田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

新米主婦の料理

2008-07-31 18:59:30 | カァちゃんのたわ言
店の原価計算には煩さかった私も、2人分の買物・料理は新米であったが、
ヒゲのアドバイス宜しく、段々慣れてきたこの頃である。

 最近の献立より・・・・
   《頂き物の活・オマール》
      * 刺し身 (1匹目は手こずったが、2匹目は要領よく出来た。
              氷水で洗ったら、ヒゲがホォッ~と、感心。)
      * 刺し身にした分の頭と爪は焼いて、アツアツを
         ~~ 残骸はスープ(アメリケーヌ汁)に
             2日後、餃子とエンサイの小鍋の出しに ~~
      * ボイルした1匹はサラダに(ベランダ菜園のハーブも活躍)・・・上の写真
         (食べやすい様に、爪もカットしてあります。蟹スプーンも不要。
          硬い殻も包丁が入る泣き所があるんです。) 
   《頂き物の天然鮎のその後》
      * 開いて一夜干し  
         (この暑さで、干すタイミングが難しかった。
          開き方が旨い!とヒゲに褒められる。食卓に出るのは明日当たりか?)
      * 小鮎は甘露煮に  
         (2年前に炊いて置いた山椒の実を使って。呑ん兵向きに甘さ控えめ)

   《片身を買った鰹》
      * 半分を叩きにした残りを 『漬け』 に   (翌日の昼、漬け丼で)
      * 引いた皮に塩を当てて置き、数日後の肴に。
           (焼いて細く切り、大根卸しを添えて) 
   《白菜の漬物》
      半分にカットした物を買う。その半分(1/4)を漬物に。
      2人だと、美味しく食べれる内に終わる量なのである。
    私流漬け方は、
        しんなりする位に干す・粗塩で揉んで下漬・翌日絞って好みの味に
       {今回は、岩塩、鷹の爪、金柑のピール(去年作っていた物)}  {昆布もよく使う}

材料を無駄なく使いこなして、美味しく料理する事を楽しんでやりたいと思っている。
コメント (2)

クライマーズ・ハイ  パートⅡ

2008-07-31 13:43:48 | ヒゲの毒舌
30日、某地方新聞の夕刊を拡げて、思わず我が目を疑った。
提灯記事専門の番組交差点のページに、事もあろうに、ドラマ 『モンスター・ペアレンッ』 の
超人気女優をメチャメチャ腐しているのだ。
単純な腐しでなく、共演者の精緻な演技はチャンと取り上げてある。 名筆だ!

久し振りの痛快感と同時間帯のボクシングで、オット焼酎がすすんでいけねぇや!
「カアちゃん、もう一杯。」
・・・まてよ、まさか?
『クライマーズ・ハイ パートⅠ』 の話を、誰か某新聞にチクッタ訳じゃなかろうね??
コメント

トンとトンの 『 仁義なき戦い 』

2008-07-30 18:06:12 | トンカツ物語り
ヒゲ専用小料理屋に、お客さま!
実は、前述の便利屋さん(妹)に頂き物の 『 活・オマール 』 を運んで貰ったのである。
妹の少女時代は、丸々で  のようだった。
そこで、ヒゲが 『 トン子 』 と呼び始める。
我が一族には、愛猫・トンより先客の 『 トン子様 』 がいらっしゃったのである。
余談だが、私の子供達は小さい頃 「 トンちゃん 」 の発音が出来なくて
「 オンちゃん 」 と呼んでいた。
そして、今なお本名ではなく 『 トンちゃん 』 なのだ。

後入りの 『 トンカツ 』 の 『 トン 』 は、人の好き嫌いが激しい。
私の弟妹、長男が嫌いで、長女、義母、長男の嫁が好み。 何んでだろう??
玄関で、「 ウゥーッ 」と呻って中に入れたくないそぶりをする。
トン子は、 「 私が先輩よ! 」 と、どうしてもひれ伏せたくて、
トンの好物をお土産にして、買収策を講じるのだが、難航している。
                          
トンの好物、発見!  そして驚き・・・
トン子は、オマールの他にも色々もって来ていた。
帰宅後に片付けていると、トンが 「 ニヤ~ッ 」 と寄って来た。
「ガサガサ、カリカリ」 何んと、箱に残っていた折れたソーメンを食べている。
乾麺を好物にしているのは、昔から 『 ねずみ 』 ではなかったか?
やっぱり、トンは変? 
そのトンが、今日は 『 グルメ猫 』 と言われてしまった。  恥ずかしい!

小料理屋の献立は、次に・・・
コメント

そうめん、だぁ~い好きニャン!

2008-07-29 15:17:57 | トンカツ物語り
人間様の世界では、暑い夏の食欲がない時は 『 ソーメン 』 が
一番の人気者なんだそうな。
我が家も、お昼によく出てくるよ。
実は、わたちも大好きなんだ。
そして、食べ方にもこだわりが・・・・
お茶碗に入れたらダメ。
お箸で、高~く持ち上げて、ツルツルーッと !
うどん、そば、ラーメン、麺にも色々あるけれど、
やっぱり 『 ソーメン 』 でなけりゃ。
コメント (2)

白鵬、全勝優勝! チェスのお陰か?

2008-07-28 17:10:25 | ヒゲの盤上の世界
『 e4  f6 』 ・・・その筋の者(?)しか解らない符号があります。
映画 『 相棒 』 の右京さんのシーンで御存知の方も?

日本人にとっては不幸な事に、『 将棋 』 というゲームが先にあった事で、
チェス文化の理解に少し障りが起きました。
「 将棋と似ていますね?」 というワン・パターンの質問に、「 ハイ 」と答えます。
本当は、まるで違うゲームなんですが。

当然、チェスは英語原書で勉強しますが、競技自体を学ぶより、
その背景にあるものを味わう事の方が、遥かに多くの楽しみがあります。

   アメリカ人のユーモアの英語感覚

   タイタニック号のサロンでは、どんなオープニング(定跡)が流行っていたのか?と
   歴史上に思い巡らせる楽しみ。

   有名プレイヤーの名前から、ユダヤ系の方だなぁ、東欧系の方だなぁ、と少しずつ解っても来る。

   映画 『 ハリー・ポッター 』 のチェス・シーンを理解できるのも嬉しい。

白鵬関は、寝転んでチェスを楽しむのが、数少ない気分転換だそうな。
朝青龍にもチェスを教えてあげたら・・・。 
コメント

今年、お初の 『天然鮎』 届く!

2008-07-28 12:24:05 | よもやま話・料理編
  暑い暑い日曜日、菊池川より電話。
それから、まもなくして、ピチピチの鮎が目の前で良い香りを・・・
何んと、幸せ者か。 親愛なる友よ、有難う!!

俄か小料理屋の女将は、突然の差し入れに腕が鳴る。 さあ、如何にして食べよう。
  まずは、小鮎を 『背切り』 にして、酢味噌で
        大鮎は、 『三枚卸し』 で柚子胡椒
           ( 梅肉、南蛮味噌も飛び入りで賑やかに )
  定番の  『塩焼き』 も
  酒は、  『越後桜の辛口純米』  (安くて旨い!1260円で良いんだろうか?)
  予定の献立だった、『鰹のたたき』 はニンニクたっぷりで夏バテ解消に
  口直しの役割で、グゥーだったのは
       『ザル豆腐冷奴』 のミョウガ(地物)添えと
       『瓜のカリカリ干し』 (120円の大きな瓜が幾つ物の味で暫く食卓を賑あわせる)

  鮎も沢山頂き、これからの七変化が楽しみ。
(下処理に時間がかかり、チョット腰が痛くなったのは、内緒の話に。旨いのを食べる為なら・・・)

コメント

今日は、甲佐の鮎まつり

2008-07-25 12:38:45 | よもやま話・料理編
20年程前の日曜日の事でした。
今年熊本を驚かせた某建設会社の方達と一緒に、甲佐のやな場で鮎料理を楽しむ事になりました。
宴会も中ぐらいの時でした。
「マスタ、マスター、これば何かしてよ!」
やな場に打ち上げられた活きた鮎を手で捕まえて、持ってきたのでした。

大きな灰皿があったので、最初は焼く事を考えたのですが、熱源に問題がありました。
・・・そこで
「ウン、わかった。じゃ、氷(水割り用の)を集めて。」
????
ヒゲは、持込みの缶ビールのプルタブ(当時は、今のステイ・オンではなく、セパレートだった。)を、
平らに伸ばした。
その瞬間、プルタブは 『包丁』 に変身!  あっと言う間に、鮎の姿造り!!

「えッ!何これ? 店のより旨かたい!」
宴会で並べてあったのと違って、出来立ての冷たい刺し身だから、比較になりません。
味を占めた皆が、次々に鮎を捕まえてきます。
5匹を過ぎる頃には、人差し指の先にプルカンが食い込み始めるのですが、
おくびにも出さず、バッタバッタと造ります。

そこに居合わせた皆は、次の日からヒゲの奴隷となったのでございます。
昔、昔の武勇伝(?)でした。
コメント

小料理屋 『あけみ』 開店?

2008-07-24 18:51:48 | よもやま話・料理編
長期入院患者の楽しみは、食事だけだ。 (ヒゲは7ヶ月間の経験者)   
現在浪人者のヒゲも、又同じようなものだが、病院と違ってここは酒が出る!  ♂

「あなたは、いいよね。 小料理屋さん貸切で! お金払って貰おうかな?」
「仕入れのアッシー君はしてくれるから、チョットオマケデ。」  ♀

今日は、まず・・・
   * コノシロと槍イカの刺し身       
       青魚が大好きな駄猫・トンは、料理中からソワソワ。
       ヒラメがテーブルに出ても興味を示さないのに、台所の私の足元にまつわり付いて・・・
       しっかりと、猫ちゃんのも一人分お皿に盛られました。
       一匹15円の鮗を5本。 刺し身・漬けの和え物・火入れ物~三日間の楽しみ 
   * 久々の 『さつま五代』 は、臭くて旨い。 やせ浪人にお似合いものだ。
   * 胡瓜の中華風と大根のひと塩
   * 槍イカ下足とレタスの炒め物
   * 『菊水の辛口』 をチーン

おっと、TVも見なくっちゃ。  『大奥仁義なき女の戦い!』
ウわァー、ますます酒のすすむ。 浪人とは、百八十度違う世界だが、ウム!くるしうない。
小料理屋だから、追い肴も世話なし。         ♂  

   * ブルースティルトン  (ナンと世界三大チーズまで出てきた。 ♂)
   * 自家製柚子酒とスミノフ・ウォッカのカクテル

「 ウムウム、与は満足じゃ! お足は大岡越前に申しつけよ。 」  ♂

我が家の小料理屋さんも捨てたものじゃない!
何たって、客の入りを心配せんでよい。安くて鮮度の良い物を選ぶのはお手の物。
魚の水洗いは苦にはならないが、鱗の飛び散りが・・・。タイミングよければ、内臓物も使える。
献立は材料次第で工夫を・・・これ又、楽しい。
客は、日替わりでもよいのだが (内緒の話)  ♀

コメント

サントリー・ビール躍進!パートⅡ

2008-07-23 19:50:15 | ヒゲの盤上の世界
大阪万博の翌年だったでしょう。
サントリー VS Doshisha Playboys のチェス対抗戦が、サントリー大阪工場で行われました。
ナンと、この酔いどれヒゲもチェス・プレイヤーとして参加したのです。
大企業の事です。私らみたいな、チンピラ学生も大事に接待してもらいました。
打ち上げの席では、その当時まだ高価なビールを飲み放題で頂き、幸福のひと時でした。

・・・それから、15年後の田園~~~
「ここは、サントリー・ウィスキーと灘・伏見の酒がないから(!)信用出来るモンね。」 と、
一部の客から絶対の信頼を頂き始めていたのでした。

今のスポンサー拝金主義のマスメディアには、考えられない素晴らしい
ジャーナリズムが、当時ありました。
事もあろうに、日本チャンピオン 『サントリー・灘・伏見』 の製品の不正偽造を
告発した本が出て、世間は騒然となりました。
「あんな、芸術品みたいなCMを出すサントリーが悪い事するハズがない。」 と。
しかし、ヒゲは学生時代にあれ程の恩を頂いたのに、裏切ったのでした。
コメント

朝青龍休場(淋しい??)

2008-07-20 17:12:34 | ヒゲの毒舌
「 かあちゃん!カアチャン! よしえシャンな、今日は 『 黒 』 ば着とらすバイ!」
名古屋場所名物?   毎度毎度のヒゲの絶叫が始まります。
昔の従業員さんだった彼女のそっくりさんが、艶やかな和服姿で、
相撲観戦に毎日おいでになるのです。
右の通路側、砂被りから三番目が指定席。 ( 数年前から続いているような? )
『 今日の着物の柄は・・・ 』 と、ひとしきりチェックした後は、
次の楽しみを待つだけです。

ヤクザ屋さんが、銭をせびり取る時みたいに相手を睨み、塩を取っては客をすごんで、
とどのつまりは、TVカメラに 『 ガン 』 を付けます。
我らのヒール 『 朝青龍 』 様の登場です!!!
そして、その時をじっと待ちます。  ヒールがひっくり返されるのを。

ヒゲは大笑いして、その後すぐ、大粒の涙がボロボロ流れ出ます。
病気の後遺症(?)で、笑うと涙が出るようになって・・・
『 お笑い番組 』 は、困ったモンです。

さて、その楽しみの 『 爆涙 』 も、今場所は終わってしまいました。
朝青龍休場!
コメント