映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ターシャ・テューダー 静かな水の物語

2017年04月28日 | 映画(た行)
静かな水のように穏やかでありたい



* * * * * * * * * *

自然なに囲まれた場所でスローライフな生活スタイルを貫き、
2008年に92歳で他界したターシャ・テューダーのドキュメンタリー。
過去10年に渡り撮影されたライブラリー映像に
未公開の秘蔵映像や最新のテューダー家の様子も加えてまとめられています。



米バーモント州の田舎で、息子が建てたコテージにひとり暮らし。
絵本を書き、花を育て、コーギー犬と散歩。
私は以前から彼女のライフスタイルを敬愛し、写真集も何冊か持っています。
彼女の美しい庭に憧れる人も多くて、この日のミニシアター上映室はほぼ満員。
やはり、愛されていますねえ・・・。
四季の移り変わりとともに姿を変える庭の様子を堪能しました。
そして、彼女を孫息子とそのお嫁さんが手伝っているのにはホッとします。
さすがに90歳を超えると庭仕事も大変そうですし。
ところどころウサギや愛犬メギーのアニメーションが入っているのも可愛らしい!!


ターシャはメギーを「太り過ぎじゃないわよね・・・」というのですが、
いや、やっぱりちょっと太りすぎだと思う。
でも、だからこそこれがまた、かわいいんですよね~。
いつもターシャの行くところに必ずいる。
以前は同時に10匹くらいコーギーがいたことがあるということなのですが、
本作中では一匹だけでした。
我が家にも以前コーギーがいたので、あの仕草や表情が愛しくて仕方ありません。



静かな水のように穏やかであること。
周りに流されず、自分の速さで進むこと・・・



長く自分の生き方を貫いたターシャの言葉であるからこそ重みがあります。
私この日、2館回った映画館双方で、
ワガママで強引なおばちゃん二人組に遭遇してしまったのです。
それで少なからずムカついた気分になってしまったのですが、
ターシャの言葉で自省しました。
些細な事で心をかき乱すのはやめよう。
静かな水に浮かぶ睡蓮のように穏やかでいよう・・・と思った次第。
私も「だからおばちゃんはイヤだ」などと思われないように、気をつけなければ・・・。



「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」
2017年/日本/105分
監督:松谷光絵
出演:ターシャ・テューダー、セス・テューダー、ウィンズロー・テューダー、エイミー・テューダー
スローライフ度★★★★★
満足度★★★★☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スリング・ブレイド

2017年04月27日 | 映画(さ行)
罪とは・・、正義とは・・・



* * * * * * * * * *

この間から、アカデミー賞受賞関連作で未視聴のものを見始めたのです。
本作は1997年アカデミー脚色賞受賞作品。
さすがにこういうのは面白い。
脚本賞、脚色賞狙いで見ればいいのだと思って調べてみたら、
すでに見たものがほとんどでしたが・・・。


過去に殺人を犯したけれど、『責任能力がない』ということで罪にはならず、
二十数年を精神病院で過ごしたカールが、
収容期間が過ぎたということで、
有無を言わさず退院させられるところから、本作は始まります。


彼は過去に母親とその遊び相手の少年を殺してしまったのですが、
その時まだわずか12歳。
知的障害があり、ほとんど育児放棄されていた彼が行ったことは、
確かに心情的には納得できてしまう動機の行為だったのです。


行き場もない彼をいきなり放り出すのもどうかとは思ったのですが、
幸い、気にかけて世話をしてくれる人がいました。
そして、カールは少年・フランクと知り合い、
その母親の了解を得て、フランクの家のガレージに寝泊まりすることになります。
また草刈り機などのエンジン修理の仕事につくこともできました。
彼の過去を知る人も知らない人も、
物静かで、慎ましく、真面目な彼に信頼を寄せていきます。
成り行きにどうも嫌な予感を感じていた私も、ひととき安堵。
意外なほどに、いい感じに物事が進み始めるのですが、問題が一つ。
フランクと母の家に、我が物顔で出入りする男がいるのです。
(フランクの父は亡くなっています。)
この男は、些細な事で切れやすく、すぐに乱暴を働きます。
そして、フランクには非常に威圧的。
カールがこの家にいることも実は気に入らず、常にカールを見下しているのです。
全く嫌な奴!!
となると、少しづつ展開が読めてきますが・・・。


罪とは、正義とは・・・。
考えてしまいますねえ・・・。
カールは子どものように純真なので、
間違ったことは、あくまでも間違っていて、法律がどうとかは考えない。
実際、ストーリーを見ながらつい
「あんなヤツ、死んじゃえばいいのに」
と、私も思っていましたから・・・。
実は彼の知的障害というのは見せかけだけなのでは(?)
などと勘ぐってしまいたくなるくらいに、彼は普通より頭が良いようにも思えます。
だって、彼の最後の行動前にしたことがあまりにも立派なので・・・。


すごく引きこまれてしまう作品なのでした。
本作はビリー・ボブ・ソーントンが監督・脚本・主演を務めていて、
アカデミー主演男優賞のノミネートも受けているのです。
す、すごい・・・。
スリング・ブレイドというのはつまり、草刈り鎌のこと。
以前カールが使用した凶器です・・・。

スリング・ブレイド [DVD]
ビリー・ボブ・ソーントン,ルーカス・ブラック,ドワイト・ヨーカム
角川エンタテインメント


「スリング・ブレイド」
1996年/アメリカ/134分
監督:ビリー・ボブ・ソーントン
脚本:ビリー・ボブ・ソーントン
出演:ビリー・ボブ・ソーントン、ドワイト・ヨーカム、J.T.ウォルシュ、ジョン・リッター、ルーカス・ブラック
スリリング度★★★★☆
満足度★★★★☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲド戦記 Ⅳ 帰還

2017年04月26日 | 本(SF・ファンタジー)
男と女の性と生

ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)
清水 真砂子
岩波書店


* * * * * * * * * *

魔法の力を使い果たしたゲドは故郷ゴント島に戻り、テナーと再会する。
大火傷を負った少女も加えての共同生活が軌道にのりだした頃、
三人は領主の館をめぐる陰謀に巻き込まれてゆく。
太古の魔法を受け継ぐのは誰か。


* * * * * * * * * *

ゲド戦記の4巻目です。
前作で、魔法の力を使い果たしたゲドは、故郷ゴント島に帰ってきます。
そこでテナーと再会。
テナーはなんと、島の男と結婚し二人の子どもを作っていました。
今はすでに夫は亡くなり、二人の子どもも家を出て、ひとり暮らし。
というかすっかり貫禄も出た「おかみさん」になっています。
あのテナーがごく普通の男と結婚してごく普通の生活をしている
というのがまずは意外。
しかしテナーは、ごく普通の女の生を生きてみたかったと言っています。
確かに、それもわかる気がします。
そしてストーリーはその後からはじまるのです。
妻であり母であるという役割を終えて、
一人の「女」となったテナーが次にどう生きようとするのか。
そこにゲドが深く関わってくるわけですね。
本巻は、こんなふうな「男と女の性と生」ズバリ、これがテーマです。
ファンタジーといえば魔法で悪を倒す、
そんなストーリーを期待している方には実に肩透かしなストーリーかもしれません。
しかし私にはこれがものすごく面白かった!!


魔法をなくした魔法使い・・・。
作中でまじない師のコケばばは言います。

『男は硬い殻をかぶったクルミみたいな皮をかぶっている。
その中身は「男」。
そしてそれが魔法使いなら、その中身は「力」。
もし、その力が失われたのなら、「男」もなくて中身はからっぽ。』

つまり、魔法使いというのは、
通常「男の本能」を押し殺し、包み隠しているもののようです。
ないものとして、無視している。
ところがゲドはこの度魔法の力をすっかりなくして、
もはや魔法使いではありません。
だから本当に空っぽになってしまった。
男ですらなくなってしまった・・・。
だから本作に出てくるゲドはしばらくのあいだ腑抜けのようにぼーっとしているだけなんです。
また、コケばばは言う

「老いていても15の少年のようだ・・・」


一方テナーは、はぐれものの暴力を受けて焼き殺されかけた少女テルーを救い、養女にします。
この子を守り育てくことがまた新たなテナーの生きがいになっていくのですね。
そしてテルーは、ただの子どもではなかった・・・。


さて、腑抜けていたゲドは、ある時テナーとテルーに降りかかった危機を救います。
魔法をなくし、体も衰えてきていたゲドにはなかなか大変なことではありましたが・・・。
が、それをやり遂げたゲドが、「男」になるのです。
・・・その夜のこと。

「二人はその晩、暖炉の炉石の上で寝、
そこでテナーは最も知恵ある男でさえゲドに教えられなかった神秘をゲドに教えた。」


ヒュ~、ヒュ~!!
まさかこんなシーンにお目にかかろうとは・・・!


また、二人は男と女のことについて語り合ったりもします。

「女の力ってなんだろう? 
女はどんなときに女であるがゆえの力というのを持つんだろう?―――」
「真の力、真の自由と呼べるものは、物理的な力なんかじゃなくて、
信頼の中にこそ見出されるものかもしれない。」


このように考えるテナーこそが、
テルーとゲドとの第二の人生を「女の力」を持って歩き始めたように思えるのです。
まことに味わい深い一冊でした!

「ゲド戦記 Ⅳ 帰還」ル=グウィン 岩波書店
満足度★★★★★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バーニング・オーシャン

2017年04月25日 | 映画(は行)
利益優先、安全性を後回しにした結果



* * * * * * * * * *

2010年メキシコ湾沖で発生した実際の事故を描いています。



海上に浮かぶ石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」。
海底から逆流した天然ガスへの引火で大爆発が起こります。
電気技師マイク(マーク・ウォールバーグ)やその他の作業員たちが、
被害の拡大を食い止めるべく奔走、
しかし為すすべなく、決死の脱出を試みます。


とにかく緊張感が半端なく続きます。
そして爆発のシーンは爆風で人も吹き飛ぶ凄まじさ。
結局は11人が亡くなったというのも無理のないことかと思いました。



さて、このような火災と爆発のシーンもすごいのですが、
この事故の原因のところがまた、いや~な感じですごいのです。
この施設の計器類は、その時、明らかに異常を示していました。
でもこの施設の親会社職員は、工期の遅れを気にするばかりで、
まともに取り合おうとしません。
「真実を知るのが怖いから、確かめようとしないのだろう」
マイクはそんな風に言いますね。
確かに、そういう心理はあるなあ・・・。
体重計に乗るのがイヤだとか・・・。
でもこれは体重計の話ではありません。
120人もの作業員の命がかかっている安全性の問題だ。
それなのに、機械の異常だとか、わけの分からない理論を持ち出して
強引に「大丈夫」だということにしてしまう。
下請けの職員たちは強く出ることができません。
安全よりも利益を優先することの恐ろしさ・・・。
私には海上で燃え上がるディープウォーターが、
人の欲望の結果であるとしか思えませんでした。



そしてまた、このこととつい引き比べて考えてしまいますね、私たち日本人は。
地震大国の日本なら、もっと最悪の事態を想定しておくべきだった、原発の事故。
利益優先で、安全対策を後回しにした結果でした・・・。



事実を元にしたからこそ、ここには特別なドラマ性はありません。
でもこれで十分と私は思います。



エンドロールにはこの事故で亡くなった11人全員の名前と写真が映し出されました。
無名の誰かではなく、一人ひとり生きて家族のあった11人。
そのことをきちんと言っているのがとてもいい。



「バーニング・オーシャン」
2016年/アメリカ/107分
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコビッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソン
爆発度★★★★★
満足度★★★★☆
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

2017年04月24日 | 映画(は行)
何を今更・・・と思いつつ、見ると面白い



* * * * * * * * * *

ブリジット・ジョーンズの日記、前作からは11年ぶりの第3弾です。
ブリジットは43歳。
なんで今さら・・・と思わなくはないのですが、
でも昨今、仕事に生きて結婚しない女性も増えているということを踏まえてみれば、
あれだけ「等身大」として女性に親しまれたブリジットのその後が、気になるのも当然か。



結局その後も独身のままのブリジット(レニー・ゼルウィガー)。
今はテレビの敏腕プロデューサーとして活躍しています。
元カレのマーク(コリン・ファース)は他の女性と結婚。
そしてもうひとりの元カレ・ダニエル(ヒュー・グラント)は飛行機事故で死去(?)
仕事は順調だけれどやはり寂しさを感じているブリジット。



その彼女が、新たにIT企業社長でイケメンのジャック(パトリック・デンプシー)と出会い、
ほんの出来心で関係を結んでしまいます。
そしてまたその数日後、マークと再会。
妻との離婚協議中だというマークともまた一夜を共に過ごしてしまい・・・。
そして、彼女は妊娠に気づくのです。
しかも、どちらが父親なのか分からない!!
真実を告げられた二人の男とブリジットは、
まずは無事な出産のために、奇妙な連携関係を結ぶのですが・・・。



ブリジットもマークも、重ねた年齢は隠しようもありませんが、
それでも見始めるとちょっとしたキュンキュン感が蘇ります。
人の心は10年の隙間なんかあっという間に飛び越えてしまうものなんですねえ。
それにしても今更、モテ期と言ったって、
都合よくモテすぎでしょうと思わなくもありませんが。
でも彼女の飾らないキュートな感じ、やっぱりいいなって思う。
40を超えてもやっぱりブリジットはブリジット。
ドジなところも変わらないけれど・・・。



今更・・・と思いつつ、面白く見てしまいました。

→ブリジット・ジョーンズの日記
→ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月


ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
レニー・ゼルウィガー,コリン・ファース,パトリック・デンプシー,ジム・ブロードベント,ジェマ・ジョーンズ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン


「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」
2016年/イギリス/123分
監督:シャロン・マグワイア
出演:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー、エマ・トンプソン

胸キュン度★★★★☆
満足度★★★★☆
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加