パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

宇宙兄弟   ★★★★

2012年05月09日 | アクション映画ーア行
2011年の講談社マンガ賞と小学館漫画賞を同年にW受賞した小山宙哉のベストセラー・コミックを実写映画化。小山宙哉による同名コミックを「ひゃくはち」の森義隆監督が映画化。幼い頃に宇宙飛行士になる約束を交わした兄弟が、異なった人生を歩みながらも互いに宇宙を目指す姿を描く。出演は「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の小栗旬、「アントキノイノチ」の岡田将生、「幸運の壺 Good Fortune」の麻生久美子、「ロボジー」の濱田岳、「ライアーゲーム 再生」の新井浩文。主題歌はイギリスのロックバンド、コールドプレイが担当。

あらすじ:西暦2025年。幼い頃に兄弟で交わした「二人で宇宙飛行士になる」という約束通り、弟・ヒビト(岡田将生)は宇宙飛行士となったが、兄・ムッタ(小栗旬)は、会社をクビになり無職となってしまう。大きく異なった運命を歩んでいた二人の兄弟。
そんなある日、ヒビトからの1本の電話をきっかけに、ムッタは再び宇宙を目指し始める。一念発起をして宇宙飛行士選抜試験を受けるムッタだが、予想以上の難問題が待ち構える。夢を追い続けたヒビトと、夢を思い出したムッタ。いま、二人の壮大な夢が動き出した……。(作品資料より)

<感想>原作マンガも見たし、日テレのアニメも毎週日曜日見ています。でもまだ原作もテレビも終わってません。ですが、前から見たいと思っていたので感慨もひとしお。兄貴の六太にチリパーマの小栗旬、弟の日々人には岡田将生と、配役については文句のつけようがありませんです。ワンコのアポロも子供役の男の子も中々良かったですよ。
今どき、月まで行く人たちの物語なんて、夢があるなぁと思い、男兄弟でこんなに仲良く自分たちの将来の夢を実現する物語に感動します。宇宙飛行士になるってことは、そう簡単には出来ないことで努力と忍耐力、それに行動力。試験を受ける前に、まず幾つかの資格が必要で、それに加えてスポーツ選手と同じくらいのトレーニングを積んで体を鍛えなくてはならない。宇宙飛行士になるためには、全てを持っていなくちゃいけないということ。これは凄いですよね。最初の宇宙飛行士は、戦闘機のパイロットから選ばれたわけで、あらゆることに耐えうる肉体を持っていなければならない。

リアルすぎる月面シーン、東宝スタジオに御殿場などから運んできた何百トンもの砂を敷き詰めて、月面を再現。そのリアルさはJAXAの研究者のお墨付きだというから、日々人が重い宇宙服を着て、軽やかにワイヤーアクションを演じているところは初挑戦ながら良かったですね。月面シーンを演じながら感じたことは、たった一つのミスが命取りに繋がってしまう。常に死を意識しながら作業するという、宇宙飛行士の精神力の強さです。
本当だったら、日々人が日本人初の月面歩行者になったのに、それが探査機で月面を移動中に同乗者が運転を誤り、クレーターに落下し地球との通信が途絶えてしまう。
宇宙服も破れ-60度の月面で、もう絶望かと思う場面で、足に怪我をしているにもかかわらず、仲間を背負い歩くシーンにもうダメかと思った。マンガですから奇跡って起きるんですね。

それに原作でもハラハラさせられた、兄のムッタがライバルと過ごす閉鎖環境ボックスシーンは、一見の価値がありますよ。クランクイン直後にこの撮影が行われたという小栗さん、アドリブと長回しが多用されているシーンで、共演者たちと関係性が作れないまま緊張して挑んだそうです。
NASAケネディ宇宙センターでのロケも実現して、人類の宇宙ロケットに対する熱い想いが込められた、オープニングタイトルがカッコいいですね。ラストも兄弟で月面に着陸して、歩いて日の丸を立てるシーンには胸が熱くなりましたね。
小栗旬&岡田将生の若手コンビでの実写化。宇宙飛行士に選ばれるまでの、肉体的、精神的に過酷な試練を描きながらも、離れて暮らしていても心の底で繋がっている兄弟の絆、子供のころの夢の大切さをドド~ンと描いています。
2012年劇場鑑賞作品・・・39 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生はビギナーズ    ★★★ | トップ | 善き人    ★★★ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宇宙兄弟 (健太郎)
2012-08-10 18:22:11
宇宙ものにハズレは滅多に無いのですが、『宇宙兄弟』はその中でもアタリでしたね。

宇宙飛行士の訓練シーンではお約束の「宇宙飛行士には協調性が求められるのに、協調性の欠片もない我欲の塊」が居たのは疑問ですが、他は良かったです。

中でも、カメオ出演であんなビッグネームが出るなんて思いもしませんでした。
邦画でもやれば出来るんですね。
健太郎さんへ (パピのママ)
2012-08-20 14:26:44
兄弟で宇宙飛行士になるなんて、夢物語ですよね。
マンガだからね、小栗旬と岡田将生がムッタとヒビト兄弟にそっくりなのには驚きです。
有り得ないけど、それでも見ていて応援してしまいました。
カメオ出演の「アメリカの宇宙飛行士」カメオでも凄いですよ。別撮りですかね。

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

宇宙兄弟 (LOVE Cinemas 調布)
週刊モーニングに連載中の小山宙哉のベストセラーコミックを実写映画化。幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟、弟は夢を叶えたが兄は諸事情で挫折していた。しかし弟が月に行くことになったのをキッカケに兄は再び宇宙飛行士への道を目指し始める…。出演は『...
宇宙兄弟 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/05/05公開 日本 129分監督:森義隆出演:小栗旬、岡田将生、麻生久美子、濱田岳、新井浩文、井上芳雄、塩見三省、益岡徹、森下愛子、吹越満、堤真一 夢の続きを、始めよう。 子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025....
「宇宙兄弟」行けえええぇぇぇぇぇ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[宇宙兄弟] ブログ村キーワード  昨今大流行りの人気原作コミック、またまた実写映画化。「宇宙兄弟」(東宝)。宇宙という壮大なスケールのお話を、なかなかガンバって映像化していますよ。  2006年7月9日、南波六太(ムッタ)と日々人(ヒビト)の兄弟は、偶然月に向...
宇宙兄弟 (だらだら無気力ブログ!)
夢に向かって頑張る姿は見ていて何かイイな。
映画 宇宙兄弟 (充実した毎日を送るための独り言)
・映画 宇宙兄弟(5月5日より上映 小栗旬 岡田将生 出演)日本人初の宇宙飛行士という夢を追いかける兄弟の姿を描いた小山宙哉の人気コミックを、小栗旬&岡田将生の主演で実写映画化。幼い頃から2人で一緒に宇宙飛行士になることを夢見てきた兄ムッタと弟ヒビト。202...
宇宙兄弟 (そーれりぽーと)
原作をチェックして超期待していた『宇宙兄弟』を初日に観てきました。 ★★★★★ 原作は最高! 映画版は…上手い! 原作の世界観をそのままに、JAXAでの六太の試験の様子と、日々人の月でのミッションまでをギュッと圧縮して描いています。 何が上手いってその圧縮の...
宇宙兄弟 (風に吹かれて)
宇宙に行くぞ!公式サイト http://www.spacebrothers-movie.com小山宙哉の同名コミックを映画化主題歌: ウォーターフォー~一粒の涙は滝のごとく (コールドプレイ)幼い頃に
映画「宇宙兄弟」@東商ホール (新・辛口映画館)
 日曜日の試写会という事で、小学生位のお子さんから大人まで幅広い客層だ、客入りは8割くらい。
宇宙兄弟 (Akira's VOICE)
出来すぎな理想像だが良い!!  
宇宙兄弟・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
宇宙(そら)を向いて歩こう。 エリート宇宙飛行士の弟と、人生の再出発から宇宙を目指す兄の絆を描く、小山宙哉原作のベストセラー漫画の映画化である。 主人公のモジャモジャ頭の六太を小栗旬、生き方もル...
ふたりで行こう~『宇宙兄弟』 (真紅のthinkingdays)
 幼い頃から宇宙に憧れ、いつか一緒に宇宙に行こうと約束を交わした南波六太 (小栗旬)・日々人(岡田将生)兄弟。夢に向かって一直線に進んだ日々人は、日 本人初のムーンウォーカーとして月に向かうが...
宇宙兄弟 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) とあるシーンで劇場全体が鼻をすする
『宇宙兄弟』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「宇宙兄弟」□監督 森 義隆 □脚本 大森美香□原作 小山宙哉 □キャスト 小栗 旬、岡田将生、麻生久美子、濱田 岳、新井浩文、井上芳雄、       塩見三省、堤 真一、野口総一、バズ・オルドリン■鑑賞日 5月5日(土)■劇場...
宇宙兄弟 (にきログ)
さて、ということで実写映画版宇宙兄弟を見てきました! ちなみに私は原作は未読 アニメを映画を見る前までの分を見ていただけです (ムッタがアメリカにわたって消火器男の事件に巻き込まれるまでかな?)...
宇宙兄弟(2012-070) (単館系)
宇宙兄弟 ユナイテッド・シネマ浦和 週刊モーニングに連載中の小山宙哉のベストセラーコミックを実写映画化。 幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟、弟は夢を叶えたが兄は諸事情で挫折していた...
映画「宇宙兄弟」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「宇宙兄弟」観に行ってきました。小山宙哉による週刊漫画雑誌「モーニング」で連載中の同名マンガを実写映画化した作品。全ての発端となるのは2006年7月9日。この日の夜...
宇宙兄弟 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月2日(土) 15:40~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) 『宇宙兄弟』公式サイト 「宇宙鉄人キョーダイン」みたいなタイトルだが、ロボットではなく、生身の人間だ。 賢弟愚兄な話だが、愚兄が努力し、兄弟で宇宙へ飛び立つと...
『宇宙兄弟』 2012年40本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『宇宙兄弟』 先日、漫画が原作の映画を観て「日本の漫画って凄いな」と感心してしまいましたが、こちらも漫画が原作の映画です。 子供の頃にUFOを見た兄弟が宇宙飛行士になって ...
「宇宙兄弟」 原作ファン的には×! (はらやんの映画徒然草)
原作のマンガは今年になってから読み始め、たちまち夢中になりました。 映画化される