パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

グレース・オブ・モナコ公妃の切り札★★★★

2014年10月20日 | か行の映画
ニコール・キッドマンがハリウッド・スターからモナコ公妃となった伝説の美女グレース・ケリーを演じる伝記ドラマ。モナコ公妃としての生活に馴染めず苦悩を深めるグレース・ケリーの心の葛藤と、夫レーニエ公とフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの政治的対立をめぐる国家の危機に際し、彼女がいかなる選択をしたか、その知られざる秘話を描く。共演はティム・ロス、パス・ベガ、フランク・ランジェラ。監督は「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のオリヴィエ・ダアン。
あらすじ:1956年、人気絶頂の中、26歳という若さで突然ハリウッドから引退し、モナコ大公レーニエ3世の妻、モナコ公妃となる道を選んだグレース・ケリー。その“世紀の結婚”から6年。二子に恵まれながらも、彼女はいまだに宮中のしきたりに馴染めず、孤立感を募らせる息苦しい毎日を送っていた。
そんな時、ヒッチコック監督から次回作「マーニー」のヒロイン役を直々にオファーされ、心ゆれるグレース。ところが折しも、モナコが国家存亡の危機に直面してしまう。
おりしも、アルジェリア独立戦争で戦費が必要になったフランスが、無税のモナコに移転した仏企業から税金を徴収し、フランスのド・ゴール大統領がモナコに過酷な課税を強要し、一触即発の緊張状態に陥ってしまったのだ。

これを拒めば軍隊もない小国モナコはフランス領にされてしまう。政治で頭がいっぱいのレーニエ大公に、グレースは女優復帰の話を持ちかけると、自己責任においてと認められたものの、この極秘情報は宮殿から漏れてしまう。
それに、グレースの相談役であるタッカー神父は宮中にフランスのスパイがいると睨む。グレースへの風当たりが強まる中、ド・ゴール大統領はさらにモナコ企業へも課税し、フランスに収めるよう要求するのである。
レーニエ大公は欧州諸国代表に軍事支援を募るサミットを開くのだが、その最中にド・ゴール大統領暗殺未遂事件が勃発し、失敗に終わってしまう。大国フランスを相手にやがて万策尽きるレーニエ。そんな夫を支え、愛する家族と国家を守るため、グレースはある覚悟を胸に行動を開始する。

<感想>ハリウッドの人気女優から、一国の王妃に転身した希有な人生が今も語り継がれているグレース・ケリー。そんな彼女は慣れない王室でどんな生活を送ったのか?・・・。
レーニエ三世は経済基盤としてモータースポーツを推進。それにより世界3代レースの一つであるF1モナコグランプリ、ラリー・モンテカルロなど世界大会が盛んに行われている。
タックス・ヘイヴンで所得税、相続税がないモナコ。それゆえ海運業オナシスなどの大富豪や実業家が次々に移住し、セレブが集まる国となった。世界的歌姫のマリア・カラスも一時期滞在していた。

誰もが羨むシンデレラのグレース・ケリー、実は大変な苦労の連続で、王室の生活にも馴染めないばかりか、社交の場でも浮いた存在となっていたグレース。
やや政略結婚的な匂いを漂わせているが、実際にはレーニエ大公がグレースを気に入り、グレースもレーニエに夢中になったという方が真実に近い。55年のクリスマスにレーニエ大公がプロポーズ。56年1月に二人は婚約を発表し、グレースは「白鳥」に続く最後の出演作となった「上流社会」の撮影に、レーニエ大公から贈られた婚約指輪をはめて出演したそうです。同年の4月18日、モナコ大公宮殿で盛大なウェディングが行われ、グレースはハリウッドを去り、公妃として残りの人生をモナコに捧げたのです。

グレース・ケリーの映画では「裏窓」(1955)、「泥棒成金」が好きですね。
多忙な夫ともすれ違い、離婚の二文字がちらつき始めたころ、モナコにおおいなる危機が降りかかる。夫のレーニエ公からは公式の場では美しいだけの人形でいることを望まれ叱責されるグレース。

そんな時に相談役であるタッカー神父のところへ行き、アドバイスを貰うのだが、それまで妻として、公妃としてのアイデンティティを喪失していたグレースに神父が言う言葉「人生最高の役を演じるために、モナコに来たはずだ」と、その言葉に後押しされて、公妃としての修業を外交儀礼専門の伯爵のもとで、公用語や作法を学びイチからやり直すことを決意する。

誰にも文句を言わせない完璧な公妃となり、愛する家族とモナコを守るために一世一代の大芝居に挑むグレース。そして、それは世界の要人を招いたチャリティー晩餐会を主催。その席で、国の命運を握る切り札として、彼女はド・ゴール大統領らを前にスピーチを披露して、ついに花開くのです。
モナコに直接的な圧力をかけるフランスのみならず、アメリカ、ヨーロッパ諸国を巻き込んだ政治の駆け引き。そういった外側からの脅威に加え、王室内にもスパイの影が、・・・。

第一側近のマッジ。女優あがりのグレースを公妃として認めておらず、彼女に対して冷たい態度を取るのだ。だが、そうではなかった。大公の姉が、モナコを統一したいと企んでいたのだ。これには大公も驚きを隠せなく、それでも追放ということになる。
それに、何処の国の王室でも確執というものがあるのだ。映画の中で彼女は脚本を手にもって一人でリハーサルをするシーンが出て来るのだが、まだハリウッドに未練があったのだろうか、彼女は内心大きな不安を抱えていたのですね。
グレース・ケリーを演じるニコール・キッドマンが、本当に綺麗なので観ていて安心しました。
2014年劇場鑑賞作品・・・321  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« まほろ駅前狂騒曲 ★★★★ | トップ | 泣く男 ★★★ »

か行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

『グレース・オブ・モナコ -公妃の切り札-』 2014年10月7日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『グレース・オブ・モナコ -公妃の切り札-』 を試写会で鑑賞しました。 今日のよみうりホールはほぼ満席でした。 映画は良かったのに、エンドロールで帰る人が多数いて残念だった。 どうして最後まで観ないんだろうか 【ストーリー】  女優を引退しモナコ大公レーニ...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札/構成的にはスポ根? (MOVIE BOYS)
オスカー女優だったグレース・ケーリーがモナコ大公レーニエ3世と結婚するという、表向きは華やかなシンデレラ・ストーリーの裏側を描いた伝記ドラマ。主演はこれまたオスカー女優のニコール・キッドマンだ。監督は『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』のオリヴィエ・ダア...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 / Grace of Monaco (勝手に映画評)
1982年に交通事故で世を去った、伝説の女優にしてモナコ公妃グレース・ケリー。その彼女が、1962年フランスとの課税問題に端を発する国家存亡の危機に見せた一世一代の大演技を描いた作品。 ニコール・キッドマンすげぇ。冷静に考えてみると、グレース・ケリーとニコール...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) こういう映画は、歴史を知るいい切っ掛けとなりますな~。
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (こねたみっくす)
モナコ公妃を演じ切れ! ハリウッドでのオスカー女優という地位よりもモナコ公国レーニエ3世との結婚を選んだグレース・ケリーの切り札。それこそ公妃であり、女優でもあるとい ...
映画:グレース・オブ・モナコ Grace of Monaco 大女優最後の大芝居はフィルムでなくリアルの場で。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
グレース・オブ・モナコ=グレース・ケリー ヒッチコックが愛してやまなかった、お気に入り女優グレース・ケリー。 「泥棒成金」「裏窓」「ダイヤルMを廻せ!」 などの名作、おおし! その彼女を射止めたのは、カンヌ国際映画祭で知り合ったという、モナコ大公レーニエ...
おとぎ話の裏側。『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (水曜日のシネマ日記)
ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの目線で描かれた当時のモナコの内情を描いた作品です。
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GRACE OF MONACO】 2014/10/18公開 フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア 103分監督:オリヴィエ・ダアン出演:ニコール・キッドマン、 ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバート...
劇場鑑賞「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 (日々“是”精進! ver.F)
演技で、立ち向かう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410220000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【KADOKAWA3倍】グレース・オブ・モナコ [ ジェフリー・...価格:950円(税込、送料込) グレース・オブ...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (風に吹かれて)
モナコ公妃のスピーチ 公式サイト http://grace-of-monaco.gaga.ne.jp 実話を基にしたフィクション 監督: オリヴィエ・ダアン  「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」 人気
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」☆美しさvsサスペンス (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
何しろ美しい。 絶世の美女グレースケリーを演じるとしたらこの人しかいないよね・・・・のニコール・キッドマンしかり。 青い海と島々が浮かぶ絶景もそうだし、 煌びやかな衣装に荘厳な宮殿・・・・何もかもうっとりするような美しさに囲まれた、まさに美を愛でる作品...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (そーれりぽーと)
47歳のニコール・キッドマンが33歳のグレース・ケリー妃を演じた『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』を観てきました。 ★★★★ 絢爛豪華な衣装とモナコでの暮らしっぷりを描く上で、そこに居るだけでハマるニコール・キッドマン。 海運王オナシスと、一番幸せだっ...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (心のままに映画の風景)
1956年、人気絶頂の中、突然ハリウッド女優を引退し、モナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚したグレース・ケリー(ニコール・キッドマン)。 6年後、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていたが、折しも、国家存亡の危機に直面、フラ...
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの華やかな シンデレラストーリーの裏に隠された激動の半生に迫る伝記ドラマと 書かれてありました。事故で亡くなったことしか知らなかったので、 激動の半生ってなんだろうと思っていました。 育ちのことでいろ....
映画 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     字幕版で見たせいなのか、古き良き洋画のような   印象を受けました。   グレイス・ケリーがモナコ公国の公妃であり   ハリウッド女優だったことは知って...
グレース・オブ・モナコ (映画的・絵画的・音楽的)
 『グレース・オブ・モナコ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ペーパーボーイ―真夏の引力』や『レイルウェイ 運命の旅路』で好演したニコール・キッドマンが出演するというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の最初の方では映画の撮影風景が映し出され...
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」□監督 オリビエ・ダアン□脚本 アラッシュ・アメル□キャスト ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ■鑑賞日 10月25日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cya...
映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 (FREE TIME)
11月1日のファーストデーに映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」を鑑賞しました。
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (beatitude)
1956年、オスカー女優のグレース・ケリー(ニコール・キッドマン)は、モナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚。1961年12月、二人の子供に恵まれるも王室の中で孤立していたグレースの前に、脚本を手にしたヒッチコック(ロジャー・アシュトン=グリフィス)が現れる。「....
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 彼女の国の守り方 (はらやんの映画徒然草)
ハリウッドで人気絶頂であった女優グレース・ケリーが、モナコ公妃になると発表された
『 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 』おとぎ話では済まない人生 (映画@見取り八段)
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札~ GRACE OF MONACO ~     監督: オリヴィエ・ダアン    キャスト: ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ヴェガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバー...
『 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 』おとぎ話では済まない人生 (映画@見取り八段)
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札~ GRACE OF MONACO ~     監督: オリヴィエ・ダアン    キャスト: ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ヴェガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバー...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  監督/オリヴィエ・ダアン (西京極 紫の館)
【出演】  ニコール・キッドマン  ティム・ロス  フランク・ランジェラ 【ストーリー】 女優を引退し、モナコ大公レーニエ3世と結婚した公妃グレースは、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 '13:フランス ◆原題:GRACE OF MONACO ◆監督:オリヴィエ・ダアン「エディット・ピアフ 愛の讃歌」「いつか、きっと」 ◆出演:ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ヴェガ、パーカー・ポージ...
映画・グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (読書と映画とガーデニング)
原題 Grace of Monaco2013年 フランス モナコ公国存亡の危機を救うため生涯一の難役に挑んだプリンセスの知られざる感動の物語 1956年、オスカー女優のキャリアを捨て、“世紀のロマンス”を経てアメリカからモナコ大公レーニエ3世(ティ...
映画『グレース・オブ・モナコ公妃の切り札』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-85.グレース・オブ・モナコ■原題:Grace Of Monaco■製作年、国:2014年、フランス・アメリカ・ベルギー・イタリア■上映時間:103分■料金:0円(ポイント使用)■鑑賞日:10月25日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:オリヴィエ・ダアン◆ニコール・キッド...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (いやいやえん)
【概略】 “世紀の結婚"から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。そんなある日グレースがヒッチ...
映画評「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年フランス=アメリカ=ベルギー=ドイツ=スイス合作映画 監督オリヴィエ・ダアン ネタバレあり