使用します。
一升瓶を傾けて、クチバシの部分をお銚子に突っ込みます。
すると、酒はこぼれる事なく、お銚子を満たし、しかも満タンになれば自動的にストップ!
あふれる事はありません。
なんて、スグレモノでしょう!!
だから、ヒゲも浪ヤンも、客と談笑しながらお銚子の準備をしたものでした。
しかし、この器具方式にも欠点が。
銘柄を、かつがつ(度々)替えられると、自力で銚子に指定の酒を入れるしかありません。
便利グッズは、あくまで大勢さん用です。

さて、注文が来たら、酒燗器にお銚子を入れるのですが ・・・
見習いが問います。「 だいたい何秒、入れておくのですか? 」 
ヒゲは絶句します。
代わりに、浪ヤンが。「 こうやって、底に中指当てて判断すっとタイ! 」
なんて、昭和を感じるアナログな方法でしょう! (笑)  
平成の今や、温度計を酒に差し込み、その温度計で酒を混ぜながら燗を付けてます。
水銀計が割れはしないかと心配のヒゲ。
昔のアナログ式の店を探すのですが、未だに邂逅出来ないでいます。

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

マレーシアの必殺仕事人

2017-02-19 18:06:33 | ヒゲの毒舌
2/15(水曜日) 新聞を拡げると、いろんなニュースが飛び込んだ。
              
クアラルンプールの空港で、金正男が暗殺された。
毒針が使用されたらしい。  「 ヒエーッ! 」
LCCのコーナーでだそうです。
何とまあ、格安航空会社を利用とは!?
彼のイメージでは、ビジネス・クラスでの贅沢三昧のはずだが。
東京ディズニーランド目的で捕まり、成田空港での送還のシーンが浮かぶ。
   
それにしても、毒針とは、なんとも時代がかった方法ですね。
まるで、中村主水や念仏の鉄やらが登場する必殺仕事人の江戸時代。
犯人は針を使うなんて、さしずめ梅安の娘たちか? (笑)
            
北朝鮮の金正恩から言うと、必殺仕置き人の仕業でしょうか。
「 これは、お仕置きしたのだ! 」 と。
正男さんの失敗は、マレーシアでのガードマン選び?
やっぱ、マレーのトラ・怪傑ハリマオにボディーガードしてもらうべきだった。
🎶  まーっかな太陽  燃え~ているー 🎶 

お次は、米国新政権の新閣僚が辞任。
フリン大統領補佐官とか云う名前らしい。
“ フリン野郎 ” の “ 不倫 ” がばれての、 you're fired! 
なぁんて、親父ギャグも飛び出す。
ところがどっこい?
ロシアと内通していたとか。
 🎶  From Russia with Love   
             
これじゃあ、フリン内通じゃあなく不義密通?  (笑)
表現が古くてすみません。
まるで、マタ・ハリが登場する色仕掛けスパイ映画みたい。

そのお次は、文科省のお話。  
固有の領土明記するとか、小学校で英語学習を目指すとか。
またぞろ“ ゆとり教育 ”並みの思い付き(!)教育指導要綱案じゃあないだろナ。
気まぐれ指導をされても困る。 現場は時間が無いと云うのに。
それにしても、威張った態度は何とかならんのか?
上から目線で、学校に下知を飛ばすな!!
「 どうぞ! よろしくお願いします。 」 とか言ったらどうだ。
そうだ!? 「 明記する。」 と威張るンなら、ついでに ・・・・・
【 天下りで稼ぐのは、文部省の固有の権利であり義務である 】 と教科書に明記するとイイ。
       

          人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (1)

熊本城マラソン 2017

2017-02-16 19:50:24 | ヒゲの毒舌
1/23(月曜日) 今日はリハビリの日なのに、何しろ寒い。
こんな日は、ヒゲの準備が大変。
先ず、咳・痰の予防薬を飲まなくちゃいけない。 
そして、必需品のミニカイロを。 なんて有り難いんだ!

11時になり、玄関を出ると、川風が肌身にこたえて一段と寒さが増す。
マンションの玄関側通路は、白川に面しているので、野性の寒さがモロに来るのです。
車椅子上のヒゲ、慌ててジャンパーのジッパーを閉め始めた。
ところが、東側の道路へ出ると、太陽光が気持ちイイ。
しかし、この温度差はヒゲには問題。
鼻水がシャーッと、噴き出すからです。
何本もの人工血管を持ち、縫合跡の傷も生々しいヒゲには、辛い季節だ。

途中の信号待ちの寒さにうんざりしながら、やっと病院に着く。
リハビリ室に入ると、「 あれっ? 」 人気がなくガラリとしている。
いつもの老人組の姿が見えないのです。
なんでも、インフル患者が急増して、蔓延を防ぐために、リハビリを各病室で行なっているとか。
ヒゲも、念の為にマスクを付けることに。

「 左足が、少し硬くなってますネ。 」 と言われる。
しょうがない。 12月は体調不十分で、ほとんど動いていないから。

     
   ≪ マラソンの写真は去年のもの ≫

今年の熊本城マラソン、リハビリ室からはN先生が出場する予定とか。
今回の参加賞には、熊本城天守閣の落下瓦の破片が贈られる。
なるほど、良いアイデアだ。
今からの時代、自治体は金を出す事を考えるのではなく、知恵を出す事が求められる。
今年は、特別なマラソンになる。
特に最後のコーナー、宇土やぐらを見上げながらのフィニッシュ。
      
道路の回りは、崩れ落ちた石垣が積んであるそうです。
TVカメラは、そんな所も繰り返し写して欲しい。
 
              

   

ヒゲ的には、リハビリの先生達との会話自体がリハビリになる。
しかし、動きながらのおしゃべりは、大変な作業です。
開胸手術時の肋骨へのダメージが、まだあるのか?
ある程度まとまった話しをすると、少し息切れがし始める。
しかも、今日はマスクしての動きだから、腹式呼吸がスムーズに出来ない。
久しぶりのウォーキング、左足が動かず、二周目は血圧が上がりそう。
リハビリの昼さがりは、何時も死んだ様に昼寝してしまう。

さあ、今度の月曜日(2/20)、天下国家を憂うカイ。
演題は、熊本城マラソンか極悪人トランプか?
はたまた、善政の限りを尽くす(笑)晋ちゃんか?

          人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (5)

内飲み~ふぐ三昧

2017-02-14 14:34:41 | 2人3脚チンタラ道中
1/28 (土曜日) 今日は、我が家でお祝いです。
長女の二番目の子の帯祝いで、孫・響もお兄ちゃんになる喜びが感じられます。
猫の銀とマールの11才の誕生でもありますので、一緒に祝ってあげます。
祝いと云う事で、“ 福(フグ)のフルコース ” をやろうと。

我が家でするのには訳があります。
去年の冬、水前寺近くの専門店に行ったら、まぁ散々な目にあいました。
なら、「 我が家の方が、よっぽどマシばい! 」 となった次第です。
娘の身体にも、都合が良いようですし。

材料は、ネット販売を利用して、山口県の業者からお取り寄せです。
以前、天然トラフグを取り寄せた時に、配達日の指定が出来ないのを理解してましたので、
養殖で我慢です。
但し、冷凍は避けて冷蔵にこだわりました。
写真は、届いた時の状態です。
                
トラフグ白子入りのセットものに、アラを追加しました。
〆て、二万円弱です。           
          
嬉しいことに、橙(だいだい)も一個付いていました。
果汁を絞って、どうぞと云う訳ですが、注意が必要です。
輪切りにする前に、中央の皮を薄く剥く必要があります。
皮の苦味成分が、実に付着しないようにする為です。
正確には、この後、橙と包丁を水で洗ってから、橙を輪切りにするのが手筋。
                         
さぁ、準備OK。
孫が、美味そうにフグ皮(!)を食べる姿を見たヒゲ。
思わず、「 ひぃちゃん! お酒呑むね? 」 と。
早くも、英才教育を狙っている!?

話しが、孫の運動神経に及ぶ。
ヒゲ 「 縄跳び・鉄棒は無理よ。なんたって、ヒゲの孫だからネ! (笑) 」
縄跳びの二段跳び=ゼロ回、鉄棒逆上がり=不可能のキャリアのヒゲ。
          
婿さんは、てっさ(フグ刺し)をつまんで、「 冷凍じゃないから歯ごたえが違いますネ。 」
セットには、ひれ酒用のヒレもあります。
但し、ひれ酒をそこそこに作るには、手練れてないとむつかしい。
カァちゃん、ひれの炙り具合を真剣な眼差しで見つめている。
焦がし過ぎない様に注意しているのだ。
酒の燗付け温度も気になるらしい。
「 あぁっ、上手くいかなかった。 」 と、べそをかいた。

今日は、鍋野菜も美味いから嬉しい。
カァちゃんが、貴重な原木椎茸を手に入れてくれたのもイイ。
ヒゲ 「 このフグの白子は、鍋で温める程度でどうぞ! 」 と。
         
今日のてっちりは、たくさんの皮付きのクチバシ部位が入っている。
つまり、ゼラチンたっぷりと云う訳だ。
だから、鍋の締めの雑炊が楽しみ。
更に、趣向をひとつ凝らしてある。
別ルートで、石川県のフグの真子のぬか漬けを手に入れている。
猛毒(?!)のハズの真子を焼いて頂くと塩がキツい。
だから、雑炊と併せてバランスを取るつもり。
               
昔、京都で頂いた焼きタラコを彷彿とさせる味わいが懐かしい。
カァちゃん手作りの、摘果メロンの漬物も味わいに一役買っている。
さあ、明日の朝は、娘が焼いてきてくれた柚子味噌パンで、朝食を頂こう。
6月が予定日らしい。
男の孫二人、次は ・・・ 楽しみが増えた!!

           人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

フェイク ニュース

2017-02-11 18:12:19 | 2人3脚チンタラ道中
熊本大地震の本震後、食料等の買い物に出かけたカァちゃん。
想像以上の周辺の様変わりに愕然とする。
食料の調達など出来る訳もなく、在庫品で何とかなるかと我が家へ帰る途中、
情報を得て更に驚く。
血相を変えて、ヒゲの尻を叩いた。
 (以前のブログで報告した事ですが、最近のフェイク情勢をかんがみて再度。)
               
        

「 あーた! 早う、逃げ出すよ~! 誰も此処に居ないのよ。 」
こうなると、ヒゲには抗うすべはありません。

どうも、帰りに見聞した、マンション前での 『 噂話? 』 が原因みたいです。
建設関係に詳しい人が、建物のひび割れを見て、こう御神託を告げた。
「 この建物は、今度同じ規模の地震が来たら、崩壊します! 」
『 崩壊? 』 NYトレードセンタービルが崩れるシーンが湧き上がります。
                  
聞いた棟の住民は震え上がり、それぞれに脱出準備を急いだのです。
「 ドアの鍵は掛けない方がよいですよ。 」 の進言も付いて。
誰が言いだすでもなく、瞬く間に、デマ(?)は拡散しました。
住民は、沈没船から逃げ出すネズミみたいに、我れ先にと避難所へ向かいました。
こうして、無施錠ドアの幽霊マンションが突然現れた。
まあ、初めての天災に遭遇したのだからやむ得ないことです。
つまり、火事場泥棒さんには、天国状態で放置されたのでした! (笑)

避難所の本荘小学校の体育館。
照明が少ない中で、ウワサ話(?)が聞こえてきます。
「 赤橋が崩落したらしい? 」
「 えっ、あの自殺で有名なアカバシ? まさかね~?? 」
「 ウ、ウ、嘘だろう? 」 ヒゲも信じられません。
更に暫くして、「 動物園からライオンが逃げ出したそうだ。 」
「 ヒエーッ! 」
じゃあ、入口に近い所に居るヒゲなんて、最初にエサになるじゃあないか。
このライオン逃亡のうわさ話も、瞬く間に拡散していきました。
     
なにしろ、人間の方も極限状況に居るから、情報の正誤・ウソか本当かを
判断出来ないのです。

そして、今や世界は、フェイク・ニュースで満ちあふれてます。
ヒゲのイメージでは、フェイクなんて博打打ちの用語みたいに思ってました。
まさか、大統領の常用語とは!?
クロ現でも、話題に上るフェイク ニュース。
            
つい最近の情報では ・・・・
「 米連邦最高裁判事に指名されたゴーサッチ氏が、入国禁止令の大統領は違憲だ。 」 と。
「 ほんまかいな?! 」 と、ヒゲは信じられませんでした。
だって、自分を判事に指名してくれたトランプ、soー called大統領に、
いきなり謀反(?)だなんて出来過ぎている。
いくらトランプ劇場の何でも有りでもサ?

まあ、ドナルド野郎のフェイク騒動のツイッター。
おかげさまで、ヒゲには、英語の短文の勉強出来るからありがたいモンだが。
      
こういうフェイクものなら、可愛さだけでもありますが ・・・

            人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

冬の酒肴

2017-02-09 19:00:20 | よもやま話・料理編
この時季、まさにうってつけの献立があります。
寒くなくちゃ、調子が出ない酒の肴。
タラの白子のポン酢掛け。
これと熱燗の組み合わせ。
これぞ、冬の居酒屋のゴールデンコンビでしょう。
      
新鮮なタラの白子を湯引きして、中鉢に盛ります。
下に三個、その上に一個乗せて、薬味の小ネギをたっぷり、そしてもみじおろしを。
ポン酢を周りから掛け廻して出来上がり。
但し、どんな新鮮でもタラの白子には、ほんのチョットのあばた(クセ)がある。
それを、熱燗の日本酒で流す。
すると、アラッ? 不思議!
先ほどのあばたが、えくぼになって微笑み返すではありませんか。

しかし、この白子の登場は、現役時代のヒゲにはハムレット季節(?)の到来を
告げるものでした。
何をそんなに悩むのですか?
人は笑うでしょう。

注文が入ると、クモ子とも呼ばれる白子を、そっとひっくり返します。
そこには、大きな筋が有り、そこから包丁を入れて切り離します。
適宜な大きさに!
実は、この作業がヒゲのウツ(笑)を誘発するのです。
“ 注文のお客さんは、どんな人だろう? ” 要らぬ心配をするからです。
適宜な大きさとは、どれくらいだろう?
     
日本酒がメインで、後はぼちぼち肴を楽しむタイプ。
そんな客には、京弁当みたいに、ちょっと小ぶりに切り出す。
冒頭の例で云うと、四個でひとり前のレシピを、少し小さくして五個にする。

もちろん、客によっては、「 何や? エラい、ちまちましてあるナ? 」 と嫌味が。
相手が、見た目の豪快さに拘る人なら、大きくざっくりと切り出して、三個にしてもよい。
但し、人によっては大き過ぎて、歯で白子を半分に噛み出すことも。
白子のドロッとしたのが、中鉢に残るのには少し抵抗感がある。
いやはや、悩み大き季節です。 (笑)
さて、今度の注文のお客様は、どんなタイプの人やろう?
                       
            人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

田園を飾った花々

2017-02-08 19:41:20 | 田園ものがたり
1月30日は、カァちゃんの誕生日。
元・田園の綺麗どころ(笑)が、毎年祝ってくれる。
今年は、地震騒ぎの影響で格別な思いがあったようだ。
それぞれに、何がしかの影響を及ぼしている。
自宅を転居した人、職場が工事中の人も。
豊ちゃんは、部屋の片づけ中に、懐かしい写真に出会った。
それを見たカァちゃん、「 わぁーっ! よく撮っていたね。 」 と感激。
ヒゲにも見せたいからと、借りて来てくれた。

地震後、こういう話はあちこちで聴いた。
打ちひしがれて片付ける中、押し入れの奥に忘れ去られていたものを発見。
束の間だけど、笑顔になれるひと時。

田園に飾られた花は、お花屋さんで買い求めた物は殆どなかった。
ヒゲもカァちゃんも、野の花が大好き。
それに共鳴したスタッフが、時間と体力を惜しげもなく投げ出してくれた賜物でした。
浪やんの御主人の車・豊ポンの車・ヒゲの仕入れ用車には、バケツ・ハサミ・軍手が
常備されておりました。 ヒゲは、高所カッターも。

店休明けの月曜日は、それはそれは大変な作業でした。
カァちゃんが活けていた時期もありましたが、豊ポンの在籍時は、すべてお任せ!
出来上がった部屋を、満足そうに見廻るだけで楽ちんさせてもらいました。
感謝、感謝です。

季節に合わせた花々で、随時このブログに彩を付けていきます。
花器も、購入時の心理状況等、懐かしく思い出されます。

     
活け終わった豊ポン、三階の宴会場の入り口にて。
お正月飾りも見えます。 カズラの花器は、豊ポン作。

     
カァちゃん好みの水盤に、すいせんが似合う。

   
椿も色々。 ヒゲ好みのどっしりとした花瓶。


この花器は、様々な祝い事に活躍しました。
普段使いも巧かった豊ポンです。   


大広間の坪庭も、四季の変化が観られる工夫が ・・・

            人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)