映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

TAP THE LAST SHOW

2017年06月27日 | 映画(た行)
圧倒されるダンスシーン



* * * * * * * * * *

水谷豊さんが20代のときにブロードウェイのショウを見て着想、
そしてその後40年。
自ら監督そして主演ということで実現したという作品です。
見る前から少し襟を正したくなりますね。



過去に事故で大きな怪我を負い、
一線を退いたタップダンサーの渡(水谷豊)。
かつては天才の名を欲しいままにしていましたが、
今では足を引きずり、酒浸りの毎日。
そんな彼の元へ、旧知の劇場支配人・毛利(岸部一徳)が訪れ、
最後のショーを演出してほしいと頼みます。

毛利は最高の舞台で最後を飾り、劇場を閉めようと考えたのです。
その熱意に引きずられ、渋々承諾をする渡。
そんな彼の元へ、様々な事情を抱えながら踊ることに自分をかけようとする
若きタップダンサーたちが集まってきます。
そんな彼らと向き合ううちに、次第に渡のダンスへの情熱が蘇りますが・・・。



ストーリーとしてはオーソドックスだと思います。
けれど、水谷豊さん、岸部一徳さんの熱演と、
そして何より、素晴らしい数々のタップダンズシーン、
特にラスト24分の圧巻のショウに、ギュッと心をつかまれてしまいました。
一体どうやればあんな細かなリズムを刻むことができるのだろう・・・、
実際に目の前で見てみたいと思いました。
ソロもいいのですが、群舞もまた迫力があって素晴らしい!!



水谷豊さん演じる渡のキャラがまたスゴイですよね―。
まさしく鬼コーチ。
彼がスタジオに入るとそれまでダラダラしていた皆の気持ちがビシっと引き締まる。
怖い怖い・・・。
しかし始めは番号で呼ばれていたダンサーたちが、
いつしか名前で呼ばれ始めるというあたりがなかなかいいじゃありませんか。



この孤独で頑固なオッサンというのは、
これまでの水谷豊さんのイメージと少し違うのですが、
いやいや、本作を見るとこれこそが本領という感じがします。
素晴らしいショウを堪能しました。



「TAP THE LAST SHOW」
2017年/日本/133分
監督:水谷豊
出演:水谷豊、岸部一徳、北乃きい、清水夏生、西川大貴、HAMACHI

ダンスの迫力度★★★★★
満足度★★★★☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レジェンド 狂気の美学

2017年06月25日 | 映画(ら行)
切れやすく残忍な心が、自らを滅ぼす



* * * * * * * * * *

実在の双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描きます。
しかし何と言っても本作の眼目は、
この双子の兄弟をトム・ハーディが一人で演じていること。
双子でもこの二人はかなり違う。
本当に別人が演じているかのようでした。



1960年代初頭ロンドン。
レジーとロニーのクレイ兄弟は、手段を選ばないやり方で裏社会をのし上がります。
有力者と交流を深め、アメリカのマフィアと結託し・・・
イギリス社会に絶大な影響力を及ぼすようになります。
部下の妹・フランシスと結婚したレジーは、
彼女のために足を洗い、ナイトクラブの経営のみに力を注ごうとしますが・・・



堅気の娘、フランシスを語り手としたことで、
ただのギャング物語ではない、心の揺れを表現した作品になっていると思いました。
家族とか結婚の絆が生きる指針となる当時の雰囲気がよく出ています。
最近の作品なのに、映画自体が一時代前のものであるかのような。



ロニーは情緒不安定・凶暴。
ゲイで、いつも恋人を側に侍らせています。
そんな彼の機嫌を損ねたら、何をされるかわからないという怖さがあります。

一方レジーはもっとスマートで如才なく、経営の才能もある。
・・・が、しかし実は根本のところは同じようだと、次第に見えてきますね。
彼らの切れやすく残虐な心が、結局は自分たちの身を滅ぼした
ということなのかもしれません。
なかなか興味深い作品でした。

レジェンド 狂気の美学 コレクターズ・エディション [DVD]
トム・ハーディ,エミリー・ブラウニング,デヴィッド・シューリス,クリストファー・エクルストン,タロン・エガートン
Happinet



「レジェンド 狂気の美学」
2015年/イギリス・フランス/131分
監督:ブライアン・ヘルゲランド
出演:トム・ハーディ、エミリー・ブラウニング、デビッド・シューリマ、クリストファー・エクルストン、タロン・エガートン、ポール・ベタニー

演技度★★★★★
満足度★★★.5
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「旅する平和学」前田朗

2017年06月24日 | 本(解説)
テレビでは報道されない世界のこと

旅する平和学: 世界の戦地を歩き 傷跡から考える
前田 朗
彩流社


* * * * * * * * * *

アフガニスタン、朝鮮半島、中米カリブ海、アフリカ、
ヨーロッパ、米国、アイヌ、沖縄――

世界の紛争地や戦争の傷跡が残る地を旅し、
人々との出会いから戦争と平和のリアリズムを見直す。

普通のガイドブックにはない国や地域を
歩いてガイドします!

メディアを通じて、常に世界中の絶え間ない戦争が
伝わってくるが、実は戦争など経験したことのない
人びとはたくさんいて、ただちに平和を求める
人々の闘いが世界各地で立ちあがるのも事実だ。

平和を希求する営みは国境を越え、
思想信条を超えてつながっていける。

人権擁護の闘いは民族を超え、
性別を超えて支え合っていける―。

* * * * * * * * * *

著者、前田朗氏は札幌出身で、実は私の中学時代の同級生です。
現在東京造形大学教授。
刑事人権論、戦争犯罪論を専攻し、多くの著作があるのは存じていますが、
恥ずかしながら、私は論説文が苦手なので
ほとんど読んだことはありませんでした。
ただこの本のことは、地元の新聞で紹介されていて、
また、「旅」ということでとっつきやすそうだったので、拝読。


いやはや、それにしても自分の不勉強を恥じますね。
知らないことが多くありました。
最近自分でも感じていたことですが、
歳を取ってなんだか保守的になってしまっている。
特に東アジアと日本との関係についてですが、
私はどうも日本政府の言い分に近寄ってきていた。
本作で少なからずガツーンと来ました。


著者の主張は、突き詰めれば「基本的人権」のことなのだろうと思います。
誰もがその言葉をわかっている気でいるけれども・・・、
老若男女はもちろん、人種、民族、宗教、思想信条、社会的地位、
あらゆる差異にかかわらず人は尊重されるべきである。
けれども「人権」という言葉だけでは全然足りていないので、
それぞれに応じた会議・宣言や条約を国際の舞台で確認し合う作業が必要だということなのでしょう。
「反人種差別会議(ダーバン会議)」、「先住民族権利宣言」など・・・。
言われてみれば当たり前のことなのに、
全然当たり前ではなかった数々の悲惨な歴史の事実を、
私たちは少なくとも知っておくべきでしょう。


巻末の方では、日本と同じく(?)非武装の国を紹介しています。
ドミニカ、マーシャル、パナマ、コスタリカ、アイスランドなど
軍隊を持たない国は27カ国。
著者は我が国の憲法第9条が、世界を変える一助となればいいと言っています。
そしてまた日本国憲法前文
「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」
も重要としています。
本当に。
肝に銘じたいですね。


久しく目をそらしていたことに向き合わせてもらったような気がします。

「旅する平和学 世界の戦地を歩き傷跡から考える」
満足度★★★★☆
図書館蔵書にて。
前田くん、買わないで読んでごめんなさい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キング・アーサー

2017年06月23日 | 映画(か行)
スタイリッシュ! エネルギッシュ! スピーディー!



* * * * * * * * * *

英国のアーサー王伝説をモチーフとしたストーリー。
と言っても私は、あの岩に突き刺さった剣を引き抜くところしか知らないのですが・・・、
まあ、予備知識はそれで十分かな?



父王と母を殺されるところを目の前で見てしまった少年アーサー。
父の弟、ヴォーデガン(ジュード・ロウ)が魔物と手を結び、
兄を裏切って王位を手に入れたのです。
アーサーはただ一人、城の水路から流れ出てスラム街にたどり着きます。
娼館に拾われ、育てられますが、
荒くれ者の中で揉まれるうちに次第に力をつけ、成長していきます。
アーサーが青年となり、スラムを取りまとめる様になった頃、
ヴォーデガン王は暴君として圧政を繰り広げていましたが、
昔、逃げ出したアーサーの行方が気になってなりません。
彼が自分の地位を脅かすという予感に怯えます。
そこで、王位を次ぐものだけが抜くことができるという、
岩に突き刺さった剣を使ってアーサーを探し出すことにしますが・・・。



重厚な伝記ストーリーを想像していたのですが、
まずは冒頭シーンに度肝を抜かれます。
巨大な象が、城を壊しつつ攻め込んできます。
果敢にも立ち向かおうとする王(アーサーの父)。
いやあ~、すごい迫力でした。


アーサーが城から逃れ出て、スラムで散々な暴力を受けながら成長していくシーンは、
リズミカルでスピーディーな場面転換で語られます。
ぼーっとしていたら、何がなんだかわからなくなってしまいそうだと、
若干緊張してしまいましたが。



アーサーは期待の通り、エクスカリバーの剣をするりと抜き取ってしまうのですが、
しかし、彼が剣を握ると、
あの幼いころに見た父母の死のシーンを見てしまうのです。
あの忌まわしい記憶のパワーは彼を失神させてしまうほど。
アーサーに味方し、ヴォーデガンを倒そうとする魔術師メイジは言います。

「この剣を使いこなすには、過去の記憶をすべて取り戻し、自らに打ち勝つしかない。」

こういう設定がなかなかステキだと思いました。
結局は己との戦いであるということ。
そして、「敵を作るより仲間を作れ」というスローガンもいいですね。



これまでの歴史物のように身分の上下なんか殆ど無い。
何しろ、アーサーはスラムで己の力と才覚でここまでのし上がってきた。
だからこその「円卓の騎士」の誕生なんですね。
衣装などの時代考証もいい加減そうだけれども気にならない。
スタイリッシュ!
エネルギッシュ!
スピーディー!



魔に魅入られたジュード・ロウもよかったな~。
悪役ですが、さすがの貫禄。
そして何より、音楽がまたすごい!! 
何でしょう、そう、粗野でこれまたエネルギッシュ。
もうあと少しで「不快」の域に踏み込む寸前の感じ。
とにかく圧倒されっぱなしでした。
私、この歳で本作はやや選択を間違えたような気がしないでもなかったのですが、
この圧倒的パワーを拒絶しないだけの感性がまだ残っていたことに若干ホッとしました。
変な感想(^_^;)・・・

「キング・アーサー」
2017年/アメリカ/126分
監督:ガイ・リッチー
出演:チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジェ=フリスベ、シャイモン・フンスー、エイダン・ギレン

圧倒的パワー★★★★★
満足度★★★★☆
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

旅立ちの時

2017年06月22日 | 映画(た行)
一時代前のティーンエイジャーは、反抗心がありながらも素直



* * * * * * * * * *

17歳ダニー(リバー・フェニックス)は、
両親とともに逃亡生活をしていました。
というのも、両親は以前反戦活動で事件を起こし、指名手配されていたのです。
そこで、行く先々で名前を変えて、
危なくなるとまた生活の場を移すという生活をずっと続けていたのです。
ダニーは両親のことは理解しており、
弟も含めて一家四人、引っ越しばかりで落ち着かないながらも
チームワークの良い家族でした。
そして、ニュージャージーの小さな町に流れ着いたある時・・・。
ダニーは音楽教師にピアノの才能を認められ、
ジュリアード音楽院への進学を勧められます。
しかし、彼には以前の成績証明を得ることができません。
仮に彼の身の上を明らかにするとすれば、
もう両親とともに過ごすことはできないでしょう。
また、その音楽教師の娘・ローナに心惹かれるようになり、
ダニーはこれまでと同じ逃亡家族としての生活から逃れたい思いに駆られるのですが・・・


やっぱりリバー・フェニックスはいいなあ・・・と、
惚れ惚れしながら見ました。
1988年作品。
約30年前?!
なるほど、時代を感じる部分は確かにありました。
ダニーは素直ですごくいい子なんですよ・・・。
こんな両親のもとでも、ひねくれずに親を敬愛し、信頼している。
ローナに対しても、ストイック(あ、でも無事行くべきところまでは行きました)。
これが現在の作品なら、とっくにダニーは家出しているでしょうし、
ローナに出会ってすぐにベッドインしてしまいそう・・・。
ということで、高校生としてはいい子すぎるくらいではありますが、
でもだからこそ、ラストには感動してしまうのです。
自分のことは諦めて、家族とともにあろうと決心するダニーに対する父親の決断。
ここが、勝手にダニーが家出するのなら、どうにも締まりませんものねえ・・・。
まだ家族の絆が保たれていた頃のステキなストーリーでした。


リバー・フェニックスが存命ならば、今頃はどんな感じになっていたでしょう。
見たかったですねえ・・・

「旅立ちの時」
1988年 /アメリカ/115分
監督:シドニー・ルメット
出演:リバー・フェニックス、クリスティーン・ラーチ、ジャド・ハーシュ、マーサ・プリンプトン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加