田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

カーリング娘

2010-02-28 19:15:20 | ヒゲの毒舌
善戦むなしく予選落ちの、日本カーリング・チーム。
まァ、しようがない、あんなものか?
ゆっくりカナダで、サーモン料理でも楽しむが良い。
日本に戻ったら、このヒゲから頼みがある。 (笑)
1999年1月 ・・・                    
「 ほい、ママちゃん、行くバイ! 」  ベッドの中から声が掛かります。
「 なぁんば言いよっとね? 雪の降りよったい! 」
「 バーカ、こぎゃん時、練習に行かなんタイ! 滅多に、こんな機会があるもんか? 」
そうして、ヒゲ達は、高遊原パーク・ゴルフ・コースに出かけました。
ロッジに向かっていると、いつもの “ 食堂 ” のおばちゃん達が、帰るところでした。
客が来ないから、諦めて ・・・ (笑)
「 食事はされますか? 」 「 今日は、もういいですよ。 (笑)」

   真っ白のフェア・ウェイ ・・・
                   ボールは、ズボッとめり込みます。
グリーン上は、パットのボールが鮮やか(?)なラインを描きます。 
“ 氷上のゴルフ (?) ” は、思いの外難しい。
カーリング娘さんの技術を教えて欲しい所です。
もち論、ヒゲのティ・ショットは、いつもどこに曲がるか解からないので、常に近くにおって
 「 フーァ~! フゥーア~ ( 危ないよ! 曲がりボールに注意して ) 」 と、
おめいて (笑) 頂きたい。
                                   
さて、ゴルフの後は、田園ビルの方へ ・・・
ヒゲが元気な頃は、二日酔いの度に掃除 ( ’09.7.13 ブログ参照 ) が
行き届いていた階段や通路。
’99年、倒れてからというもの、ずっと汚れたままです。
そこで、カームス (娘) に御願い!
得意(?)のデッキ・ブラシで、田園ビルのタイルを
 「 ヤァー、 イエップ、 ウォー、 ハリー 」 のいつもの調子でやって頂きたい。
きっと、ピカピカになる事でしょう!
                         
コメント

バランス

2010-02-26 19:43:27 | よもやま話・料理編
         === 2/21のブログ ・ ヒゲ版 ===

今日は、虎魚 (オコゼ) と、 長崎の天然 魬 (ハマチ) の刺し身。 御馳走だぁ!
オコゼ処理は、カカァが沢山聞いてくる。
「 皮はどぎゃんするか? 」  「 小骨は、どう取る? 」 とか、ヒゲも大変だ。
やっと、ひと騒動すんだので、ヒゲは燗酒の用意を ・・・

       近頃、燗付けに使っている容器。
                        コルク栓付きで、冷め難い。

会津産 “ 亀の尾 (酒米) ” を使った曙酒造 (福島県) の 『 天明 ・ 純米 』 
         
ディスCで、¥2000で手に入れたものだ。
田園では、 『 天明 ・ 純吟 』 をよく使っていた。
天明町 (熊本県) の方々の宴会の時には、一升瓶ごと出して、
                       盛り上がって貰ったものだ。
       
オコゼの刺し身に限って (?)、 ヒゲは日本酒が欲しくなる。
あの白身の小片をひと口頂いた後は、お猪口をひと口!
“ あァ、日本の酒飲みで良かつたね。 ” と感じるときだ。
同じ様でも、これが “ 割った焼酎 ” では、こうはいかない。
ガバァツと入りすぎて、オコゼの小片とはバランスが悪い。
ここは、やはり、チビリとひと口が、酒飲みの矜持(!?)だ。
                                    
さて、上身の次は “ 黒皮 ” ゼラチンのプリプリが熱燗を誘う (笑)
勿論、内臓の胃袋のコリコリ、肝のトロリも見逃せない。
それにしても、これで、 『 390円 』
ヒゲの現役時代は 『 1000円 』 を越えていた。
しようがないのか、今どき、こんな手のかかる魚は、誰も使いたがらない。
オコゼ料理するのに30分も要るのに、サーモンなら3秒で終わるもんな。
コメント

私だって、季節の移ろいを愉しむんだニャン

2010-02-25 17:31:03 | トンカツ物語り
暖かくなってきましたね  
トンも、ヒゲのベッドに潜り込まなくなりました。
椅子取りゲームは相変わらずで、ヒゲと闘っております。
昼間だけだったのが、夜もこの座椅子で休むようになる位の気温になりました。
この椅子とおさらばするのも、まもなくでしょう。
次は、何処にしようかな?

     

朝からカーテンを開けると、ベランダに出たがるようになりました。
冷たい風も和らぎ、植木鉢の新芽も見え始めましたし。
ベランダでのお昼ねは、まだ先かなぁ?

狭い部屋とベランダだけが行動範囲のトンですが、
猫なりに、しっかり四季を感じているようです。
そういう猫ちゃんの動きを眺めながら、癒されている猫バカ夫婦を笑ってやって下さい  
コメント

大動脈瘤

2010-02-24 15:58:40 | ヒゲの毒舌
ここ一週間で、三度も登場した “ ダイドウミャクリュウ ”
ヒゲにとっては、今でも悪魔のささやきに聞こえます。
              (悪魔に見えないナァ? 優しい悪魔か?)
同じ国立・Hであった、気管と食堂の挿管間違え。
こんな初歩的なミスから、患者がリスクを背負わされるとは、恐ろしい。


買い物途中の車中での会話 ・・・
  「 藤田まことは、リハビリのやり過ぎじゃなかったろうか? 」
  「 なんでね? 」
  「 病気上がりの年寄りに、一時間のリハは無理ばい。
    俺と同じ原因で、瘤の破裂したっじゃなかろうかと? と思って。 」
  ・・・・
  「 やっぱり、あんまり無理してリハすんなて云うコツバイ。 
    俺も、ホドホドにしとこ!! 」
  「 アータは、無理なんかイッチョンしよらん。 まだまだ頑張りようの足らん。
    健常者でさえ、老化現象が出てくる齢なんだからね。 」 

それから二日後の新聞にあった、週刊誌の見出し!
 『 立松和平の死因は、解離性大動脈瘤 』
“ 解離性 ” と聞いて、ヒゲは又しても震え上がりました。
左腰に痛みが走ります。                   
                                   
ついこの間のTV ( なにかの美術番組 ) で、立松さんを見たばかりというのに ・・・
そんな事を思いながら酒を飲んでいたら、カカァがどこからか仕入れ(??)たネタらしく、
 「 立松さんの死因が、何か書いてなくて不思議に思っていたのよ。
   解離性大動脈瘤なら、隠す事なかったのにね。
   色々、ややこしい事があった人らしいからね。 」 と。

そうか、俺は随分ラッキーな星の下で生き残っているんだなぁ。
すると、又、酒が美味しく感じる (笑) 不思議なものだ? 
   (虎年のヒゲも、トンにべったりで猫化しております。)
コメント

TASHIRO 先生へ

2010-02-23 16:21:31 | ヒゲの毒舌
ある日の田園 ・・・ 長嶺の同業者さんから電話がありました。
自分の店の客から、中心街 (熊本の) で、魚の旨い店を尋ねられたので、
“ 田園 ” を紹介しておいたと。
『 マルセイ水産 (現:魚勢) で 、 “ 見た事もないような魚 ” を次々と引いて
(買って)行くのが、田園のマスターだから、間違いないでしょう?! 』 と話したそうで。

その夜、閉店間際な時刻でした。
エレベーターが、「 ピンポーン 」 と鳴ると、なんと “ ヤクザ? ” が入って来るでは
ありませんか。
ヒゲは 「 ヤベェーッ! 」 と、震えました (笑)
五分刈り(?)で筋骨隆々、いかにも下級愚連隊そのまま。 (失礼)
これが、ゴリさんとの最初の出会いでした。
ヒゲは、しようがないと、目を合わせないように、カウンターで飲み続けています。
何事もなく時間が過ぎるのを願って ・・・ 。
やがて、ヤクザさんは 「 今日は、二次会だったので、後日改めて来店します! 」 と
言い残して帰って行きました。 ( ホーッ!! )

そして約束通り、数日後、ヤーさん(?)がやって来ました。
ヒゲも、いつもの様にカウンターで飲んでいると ・・・
ヤーさん (これからゴリさんと) が従業員に質問しました。
「 ここには、伝説のマスターが居やはると聞いてるけど、今日は、居やはらへんの? 」
                  ( ゴリさんは、京都出身です。 )
従業員は、ごくごく当たり前の顔で、親指を後ろに曲げ、「 ここにいますよ。 」 と。 
ゴリさん 「 ナアァァ~ン、毎日同じ所に座って、酔っぱらいのおっさんだと思っていたのが、
       マスターだなんて!
       椅子にずっと寄りかかって、 どう見ても “ 酔いどれ親父じゃん ” (大笑) 」
ゴリさん 「 今日は、何があるの? 」
ヒゲ 「 グジの松笠焼きは、どぎゃんですか! 完全オリジナルという訳でもないんですが。 」
ゴリさん 「 うわァ、これは “ 鱗 ” が美味しかですね! 」

   
    《 グジ (甘鯛) の焼き物 》          《 鱗 (ウロコ) だけの揚げ物 》

そして、先日、ヒゲが手造り餃子を包んでいる時、電話が掛かってきた。
ゴリさんからだ。 「 今、熊本に来とるとよ! 」
それから話は進み ・・・
   「 今度は、事前に連絡下さいよ。 」
   「 来月、24日過ぎに熊本に来ますよ。 」
   「 海王丸ででも、お逢いしましょうね。 」
   「 T先生も来てくれると楽しいね。 」 という事になってしまいました。 (笑)


                
    《 ゴリさんを大好きなカァちゃんが選んだ、ゴリさんのイメージ写真 》
         逞しさと優しさに、チョロッと出る茶目っ気さが・・・

コメント

お座敷天ぷら?!

2010-02-22 15:04:31 | よもやま話・料理編
我家で天ぷらを楽しむ時、二人分とは言え、台所で揚げてしまっては、
最後まで旨い状態はなかなか保てません。
特に、飲みながらゆっくりの我家みたいな所では。
それで、こういう事になるんです ・・・

先ず、テーブルに新聞を拡げて、飛んだ油の掃除が簡単な様に。
多少の見っとも無さは、辛抱して!

田園でもお馴染みだった “ カレー・塩 ” と大根卸し・天つゆを用意。
それに玉水と天ぷら粉。
今日の種は野菜を中心に、動物性はエビだけです。

   

台所より楽チンですが、人数が増えると揚げる人は大変でしょうね?
ビール飲む暇もなく、揚げてばっかり (笑)
その時は、自分の分は自分でどうぞ ・・・
トンは天ぷらは食べないんですが、しっかり参加しに来ます。 
                            
                             
  可愛いでしょう! 初登場の野菜です。
    『 蕾菜 (つぼみな) 』     蕗のとうみたいな形? タラの芽風?
                        アブラナ科らしいです。
                       サラダ・焼く・炒める・・先ず、揚げてみます。  
  蓮根・小玉葱・人参・茄子・セロリー・生椎茸

野菜の天ぷらが美味しくて、いつもよりビールが進みました。
蕾菜も、マアマアかな!? タラの芽・蕗の薹みたいな香りの強さはありません。
コメント

要らぬ心配か?

2010-02-21 17:32:29 | よもやま話・料理編
先日の買い物で、魚類を吟味しながら ・・・
「 こんなに安くて、人件費は? 輸送費は? 」 等と、ついつい思ってしまう夫婦でした。

        
     長崎産・天然・活ハマチ ~ 1本 = ¥290  (まな板=40cm)
       
   オコゼ = ¥390 (ピクピク動いています。写真は大きいが20cm位)

一日目は、ハマチの片身とオコゼの刺し身。 そして、オコゼのアラはちり鍋に。

    「 オコゼは、最初にタワシをかけなんゾー 」
    「 誰の奥さんと思うとっとねぇ? (笑)  もう、終わりました! 」
活きたままのオコゼを料理するのが初めてのカァちゃんは、 「 ヒャーッ 」 と
驚きの声を上げながら闘った。
内臓を出して、頭を切り離しても動くほど、生が強い。
初めてにしては、上手く出来たかな?
猫・トンも大喜びでハマチを頂きます。 オコゼはあまり好物でないのが人間様には嬉しい。

       
      付け合せは、アボガド・セロリー・貝割れ (ユニークでしょう!?)
      オコゼは、ポン酢に29円で買った“ 人文字 ” を。
      旨味充分の人文字でした。 

     肝付きの内臓と皮も楽しめる、
                                寒い冬には一番のちり鍋

翌日の昼食 ・・・ オコゼちりのスープの残りで味噌汁
            こういう出汁だと、美味い味噌汁が出来ます。


翌々日 ・・・ ハマチの残り上身は、ムニエルに。
         アラは塩をして置いて、後日、船場汁風に。

質の良い物を、安く買って、こんなに楽しい食を味わえました。
漁師さん、お店の方々、有難うございました。
コメント

カーリング

2010-02-20 19:08:52 | ヒゲの毒舌
今日は、カーリングの日本VSカナダ戦が楽しみだ。       
昨日、新聞でルールとやらを、初めて(笑)勉強したからだ。
暇になって、やっと観る機会が出来たし ・・・ 
なんたって、 “ 氷上のチェス ” と称するのを、ヒゲが知らないで置く訳にはいかない。
よく解からないけど、これって “ チェス ” と言うより、 “ 氷上のビリヤード ” あるいは、
重いのを投じるから “ 氷上のボーリング ” じゃないの? と、カカァと笑って観ていた。
どうやら、後投げが有利という戦略?
つまり、野球の延長戦は、後攻めが有利と同じ事かなぁ?

カカァが、冷やかしながら
 「 アータ、まーだ、こぎゃん シンキクサカツバ (こんな辛気臭いやつを) 見とっとね?! 」
ちょうどその頃、なる程これがチェスかと思ったシーンが ・・・ 
集まって “ 考慮時間! ” というのを使っていたからだ。
チェス・クロック・モードで、タイム・プレッシャーが掛かっているようだ。
                                           
そして、先程、日本チームが、又しても中国に、して敗れたとニュースが。 (昨日談)
そうか、やはり、このヒゲが “ カーリングのコーチ ” を引き受けろという事か???
    “ 氷上のヨッパライ ” のヒゲでいいのか!
              「 あたり前田のクラッカー 」 てなもんや!
        
コメント

才能アリ?!

2010-02-19 19:21:37 | ヒゲの毒舌
“ 光源氏 ” が、又やった! とあったから、      
当然 “ 女たらし ” をやったもんと思っていた。
そしたら、ゲンジ違いの “ 光Genji ” が、又、ヤクをやったと言う事だった。

そんなものかと、静岡・三島の銘酒 “ 女泣かせ ” を頂きながら、
いつもの○○殺人ドラマを見始めた。
                          
         今日の配役は、神保悟志だ。
悪役スターの代名詞の彼が、最初から登場する時は “ シロ ” 、途中から
善人役風で登場する時は “ クロ ” というのが最近の定跡? になっている。(笑)

こんな風にワン・パターンになったのはナゼか ???
そうだ、芸能界&放送局様に是非使ってもらいたいのがおる!
今や、馬シカ並みのイケメン役者のオンパレード。
芸もない奴が善人役ばかりするから、ウンザリしております。
                                     
そこで、前述の光Genjiもですが、例の女性見殺し逃亡者の堀○とかノリピーの旦那とか、
“ お努め ” を済ませた後は、是非、芸能界に戻って欲しい。
役どころは勿論、今一番人材不足の “ 悪役 ” を演じて頂かなくっちゃ。
彼らには、見ているだけで、人を不愉快にさせる才能 (笑) があると思います。
                                           
勿論、女性陣も、悪役のハマリ役 (失礼!) に、秋本ナオミさんばかりでないように ・・・ 。
そうあのノリピーを、介護に疲れた後は、復帰させてもらいたい。
そうね、役どころは “ 昼は、明るいカリスマ主婦の顔をしているけど、
夜になると、タダレタ過去の ・・・ ” ではいかが ・・・ 。





コメント

モバゲー

2010-02-17 20:19:57 | ヒゲの盤上の世界
先月の話 ・・・
ヒゲ 「 ママちゃ~ん! テレビでモバゲーのゲームはタダて言いいよるよ? 」
カァ 「 そんなのは、ウラがあっとタイ。 上手い事 『 タダ(無料) 』 で誘って、
     料金の掛かるゴツしてあっと!
     そぎゃんとばせんで、リハビリ散歩が一番よかよ! 」 と言下に却下されました。

それから二週間後 ・・・
ママ(昔の余韻で時々呼びます)ちゃんの、御ひとり様ルンルン東京行きが決まった。
一人と一匹残され、携帯ゲームさえ出来ないヒゲを憐れに思われたか? 
「 モバゲー、チョッと調べてみようかね!? 」 と。
自分だけ歌舞伎鑑賞 ( 肉食獣エビ様でも観るのか? 演目探しで御多忙 ) で、
気の毒と御思いの表れか?  アリガタイ事です! 
携帯電話の料金設定の変更手続きとか、色々手間をかけて、 
やっと “ モバゲー ” に登録完了。
「 これで、モタモタ時間掛けて遊んでも、ムゲー料金にはならんよ。 」
先ずは、“ 将棋 ” が出来るなずなのだが ・・・ 。
ママちゃんの用意した局面は、器械の方が “ 六枚落ち ” 。
なんと逆ハンデ!?
やり直すのも面倒なので、そのまま続けた。
操作するのが慣れずに大変だ。
                        
次の日、 “ チェス ” も登録。
開けてビックリ! 流行の “ 3Dモード ” になっている。
頭の中が、クラクラなりながらプレイする。
ビショップとポーンがタテに並ぶと区別が付かなくなり、 「 アジャパー 」 なんて
叫んでしまうのだ。 (笑)
さぁ、次は “ リバーシ ” か?  これは “ オセロ ” とどう違うのか?

2・3日して、 「 モバゲー、始めたって!? 料金設定は大丈夫なの? 高くつくよ。 」 と
心配する長男からのメールが届く。

それから数日もたたない内に、安堵した長男から 「 一緒に遊ぼう! 」 とメール。
ナント、ママちゃんがモバゲーにハマリ始めた。
 ( 影の声 : あ、あ、又、飯が遅くなる材料が増えた! )
「 面白味が解からない。 脳トレの方が私には合っている。
  まぁ、最近の若者を何が夢中にさせるのか? 少しでもかじって見ないとね。 」 等と
ブツブツ言いながら。


コメント