田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

二代目ヒール・朝青龍、こ~ロンだぁ!

2009-03-31 19:15:48 | ヒゲの毒舌
今場所は観ないと言っていたヒゲだが、あの悪役・モンゴル猿がコロコロ負けると、
ついスイッチを入れてしまった。 ( 反省ザル?  )
                                 
初代ヒール(?)・曙が活躍していた ' 99年の事です。
夏場所の千秋楽、国立病院で家族で観ていました。
優勝候補・曙が負けて、ややこしい事に。 なんと三人の巴戦にもつれ込みました。
そして再び、あの悪役がヨレヨレ、バターッと腹ばいになったのでした。 逆転です!

                    

ヒゲも家族も手を叩いて、大笑いで御座いました。
余りに大笑いのヒゲを、妹のとん子が見て 「 あレッ?兄ちゃん、どぎゃんしたと?
( 曙が負けて ) そぎゃん悲しかつね!? 」
ヒゲは、この時、気付いたのです。
病気の後遺症で、 “ 笑うと涙が溢れる ” ことを (笑・涙)。

                

涙腺が狂ったのでしょう。 ( 頭は、前から狂っていましたが。 )
TV見て、ワァーわぁー笑っているのに、涙はシァーしぁーとあふれ出るのです。
決して、ヒゲを落語亭に連れて行ったり、ダジャレで笑わせないで下さいね。
木綿のハンカチーフが何枚あっても足りませんから。       ( 笑・笑 )
                              
ヒゲ泣かせるのに   酒は要らぬ   ジョークのひとつだにあれば良い !? 
コメント

Middie Mountain 様へ

2009-03-30 18:47:33 | ヒゲの盤上の世界
お祝いのお言葉、有難う御座います。
娘も、大台(?)を前に、やっと嫁ぐ事になりました (笑・笑) 。

所で、貴家の “ ヤング・フィッシャー ” さんは、普通のトランプ・ゲーム等は
するんですかね?

'70年代前半、好事家が集まり、 “ 近代五種頭脳ゲーム ” を、
やったろうじゃネエか! という事になりました。
4種は直ぐに決まりました。  囲碁 ・ 将棋 ・ 連珠 ・ チェスです。
残り一種がもめました。    ( ) は反対意見です。

  * 中国将棋 ( 道具がない )

             

  * コントラクト・ブリッジ ( 出来るプレイヤーが関西では少ない )

       

  * 中将棋  ( 時間が掛かりすぎる )
      

  * マージャン ( 統一ルールをどう作るか? )

  * チェッカー ( 子供用のゲームのイメージがどうも? )

            

ジャ、しようがない、取り敢えず4種でやってみよう。
邪気あふれる人達、決定するのもこだわりない。
優勝は、京都・亀岡の高校・数学教師である達富さんだ。
連珠の有段者が効いたのでした。

それから時は流れ、栄通り田園で苦戦しているヒゲに贈り物が届いた。
包装の外から、香りがあふれ出ています。
京都・亀岡の取れたて “ 松茸 ” を達富先生からだ。
その日の客は、とんでもなくラッキーに、舌鼓をうったので御座いました。 

  《 達富VSヒゲ 》

《 母ちゃんの思い出 》
達富先生宅でチェス大会をした時、義姉さんが用意して下さった昼食の
松茸御飯と御吸物に、これでもか! とあふれていた松茸には、驚きました。
もう、今はこんなに取れません 。
 
コメント (1)

ロンゲスト・デイ ~ パリ開放Ⅲ

2009-03-29 18:40:38 | ヒゲの毒舌
やっと乾杯になって、焼酎湯割りでヒゲにも血流が戻ってきた。
当然、お後は日本酒で。 辛口の燗酒を頼む。
燗のついた酒がやって来ると、オヤ? どうも御父上も欲しそうだ。
ヒゲが進めると、待ってましたと。 なぁ~んだ、ビール党じゃなく、酒好きじゃないか!?
こうして、パリ進軍の交戦が始まったので御座いました。

久し振りに、桜鯛と水イカの “ まっとうな ” 切り出しの刺し身が嬉しい。
又、酒がすすむ。 もう一本! あれっ? おネエさんがいない?
よく見ると、テーブル上に “ コール・ボタン ” が置いてある。
こういう料亭では、珍しい事だ。 普通、サービス係がいて、お酒を切らさないもんだが ・・・。
仕様がない、ピーン・ポーン。

ここで、御両親から御土産を頂く。
トルコ旅行時の土産のワインや徳島名物の和菓子 (澤鹿)。

                              
やっと、結納の品飾りに目をやる余裕が出てきたが、料理を頂くスピードが落ちてくる。
毎度のことではあるが ・・・ 。

懐かしい道明寺が出てきた。 白身と桜蒸しにしてある。
それにしても、酒飲みには量が多い。 器が大きいせいでもある。
器はというと ~ 桜紋に紅葉の混ざった俗に 『 春秋物 』 だが、チョット珍しい。
大きな蓋に朱色の桜紋が全面にびっしり、そして所々に色紅葉がポツポツあって、
一昔前の良き時代の名残だ。 

        ■道明寺粉(どうみょうじこ)
     〔 もち米を水にひたしておき、これを蒸してから乾燥させ、
       粉にひいたものが道明寺粉です。
       1千年以上前、関西の道明寺でつくられたのがこの名の由来と
       言われています。 〕

御飯物の赤飯が出てくる頃は、もうヒゲはギブ・アップ。
戦線離脱で、今度こそは待合にてひと休み。飲み薬を頂きながら、飾り物等を眺める。
そうする内に、先方の御両親をお送りする事に。
熊本市内観光だそうだ。 元気なお方達だ。 参った!
熊本城の花見客が多く交通渋滞で、ヒゲの車がなかなか来ない。
帰りの運転手は、例の “ シーシィー ” だが、ヒゲも薬(酒)で痛みが
消されていれば、怖くない。

我が家に戻り、ひとり残されて、ふてくされの愛猫と一緒にお蒲団に包まって御昼寝。
深夜に備える事に。
ヒゲは、もう前線復帰はムリで、母ちゃんだけが結婚式の打ち合わせや夕食の接待に
出向くことにする。

「 ピーン、ポーン 」 敵襲だぁー! トンが身構える。
TV 『 黒部の太陽 』 を見ながら、最後の戦いが始まった!
婿殿も、大した呑み助だ。 ( 仕方なしに、ヒゲに付き合っているんじゃ? )
御土産のトルコ・ワインで乾杯。
御母上の親友である、天草の “ 松下かまぼこ店 ” さんのを肴に。
エソの風味が懐かしい逸品だ。
市内観光中に、鶴屋デパートに立ち寄って、買っていらっしゃった。

      

さァ こうなると、主役は “ ブサイク猫 ” のトンカツだ。
婿殿に抱っこされても、余り嫌がらない。
実の兄ちゃんや親戚が来ると、あれ程キバを剥くというのに ?
こうして、片山家の長い一日は、暮れたので御座いました。
コメント

加齢の症状と華麗に付き合う!

2009-03-28 19:10:10 | カァちゃんのたわ言
二年位前、新聞が見づらくなって ???
ああぁ、そういう事かと、メガネを作る前の眼科検診に出向いた。
その時、 「 白内障もでてますね。
        まだ、視力があるから、気にする事はないでしょう。
        年取ると、誰にも出てくるものですから。 」
予想外のおまけに 『 白内障 』 と聞いただけで、嫌な気分になったものでした。

新聞・パソコンの時にお世話になる位で充分だった眼鏡が、
最近になって、台所・食事・買物・・・と必要に迫られる機会が増えてきた。
こうなると、掛け外しが面倒になる。
遠近両用 ?
チェーンを付けている人も、よく見るなぁ ?
そういえば、弟がチェーンを使っていた時、
「 何よそれ? キザっぽく見えるから、止めたら。 」 なんて言ってしまったな。
不自由さは、傍目には解らなかったのだ。 御免なさいでした。

そして、黒川温泉に行った時、そういう愚痴っぽい話をしてしまった。
それを、聞き逃さなかった嫁さんが、送ってくれました。

           

首に掛けて、便利、便利!
トレーナー姿にも、おしゃれな高級品が似合う (?? 笑)
外出時にも、首にぶら下げて行こう!

おっと、遠視の度数が進んだか? しばらくしたら、レンズの交換か?
まあまあ、加齢には、華麗にお付き合いして行きましょう!
コメント

みのもんた『おもいっきりイイ・・・』終了

2009-03-28 16:23:46 | 田園ものがたり
5:00  開店してまもなし、少しほろ酔いのH先生がおいでになります。
某神社の神主さまです。
「 マスター! ○○○て、何に良いか知っとるね? 」
営業中のこの種クイズは、苦手です。       
ヒゲは、あれこれの段取りで、それどころじゃないんです (怒)。 
適当に返事すると、 「 ○○に良かてタイ。 あの “ みのもんた ” が
テレビで言いよったけん間違いなかバイ! 」
                       
試しに、昼この番組を見て、夕方スーパーに出向くと、○○○は品切れになっており、
売り場の横には
 【 この商品は、今日の思いっきりTVに紹介された品で御座います。 】 と
書かれていた。 日本の消費者のバカさ加減が良く現れたシーンでした。
  
ある時、もんた様の答えに、ヒゲが異を唱えた。
H先生 「 チャウ、チャウ、チャウ、チャウ! ・・・ 」 と、
ルーマニアのチャウチェスク政権の宣伝相なみの激しい反撥です。
     ( ママちゃんは、チャウチャウ犬の事かと? )
                      
    「 いや、はや、参った、マイッタ 」

何十年も前の事をずーっと引きずって、こだわり(?)続ける ・・・
他人の言う事には絶対耳を貸さない、融通のなさ ・・・
“ 酒は白岳  煙草はいこい  女はドンドン (グラマーな体型) ” が口癖で、
自分でもしっかり認める頑固なお方が、何故 ??
もんたのテレビを ???

時は、ずっと逆のぼり、西銀座の田園開店一年後の事です。
カウンター係りに、浪ヤンが入社して間もなしの頃、本人を前にして
はばかることなく、H先生がヒゲにこう言い放ったのでした。
「 マスター、なんでこんなバァちゃんば、入れたつな!? 」
「 ヒェーッ! 」
そんな悪たれ(?)先生でしたが、昨年お亡くなりになっておられました。
お悔やみ申し上げます。

焼き鳥屋さんで、おデイトした事もあったママちゃんです。
お御馳走になりました。 

コメント

ロンゲスト・デイ ~ パリ開放Ⅱ

2009-03-27 18:56:45 | ヒゲの毒舌
3/21     日本晴れ     

いつもの様に、早起きヒゲが皆を起こす。
膨張感が気になるが、しようがない。 皆でコーヒーして、準備にかかる。
ヒゲの痰洗いの為、カカァが飲み薬 ( ? 焼酎の湯割 ) をポットに。

          

娘・ハー子の着物の着付けも大変そうだが、ヒゲもオべべは苦労する。
二時間程掛けて、やっとネクタイ締めまで。 チョット休憩 ~~~。

今日は距離が長いから、指名の運転手Tさんを。
お城の横を通ると、花見気分か。
      

「 このままだと、チョット早く着くね? 」 とカカァ。
飲み薬に手の出かかったヒゲ 「 そうだ! 早く着いて、入り口の待合いに座って、
休みながら、飲み薬すればいいんだ  」

到着して、ヨレヨレで車から降りたヒゲ。 おく村の女将さん達が待ち構えていた。
「 さぁ、サァ、こちらで御座います。 」
ああぁ、なんと言う事だ。目の前に待合いの椅子があるというのに ・・・。

案内された部屋には、もうすでに相手の御両親が。
早く着いたつもりのヒゲは、「 すみません、遅くなりまして。 」
車からそのまま休憩なしの連続ワザ(?)で、ヒゲにはもっともしんどいパターンに
陥ってしまいました。

やっと椅子に座ると、女将が 「 では、御挨拶を 」 と促す。
喉はカラカラ。 飲み薬という訳もいかず、目の前の “ 桜湯 ” でうがいがやっと。
向こうのお父さんの挨拶があったが、結納の下りが予想とは違う (?)。
ヒゲは困った。 ワンパターンの言上しか練習して来てないのだ。
エィ、ままよ、リハーサル通りに言ってしまえ ・・・。
再び、ヒゲ番に。 いまさら、又、何を言えば?
いつもは、助けるおシャベリカカァも、知らぬふりしている。 又、又 困った。
「 スミマセン。 障害があって、余りしゃべれなくて。 」 でカンベンしてもらった。

            
コメント

TVドラマ 『 おみやさん 』 終わる

2009-03-25 19:25:36 | ヒゲの毒舌
『 おみやさん 』 を見ながら思った事がある。

ドラマは、資料課の主人公が現在起こった事件から、迷宮入り(資料室止まり)の
過去の事件を引きずり出して、解決するというパターン物。

                        《 資料室 》 

あけみカァちゃんの仲良しブロガー “周ちゃん” は、機動力 (キャンプカー) を
活かして、新しい土地 ・ 新鮮な出会い等を生き生きと描いて ・・・ 。
ヒゲと言えば、不動力 (チ○バ) を活かして(??)、現在起こった出来事から、
昔の店での事を思い出して、取って付けたような記事に仕立て上げる ・・・ 。

さぁて、この記事、ウソに聞こえるような話ですが、TV風に言えば
『 ちゃんと事実に基づいたフィクション 』 です。
営業中は、 『 毎日がドラマ 』 みたいな日々で御座いました。
ヒゲの頭の中にだけ取って置くのは、余りにも勿体なくて ・・・ ・
記憶の薄れない内に書きたいのですが、ペンを持つ指の体力が限られているのが
残念。

今、出会いと言えば、田園ビルでの数少ない飲み方だけなのですが、
それはそれで、充分楽しめるものです。
昨年の芥川賞作家、津村さんのエッセーの言葉に、ヒゲを喜ばせるものがありました。
      新 し い 人 と 出 会 わ な く と も 

       
     不動のヒゲにも、毎年会いに来てくれる仲間達がいます。 
 浪ヤンの旦那様の手作り盆栽 『 銀杏 』 今日、芽が!
時には、新しい出会いも ~ 正月の葉牡丹に花が! 
コメント

ロンゲスト・デイ ~ パリ開放

2009-03-24 20:22:21 | ヒゲの毒舌
3/10   田園のお客様と海王丸で会食。
盛り上がって、 5F 『 さんすい 』 で二次会という事になった。
S子タンまで来てくれて、御機嫌のヒゲは、よせばいいのに、禁断(?)のドリンクを
グイグイと。 ウィスキーのオンザ・ロックだ。
冷たい物は、あれ程用心しているというのに ・・・
次の日、天罰が下った。  腸炎の始まりだ。  ヤバイ   
暮れの出来事 ( 婿殿との御対面) を、ロンゲスト・デイ~ノルマンディ大作戦とするなら、
もうすぐ(3/21)来る親御さんとの結納の儀は、ロンゲスト・デイ~パリ開放か?!
この大事の前に ・・・

   この病気は、ひ弱なヒゲの少ない体力を奪ってしまうのだ。
          ひたすら、コーヒー・刺激物を避けて、じっと体力を温存しよう。
          信心深い(?)ヒゲに、神のお加護(!)か。
          正露丸の御蔭で、やっと直ってきた。
          もう体力回復は無理だが、儀式の挨拶の練習だけはしとかなくっちゃ。
          「 幾久しく ・・・・ ムニャ、ムニャ 」
                                 
結納前日、娘が帰って来た。
ヒゲが戻した古古豆 (笑) の大粒小豆で、カカァが赤飯に。
そして、その上には、ハー子の兄ちゃんが、わざわざ送ってくれた
“ 極上胡麻塩 ” を掛けて。
なんという、テレビ・ドラマチック親子なんでございまショー!
                                    
その後は、着物の準備でカァーちゃんも大変だ。
アイロン掛けたり、裁縫箱持って来て “ 襟 ” を縫い付けたり。
トンカツも、久々の姉ちゃんに喜び、ウロウロ。
挙句の果ては、 “ 猫に真珠 ” と、シャレこんだ。

           

夕食は、鶏のすき焼き鍋。
ヒゲが献立名書いたら、 『 好家喜 (スキヤキ) 』 と昔の表現を使うかも?
地鶏・鶏レバー・鶏皮に、人文字・新玉葱・ホウレン草、揚げとシンプル。
まず、鶏皮で脂を引き出し、レバーを焼いて、割り下を入れる。
ちなみに、婚礼の献立では、 “ 焼き物・サワラ ” とかを
『 家喜物・サワラ 』 とシャレる地方もあるとか。
さぁ、 今夜は早く寝よう。 明日は早起きだァー!?
コメント

娘の結納

2009-03-23 20:23:39 | 2人3脚チンタラ道中
21日     

お天気も晴れやかで、心地良く7時に起床し、ゆっくりと新聞&コーヒータイム。

先ずは、娘の着付けに取り掛かる。
35年前の実母の心境に思いを重ねながら・・・少々不恰好に仕上がっても、自らの手で。

    《 私に義母が贈った物を、娘に譲った帯 》

桜を眺めながら、 “ おくむら ” へ到着。
和やかな雰囲気の中、女将さんの進行で儀式も終わった。

  

お後は御想像どおり・・・御銚子が頻繁に注文される片山流宴会に。 お昼間ですよぉ。
縁が拡がるって、嬉しい事ですね。
御両親は徳島の方ですが、お友達が天草にいらっしゃったり、
彼の親友の婚約者が熊本出身だったりと、不思議な繋がりもあって話は弾みます。

夕食までの時間をフリーにして、ヒゲと我が家へ。
帰路のタクシーの中からのショットです。

         
         《 花見客もいっぱい! 明日(日曜)の天気が心配。 》

今日の新聞でも紹介されていた、新町・古町地区の明治から昭和初期に建てられた
歴史的建造物を見学 (車中から) する事に。
ライトアップされる7時より早かったので、思うような眺めが出来なかったが、
『 長崎次郎書店 』 、元銀行を利用したショールーム 『 PSオランジュリ 』 は、
感動してもらった。
目的地のフランス料理店 “ 塩胡椒 ” さんも130年前の建物。
代々受け継がれていく物を、色々な面から感じた日でした。
 


コメント (1)

コノシロ ( 鮗 )

2009-03-20 15:51:23 | よもやま話・料理編
《 3/10 の話 》
                                              
10円の子持ちコノシロを、奮発 (?) して5匹買った。
先ず、刺し身で ・・・ 老描トンも大喜び。
次の日は、フライに ・・・ 生春菊とサラ玉のサラダ添え。
     入っていた白子と真子は塩辛に。
                   青物のワタだから、臭み消しに一味を。
店では、真子の方を 『 鮗の子塩辛・辛子明太子風 = 350円 』 で、 
白子の方も、余り長く置かないで、浅漬けで出していた。
まぁ、10円で3度楽しめて “ 一粒で、二度おいしい ” グリコ以上か。
                               
栄通り田園時代 ・・・
15cm程の舟形の仕切り皿を見つけ、 「 これだぁ! 」 と、
20個手に入れて店に戻った。
5:00  耳を澄ませます。
玄関が開いて、 「 いらっしゃいませ 」 の声で、ヒゲは二枚重ねにした
『 コノシロ 』 を急いで切り始めます。
小舟に盛り、仕切り猪口に醤油を入れて、 『 付き出し 』 の出来上がりです。
さて、本ちゃどんの白身の活造りをしようとすると、
「 マスター! コノシロの付き出し、おかわりネェ! 」

時は流れ、西銀座通り田園 ・・・
客がヒゲにも肴を御馳走するという事に。 「 じゃぁ、コノシロ刺しを頂きます。 」
やがて、出てきたのを見ると、刺し身が “ 切り立って ” いません。
食べると ・・・ 良い(?)表現でいうなら  ~  アジの “ 叩き ” 風
          正確に言えば  ~  “ つぶれ ” 風
板場が、 “ 一生懸命 ” に押さえつけて切ったのが、アダとなっているのです。

          包丁の差?
それもありますが、包丁の切れ具合で、切り方を変える事を知らないのです。
“ 包丁と相談しながら ” 切れ味が鈍ったら、無理やり上から切らず、
包丁を動かしながら切れば良いのです。
こんな事も知らず、あ~ァ情けない。 お客様、ゴメンナサイ。

 《 コノシロや  カットしだいで  ベッピンしゃん 》  ヒゲ
 《 ジンナイや べっぴん嫁でも 浮気かい 》  紀香のママゴン


コメント