パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

ドクター・スリープ★★★★

2019年12月05日 | アクション映画ータ行

スタンリー・キューブリック監督がスティーブン・キングの小説を原作に描いた傑作ホラー「シャイニング」の40年後を描いた続編。雪山のホテルでの惨劇を生き残り大人へと成長したダニーを主人公に、新たな恐怖を描く。大人になったダニーを演じるのはユアン・マクレガー。監督・脚本は「オキュラス 怨霊鏡」「ソムニア 悪夢の少年」やキング原作のNetflix映画「ジェラルドのゲーム」といった作品を手がけてきたマイク・フラナガン。

あらすじ:40年前、狂った父親に殺されかけるという壮絶な体験を生き延びたダニーは、トラウマを抱え、大人になったいまも人を避けるように孤独に生きていた。そんな彼の周囲で児童ばかりを狙った不可解な連続殺人事件が発生し、あわせて不思議な力をもった謎の少女アブラが現れる。その力で事件を目撃してしまったというアブラとともに、ダニーは事件を追うが、その中で40年前の惨劇が起きたホテルへとたどり着く。

<感想>トラウマを抱えた男の40年越しの戦いの行方。数あるスティーブン・キング原作の映画の中でも最恐ホラーの呼び声が高い「シャイニング」伝説と化したこの傑作から39年を経て、キングによる続編小説「ドクター・スリープ」が映画化された。

雪に閉ざされたホテルで、臨時管理人となった作家の父親ジャックの狂気から逃げ延びた主人公のダニーは、空想の友達トニーと語り合う不思議な少年ダニーボーイの残像を心の片隅に残して、40歳の中年となった今でも当時のトラウマを引きずっていた。そんな彼が新たに遭遇する事件とは?・・・渋く枯れたユアン・マクレガー扮する、過去に囚われた主人公のキャラクター造形や、先の読めない展開など、スティーブン・キング作品のテイストがしっかりと脈づいているのだ。

ダニーを演じたマクレガーは、本作と「シャイニング」の関連性について「緊張感とサスペンス感が似ている」と類似点を指摘。続けて、「『ドクター・スリープ』の原作は『シャイニング』の原作を読んでいなくても楽しめる。同様にこの映画も単体で楽しめる」と、「シャイニング」を未見でも問題ないことをアピールしている。

心に傷を抱えたまま孤独な暮らしを続けていたのだが、理解ある友人の助けで酒の依存症を克服し、亡き父への想いを噛みしめるように話すダニー。そして、ターミナルケア施設で、ホスピスで働くようになった彼は、そこで死の間際の人々を、特別な力(シャイニング)で癒し、「ドクター・スリープ」と呼ばれるようになっていく。

児童ばかりを狙った不可解な失踪事件が起き、ダニーはアブラと共に事件の謎を追って40年前に惨劇が起きた“オーバールック・ホテル“へと行くことになる。

それに、新しく引っ越したダニーの部屋の壁に、“REDRUM”の謎のメッセージが描かれていた。それは、謎の少女アブラからのメッセージだった。彼女もまたシャイニングの持ち主で、事件現場を目撃したというのだった。児童ばかりを狙った不可解な失踪事件が起き、ダニーはアブラと共に事件の謎を追って、40年前に惨劇が起きた最も凶悪な“呪いのホテル/オーバールック・ホテル“へと導かれていく。

少女アブラには、カイリー・カランが扮しており、ダニーと同じシャイニングの持ち主であり、利発な女の子であり、どんなに恐ろしい出来事があっても、決して驚き泣き叫ぶなどはしない少女であります。

物語は、アブラはダニーと交信しながら、児童の連続失踪事件と、能力者の“命気”を食べることで生きながら得ている、「トゥルー・ノット」という謎の集団との対決を迎えることになる。純真な子供の魂を吸い取って生きながらえる妖魔、バケモノの集団が出現し、心に闇を抱えるがゆえに彼らの仲間となる娘が登場する。

その魔女ローズには、レベッカ・ファーガソンが扮しており、映画館でローズが出会う少女アンディには、エミリー・アリン・リンドが扮しており、あどけない小悪魔的な感じで、少女売春婦を演じている。少女アンディのシャイニングは、催眠能力を持っていて、「眠れ」という暗示の言葉を唱えると人間は眠ってしまうのだ。魔女ローズのシャイニングは、ダニーやアブラと同じ力であり、相手の頭の中に入って考えていることが解ってしまうのだ。それに、パワーもあり吹き飛ばす力もある。

前作の「シャイニング」で、非業の死を遂げた黒人コックのハロランが指導霊となって励ましていて、ラスト近くでの善と悪の魔女ローズとの決戦では、ダニーの頭脳プレーの勝利でもありました。

アブラの超能力で、誘拐される野球少年の背番号が「19」であったり、凶行の場所がレマーク工業だったりするのは、「ダーク・タワー」ネタも借りているような用語が登場するのだ。このシーンでは、本当に少年が妖魔、化け物集団に食べられていく、可哀そうな泣き叫ぶ声が耳から離れませんでしたね。

それに、随所に「シャイニング」を想起させるシーンが多かった。ラスト近くでは、「シャイニング」で有名なあのシーンが続々出てきて、あの双子の少女、まるで波しぶきのような怒涛の血の濁流、斧で壊した有名なドア、ダニーが三輪車で走る赤い絨毯、魔女ローズが外の植木の迷路でウロウロと、237号室の裸の婆さんがナント4回くらい出てきたなど。ファンには嬉しい悲鳴が、そして、エンドロールでも劇中の効果音の心臓の音が、シャイニングとリンクしてるのも良かったです。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・177  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

 トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30953530



決算!忠臣蔵★★★・5

2019年12月02日 | アクション映画ーカ行

「忠臣蔵」を題材に、限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディ。堤真一と岡村隆史がダブル主演し、監督・脚本を「殿、利息でござる!」の中村義洋が務めた。金欠に悩まされるリーダー・内蔵助を堤、ワーキングプアなそろばん侍・矢頭を岡村がそれぞれ関西弁で演じる。

あらすじ:元禄14年3月14日。清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭は、かねて賄賂まみれだった吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、即日切腹を言い渡される。突如として藩主を亡くした赤穂藩士たちは路頭に迷うこととなり、筆頭家老の大石内蔵助は勘定方の矢頭長助の力を借りて財源の確保などに努めるが、そうした努力や幕府への働きかけも虚しく、お家再興の夢は絶たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助だったが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。しかし討ち入りするにも予算が必要で、その上限の都合上、討ち入りのチャンスは1回きり。予算内で仇討を成功させるべく奮闘する浪士たちだったが……。

<感想>年末の風物詩とも言える「忠臣蔵」。日本で最も有名な仇討ちとして知られているけれど、何をするにもお金がかかるのは、今も昔も同じだった、という訳で、歴史に残る一大事件となったあの討ち入りを、予算の面から切り取ったのが、映画「決算!忠臣蔵」なのだ。

大石内蔵助が実際に書き残した決算書を基に、吉良家への討ち入りプロジェクトの内幕を、金銭的な側面から描いたユニークな時代劇に仕上がっていた。

戦担当の番方、事務の役方が経費を巡って攻防戦を繰り広げ、さまざまな思惑が入り乱れる。中でも大石内蔵助の堤真一を筆頭に,豪華キャストが集結した。事務の財政役方の岡村隆史の演技のハマリようときたら、まず上手いときてる。それに、西川きよしさんの大野九郎兵衛という役、桂文珍さんは、遠林寺の住職・祐海和尚(ゆうかいおしょう)を演じます、両師匠が新たな挑戦をして脇役を締めており、他の侍たちも有名な俳優さん達ばかりが揃っており、「忍びの国」の中村義洋監督が脚本も重ねて、放送禁止用語のピー音を使うなど、自由な演出が光っていました。

「忠臣蔵の決算書」が事実に基づく資料だったのが大きかった。誰がどこにいたかなど、手紙のやり取りなどが結構残っていたという。まずは、討ち入り予算は、浅野内匠頭の妻・瑤泉院から預かった上限予算9500万円(嫁入りの持参金)を、予算内で決算成立できるのか。石原さとみが瑤泉院を演じていました。

その内訳では、日々の生活費や江戸までの旅費、武具までにも、それに仇討ちに加勢しない者は、退職金を今までの働き年別に計算して支払うという、家老や勘定方の役人たち。セリフは全編関西弁での、ノリの良さで本当に仇討ちが出来るのかと、不安になってくる。

大石内蔵助が、敵の目をあざむくのに、女遊びに高じていたとあるが、本当は女好きで、妾を3人囲っており、奥方のそのことを承知で、妾のお金の心配もするのだ。最後に、大石内蔵助が妻と離縁をすることを決めたのは、自分が討ち入りをして、殿の仇討ちをすれば、家族も断罪に処することになり、「16歳未満は島送り」になるというのだ。だから、妻と子供のことを考えて、4人いた子供たちは親戚とかに預けるか、5人目の赤ん坊はお寺に預けるといったことになる。大石内蔵助の妻には竹内結子が扮して、5人目を孕んで大きなお腹をしての演技も良かった。夫が亡き殿の仇討ちをすることを知り、切腹することも知っての最後の別れに、涙がつい出るようなセリフも上手かったです。

それに、有名な四十七士の名前はあまり出てきません。その四十七士の侍の家族も同じように処罰されるということに。もちろん、大石内蔵助を筆頭に、四十七士の侍も一緒に、切腹するという最後でしたが、そのようなことには一切触れずに、淡々とお金の決算ばかり気になっているように見えました。

一番に気になったのが、経費をいちいち表示してくれるところ。例えば、堀部安兵衛が江戸から赤穂に帰って来ると「なぜ帰って来たのだ。往復の旅費がかかるのに」72両なりと、一人がそうですからね、荒川良々さんが堀部安兵衛を演じてました。

妻夫木聡さんが、仇討ちに参加する侍たちに、吉良邸の地図を見せて、計画通りにするようにと、一回で終わらせるためにと、策士のような3人組で必ず一人を斬るようにと命令する。

 

最後の討ち入りの日が、最初は3月14日の命日にするというのを、予算の関係上で、12月の14日に決まったことでは、片道の旅費だけだから安く済むなんて、大石内蔵助が言うそんな塩梅です。

エンドロールの字幕で、白黒で背景に討ち入りのシーンを映しているのが見えて、責めてあの有名な討ち入りだけでも見せてくれれば、なんて思ったのは私だけでしょうかね。

2019年劇場鑑賞作品・・・176  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

  トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30949277