田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

クルーズ珍道中~Uボート浮上す

2019-03-27 16:01:03 | 2人3脚チンタラ道中
10/14(日曜日) クルーズ3日目の朝、にっぽん丸は愛媛県今治港を出港。
8時の朝食は、ヒゲにはハードルが高い。
しかし、ヒゲの疲労度を見て、気を利かせたカァちゃんがルームサービスを頼んでいた。
          
和定食を見たヒゲは、発奮(?)する。 (笑)
  「 カァちゃん、朝からビールが片山家の習慣だったよね?! 」
で、おはら庄助さんみたいに、朝酒と洒落こむことになる。
                  
冷蔵庫から、サービスのビールを取り出して乾杯。
朝食がバラエティー豊かなのが、ヒゲには嬉しい。
ビールと焼酎がすすむ。
            

朝食が終わって暫くした時でした。
部屋のテラスに出たカァちゃんが、何か見つけました。
なにやら黒い船影。
            
朝酒でほろ酔い気分のヒゲは、とっさに叫びます。
      「 Uボートだあ!? 」
昔の記憶(?)がよみがえり、目は救命胴衣の場所を探します。 (笑)
豪華客船のルシタニア号撃沈事件です。
犯人は、ドイツのU潜水艦でした。
米国の客を沢山乗せていた船は、一発の魚雷で海のもくずと消えたのです。
        
待てよ?
此所は、対馬海峡辺りのハズ。
独艦じゃあなく、北朝鮮艦が居てもおかしくない。
北鮮と言えば、韓国の哨戒艦を雷撃で沈めた前科があったハズ。
映画でも観てたが、あの時の闇討ちの潜水艦がコレかも?
うろたえるヒゲを見かねてか、船長の声が船内放送で流れる
「 前方に、海上自衛隊の潜水艦が浮上航行しているのが、ご覧いただけます。 」
        
なーんだ、味方の艦船じゃあないか。
それにしても、浮上航行なんて、ヒゲにはとても珍しい光景です。
          
これって、潜水艦  “ こくりゅう ” だろうか?
しかし、船体の形状がズングリしてるから、こくりゅうのイメージと違う気がするが?
            

やがて、にっぽん丸は軍艦島辺りまで来ます。
行きに、初めてお目に掛かった景色です。
そろそろ有明海に入り、熊本港への帰路になります。
帰る準備をしながら思いました。
乗船前に予定していた遊びは、ほとんどこなしてないナァ。
カジノ遊び・コンサート鑑賞・ボンドマティーニ・バブルバス ・・・
唯一出来たのは、スイミングぐらい。
未練が残ったクルーズ乗船でした。
熊本に帰ったら反省会をしよう!?
福井の 『 黒龍 』 の吟醸を飲みながら ・・・・
                          
        人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

感謝の行政指導

2019-03-26 16:59:22 | ヒゲの毒舌
かっての熊本市では、郷土料理店を探すのが大変でした。
郷土料理の看板を掲げる店が少なかったからです。
何故でしょう?
今は、石を投げれば熊本郷土料理店に当たりますが? (笑)
              
熊本の郷土料理と云えば、馬刺しが主役です。
ところが、これが難題だったからです。(過去形に注意!)
70〜90年代の熊本飲食店では、馬刺しを冷凍しませんでした。
冷凍の馬刺しを使ったとしたら、たちまち同業者間であらぬウワサが飛び交います。
 「 あそこは、とうとう冷凍の馬刺しば出すゴツなった。
     いよいよ きつうならしたバイ。 」
当時も、馬肉は高額。
売れ残れば、たちまち原価率が跳ね上がります。
客数が少なく、店が暇なら、馬刺しの在庫を抱えたまま困ってしまう。
責任逃れの為、板場は馬肉を冷凍する手段を選ぶのです。

当時の熊本県人は、誇り高い人が多かった。
冷凍馬刺しなんて、とんでもない! 「 ルイベじゃああるまいに 」
ヒゲの母親でさえ、信州で冷凍赤身馬刺しが出て来た時は、鼻で笑い、
その皿を手ではねやりながらうそぶいた。
 「 冷凍馬刺しを食べる程、あたしゃ落ちぶれちゃあおらんばい!
   ぎゃん おろよかつは、内んネコでん跨いで行くけん。 はははー 」
     ( こんな低レベルな物は、我が家の飼い猫も食べない。 )
熊本人にしてみれば、ごもっともなセリフででしょう。 お見事です。
       

ある時期から、業者が熊本県外に馬肉の販路を拡げ始めた。
その県外の食べ慣れてない人達の間で、ことが起きたのです。
             
熊本だったら、笑い話で済んだでしょう。
他の肉に比べたら、リスクは非常に少ないのですから。
しかし、コトはややこしくなっていきます。
そして、厚労省の偉いお役人がしゃしゃり出て来た。
「 では、お上の裁定を申し渡す。
     熊本の平民ども、良く聴くが良い。
          馬刺しは、冷凍したものを提供すること。 」
驚きの指示に、青ざめる馬の卸業者と市民。
熊本県民の長い伝統と誇り・プライドが、ズタズタに葬り去られた瞬間です。
何とありがたい(?)御命令でしょう。
これでは、殺された馬も浮かばれません。
わざわざ不味くして、提供する訳ですから。
大事な熊本の食文化が踏みにじられたのです。

この日を境に、熊本郷土料理店が、雨後のタケノコの様に登場していったのです。
厄介だった馬肉の取り扱いの心配が、なくなったからでしょう。
こんなありがたい御指導はありません。 (む~ッ 
熊本の郷土料理店は、県外の皆さまを熱烈歓迎いたします!
美味しい冷凍馬肉で、お待ちしております!! (笑)
                    

        人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (6)

魔球を投げろ!

2019-03-25 20:55:11 | ヒゲの毒舌
先日あった、春のセンバツ組み合わせ抽選会。
21世紀枠で出場の熊本西高のお相手は、智弁和歌山に決まった。
            
翌日のネットニュースに、その智弁和歌山の話題が登場したのです。
チラ見して、驚きました。
   敵(?)には、 『 新・魔球 』 がある! 

魔球と聞くと、ヒゲ世代にはビビッとくるアニメがあります。
大リーグボールと云う魔球を完成する為の、親子の物語。
目的の為、子どもの身体に魔球養成ギブスを強制装着してのトレーニング。
               
現在なら、間違えなく賢帝アベの “体罰禁止法” に抵触するに違いない。(笑)
自分の子供に、養成と称してスプリングをぐるぐる巻きにするからです。
そんな一家が、はた目に体罰に見えるのは、止むを得ないところ。

親子鷹の、オヤジの名は、星 一徹。 子供の名は、星 飛雄馬。
通報を受けた晋ゾウのヒラメ官僚が、ホシ家をおとずれ、
しつけと称した児童虐待を止める様に指導します。
 「 なにい~💢 ギブスをやめろだとお~? 
   オレの息子に何をしようと、オレの勝手だ。
   帰りやがれ、このクソ役人めー  」
そう言い放ッて、ちゃぶ台をひっくり返す一徹でした。
              
そして、今年の甲子園。
もし、そんな大リーグボールが完成していたら?
現代の、この智弁和歌山の魔球も観てみたいもんだ。
やはり、途中でボールが消えるのか?
或いは、途中でボールが二つに見えたりするのか?? (笑)
                  
熊本県民 「 わああ~、そぎゃんとつけむにゃあ魔球があっとだろか?
       バッテン、熊本西高にも、花形満がおるけん、 負けんバイ 」(笑)
                      
そんなイメージを浮かべていたら、なんとコレは、ブラスバンド部の話しだそうだ。
そうか? 新・魔球じゃあなくて、“ 新・魔笛 ” の見間違えか。
新と云うからきっと、新しい構想だろう。
アノ部分を、ピッコロが奏でるのか。
                  
             ♬ アッハハハハア ー ♪  ヒッハハハハアー ~
           
なるほどアリアの主題は、復讐だ。
だから、逆転劇をあおるテーマにちょうど良い。(笑)
更によく見ると、なんだ?  
“ 新・魔曲 ” と書いてあるじゃあないか! なんて紛らわしい? (爆笑)
この語彙は、ヒゲの知識には存在しません。
魔と云うぐらいだから、魔女!?
魔女と言って浮かぶのは?
ひょっとしたら昭恵夫人が、チアババで登場するのか? 「 キモーい 」
今度の熊本西高との対戦が楽しみだなー。
どんな曲なんだろう。
              
   人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

クルーズ珍道中~和食ディナー②

2019-03-23 17:49:55 | 2人3脚チンタラ道中
         
愛媛鯛に舌鼓をうちながら、酒がすすむヒゲ。
やがて、大きい皿に鮎が乗って登場する。
アユのコンフィだそうだ。 紙に包んで食べろと指示がある。
ヒゲには随分面倒臭い手段だが、演ってみると悪くない。
鮎のコンフィとは、なるほど考えたね。
事前に仕込んでおけるから、大勢の対応には良いかもしれない。


         ≪ 前回のは不鮮明な字だったので、再掲載します ≫

次々に料理が運ばれるのだが、酒が変えられないのは少し辛いもんだ。
燗付け用は、一種類しか置いてないからです。
まるで、昭和40年代の飲食店での酒事情みたい。
酒の銘柄はひとつだけ! (冷汗)

とうとう、メインの小鍋に火が着けられる。
黒毛和牛と松茸のシャブシャブです。
ヒゲの腹は、あっぷあっぷ状態! (笑)
おいおい、こんな立派なモンじゃあなくて、ウルカぐらいで良いんだが。

酸味が効いたポン酢と脂ののった牛肉の組み合わせに、若干の違和感が残る。
こんな事なら、ゴマだれを貰って、こそっと即席のごまポン酢をこさえれば良かった。
漫画・美味しんぼでも、雄山をして言わしめていますが。
日本人にとっての、牛シャブシャブのタレ。
ポン酢では、獣臭が残る。
かと言って、ゴマだれでは、牛の味わいを消してしまう。
田園では、練りゴマをポン酢で伸ばして、白味噌・みりんで調節した胡麻ポン酢を
提供していました。
面白かったのは、シャブした牛肉に松茸の香りが移っていた事です。
ヘェ〜、新しい発見でした。 使えるかも!?

さてと、今夜こそ!、カジノに行ってあの美人ディーラーとひと勝負したいモンだ。
しかし、フォアグラ状態のヒゲは、もう動けません。
あーあ~、勿体ない。
そんなになるまで、飲まなくて良さそうなのに。 (爆笑)
まるでムショ帰りみたいに、酒にかつれて呑み惚けたヒゲで御座いました。
              
   
         人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

ヒゲといだてん~オリンピック

2019-03-21 19:50:38 | ヒゲの盤上の世界
大河ドラマ 『 いだてん 』 を視聴。
柔道家・嘉納治五郎が、最初のオリンピック選手を探す時のシーンとセリフが、
ヒゲをして昔を思い出させます。
現在と違い、オリンピック開催国への渡航費が問題でした。
               
治五郎さんが言います。
 「 渡航費を持っている者は、オリンピックに行きたがらない。
   オリンピックに参加資格がある者は、渡航費を用意出来ない。 」
日本オリンピックの黎明期だった当時の悲哀感がイタい。
         
             ≪ 熊本の兄ちゃんが工面してくれます。 ≫

ところで、ご存知ない方が多いと思いますが、チェスの世界にもオリンピアードが在ります。
二年に一度、開催されています。
日本チェスの黎明期だった70年代前半。
日本も、やっとチェス・オリンピアードに参加するようになったのです。
もちろん成績は散々でしたが、参加する事に意義があった時代です。
そして、74年の開催地は、フランスのニース(!)でした。
日本人にとってのイメージは、アラン・ドロンの住む夢の国。
しかも、太陽がいっぱいのリゾート都市。
わあーっ! こんな所でチェスが出来るのか。
渡航さえすれば、仏国が滞在費は負担してくれる!
               
当時の日本は、“兼高かおるの世界の旅”でしか外国を観る事が出来なかった時代。
何しろ大阪万博で、多くの日本人が生まれて初めてガイジンを見た1970年。
それから数年しか経てない頃だから、海外旅行なんて、日本人には夢のまた夢。
      ♬ あ~あ~ 憧れ~の ハワイ 航~路 🎶

開催前年の73年に、チェスタイトルを得たヒゲには、充分な参加資格がありました。
しかし、もうその年は、料理旅館に見習いで就職が決まっています。
しかも、実家の料理店は、板場たちの人件費が膨らみ、収益率を圧迫していました。
とても、「 オリンピックに出たい! 」 なんて言えません。
それ以来、一度たりとヨーロッパの地を踏む機会はおとずれませんでした。
まあ、人生なんてこんなモンでしょう!?  

孫 「 じいちゃん、じいちゃん!  ね〜、ニースってえ、どんなとこだった? 」
爺 「 うーん、其処のビーチにはね、べべが居てね ・・・ 」
                 

孫達とのこんな会話が出来たかもしれないんですが ・・・ 。
しょうがなかったとは言え、やはり少し未練が残るヒゲで御座います。


         人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

レオパレスを売るオンナ

2019-03-19 17:08:49 | ヒゲの毒舌
BSで放送の 『 ガイヤの夜明け 』
          
レオパレスの施工不良問題を、念入りに取材してあるのに感心しました。
施工不良と云う語彙を聞いて、昔の懐かしい(?)表現を思い出した。
ヒゲみたいな大酒呑みの少年達を称して、素行不良と。 (笑)
                        
そんな事を考えている内に、あるオモロい小噺が浮かんだ。
此所は、田園不動産。    
今日も、 “ 家を売るオンナ ” が活躍しています。
あるファミリーがやって来ました。
  「 庭野ーッ! 家を売る為だ~ GO!! 」
                   
三軒家チーフからゲキが飛びます。
しかし、三世代同居がらみの相談に、庭野が頭を抱え込みます。

注文は、三世代がそれぞれ自立していながら、一体感を共有すると云うもの。
ひとつの建物に同居すると、どうしてもショッチュウ顔を合わせる事を避けられない。
それは嫌だ。
じいちゃん・ばあちゃん、両親、子。
各々が完全に独立していながら、尚且つ三世代のコミュニケーションもとれる住宅が欲しい。
なかなか難儀な注文です。
不動産屋の庭野が困るのも、ムベなるかなでしょう。
                   
「 私に売れない家は無い! 」 と三軒家万智が代わります。  ♬ オーレッ!!
「 お客様にお薦めする物件は、コレです。 」
そう言って提示したのが、レオパレス21違法建築アパートでした。
「 お客様、このアパートを続きで三戸お買い下さい。
  この通り、きちんと仕切りがあり、プライバシーが守られています。
  しかも、此処の“界壁”は外されてますから、声は隣りに筒抜けに聞こえます。
  つまり、何か起こっても、いつでもお隣りのおじいさまやお子様に声が届く設計に
  なっているから、安心して暮らせるのです。 」

「 課長! レオパレス三件売れました。
  庭野ではなく、この三軒家万智が売りました! 」

今夜も、やけ酒をあおりながら、おまじないをして貰う庭野で御座いました。 (笑)
                   
                        ちちんぷいぷいの~ ぷい~♪
                           ぷいぷいのぷい~♪ 


          人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

差別主義者の設計

2019-03-18 16:47:47 | 田園ものがたり
栄通りの田園でのヤクザや酔っ払い・無銭飲食やらで、散々苦杯を舐めさせられたヒゲ夫婦。
しかし、この臥薪嘗胆のストーリーも、良い肥やしになるから人生は面白い。
将棋でもチェスでも、敗局こそ最高の教材です。
負けた原因を、とことん追求するからです。

やがて、田園ビル建設の話が持ち上がります。
ビルの設計と平行して、和食店の内装の設計も考える必要が出てきました。
勿論、ビル本体とテナントにする各フロアーの設計は、プロに依頼します。
しかし、和食店舗の田園として営業するフロアーは、人任せには出来ません。
先ず、ビル全体の概略見取り図を見ながら、和食店が占めるフロアーの選定です。
                        
ビル一階のスペースは、初めて独立する店舗には、ちょうど良い広さや形でした。
通りにも面してないし、店舗平面図が長方形という使い勝手の良さ。
しかし、ヒゲ達には一階と云うと、どうしても、ふら~っとの一見客が入ってくる
嫌悪感がありました。
つまり、もうこの時分には、客を選別・区別する意識があったようです。
で、二階をチョイスしたのでした。
二階までなら、旧田園の常連さんは、階段を上って来てくれるだろうと。
ビルの一階の奥、階段が始まる所に一工夫を考えます。
   ( 階段の手前には、エレベーターも設置されるのですが。 )
此所のコーナーに、小笹か南天みたいな鉢物を置こう。
何となく、店がある事を示せる筈だ。
当然ながら、通りすがりの人にアピールするみたいな “ 看板 ” は無しに。

そして、ビルの二階部分のスペースを見て、思わずため息がでます。
それは、クランク型だったのです。
設計のプロならいざ知らず、設計初心者ヒゲ夫婦には超難問です。
まぁ、初心者が挑みやすいのは、長方形型でしょう。
それがいきなり、変化球と云うべきクランク型です。
「 車の教習所じゃあ あるマーニ。 」 ヒゲ夫婦は頭を抱えた。
しかし、待てよ!?
このキテレツな形を活かした店舗設計が出来ないか ・・・・ !!
この欠点(?)を長所にすると云う発想にたどり着くのでした。
               
しかし、それからが大変でした。
一般の店舗設計のお手本にあるような造り・サイズ・位置関係・厨房用品などで、
気に入るヒゲ夫婦ではありませんから。
                   
スタッフや客の動線を描きながら、効率の良いオリジナルを目ざすのです。
先ずは、何処に行っても計測出来る様に、常時メジャーを帯同しておきました。
行く先々(!)で、テーブルや座卓・座椅子(座布団も)・照明機具・建具、
挙げ句は灰皿等のスリーサイズを測ってメモします。
このプロセスで、頭の中に物のサイズの感覚をたたき込む事が出来るのです。
       
                ≪ カァちゃんは、三角スケールもバッグに入れてました。 ≫

                             ~~~ つづく  ~~~

          人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント

ドラッグ怖~い

2019-03-17 18:47:34 | 2人3脚チンタラ道中
3月の第二週目のある日のことです。
カァちゃんの携帯にメールが届きました。
飲み仲間からのそのメールは、事件の一報でした。
早速、熊日新聞を拡げて確認すると、ちゃんと載っています。
ヒゲ夫婦が、次の週に飲みに行く予定のチョー人気店での事でした!

車椅子のヒゲは、何処にでも飲みに行ける訳ではありません。
様々な条件をクリアしないと、たちまちエコノミー症候群で倒れるからです。
そんな理由で、今回行く予定のその(!)店の構造を知りたくなったヒゲは、
カァちゃんに事前の探索飲み会を頼んでいました。
報告は、◯! ゆっくり座れるし、料理もまずまず。
二時間の制限が気になっていましたが、カァちゃんの飲む喰う量を見た店主は、
難なく解除してしまいました。 (笑)
これで、スローペースのヒゲも安心して行けます。
それに、スタッフの応対も、今時には珍しく話が出来るそうな。
素人アルバイトのぎこちない接待が多い中、楽しい雰囲気だったとも。

後は、寒さが緩めばOK牧場です。
毎日、天気予報をにらんで、雨と気温をチェックします。
こうして期待はふくらみ、第三週を狙ったヒゲ。
と、その時!! 冒頭の事件の勃発です。
新聞に載った事件は、その店の店主とスタッフらの三人が、大麻所持(!)で捕まったと。
ひっえ~、もしヒゲ夫婦が、その時その店でご機嫌飲みしていたら ・・・ 

ほら、東京辺りの刑事物で、地下の秘密カジノに押し入る時の場面。
キャアキャア言う客も一緒に、ふん捕まえるシーンが浮かぶでしょう。
で、熊本の名物居酒屋で大麻が押収され、飲みほうけてる客のヒゲ夫婦も怪しいと
事情聴取される羽目になったかも。
なるほど、車椅子には異様に大きい座布団。
デカが疑うのも、もっともでしょうか? (笑)
座布団の中に、大麻が隠されているハズだと。
ボスデカ 「 これは怪しい。 メゾンド・ポリスの近藤正臣を呼べ! 」
新米デカ 「 警部、ソレ、だれっすかー? 」
ボスデカ 「 ほら、ピアノの鍵盤上に立って、ネコ踏んじゃったを弾く伝説の刑事だ! 」
 
          ≪ 柔道一直線でのシーン (1970年頃) ≫

そんな熊本の大麻騒動が起きて、まもなくの事。 TVでも速報が賑やかに流れる。
東京は、ピエール瀧のコカイン所持事件だそうです。
いやはや、全国各地でドラッグ騒動とは。
ヒゲが、ピエール瀧だったら、こう主張します。
「 おめーら馬鹿か?
  マトリのくせに、こんな事も知らんのかい。
  良いか! 
  コカインを足袋に縫い込むと、タビは強化されマラソンに耐える強度を持つのだ。
  コカインを持っていたのは、そんな頑丈な足袋を作る為だ。
  コレで、ストックホルムのいだてん・金栗四三君の優勝間違えなしや。
  はははー (^◇^) 」


          人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (4)

下足はどこに行った?①

2019-03-16 14:53:14 | よもやま話・料理編
下・足と書いてゲソ。 下・心と書いてシタゴコロ
今日は、男ハンが好きな後者ではなく、下足の話しです。

かっての熊本の和食系の店では、ゲソはどこにでもあった話しをしました。
それが、或る時から激減します。
佐賀県呼子から、活けのヤリイカや剣先イカが、熊本に来るようになった時からです。
それまでは、熊本では甲イカ系の烏賊を使うのが当たり前。
その副産物が、下足でした。 
                  
ところが、呼子の活けイカが来ると、そのクリスタルな刺身がたちまち熊本市内を席巻しました。
これこそグルメだと マスコミからもてはやされて。
しかも、その耳も下足も、刻んで提供すればイイから、こんな楽な話しはない!
楽なのは、ソレだけではありません。
皮剥き作業が、笑えるほど簡単なんです。
甲イカ系みたいに、皮の二度剥きの手間は不要だからです。
 

こうして、熊本名物(?)甲イカは駆逐され、その副産物の下足はメニューから消えた。
「 しかし! 」 と昔人間ヒゲは思いましたネ。
せめて日本料理の板場さんなら、甲イカぐらい軽く捌けて当然じゃあないか?
あまり、楽な仕事ばかり演っていては、如何なものか!?

甲イカ系の下ごしらえは厄介です。
甲の部分に包丁を入れると、大きな骨みたいなものが見えます。
                 
それを外すと、内臓があらわれます。
頭部と一緒に抜き取り、更に、頭部と内臓部を切り離します。
内臓部は、季節やイカの種類・大きさで、千差万別です。
              
頭部の目と目の間に包丁を入れ、途中で慎重に左右に包丁を少し入れます。
その後、表から目を押して、取り出します。
力を入れ過ぎると、目が潰れて黒い汁がピューッと飛び出るから要注意。
目を抜いたら、次は下足を開いて、くちばし(トンビ)を取ります。
一個ぐらいだったら、普通棄てますが、量がまとまるなら、塩して干してもイイかも。
                      
後は、下足の部分の軟骨です。
京都だったら、軟骨の部分は全部除去でしょう。
しかし、軟骨が付いたままのコリコリ感も捨てたものではありません。
                   
その軟骨の残し具合いで、食感の変化を楽しむのも良いのです。
そこまで下処理が済んだら、塩揉みして、イカスミ等の汚れを洗い流して終了です。

                        ~~~ つづく ~~~

          人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (2)

爆買!?

2019-03-14 17:33:32 | ヒゲの毒舌
ちょっと前、中国人が銀座のデパートで爆買いする光景が紹介されていました。
大きなカートに、オムツや化粧品を山積みしてドヤ顔の中国人の様子も。
多くの日本人は、この光景を複雑な思いで見ていたでしょう。
やっかみと羨望が入り混ざった心持ちで。
表向きは、日本製品をたくさん買ってくれてありがとうでしょう。
しかし、本音は、こいつら馬鹿かい。
  「 こぎゃん、バカんごつこうて(買って)! 」
これじゃあ、爆買いじゃあなくて馬鹿買いたいと。
       
             
馬鹿買い(バカガイ)と云えば、熊本では“バカ貝”に馴染みがあります。
小学生が初めて有明海で潮干狩りを楽しむ時に、真っ先に教えられるのが、
“ アサリ・蛤・バカ貝 ” との区別でした。 
つまり、食べられないから採ってはいけない物が、バカ貝と云う訳です。
                    
それから随分経て、冬の味覚に登場するのが、打ち牡蠣とバ貝でした。
採れたてがビニール袋に詰められ、市場に並んでいました。
ヒゲの母は、このバ貝(ウバ貝とかバギャーとも言う)のバター焼きが好きでした。
活け物を生食すると、非常に官能的な香りが魅力です。
しかし、キレイで官能的な女性は、魅力だが危険(?)なのと同様に、
バ貝の生食もリスクが伴うものでした。
       
              
そして現在、中国経済減速のあおりをうける銀座のデパート。
名物(?)の中国人爆買いがなくなって、少し寂しくなった日本。
ところがドッコイ!?、思わぬ所でバカ買いが見つかった。
山口県に、イージス・アショア。
なんと、4600億円のお買い上げ!!
トランプ  「 おい、晋ゾウ! お前は気前がイイぜ。 気に入った
        ついでに、ミサイルを百基ばかしどうだい。
        前金なら、一基10億円にしとくぜ。 」
晋ちゃん  「 オウケイ、OK  
        任せてくれ、ガバガバ買いまっせ! 」
トランプ  「 そうか、晋ゾウ。
        ところで、ハワイに造る訓練施設の建設費だがな、
        お前への所と折半にしようゼ。 」
晋ちゃん  「 大丈夫! ニッポン金持ちアルネ。
        国民黙って金だすヨー。 ヒヒヒヒヒー 」

          人気ブログランキングへ 
    http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント