田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

ペット・ロス

2014-12-30 19:37:18 | トンカツ物語り
12/30、火曜日。今夜は、夫婦二人だけでお通夜です。
昨日の夜11時に、猫トンが息を引き取りました。
ヒゲ・ファミリーの、子供達・孫達に見守られての大往生でした。
二十年近い猫生?を堪能した事でしょう。
トンが大好きだった干しアジを肴に、夫婦で飲みながら見送ろうと思います。
コメント (2)

赤旗バンザイ

2014-12-26 17:10:36 | ヒゲの盤上の世界
選挙前のヒゲ・ブログで、 「 日本人には選択の余地が無い。 」 と言った。
だから、半ばヤケクソ、半ば冗談で ・・・
「 こうなりゃ共産党全員当選させるしか、意地を見せる術がない。 」 とも。
真に受けた(?)有権者が、何と共産党を三倍増ほどに躍進させてしまった。
これは、余程の事です。
日本人は、基本、中国共産党を嫌っています。
そんな政党に投票するのは、煮え湯を飲むほどの怒りがあったからでしょう。

それ程嫌われている共産党の機関誌に、 “ 赤旗しんぶん ” がありました。
70年代、ヒゲが京都の学生の時は、この新聞の愛読者(笑)でした。
当時は、ノンポリ(死語?)系のヒゲが、何で?
目的は、この新聞に載っていた将棋棋戦でした。
他紙と比べて、特別大きく紙面を割いてあり、見やすい。
更に、参加の棋士が多士済々なのが良い。
色々な戦法を味わえるからだ。
ネットも無い時代、将棋の情報は、非常に少なかった。
だから、新聞棋戦から得られる棋譜は、実に貴重だったのです。
                             
さて、当時は、赤旗新聞を購読しているだけで、アパートでは一目置かれてました。
何しろ連合赤軍なる輩が、跋扈(ばっこ)していた頃です。
赤旗 = 赤軍 = アカ と云うだけで、何をしでかすかわからない印象でした。
トラブルでも起こりゃ、赤いヘルメットして角棒振り回し、山中に生き埋めする怖ろしい連中だと。
まさか、ヒゲが新聞記事は読まず、将棋の欄だけが目的だなんて、
アパートの住人も思いもしなかったでしょうネ。 (笑)

選挙前のブログで、 「 熊本では全く選択の余地ナシ、投票以前に不戦敗です。 」 と。
そのお陰(?)で、熊本にも新しい名物(?)が誕生しました。
御紹介しましょう
   無効票率・日本一に躍進しました県は、熊本県で~す!!  
   ニッポン・イチですぞー!
   皆さん、拍手で讃えてくださ~い 
アベ自民党は、この無効票を投じた熊本県民の苦渋に満ちた選択を、理解するがイイ。 

 人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

熱いの一本、つけてくれ!

2014-12-25 14:59:21 | よもやま話・酒編
12/8 (月曜日)  熊日新聞 ・ 新生面

【 居酒屋で日本酒を頼むと冷酒が出てくることが多い。
  その方が手間が省けることは分かる。
  「 できれば人肌の燗で 」 などと言っても、若い店員さんにはまず通じない。
  「 はあ? 」 とか返されると、次の言葉に詰まる 】


コピペ嫌いのヒゲが、原文のまま拝借したのには訳がある!
11/29(土曜日)、 有名大型居酒屋で娘達と飲んだ時に、全く同じ目に会ったからです。
店の長い通路を歩いたお陰で身体が冷え、温かい飲み物を欲した。
最初の一杯は、米焼酎のお湯割。 直ぐに、日本酒にする事に。

娘が、クリアに、 「 吉乃川を二本、燗付けて下さい。 」 と。
若い店員さんは得たりとばかり、グラスに冷えた酒を持って来た。
娘が、 「 あの~、注文は燗付けですが? 」
若い店員は、 「 はあ? 」 と言わんばかりの顔で、持って来た酒を引いて行ったのです。

ヒゲ達は、当然それを電子レンジかなんかで温めるものと思っていた。
しかし、いつまでも来ない。
ヒゲはピンときた。
「 ははあ!?  この店には “ 燗付け ” という概念がないのよ! 」 と娘に。
最近のチェーン店居酒屋では、燗付けを注文すると、戸惑う店が多いからだ。
もはや、 「 熱いの一本 、つけてくれ! 」 なんて、時代劇にしか登場しないセリフに成るか?

熊本市で最初に、日本酒を冷酒で飲む習慣を広めたヒゲとしては、面映ゆいところ。
燗付けも、日本酒の中の大事な文化です。
勿論、前の田園の店でも、当たり前みたいに燗酒を提供していた。
          ≪ 田園の燗付け風景 ≫


この小道具は、燗付け用の焼き物です。
酒呑みの執念をみる思いです。
店のお客様で、体調が悪いのに、わざわざヒゲに届けて頂きました。
数日後、お客様の訃報を聞いた辛い思い出があります。

さて、冒頭の新生面。
多分、ヒゲの同級生・H木君の記事でしょうか?
後半に、 「 酔いあがりの水が一番だ 」 の一文が見えるからです。
つい最近、一緒に燗酒を酌み交わしたばかりです。
なかなか旨い酒を飲ませる店が無くなって、不自由してるようだった。
再び二人で一杯やろうと云う時、ヌル燗を飲める店を探すのに難儀しなければイイが ・・・

 27日に帰省する長男と、これで一盃やろう!


懐かしい写真 ・・・ 酒飲みのこだわり花見。お重の手前に注目!!

     人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

高笑いの打ち上げ会

2014-12-23 13:12:38 | ヒゲの毒舌
楽勝選挙の祝勝会が、あの紋次郎寿司で始まりました。
総理は取り巻きのお友達に囲まれて、いつにも増してご機嫌です。

補佐官 「 ソーリ、おめでとうございます。 
      これで、ソーリは歴史上最も偉大な五人の指導者のひとりとして名を残されますネ。 」
総 理 「 君~! 五人とはさすがに言い過ぎだよ。
      せめて10人の中にと言いたまえ! ハッハッハー 」
補佐官 「 サプライズ解散で、民主党の連中は慌てふためいて、選挙の準備もおぼつかなかったようですが 」
総 理 「 君! 政局はいつでも戦場の心構えだよ。
      《 常在戦場 》 の扁額を民主党本部に贈り届けたまえ。
      なんなら、俺様が揮毫してやろうか。 ワッハッハッ! 」
                                          
補佐官 「 心配のダーティ小渕もトップ当選で、これもソーリの御人徳のお陰です。 」
総 理 「 なーに、俺様がちょっと知恵を授けたのさ。 
      『 出陣式の時、カメラの前で涙をみせろ! 』 と。
      有権者はバカだから、すぐに前科を忘れるのさ! ウッフッフー 
      『 但し、決して舌を出すナ、ドリルは隠せよ! 』 も。
      マスコミのクズ共が、直ぐに見つけて騒ぎ出すからな。 」
                                     
補佐官 「 ソーリ、マスコミと云えば、TBSもあの警告以来、自民党に不利な情報を
      流さなくなりましたね。 」
総 理 「 そうだよ。 TV局も、ちょっと恫喝してやると、おとなしく成るんだよ。 (^◇^) 」
補佐官 「 今後、地方創成は誰に? 」
総 理 「 フン、地方なんてどうでもいい仕事は、あのブロークン・ストーンにでもやらせとけ。
      それより、熊本のブロガーに “ 田園なんとか? ” 云う口うるさいのが居るだろう。
      彼奴に、特定秘密保護法の憲兵隊を貼り付けさせ、俺様の悪口を見張らせろ。 」
           
日銀のクロちゃんも、ドンペリ片手に駆けつけました。      
総 理 「 よっしゃ、今日は経済理論のトリクルダウンの構成を教えてやろう。
      そうだ、お友達のNHKの会長に、コレを取材させろ。
      そして “ 試してガッテン ” で放映して、バカな国民でも合点(!)がいく様に説明させよう。 」

    「 よし、カメラが来たようだ。
      アベノミクスのシャンパン・タワーをこさえろ。
      すると、富はシャンパンの様に、上から底の庶民まですみずみまで行き渡る現象が起こる。
      このアベのトリクルダウンで、平民も潤い景気の循環が始まる訳さ!
      カメラ! 準備は良いか? それでは、ドンペリを頂上から注げー! 」
   ソ~レ  ドンドン  ドンペリ入れろ  チャチャチャ 
補佐官 「 てーへんだ! てーへんだー?                
      ソーリ、どんなに注いでも、底辺にはドンペリが落ちませんです。
      外人ハゲタカ・ホストが、いっぱいになったグラスを、次々と持って行きやがるから! 」
総 理 「 そんな馬鹿な~ ウソだろう? 」

         「 ヒゲの脚本、お楽しみ頂けましたでしょうか? 」

  人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

この一年(喪主の挨拶)

2014-12-21 16:12:20 | ヒゲの毒舌
さてさて、困ったのが、喪主・ヒゲの挨拶。
斎場から、たくさんのサンプルをもらったが、余りに時代がかった古い言い回しが多く、
舌を噛みそうだ。 「 痛っ! 」
しょうがない、自力で書こうと、iPadにメモり始めた。
焼酎を飲みながら ・・・ (笑)
義弟の時みたいに、お涙ちょうだい風にするベキか?

iPadの整理も兼、一年を振り返り、ここにも残しておこう。

本日は、お足元悪い中、ご弔問頂き、ありがとうございます。
ご存知のように、父より早く体調を悪くし、今も、やっと肺炎から治ったばかりの私です。
長く息が続きませんので、妻に代読させます。 お許しください。

戦後、満州から引き上げてきた父。
母・トモエと所帯を持ち、新市街で商売を始めました。
商売を拡大するには勉強が必要との思いで、母を残し東京へ修行に出ます。
そこで学んだスパゲティーで稼ぎ、従業員や私らを、阿久根・大島にロング・キャンプに
連れて行けるまでになります。

次の店も開店できるようになり、此処では五十円カレーで有名になります。
しかし、汗した割りには儲からないと、私にこぼしていました。
それで、和食に切り替えたのでした。
時代を読み、スナック・クラブ・和食・焼き肉と拡大して行きます。
二代目となる私達が働き始めて、ビル建設の話が持ち上がります。
そうして、親父が商売を始めた最初の場所に出来たのが、田園ビルです。

時が過ぎ、今度はビルの買収話が持ちあがり、これに乗ったのでした。
父は、 「 我が人生に悔いはなし 」 と、悠々自適の一人暮らしを満喫してたのですが、
部屋での転倒を機に入院する事に。
元来、自由気ままに生きた人でしたから、病院暮らしは気に入らなかったのでしょう。
延命治療を拒否しながらも、最後まで気丈に過ごしました。
最後の晩酌は、ヒラメの刺身にビールと日本酒を、あけみと楽しみました。
充分に、満足した人生だったと思います。
「 酒と肴んなか通夜は、いかんばい。 」 と言って、賑やかに母を送った父です。
今日は、皆さんと酒を酌み交わしながら、父を送りたいと思います。
どうぞ、お付き合いくださいませ。
簡単ではございますが、御挨拶とさせて頂きます。
         ~~~ お通夜での挨拶 ~~~  

     人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

鬼門をくぐれ

2014-12-21 13:56:25 | ヒゲの毒舌
以前のブログでも悔やんでいた、ヒゲには鬼門の11~12月を進行中です。
この期間に発症(発狂?)し、病院のベッドで有り難くお節を頂いた記憶の多い事。(笑)
主な危険分子は、既存の動脈瘤の肥大及び破裂・骨折・呼吸器系です。
一度は腎盂炎とやらも。
どれに当たっても、ヒゲには致命傷級の大きなダメージです。
長期の入院を避けるのは、無理なことでしょうから。
だから、今年こそは、我が家で数の子を食べられるように、神頼みしたとこですもんネ。
特に、年末には東京の息子夫婦と孫がやって来ます。
病院で面会なんて、御免蒙りたい。
カァちゃんは、お江戸へ出かけて何度でも逢っていますが、ヒゲがこの機会を逃したら ・・・
成長した孫と、我が家でじっくり楽しみたいものです。

今年の3月には、カァちゃんから風邪をうつされたのが元で、肺炎で入院した。
二度と同じ目には ・・・ そうだ! インフルエンザの予防接種を受けに行こう。
病院嫌いのヒゲが、自らの判断で注射を打つなんて、前代未聞!? 
小学生の時以来です。
そんな用心の最中の、接種予定日前日、ヒゲの横で、カァちゃんのくしゃみが始まった。
アレルギー性の鼻炎の酷いやつだと、カァちゃんは言うが、気が気でない。
熱もなく、風邪の症状も大したことないが、インフルの予防接種を受けられなかったカァちゃん。
ヒゲは受けたものの、ヤバい!? 以前と同じパターンだ。
直ぐに、うがい薬・のど飴・痰止めの薬を横に置いて備えます。
しかし、11/27日の夜、軽い悪寒がヒゲを襲った。 とうとう来たか?
常備薬を服用して、ひたすら布団に潜りこむ生活です。
痰が詰まり、割れるヒゲの声を聞いて、カァちゃんがせびらかした。
「 あーた、前の症状と似ているが? 」
以前、動脈瘤が肥大して、声が出なくなった時のことを言っているのです。
カァちゃん共々、落ち着かない日々が暫らく続き、やっと安堵の境地に。

そんな時に、ニュースが入ってきました。
《 オペラ歌手・中島啓江   呼吸不全! 悶絶死? 》
ナンと、自らの体重のせいで、心臓圧迫・肺機能圧迫で呼吸が出来なくなったとか。
さぞや、苦しかった事でしょうネ。
悶絶死は、決して過大表現ではありません。
ヒゲが解離性動脈瘤の術後、誤嚥から気管支炎になった時です。
最初は、口から泡を吹きます。 まるで、陸に揚がったカニさんのように。
次に、泡は粘っこい痰に変わり喉を覆い尽くします。
痰用の吸引器で、やっと呼吸が ・・・
しかし、三十分、一時間経過する頃には、少しずつ痰が喉を覆っています。
じわっと呼吸が細くなり、苦しくなり始めます。
真綿で首を絞めるようにとは、この事か。
やがて、のたうちまわる程の息苦しさが ・・・
娘が気づいて吸引器で吸い上げると、人心地つきます。
なんて、空気は美味しいンだろうと。

そんな恐ろしいニュースを聞きながら、用心して今日まで過ごしたヒゲ。
最後の難関は、今月の検査日です。
24日に行なわれるとは、ヒゲみたいに信心深い(!?)者には、なんとも皮肉めいた感です。
無事、正月の日の出を迎えられる様に、イエス様に祈りましょう。


    《 2004年のヒゲの正月 》
美女二人(嫁さんと娘)に囲まれて微笑んでいますが、頭上の背景は ・・・
再現は、二度と御免です!!
      人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。


コメント

この一年(突然、喪主になり~2)

2014-12-19 04:28:13 | 2人3脚チンタラ道中
こういうものは、段取り良く準備出来るものではないから、慌てふためく問題が
数多く出てくるに違いない。
我が家の場合、最大の問題は “ 台風 ” でした。
何しろ、気象庁の発表では、記憶に無いほどの凄いスケールの奴が近づいていると。
しかも、そのコースは、どう転んでも熊本を通過するのは、間違いない様だ。
その通過予定日が、どうやら木曜日。
通常なら、葬儀の期日になるべき日だ。 困ったナ~

カァちゃんが第一案を。
「 そうだ! 今から御通夜をやろう。 そして明日には、本葬を。
  コレなら、台風は関係ないタイ。 」
ナイスなアイデアですが、業者から不可能と却下。
暫らく考えあぐねた末 ・・・ 一か八か、普通の日程でやろうと。
「 どうせ、何時も台風は熊本を避けて行くみたいだから、それを期待しよう。 」 (笑)

日程が決まった頃、長男のクシャミが止まらなくなった。
どうやら、線香のけむりをアレルゲンとする鼻炎らしい。
気にはなりながらも、斎場との打ち合わせが次から次へと続く。
カタログを見ながら、事細かにあって煩わしくなる。
父親の遺影写真・ビデオ用のスナップ写真も必要だが、これは予てからカァちゃんが
パソコンに整理しておいたのが役に立った。

大方の打ち合わせを済ますと、文字通りの夜伽だ。
問題は、一日余分(?)な通夜です。
ヒゲは、上手く立ち回らないと体力が尽きるかも。
親子連続で葬式なんて、シャレにならない。
とりあえずは、通夜の挨拶の下書きを用意しなくちゃ。
アレ?  紙とえんぴつがない。 しょうがない、iPadのメモ機能を使おう。

次の日朝早くから、部屋外の音が激しい。
ドアを少し開けて見ると、消防車みたいなホースが何本も床を這っています。
やがて、葬祭場の業者が来て、打ち合わせ。
病院の診断書・埋葬許可証・ビデオの編集確認・挨拶状の校正 ・・・ たいへん!
カァちゃんは、電話の対応にも追われている。
ヒゲと息子も別室に呼ばれる。
先ほどのホースが接続された台に、父親の亡骸が横たえられている。
湯灌の儀を執り行うという。
ほら、映画 『 おくりびと 』 のシーンにも登場したような。
チェロで、G線上のアリアでも流して欲しい所ねと、息子と話しながら儀式を済ませる。
着々と準備が進む合間に、簡単な食事やうたた寝していると、時間はだいぶ経過している。

本通夜の為の着替えをしようとしていると、早くも弔問客が!
着物の着替え途中のカァちゃんは、帯も締めてないのに、応対に出なければならなくなった。(笑)
やはり、予定時間以外の弔問は、遺族の負担を考えると、善し悪しでしょう。

さて、そうこうしている間に通夜の始まる時間。
カァちゃんの妹が、受け付け等の業務を手伝ってくれるのが有り難い。
弔問客もちらほらと見え始め、ヒゲ達も壇上の所定の席へと進む。
喪主としてご挨拶する、いちばん苦手な時がやって来た。

 ~~~ 父親の思い出 ~~~
 
  《 若かりし頃の父母 》
 
  《 二人の孫と 》
 
  《 田園ビル建築の鍬入れ 》
   
      《 二人の曾孫と/最後の写真となる 》

      人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

孫の共通点

2014-12-17 16:25:54 | 2人3脚チンタラ道中
東京に居る息子夫婦から、時折、孫の動画が送られてくるのを楽しんでいる。
不思議なもんで、熊本に居るゴジラ孫との共通点があるのが面白い。

ヒゲ家に到着した娘方の孫は、勝手知ったるオモチャ置き場に直行。
トミカのミニカーを引っ張り出して、ひとしきり遊びます。
そして、チラリと猫トンの方に視線を飛ばし、様子をうかがうのです。
なにしろ、以前に、咬みつかれたトラウマがあります。
用心して近づいて、そーっとトンの頭を撫でます。
「 コレで安全? 」 を確認したら、お気に入りのトミカを手にして、猫トンの横腹の上を
「 ブッブー ブッブー 」 と言いながら走らせご機嫌です。
トンも年老いたせいか、嫌な顔しながらも、反発までは出来ないようです。
  
               《 こういうシーンもありました 》

さて先日の、東京の息子夫婦からのメール。
孫が飼い犬相手に遊んでいる動画です。
やはりトミカを手にして、飼い犬・スコは横たえています。
何とその横腹の上で、ミニカーを走らせて、ご満悦な顔です。
犬スコは、「 困ったな~ だけど飼い主の子供さんだから、服従しなくっちゃいけないなぁ。 」
そんな表情の顔です。
こんな具合で、熊本の孫も東京の孫も、それぞれ身近かに居るペットを道路(!?)にして、
ミニカーを走らせているのです。

そんな孫達とペット共が、もうすぐヒゲ家で一同に会したら、どないナルやら?
猫・トンと犬・スコの仲は、決して良好なモノではありません。
初対面の時は、トンの猫パンチで、ヒゲが思わぬ傍ばちを喰らってのお笑い劇。
今回は、まだ邪気が無い下の孫が、ヒゲ家の猫トンを見て興味を持つでしょう。
当然、東京の自宅で飼っている猫と同じ、善意(!?)に満ちたペットと思うハズ。
無造作に近づいて、野生猫トンを刺激し、世の中にはこんな悪意に満ちたペットも存在する事を
思い知った前回の記憶が残っていればイイのですが? (笑)
 

この二人の孫、遊びだけではなく食べ物にも、面白い共通点があるようだ。
そんな悲喜劇も楽しみな暮れの日まで、何事もなく病気もせず元気でいなくっちゃいけないヒゲなのだ。
残りわずかな日々だが、何処に落とし穴があるやもしれない!?
用心 ようじん ・・・

      人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

マッサンのウヰスキー(2)

2014-12-15 21:55:53 | よもやま話・酒編
前のブログで、80年代熊本のアルコール飲料は、暗黒の時代と書きました。
折角ですから、今では想像もつかないブラックな時代を説明しましょう。
まぁ、熊本に限らず全国に共通する話ですが。

戦時中の原料不足の中、開発されたのが三倍増醸酒です。
米不足の時代だから、まあこれは、しょうがない。
戦後、米が豊作になっても、この技術を使い続けたのが問題です。
人は、いったん楽な方法を覚えたら、どうしても逃れられないのでしょうネ。
更に、大メーカーはもっと巧妙に儲かる手段を思い付いた。
70年代、もはや自身では、酒を造らないのです。
米を磨くべき手が、車のハンドルを掴んだのです。
そして、タンクローリー車は地方の酒蔵を物色して、酒を買い叩いたのでした。
あちこちから集められた日本酒は、活性炭を通して、砂糖・調味料・防腐剤で整えて、
自社ラベルを貼って出荷です。
自ら手を汚すこと無く稼ぐ!
2000年前後、日本の経済界が、何でも中国人に造らせたあげく、メードインジャパンの
ブランドで出荷して稼いでいたのを思い出しますネ。

やがて、買い叩かれていた地方の酒蔵の中に、立ち上がる蔵元が現れました。
先ずは、鑑評会だけの為の大吟醸酒を市販する事を。
その過程で、二級酒販売する事で安く提供出来ることに気が付いた。

さて、同じ頃のウイスキー事情。     
                     《 昭和25年・初代サントリーオールド 》
日本も高度経済成長時代に成り、日本人もやっとウイスキーを飲むように。
その時は、まだ殆どがサントリー・ウイスキーでした。
タヌキと呼ばれた黒い瓶をキープして飲むのがトレンデーと。
     
暫くして、ある賢人が気付いた。
おかしい? 
山崎のウイスキー貯蔵タンクの量が、日本中に多量に販売されたオールドと合わない事に。
そして、このウイスキーが、アルコール・砂糖を焦がしたキャラメル(色つけに使う)・調味料で、
文字通り水増しされてる事が判明した。

つまり、この時代、熊本に限らず日本人のほとんどが、このまがい物のウイスキーや日本酒を
飲まされていたのでした。
飲み過ぎた次の日は、人間モルモットよろしく、胸を抑え、頭を抱え、嗚咽に耐えたのです。 (笑)
そんなまがい物作りに反発したのが、マッサンこと竹鶴政考でした。
そして、やっと世に送り出したのが、ニッカウヱスキーです。
《 昭和15年・初代ニッカウィスキー 》   
《 昭和37年・初代スーパーニッカ 》    
       
       人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

前祝?!自民党圧勝

2014-12-13 16:45:14 | ヒゲの毒舌
最近は、アベちゃんの善政(笑)のお陰で、儲かっています。
極端なバラまき政策のせいで、株が上がっているからです。
○○○株なんて、もう随分長いこと塩漬けして、腐れかけていたのに。
アベちゃん! ヤッパ、あんたは日本一の総理大臣だっせ。 (爆)
●●万円程稼いだので、コレでパアッとクリスマスやりまひょ~

それにしても、こんな12月に選挙だなんて、やはりハイテンション・アベちゃんは、
大企業にしか目がいってない。
中小企業は、この師走で何とか帳尻を合わせて、やっとこさ新年を迎えようと云うのに。
傲慢アベ自民党の党利党略のお陰で、みんな、わじゃパーでっせ。 (怒)
国民の血税を何百億も費って、総理の座に固執する気分は良いのでしょうね。
年明け一月には、中小企業がバタバタと倒れて、国民は自らの選択が最悪であった事を
思い知らないように、祈るばかりです。

さあ、今度の12/16 (火曜日)。
何時もは天下国家を論じる会と吹聴しているが、今回は天を仰いで酒を煽る会となるか?
以前の、郵政選挙の次の日(前ブログあり)みたいな、悲嘆な飲み会になるでしょうか?
                          
テーマは多分コレでしょう。
これだけ悪政の限りを尽くしても、アベ政権圧勝の選挙とは?
恫喝アベ自民党の、やりたい放題の政治が続く訳は ・・・ 。
知識人にはバレバレのパフォーマンスだけの政策しても、支持率が下がらないとは?
日本の有権者も舐められたモンだ。
疑惑の前大臣まで、当選させるオマケ付きか?
全く日本人のお人よしも、ここに極まれり。
いくら選択の余地無し選挙とは云え!?
16日の夜、天井を向いて溜め息ついて酒を呑んでいる連中を見たら、ヒゲ達に間違いないでしょう。(笑)

   人気ブログランキングへ   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)