パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

イレブン・ミニッツ ★★★

2016年08月31日 | アクション映画ーア行

『ムーンライティング』などで知られ、カンヌ、ベネチア、ベルリン国際映画祭で受賞経験のあるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキが放つ群像サスペンス。大都会に暮らすわけありの11人の人々と1匹の犬が織り成す、午後5時から5時11分までのそれぞれのドラマを交錯させて描く。『ベルファスト71』などのリチャード・ドーマーらが出演。11分の間の出来事という設定と予測不能なラストが見どころ。
あらすじ:女たらしの映画監督、やきもち焼きの夫、刑務所から出てきて間もないホットドッグ屋、強盗に失敗した少年など、現代の大都会で事情を抱える11人の男女と1匹の犬。午後5時から5時11分まで、わずか11分の間にそれぞれの人生が絡み合い……。

<感想>イエジー・スコリモフスキ監督の作品にエッセンシャル・キリングがある。この作品は、大都会に暮らす曰くありげな人々に起こる11分間のドラマをモザイク状に構成した11人の群像劇であります。
日々のありふれた日常が、午後の5時に始まり、5時11分後に突然変貌してしまうという奇妙な物語。それは、NYの9・11のテロや、日本の大震災の3・11に見舞われるなど、11という数字に纏わる何か不条理な現代社会のメタファーとして描いたこの映画。
起承転結のあるストーリーであり、詳細な心理描写、背景説明など一切排除して、使い古されたサスペンスという定番なジャンルの様式を、掟破りのラディカルな精神で突破したものである。現在78歳らしからぬフレッシュな心意気がスクリーンいっぱいに漲っており、大胆不敵な映画になっている。

まずは、Webカメラによる手ぶれの小さい画面で、午後5時何分か前に、映画監督と面接の予定がある女優のアニャが出かけようとしていると、嫉妬深い短気な夫が帰って来た。目に殴られた後のある顔面を見て、誰かと口論でもして殴られたのだろうと思い、夫のシャンパンに睡眠薬を入れ、妻は約束のホテルへと急ぐ。目覚めた夫は慌てて妻が監督と会うホテルへと急ぐ。それがPM5時。

ホテルへ行く途中でホットドック屋が、4人の尼僧と、元恋人からもらった犬を連れた女が購入していく。ホットドッグ屋の主人が店じまいに入ろうとしていると、彼の過去を知る女が訪れ、彼を罵倒して唾を吐きかけるのだ。

ホテルでは、女優の妻が監督に誘惑されているところで、シャンパンを薦めて気分が悪いとべランダへと出る。監督もベランダへ出て、何とか女優を寝室のベット連れて行こうとするのだが。
ホテルへと駆けつけた夫が、妻と監督のいる部屋まで来て、廊下でウロウロしている。そして、ホテルの別室では、男女がポルノ映画を鑑賞している。そこへ、白い鳩が飛んで来て鏡に激突する。この男は、その後、ビルの窓ふきの仕事に戻るのだ。つまり、仕事着に着替えて、その部屋のベランダから、窓ふき用のゴンドラに乗るのだ。このゴンドラが、人間の生き死にに関わると思ったのだが。余り役に立たなかった。

バイクの男が、仕事の合間に配達先の人妻とドラッグと情事にふけり、そこへ旦那が帰ってきて、慌てて帰るバイク男。この若いバイク男は、ホットドッグ屋の男が父親で、仕事の帰りに彼のホットドックの屋台をバイクで牽引していくのだ。これも、ラストで大事故の基になるとは。
それと、女性救命隊員がアパートに駆けつけて、患者のところへ急ぐ。だが、狭い階段の上に酔っぱらった夫らしい男がいて、ドアを破って中へは入れない。そこで、救急隊員たちがドアを取払って部屋の中へと、妊婦が逆子で苦しんでいるし、奥の部屋にも男性が意識不明だしで、何とか救急車に乗せる。この救急車にバイクが突っ込んで来るとはね。バイクの後ろにプロパンガスの入った屋台が牽引しており、衝突の刺激で爆発する。

そして、5時過ぎに、外の橋で絵を描いている老人、すると橋から身投げ自殺をしたような男が川に飛び込む。驚き慌てる老人に、これは映画の撮影で、船が待っていてその男性を助けあげるのだ。その時、老人の頭上に旅客機が轟音を立てて通り過ぎ、スケッチの途中だった絵の端っこに丸い黒い点が、筆から落ちた墨のような。

バスがやってくるのだが、4人の尼僧と犬を連れた女が乗っており、そのバスに、この老人と橋から落ちたエキストラの男がバスに乗る。そのバスに救急車が追突する。そして、ホテルの上からは、ベランダで夫が監督と抱き合っていた妻に体当たりをして、ベランダから落ちた監督と女優の妻は、監督の方は窓ふきのゴンドラへ一度は落ちるも、窓ふき男も監督も真っ逆さまに下のバスと救急車の事故へとおちてゆく。妻の女優も夫が伸ばした手に捕まるも、その後は、結局下へと落ちて行く。
まずはラストが強烈でした。とにかく余りにも登場人物が多すぎて、切り替わりも忙しく、どの物語が重要なのかという戸惑いがある。こういう群像劇の場合では、観客はラストはどうなるのかと推測しながら見ることになるが、それでも、あのジェット機の爆音にBGMとか、意味深な音が何か不穏な効果をうみ、まるでSFで終わるのかと期待してしまった。そうではなかったので、おやまぁ、そう来たかと、そりゃ理不尽な人間の死に様だわよね。と言うわけで、そんなに珍しいく斬新な作品でもないのだ。
それでも、監視カメラ、Webカメラ、カメラ付き携帯、CGと言った様々なメディア技術を巧みに使い、11分後を予感させるような不吉な出来事が、各逸話をローアングル撮影や、スローモーションなど、多種多様な質感と視点を駆使した映像に、バイクの疾走音やジェット機の爆音、救急車のサイレンなど、都市空間ならではのシンフォニックなノイズが融合して、悲哀感漂う人生の光と影を見事に表現していたのは、年齢のわりには新しかった。
2016年劇場鑑賞作品・・・177映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (8)

君の名は。 ★★★★★

2016年08月30日 | アクション映画ーカ行

「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジー・アニメーション。入れ替わりが巻き起こす思春期ならではのコミカルで甘酸っぱい青春模様と、2人を待ち受ける思いも寄らぬ運命の顛末を美しい映像とともに綴る。声の出演は神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子。

あらすじ:千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で自分が東京の男子高校生になっていることに気づき、念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつく。戸惑いつつも、メモを残してやりとりしながら、少しずつ事実を受け止めていく瀧と三葉。ところが、互いに打ち解けてきた矢先、2人の入れ替わりは突然起こらなくなってしまう。そこで瀧は、夢の記憶を頼りに三葉に会いに行こうと決心するのだったが…。

<感想>際立つ作家性と完成度の高さから注目を集める気鋭のクリエイターである新海誠監督の最新作。普遍的でありながら極めて現代的と言える、ファンタジックな恋の物語であります。「言の葉の庭」はWOWOWで何度か鑑賞しましたが、アニメーションの画のみならず、時間も芝居も抽象化してくれている。
それゆえに物語を語るための映画として、もの凄く優れていると思います。とにかく、細田守監督作のサマーウォーズに感動して以来の、最高の出来だと思う。

ヒロインの三葉が暮らす山奥の田舎町は、“糸守町”という架空の街。モデルは岐阜県の飛騨町だという。田舎町の女子高校生、三葉と東京の男子高校生、瀧は、何故か時々夢の中で体が入れ替わっていることに気づく。二人は、反発しあいながらもしだいに心を通わせていく。

瀧の住んでいるところは、代々木公園、新宿周辺が主な舞台で、JR四ツ谷駅や千駄ヶ谷などが重要なシーンで使用されている。昔、新宿に住んでいたので、代々木公園の緑の木々の綺麗な映像に、そして雨の降り方、建造物の繊細な描写に驚き、新海誠監督の手腕に感服しました。「ほしのこえ」、「星を追う子ども」をレンタルして鑑賞したいと思ってます。

夢の中で入れ替わる少年と少女の運命は、突然、三葉との入れ替わりが途絶え、戸惑う瀧。彼は記憶に残っている風景をスケッチして、その画を頼りに三葉に会いに行こうと決意する。だが、彼はたどり着いた先で、意外な事実を知ることになる。

それは、3年前に彗星が地球に接近して山深い田舎町“糸守町”に落ちて、町は壊滅状態になり、村人もなくなっている。この大災害の表現を数カットにとどめるのも新海誠監督の構成の巧さにある。
その悲劇を訪ねた岐阜県の飛騨町から、さらに山奥に入った“糸守町”に行くと、そこは湖の底に消えていた。瀧も東京の空から彗星が日本の何処かに、二つに分かれて落ちて行く綺麗な瞬間を見ているのだ。まさか、あの彗星によって村が壊滅状態になっているとは。

それから、“糸守町”のある場所まで、山の中を歩いてたどり着いたのが、三葉の家が守っている神社であり、洞窟の中。そこには、三葉が米を噛んで作った”口噛み酒”が奉納されており、それを飲んでしまう瀧。すると、脳裏に鮮明に夢で逢った三葉のことも、嘘ではなかったと信じるようになる。手首に巻かれた組紐の秘密も、赤い糸で結ばれている二人ってこういうことなのかな。
誰かとの出会いと、すれ違い。男女間の物理的および心理的な距離の変化が、この作品の妙味とも言えます。この作品の中では、夢の中で心身が入れ替わる少年と少女が、いつしかお互いを意識し合い、回顧を果たさんとするさまが描かれているが、ここでは大林宜彦の「転校生」を連想するだろうが、方向性や着地点がまったく違う作品となっている。

男女が入れ替わるという設定だと、いかにして元に戻れるか否かという過程に興味が集まる。ですが、今回はそれがテーマではないので、物語の中で二人とも何度も「君の名前は?」と叫んでいるわけで、展開の中で二人で問いあって断絶してしまう場面もある。そして、「君の名前は?」から始まる箇所もある。
夢を媒介するというファンタジックな設定によって、物理的に隔離された立花瀧と宮水三葉は交わるべくして、「出会うはずのない出逢い」を持つ。それこそ夢物語のようにも思えるが、実は誰もが経験し得る話だと、やがては気づかされる。

映画では、ラストで東京ですれ違いざまに、三葉と結婚相手の男性と会うのですが、お互いにまだ気が付いていない。それが、瀧が大学を卒業して就職し、マンションの3つ目くらいの隣の部屋に三葉が住んでいて、公園の階段で上と下で気が付いて「君の名前は?」と尋ねるところで終わる。心の中で二人は何処か繋がっていたんですね。これからに二人の関係はどうなるのだろう、って気になるよね。

夢で見知らぬ誰かと出会うなんてファンタジックな出来事は、現実には無いような気がするけれど、常にまだ会ったことのない誰かを待っている状態にあると思うから。明日誰かと新たに知り合うかもしれないし、転校して思いがけない出逢いがあるかもしれない。
それに、何年かして職場で出会う同僚が特別な人になるかもしれない。その人との出会いが自分にとって大きな意味を持つ可能性は常にあるわけで、現実の世界に生きる我々自身の瀧、あるいは三葉と出会う可能性はないとは言えないわけですね。
なるほど、新海誠亜アニメは、エンタテインメントであり、ミステリーの叙述トリックや、SFのタイムパラドックスに、絶望的なまでのすれ違い劇になっていて、そうした要素を掛け合わせて古典的なかつ斬新な、平成のメロドラマが作り出されたのである。
そして、映画の中ではRADWIMPSの音楽が、遥かに想像を超えて大きな役割を果たしていると感じました。
2016年劇場鑑賞作品・・・176映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (40)

後妻業の女 ★★・5

2016年08月29日 | アクション映画ーカ行
直木賞作家・黒川博行のベストセラー小説を基に、独り身の高齢男性の後妻におさまりその資産を狙う女を中心に、欲にとりつかれた人々が織り成す群像劇。『愛の流刑地』などの鶴橋康夫監督がメガホンを取り、現代社会に潜む危うさを、ユーモアを交えて活写する。ヒロインにはさまざまな鶴橋監督作品に出演していきた大竹しのぶ、彼女と組んで孤独な老人を食い物にしていく結婚相談所所長に、『必死剣 鳥刺し』などの豊川悦司。さらに永瀬正敏、尾野真千子、笑福亭鶴瓶ら実力派キャストが脇を固める。
あらすじ:妻に先立たれた中瀬耕造(津川雅彦)は、婚活パーティーで年下の女性・小夜子(大竹しのぶ)と出会う。やがて病に倒れた耕造は他界し、後妻におさまった小夜子から公式証書遺言状を見せられた娘の中瀬朋美(尾野真千子)は、遺産は全て小夜子に渡り遺族には一切残らないと知らされる。父の死に疑念を抱く朋美は探偵の本多(永瀬正敏)を雇い、小夜子の身辺を調査するが……。

<感想>何だか、現実でもTVのワイドショーを賑わせた結婚女詐欺師のお話しと似ているような。しかし、彼女は金のある爺さん以外にも50代の小金持ちの青年を手料理で騙し、持っている金を妹が病気で手術代がかかるとか、料理教室への授業料とか、ウソをつき1000万円とか、500万円とか騙し取り、挙句に練炭コンロで一酸化中毒死させ、自殺に見せかけて殺すという手口だった。

今回は、結婚相談所の所長と手を組んで、金持ちで持病もちの爺さん相手に結婚をし、交通事故や心臓病に脳溢血といった病気で死なせて、全財産を死ぬ前に公正証書に女の名前に遺産相続させるという一筆を書かせるという荒業である。

その稼ぎ頭が大竹しのぶ演じる小夜子で、結婚相談所の所長には豊川悦司が扮しており、大竹しのぶの絶妙なる演技でもって全編が成り立っているといっていい。たまたま、9度目かのお見合いで津川の爺さんと出会い、内縁の妻になり、二人で遊び歩き持っている金は金庫の中にあることを突き止める。そして、津川の爺さんを脳梗塞で倒れさせて救急車で病院に運び、酸素吸入ボンベを外したり、点滴の中へ空気を入れたりして爺さんを殺し、葬式の時に公正証書を見せて全財産をもらうと娘2人に言い渡すのだ。

だが、その前に、金庫も豊川所長に頼んで金庫の鍵を開けさせて、中の預金通帳4000万円を銀行から引き出す作戦に取り組む。まだ生きている爺さんのところへ、銀行の支店長を連れていき、爺さんがいかにも小夜子に預金を引き出していいように言いくるめるのだ。

だが、土地と家屋まで自分のものにしたい小夜子に、娘の尾野真千子が弁護士と探偵の永瀬正敏に小夜子の身辺調査を依頼する。それで明るみになる前前回の小夜子の結婚のことが。全部事故死か病死で亡くなり、財産を根こそぎふんだくっているというのだ。本当なのか、事故死と見せかける場面も映し出す。その証拠はないが、調査書を見せて小夜子を呼び出し焼肉屋で揺さぶりをかける尾野真千子。2人の取っ組み合いの喧嘩が見られますから、髪の毛引っ張りの蹴とばすのと、長いよこのシーンも。

この探偵の永瀬正敏も悪で、調べていくうちに結婚相談所の豊川悦司の身辺調査もして女遊びに余念がなく、小夜子が次から次へと金持ち爺さん相手に結婚詐欺を繰り返していることが分かってくる。それを警察に通報すればよかったのに、探偵の永瀬も金が欲しくて所長の豊川を脅しにかかり、3000万円を要求してくるのだ。

その3000万円を小夜子に騙して出させようとするも、小夜子が次のターゲットである不動産王の笑福亭鶴瓶と恋仲になるも、彼は竿氏という巨根の持ち主で、金持ち婆を騙しては金を搾り取る男だったのだ。そのことを知り、挙句に3000万円を要求され呆れてものも言えない。

邪魔者は消せとばかりに、小夜子の息子に拳銃で探偵の長瀬を殺すように命じ、金の入ったカバンには、表だけ万札で中身は白紙。拳銃で長瀬の脚を撃ち、探偵の本多は撃たれた足を獣医の柄本明のところへ行き、10万円で治療してもらう。何故か警察へは行かないのだ。

小夜子の息子は失敗してしまい沖縄にでも逃げようと、母親の家に帰って金品を持ち出しているところに、母親が現れ喧嘩のあげくに母親の首を絞め殺してしまう。
驚いた息子が所長の豊川へ電話をして来てもらい、スーツケースに母親を詰め込んで何処かへ埋めようと車のトランクへと、そこへパトカーが来てそのスーツケースの中身を見せろと言う。すったもんだしている内に、スーツケースが動いて中に何かいるような、警察が開けると小夜子が生きて出てくるというお粗末。

妻に先立たれ、または熟年離婚をして老いぼれ爺さん一人の老後となると、孤独死とかありますが、この物語ではまだまだ金持ち老人たちが、結婚相談所へ足蹴に通っては相手を求めて熟年の再婚をする。それはとても良いことなんだけれども、中にはこういう金だけ狙いの後妻業という女もいるわけで、これはこれで悲劇ですよ。笑いはあまりありません。どちらかというと、女好きの豊川悦司のベッドシーンが長いし、小夜子のベッドシーンも少し長い。そんなの見せられてもね。もう少し、手練手管の絶妙なセリフ回しとか、遊び上手なところを見せてもらわないとね。

喜劇なんだから、面白可笑しく見せてもらわないとね。小夜子と柏木が実際に老人に手を下して殺してしまうなんて。まるで火曜サスペンス劇場みたいな、ラストで小夜子が生きていて、また柏木とグルになって後妻業をやるというところで終わるから、だから出来の悪い映画になってしまって、笑うに笑えなかった。

2016年劇場鑑賞作品・・・175映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (9)

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>★★★・5

2016年08月28日 | アクション映画ーマ行
長年にわたって愛され続ける異色のヒーロー・キャラクター“ミュータント・ニンジャ・タートルズ”が活躍するマイケル・ベイ製作の大ヒット・アクションの続編。宿敵シュレッダーに加え、新たな敵の登場で最大の危機を迎えたタートルズと地球の運命を迫力のアクションで描き出す。ヒロイン役は引き続きミーガン・フォックス、共演にシリーズ初参加となるスティーヴン・アメル、ローラ・リニー。監督は「アース・トゥ・エコー」のデイヴ・グリーン。

あらすじ:レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロ…あの世界最強の4兄弟がこの夏スクリーンに帰ってくる! タートルズの宿敵シュレッダーは、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士と、マヌケな子分ビーバップとロックステディの協力で脱獄を果たし、再びNYを恐怖に陥れようとする。タートルズたちはTVレポーターのエイプリル・オニール、そして新たな仲間、ホッケーマスクをかぶったNY市警のケイシー・ジョーンズらとともに悪事を阻止しようとするが、彼らの前に立ちはだかるのはイノシシとサイのミュータントに変貌したビーバップ&ロックステディだった! さらには異次元からきた新たな敵、悪の帝王クランゲの世界征服の野望も加わって、戦いの舞台はNYからブラジル、そして空中戦へともつれ込む! そんな中、甲羅よりも強い絆で結ばれていたはずのタートルズに分裂の危機が…?!最大のピンチを迎えたタートルズは世界を、そして仲間を救えるのか――?
 「ミュータント・ニンジャ・タートルズ」

<感想>原作ファンにはおなじみのユニークなキャラクターで、憎めない存在であるカメ忍者4兄弟の活躍を描く人気アメコミを、マイケル・ベイ製作で映画化した大ヒット・アクションの続編。
今回は、前作でNY支配を企む悪のニンジャ組織フット軍団の首領シュレッダーを倒したタートルズは、人目を忍んで生活しつつも、十代ならではの楽しみを満喫していた。そんな時にシュレッダーが刑務所から脱走。

前作では超ハイテク・アーマーで武装した姿がかっこよかったのに、ラストでタートルズたちをミュータントにした薬品に触れてしまい、もしかして、前作以上にハードコアな姿になっているのではと期待したのだが、意外なことにシックな姿で登場する。扮しているのが、韓流泣く男でジャオズ役を、「ジュラシック・ワールド」にも出ていたブライアン・ティーにチェンジしていたとは。今回は宇宙からきた悪の帝王クランゲと手を組み、地球支配を目論むも、クランゲに邪魔にされて冷凍にされてしまうのだ。

今度はNYだけではなくさらに地球侵略をもくろむ謎の宇宙怪物クランゲ。悪の帝王クランゲ、脳みそに触手をつけたようにキモイし、まるでガムを噛んだような風体。戦闘の際にはぶきみなルックスの人型で鋼鉄のロボットの腹の中に納まる。このクランゲのロボットは、体のパーツを様々な武器にトランスフォームさせることが可能という無敵のキャラなのだ。
物質転送装置によって、次元の扉を開き、異世界の移動要塞テクノドロームを地球に送り込むクランゲ。NYだけでなく、地球の平和を脅かす強敵に4兄弟タートルズが再び立ち向かうという、迫力満点のアクションで見せている。

前作に引き続き登場のTVレポーターのエイプリルを演じたミーガン・フォックスも、ナイスボディで色気を添えて活躍し、カメラマンのヴァーンも、こいつはいらなかったのでは。それと刑事になることを夢見る刑務官のケイシー・ジョーンズが仲間に。ホッケーのマスクを被り、敵のテクノドロームに鉄球を豪快に打ち込むなど、パワフルな攻撃でタートルズの戦いをサポートします。


敵キャラでは、元人間の怪物コンビも登場。クランゲが開発した人間をミュータント化させる秘薬によって、ビーバップをイボイノシシ獣人に、ロックステディをサイ獣人に変貌させて4兄弟に挑む。

ここ一番の見せどころといっていい場面では、ロックステディとビーバップを追うタートルズが、飛行機から飛行機へ飛び移るという無謀なミッションに挑戦している。パラシュートも装着せずにドナテロ、レオナルド、ミケランジェロが次々と飛び降りていくなか、ラファエロだけが後れを取ってしまう。タートルズ一の武闘派であるラファエロが高所恐怖症だった意外な一面が描かれているのだ。
音楽担当が「トランスフォーマー」シリーズのスコアを手掛けたスティーブ・ジャブロンスキーになったので、壮大で燃えるようなノリノリの曲を全編に渡ってガンガンと流れるのだ。

見どころは、全編に渡ってスリリングなビッグバトルの連続になっていて、タートルズ側のゴミ回収車を改造した武装マシンに、マンホールの蓋で作ったバンバーが開き、巨大手裏剣を発射する装置や、刀を発射する機能も付いている。
空中から敵の要塞に飛び込み活躍するカメ忍者4兄弟。絶対に誰も傷つかないのが不思議な不死身の身体のタートルズ。

もちろん4人組のタートルズの喧嘩もあり、チームワークがバラバラになったり、それは助けてやった人間たちに「モンスター」呼ばわりされ傷つき、クランゲが開発した秘薬で「人間になりたい」という悩みもあり、泣ける場面も。そして、4人の師匠であるネズミのスプリンターも健在ですよ。笑いの要素がてんこ盛りだし、話の展開も早いので最後まで飽きずに観られます。
2016年劇場鑑賞作品・・・174映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (8)

ラスト・タンゴ★★★★

2016年08月27日 | アクション映画ーラ行
アルゼンチン・タンゴに革命を起こした伝説のタンゴ・ペア、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペス。14歳と17歳で出会ってから50年近くも踊り続けてきた2人は、1997年についにコンビを解消する。本作はヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を務め、そんな2人の50年に及ぶ愛憎の軌跡と、変わることのないタンゴへの情熱を、本人たちの証言に、一流ダンサーによる踊りと再現ドラマを織り交ぜ描き出すドキュメンタリー。監督は「ミュージック・クバーナ」のヘルマン・クラル。

<感想>1980年代までは映画界の次代のエースと目されたヴィム・ヴェンダースも、長いスランプに悩まされてきた。そんなキャリア上の危惧を再三にわたり救ったのが、芸術をめぐるドキュメンタリー・ドラマというジャンルだった。

今作では、アルゼンチンの伝説的ダンスペアの記録を、ブエノスアイレスという都市の現代史を、一組のカップルの別離を通して描かれる。
彼らの出会いから、引退した現在までが描かれており、当人たちの証言はともかくとして、再現パートの役者たちのコメントは余り面白くはない。その現在の画面が無遠慮にカットインされており、せっかくの過去の踊りの映像が中断されるのが残念でした。

アルゼンチンタンゴはその性質上、女性ダンサーは女であることを、ことさら強いられるダンスではないかと感じさせられた。男に対しての女。決してそこからは逃れられない。それは相当に疲れるように思うのだが、こうした緊張感こそが情熱的な官能の芸術を生むのだろう。

マリアとファンの、半世紀に及ぶタンゴを通しての葛藤が、当人と若いダンサーとの再現によって紐解かれていく。壮年期のエピソードをアルゼンチンを代表する人気ダンサーたちがダンス・パフォーマンスで表現。タンゴの名曲が彩るマリアとフアンの愛と人生の軌跡を堪能しつつ、タンゴの神髄に触れていく。

しかし、焦点は完全にマリア・ニエベスに当てられている。若い二人は最高のダンス・パートナーとして頂点に上り詰め、二人の恋愛もハリウッドで結婚まですることに。アメリカでテーブルの上で2人で激しく踊るシーン、高い机の上から落ちないかとハラハラした。
その後、相手のファン・カルロス・コペスが、ハリウッドでの結婚は無効だといい、別人と結婚をして家庭を作り娘が生まれ、最後の方でその娘とタンゴを踊っているのが映し出される。

マリアにとっては、ファンは初めて愛する男性だったのだろう。まさか、結婚までして、別れが来るとは思ってもみないし、それが2人のペアを解消する原因になるとは。男女の仲の心のいさかいは、踊っているダンスにも表れる。
マリアは、ファンとの別れからも二人でタンゴを踊ってはいるが、それは決して目を見つめ合い、抱き合って踊っているわけではない。だから、激しい男女の感情を表すタンゴでは、それが微妙にダンスに響くのだ。

日本における引退のダンスシーン他、じっくりと観たいところがたくさんあるのだが、タンゴの最盛期と衰退の歴史を、かの国の政治状況と重ねて描いて欲しかったという願いもあった。

現在80歳だが背筋がピンと伸びて、今でもタンゴを踊る時は、軽やかに足踏みをして培った年輪と共に見事である。

マリア・ニエベスの壮絶で美しい生きざま。ブエノスアイレスの夜景に映し出されるマリアがタバコを吸っているところ、20世紀的かもしれないが、女性芸術家のすべてがあると感じられる映画でした。

2016年劇場鑑賞作品・・・173映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
<

ラザロ・エフェクト ★★

2016年08月26日 | アクション映画ーラ行
「ラザロ徴候」をモチーフに、『二郎は鮨の夢を見る』のデヴィッド・ゲルブがメガホンを取ったホラー。死者のよみがえりという禁断の研究に挑んだ研究者たちを襲う恐怖と絶望、そして生き返った人間が体験する恐怖を描く。『インシディアス』シリーズなどに携ったジェイソン・ブラムが製作を担当。主演は俳優、製作者として活躍するマーク・デュプラス、死からよみがえったヒロインを、『トロン:レガシー』などのオリヴィア・ワイルドが演じる。

あらすじ:フランク(マーク・デュプラス)と婚約者のゾーイ(オリヴィア・ワイルド)が所属する研究者チームは、死者を復活させる「ラザロ血清」の研究に奮闘していたが、実験中の事故でゾーイが感電し亡くなってしまう。フランクは仲間の反対を押し切りラザロ血清を投与し、ゾーイは奇跡的に息を吹き返す。彼女の蘇生を喜んだのもつかの間、ゾーイの体にさまざまな異変が起こり始め、チームを絶望が襲い……。

<感想>死ぬより怖いのは、生き返ること。B級のホラー映画ですが、そんなに怖くありません。内容は大学の研究者たちが、究極の再生「死からの蘇り」のラザロ血清を作り、動物(犬)実験で成功します。ところが、蘇った動物のその後のケアをしないので、大変なことになります。まるで狂犬病みたいな凶暴な犬に変身したり、おとなしくなったりと。まるで、人間たちを見据えているかのような。
主人公ヒロインにはサード・パーソン」(13)「クーパー家の晩餐会」(15)オリヴィア・ワイルドが演じており、綺麗ですよね彼女は。

もう一度別の動物で実験をしようとして誤って感電死してしまい、恋人のフランクが研究をしていた蘇りの「ラザロ血清」を彼女に投与してしまうのです。
すると、目覚めたゾーイは人間でもあり、物体を動かすことができたり、他人の考えていることが聞こえてしまったりする超能力者でもあるような、目は真っ黒で悪魔の化身にでもなったかのようでした。

次々と仲間がゾーイに殺されていく中、恋人のフランクがゾーイに睡眠剤か何かを注射しようとするも、ゾーイがフランクの頭の中を読み取り、反対に殺されてしまう。

それに、ゾーイの脳裏に、時折フラッシュバックのようによぎる暗く恐ろしい出来事が。それは、幼いころに住んでいたアパートが火事になり、近隣の人たちが焼け死んでしまったという。生き残ったのは彼女だけだった。その悪夢が蘇るのだ。これの意味することが、この作品のラストで明かされます。

最後に生き残ったのが、エヴァという女性一人で、エヴァもゾーイに抑制の注射をしようと待ちかまえますが、ゾーイはこれも彼女の頭の中を読み取り彼女を殺そうとしますが、エヴァはゾーイの子供の頃の意識の世界へと入っていきます。それは、幼いころアパートで火事にあった場面であり、幼いゾーイの手には「マッチ」が握られており、つまり火事を起こしたのはゾーイであり、それを悔やんでいたわけ。まだ善の心が残っていたんですね。だから、エヴァは、幼いゾーイの手を引き救いの扉を開けさせるわけ。

すると、エヴァが現実の世界と戻ってくる。そして、ゾーイの胸に注射を打ち込むのだ。そこへ、レスキュー隊が駆けつける。助かったと思ったエヴァだが、実はそのレスキュー隊はゾーイの化身でした。だから、エヴァも殺されてしまう。

さて、ラストは、ゾーイが死んだフランクを自分と同じ蘇りのラザロ血清を投与して、生き返らせるところで終わる。
ゾーイを演じたこオリヴィア・ワイルドは、この作品の中では、「X―MEN」のジーン・グレイ役のように超能力を発揮します。だから悪魔の手先になるオリヴィアに、あまり共感しません。それに、こういうお話って、何度も造られているしね。あまり目新しさは感じませんでした。
2016年劇場鑑賞作品・・・172映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (2)

アウトバーン ★★★・5

2016年08月25日 | アクション映画ーア行
『ウォーム・ボディーズ』などのニコラス・ホルトを主演に迎え、闇取引に巻き込まれた主人公の奮闘を描くアクションドラマ。『博士と彼女のセオリー』などのフェリシティ・ジョーンズがヒロインを演じ、オスカー俳優のベン・キングズレーとアンソニー・ホプキンスらが豪華共演。速度無制限の高速道路を駆け抜ける驚異のカーアクションや、複雑にもつれる主人公の運命に手に汗握る。
あらすじ:ケイシー(ニコラス・ホルト)は、ドイツのケルンで巧みに張り巡らされたワナにハマり、危うい取引に関与する。同時に二つの組織に追われる身となった彼は、恋人ジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)を助けるために高級車を駆ってスピードリミットのないアウトバーンを疾走する。ケイシーは必死で追手から逃れようとするが……。

<感想>ドイツでバーテンをしている女を恋人にもち、裏家業から足を洗おうとした若者ケイシーが、恋人が腎臓移植をしなければならなくなり、金がいることとなり、再び犯罪に手を染めることになる。主人公のニコラス・ホルトというと、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で白塗り顔で車を爆走させていたイメージが強い。

この作品では、悪役にベン・キングズレーがケイシーのボス・ゲランになり、金儲けの相手にハーゲンというケルンを牛耳っている超大物に、アンソニー・ホプキンスが扮して、豪華版な共演者であります。

物語は、病気の彼女のために金が必要となり、ホプキンスの密輸した麻薬を運ぶトラックごと強奪することに。友達を誘って、そのトラックを待っていると、トラックにはもちろんGPSが付いており、監視カメラも付いている。だから、運転手を目の前で事故に見せかけて後ろから殴りつけ、帽子を深く被り運転するのがケイシーで、結局は捕まってしまうが、工場の中で高級車を盗んで逃走する。後で分かるのだが、つまり、このとき、もう1台同じトラックを脇に止めて置き、そのコカインを積んだトラックと交換したのだった。

次々と高級車を乗り換えて走るアウトバーンのカーチェイスアクション。後を追いかける子分らが、ケイシーの車が大型トラックに接触して横転し、気絶してしまう。
だが、ただではすまないのが主人公のニコラス・ホルト。頭がふらつくも車の壊れたドアの隙間から札束を見つけて逃走するのだ。もち、追いかけてくる子分たち。今度は、恋人のジュリエットの命が危ない。

友達はトンネルでのんびりとケイシーの来るのを待っているのに、ジュリエットの命が危ないことを知り助けてくれと頼むが、結局、恋人はホプキンスの手に。

駆け引きで、恋人と金を引き換えにとホプキンスに頼むも、現れた恋人は別人だった。又もや、金を持ち逃げるケイシー。ですが、どうみてもジェイソン・ボーンとか、武闘派役ではないのでスタコラ逃げるだけでつまらない。

笑ったのが、薬でいかれたベン・キングスレー扮するマフィアのボス。

警察に捕まるも、刑事と取引するケイシー。ケルンの麻薬王ハーゲンのコカイン密輸のトラックを差し押さえているので、それと引き換えに自分を保釈してくれと頼む。
最大の見せ場であるアウトバーンでの、CGなしのカーアクションは、ハラハラもんでスリリングであり見応え十分で、カーチェイスだけでなく物語の展開にもハラハラしますから。
2016年劇場鑑賞作品・・・171映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (9)

ヤング・アダルト・ニューヨーク★★★・5

2016年08月24日 | アクション映画ーヤ行
「イカとクジラ」「フランシス・ハ」のノア・バームバック監督が、世代の違う2組のカップルを主人公に贈るコメディ・ドラマ。心と体の衰えを自覚させられつつある40代のカップルが、ユニークな20代のカップルと出会い、交流を重ねる中で自分たちの人生を見つめ直していくさまを、ジェネレーション・ギャップを巡る笑いを織り交ぜつつシニカルに描き出す。出演はベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アダム・ドライヴァー、アマンダ・サイフリッド。
あらすじ:ドキュメンタリー作家のジョシュと映画プロデューサーのコーネリアは、ニューヨークのブルックリンに暮らす40代の夫婦。子どものいない2人は、いつまでも若いつもりでいたが、近頃は老いを意識させられることもしばしば。そんな中、新作がなかなか完成せず袋小路に入ってしまっていたジョシュは、講師をしているアートスクールで、2人の聴講生から熱烈な賛辞を送られ、気分を良くする。彼らは監督志望のジェイミーとその妻ダービー。20代の若い夫婦だったが、LPやVHSテープといった古いモノを愛する風変わりでおしゃれなライフスタイルを送っていた。そんな彼らに刺激され、マンネリ気味だったジョシュとコーネリアの生活にも活気が戻ってくる。やがて、ジェイミーが企画したドキュメンタリー映画の製作にも快く協力を買って出るジョシュだったが…。

<感想>二組のカップルの交流とギャップを見つめた、シニカルかつハートフルなコメディである。どちらかと言うと、私小説的な作品で、愛すべきダメ人間を描き続けるノア・バームバック監督の、人間観察眼が光る迷子の大人たちの成長記録になっていた。
本作では自身と同世代の40代のカップルと、20代のカップルの交流を軸に、ジェネレーション・ギャップとそれぞれの野心や悩みを絶妙なセリフと小道具を駆使して描き出している。

子供のいない40代の夫婦、ジョシュとコーネリア。助成金を頼りにインディ系のドキュメンタリーを撮っている40代の監督夫婦であり、友人のベビー自慢のうんざりしつつ、羨ましさも隠せない二人は、映画監督を目指す20代夫婦との交流からエネルギーを取り戻してゆく。
世代論や芸術論を織り交ぜた才気あるタッチは軽快であり、面白くウディ・アレンの再来と評されるのも納得である。ですが、人物設定と会話のくすぐりだけで持たせるセンスは卓越しているが、ちょっと地味すぎるような気がするでもない。

特に面白かったのが、両世代のライフ・スタイルを逆転させたことである。40代カップルはSNS漬けのハイテク世代にし、一方20代カップルには、一昔前のローテクスタイルがクールと、VHSビデオにレコードをコレクションして、タイプライターで執筆しているのだ。
若い監督志望のジェイミーは、かつて一世を風靡して以降スランプから抜けられない監督40代のジョシュに接近する。エネルギッシュでチャーミングなジェイミーたちに魅了され、マンネリ気味だったミドルエイジ・カップルにも活気が戻る。だが、ジェイミーの真の目的は、・・・。著名な映画監督であるナオミ・ワッツの父親を利用するために近づいたのだった。

名コメディ俳優ベン・スティラーを向こうに回して、ヒップホップ・ダンスに目覚めるナオミ・ワッツのコンビが、コミカルな魅力を開花させる。若いジェイミー夫婦に誘われて、怪しげな自己啓発の儀式に参加。呪い術師のところへいくも、幻覚剤のような麻薬を飲まされて支離滅裂になり、妻のコーネリアはジェイミーとキスをしているのだ。それを見てヤキモチを焼く夫のジョシュが切なくもおかしかった。

中身の未熟を実年齢に無理やり合わせるのではなく、自分の中の子供を認めることで大人になる。そのためには親になる既成事実よりも先に、それを望むか否かの意志が尊重されているわけで、そこにたおやかな反骨の精神を感じる。ですが、難解な芸術理論に辟易する。最後に、子供の養子縁組でハノイまで行く夫婦に未来あれ。

白眉は、野心を愛想の良さに包み込み、世渡り上手な、どこか憎めないジェイミーを演じるアダム・ドライヴァーである。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の新星ドライヴァーの、ミステリアスで抜け目ない青年像にも注目。
舞台となるブルックリンの街や、流行の先端をいくヒップスターのスタイル、多彩な音楽が物語をカラフルに装っており、ピリ辛な社会批評も込めたコメディとして中々良かった。
2016年劇場鑑賞作品・・・170映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (9)

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男★★★★

2016年08月23日 | アクション映画ータ行
1940年代から50年代にかけてアメリカで猛威をふるった赤狩りによってハリウッドを追われながらも、偽名で活動を続け、「ローマの休日」など数々の名作を世に残した不屈の脚本家ダルトン・トランボの苦難と復活の軌跡を映画化した感動の伝記ドラマ。いわれなき汚名による迫害に屈することなく己の信念を貫いた男の物書きとしての矜持を、愛する家族との強い絆の物語と共に描き出す。主演はTV「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン。監督は「ミート・ザ・ペアレンツ」のジェイ・ローチ。

あらすじ:第二次世界大戦が終結し、米ソ冷戦体制が始まるとともに、アメリカでは赤狩りが猛威をふるう。共産主義的思想は徹底的に排除され、その糾弾の矛先はハリウッドにも向けられる。売れっ子脚本家だったダルトン・トランボは、公聴会での証言を拒んだために議会侮辱罪で収監され、最愛の家族とも離ればなれとなってしまう。1年後、ようやく出所したトランボだったが、ハリウッドのブラックリストに載った彼に仕事の依頼が来ることはなかった。そんな中、家族を養っていくためにB級映画専門のキングス・ブラザース社から格安の仕事を請け負い、偽名で脚本を書きまくるトランボだったが…。

<感想>米国史の汚点と言われる40年~50年代の共産主義者取締運動、通称「赤狩り」それによってキャリアを断たれながらも、傑作を輩出し続けたという名脚本家ダルトン・トランボの生を描く伝記ドラマである。
40年代に、トランボは共産主義者を排除しようとする下院非米活動委員会によって弾圧、投獄され、ハリウッドを追われた脚本家トランボ。出所した後もブラックリストに載っていたために、脚本家としての仕事はなかったが、偽名を使って密かに描き続けていた。

オスカーを受賞した「ローマの休日」と聞けば、あのオードリー・ヘップバーンの映画ね。と誰でもが直ぐに思い浮かべるだろう。でも、その脚本家を知っている人はどれだけいるだろうか。その名作の背景にこんなドラマがあったとは、本当に驚きました。低予算映画の脚本を執筆しつつも、匿名でハリウッドの大作を手掛け、彼は必至に苦難の時代を乗り越え、・・・。そのときに出会ったB級映画専門の、ジョン・グッドマンが演じているキング兄弟が救世主となり、彼は再出発を果たすことになる。

主人公トランボには、「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストンが熱演。強い信念を持ちながらも、どこか飄々としているトランボ像を人間味豊かに体現している。妻役にダイアン・レイン、娘役にエル・ファニング、そして赤狩りに拍車をかけようとするコラムニストにヘレン・ミレンと、豪華キャストが出演。

監督は、「オースティン・パワーズ」「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズなどのコメディを手掛けてきたジェイ・ローチ。トランボの苦難の人生を辿りながらも、その苦労を強調せず、脚本家としての仕事ぶりや、家庭人としての優しさ、強さ、妻子との葛藤を描きだし、
新境地を開拓している。温かみのある語り口に、映画界の先入への敬意が滲んでいる。
本作が面白いのは、実在の人物が登場し、ハリウッドの光と闇をリアルに描き出しているところ。黄金期の華やかな業界の裏側で、言論と思想の自由を信じて闘った脚本家たちの人生が栄える。
トランボたちがあらゆる方法で脚本を売り込み、厳しい時代を生き抜く姿はユーモアもあるし、彼を支える家族の愛には心打たれますから。

2016年劇場鑑賞作品・・・169映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (16)

青空エール ★★★・5

2016年08月21日 | アクション映画ーア行
『高校デビュー』『俺物語!!』の原作者・河原和音による人気コミックを、『アオハライド』などの三木孝浩監督が映画化した青春ドラマ。初心者ながら吹奏楽の名門校に入学した女子高生と、同級生の野球部員が互いへの気持ちを胸に、共に励まし合いながら甲子園を目指す姿を描く。主演を『orange−オレンジ−』などの土屋太鳳が務めるほか、『仮面ライダードライブ』シリーズなどの竹内涼真、NHK連続テレビ小説「まれ」で土屋演じるヒロインの弟を演じた葉山奨之が顔をそろえる。

あらすじ:甲子園のスタンドで野球部の応援にいそしむ吹奏楽部にほれ込み、名門・白翔高校に入学した小野つばさ(土屋太鳳)は、野球部の山田大介(竹内涼真)と出会う。互いに甲子園を目標に頑張ろうと約束を交わすが、トランペット初心者のつばさはなかなかうまくいかず、くじけることもしばしば。そんな彼女を励まし、同じクラスでもある大介にいつしか惹(ひ)かれていくつばさだったが……。

<感想>夏の甲子園の白熱した球児たちの戦い。今年は、リオのオリンピックが開催されて日本勢は、毎日TVで放送されるダントツのメダルラッシュとなっております。そのせいか、いつもは甲子園の高校野球を観戦するのですが、夜のニュースで結果を見るばかり。応援していないのではないのですが、どういうわけか、地元の高校は1回戦で負けてしまいました。

この映画では、野球少年とその少年が大好きで、応援をするブラスバンドの部活に入り、甲子園まで行って応援したいという女の子の物語。でも、甲子園に行くには、地区県大会で優勝しないと行けないのに、それに、吹奏楽部のトランペットだって、直ぐには吹けないでしょに。

若いっていいなぁ~、大好きな人を応援するために、吹奏楽部に入ってトランペットを吹きたいなんてね。努力すれば吹けるようになるって、そう簡単にはトランペットは吹けないよ。それに、彼氏に面と向かって「大好きです」なんて告白する。でも、彼は真面目な野球少年で、甲子園に行くまでは女子との付き合いはお断りだと言われてしまう。でも、絶対に甲子園には、連れて行くからと約束をする大介に好感がもてますから。
野球部員の大介は、補欠でもなくキャッチャーをしているので、野球部員が努力すれば甲子園も夢ではない。しかし、1年の夏の野球の試合では、地区県大会の決勝で負けてしまい甲子園には行けなかった。

吹奏楽部の小野つばさも、白翔高校は名門であり、県大会を勝ち抜いて行かないと全国大会にはいけないのだ。それに、メンバーもたくさんいて、選ばれなければ座席で応援するのみ。まずは、トランペットを練習しなくちゃね。
ただ吹けばいいものでもなく、息継ぎとかほっぺを膨らまして呼吸をととのえてと、努力もいるし音程もしっかり出ないといけない。先生に教えて貰うも、他の生徒たちから個人レッスンはダメだと言われてしまう。落ち込むつばさに、下を向いてばかりじゃダメと、大介が上履きに「ニコチャンマーク」を描いてくれた。

それでも、先輩の志田未来さん、高校生には見えなかったけれど、新人のつばさに手取り足取り教えるのも良かったし、自分が手を腱鞘炎という楽器を吹くのには痛手で、大会のメンバーには選ばれないのだ。それで、引き籠りになり不登校となるのだ。
それを、つばさが元気ずけに毎日家へ行き説き伏せる。それでもダメなのに、吹奏楽部の金管楽器の人たち全員が、彼女の家へ行くのだ。自分一人だけではなく、吹奏楽部全員の気持ちが一緒になるって、そういう、友達って大事だと思う。

それに、吹奏楽部の同級生ながら、バツ抜けて上手い男子に水島がいて、初めは下手くそで足を引っ張るつばさに、あなたにはラッパ吹きは向いてないというのだ。それでも、努力をして頑張るつばさを観て、仲良くなる。

先生役の上野樹里さん、いつもは恋愛ものが多いのに、吹奏楽部の指揮者の役もハマっていましたよ。
吹奏楽の映画は前にも観たことあるが、でもこんなにも熱く、勉強の方は大丈夫なのと心配するくらい頑張ってトランペットを吹くようになるのは、毎日の特訓に、努力、努力の結果でしょう。

感激したのが、大好きな彼、大介が球場に出てくると、つい応援のラッパを吹いてしまい、後で自分勝手に吹いてはダメと先生に叱られる。応援楽隊の出番もルールがあるのだ。しかし、彼女の熱意が吹奏楽部の部員たちに伝わった場面がある。それは、大介が足首を痛めてしまい、3年の甲子園に出られないかもしれないと、それで、自暴自棄になっている大介を励まそうと、部員全員で合奏するシーンが良かった。

ラストは、念願の甲子園に出られる県大会の決勝で、大介がピンチヒッターでキャッチャーに出て、逆転ホームランを打つところ。みんな泣きながら抱き合って喜ぶ姿に観ているこちらも涙が出てくる。お互いに夢に向き合って励まし合うつばさと大介。
その他にも、神社の絵馬に言葉を書いて応援したり、お守りを渡したりと、胸がキュンとなるシーンがたくさんあります。どの応援シーンも素敵で、こんなふうに応援したい、されたいと思うはずですから。
そして、エンドロールでは、吹奏楽部の県大会で金賞を取り、「吹奏楽の甲子園」普門館へ全国大会へ行けるというハッピーエンドも良かったですね。

2016年劇場鑑賞作品・・・168映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (11)

傷物語〈II 熱血篇〉 ★★★

2016年08月21日 | アクション映画ーカ行
テレビアニメ版も人気を博している、西尾維新のベストセラー小説「物語」シリーズの前日譚を描く劇場アニメ3部作の第2弾。美貌の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを助けたために吸血鬼になってしまった男子高校生・阿良々木暦が、人間に戻るために過酷な戦いに挑む。総監督は前作に引き続き新房昭之、ボイスキャストも神谷浩史、坂本真綾らが結集。激化する戦いの行方や、暦とキスショットの行く末に注目。

あらすじ:吸血鬼となった肉体を人間に戻すために、吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの奪われた四肢を取り戻す戦いに身を投じる男子高校生・阿良々木暦。怪異専門家・忍野メメのアドバイスを受けながら激闘を続ける彼の前に、吸血鬼でありながら吸血鬼を狩る身長2メートル以上のドラマツルギー、巨大な十字架を駆使する半吸血鬼(ヴァンパイア・ハーフ)エピソード、吸血鬼退治の専門家である人間ギロチンカッターが立ちはだかる。
 傷物語Ⅰ鉄血篇



<感想>原作もTVアニメも見ていませんが、「傷物語」の1を観て続きを観たくなり鑑賞。作画の映像美が綺麗ですよね。それに今回は、主人公の阿良々木暦君とおっぱいのデカイ羽川翼のロマンスシーンが強調されていてパワーアップになっている。

翼が半吸血鬼(ヴァンパイア・ハーフ)に殺され、体の腹部分から小腸が飛び出し、もうダメかと思ったら、阿良々木が自分の身体を切り裂き、自分の血を翼に輸血してあげるのだ。と言うことは、翼も吸血鬼になるってことなの。
前作でも翼ちゃんのおっぱいデカイと感じていたが、今回もやっぱりデカイですね。それに、阿良々木くんのこと大好きだから、もうパンツだって見せちゃうし、脱いであげちゃうのよ。色(エロ)っぽいよね。

その前に、阿良々木はドラマツルギーと戦って片腕を失うのだが、不思議なことに腕が生えてきて元どうりになってしまうとは、これには本人も驚いているようでしたね。


そして、雷が轟大雨の中、半吸血鬼(ヴァンパイア・ハーフ)との闘いには苦戦を強いられて、翼が餌食になってしまう。吸血鬼退治の専門家である、アロハシャツのおっさん、忍野メメに助けられたからいいようなものの、もっと強くならなければならないのだ。

ドラマツルギーから取り返した吸血鬼キスショットの片足を持っていくと、幼いキスショットは、自分の片足を食べてしまい、あろうことか18歳の美少女に早変わりするとは、これも美しいキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが見栄えして美しいのだ。

全編どうってことなく観てしまったが、どうやら、のめり込んでしまったらしい感じがするでもない。しかし、音楽がただバックで流れるだけのものじゃなくて、作品の重要なファクターとなっているのも良かった。来年の1月らしいが、最終章の「傷物語III 冷血篇」が楽しみになって来た。
2016年劇場鑑賞作品・・・167映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (6)

獣は月夜に夢を見る ★★★

2016年08月20日 | アクション映画ーカ行
北欧の小さな漁村を舞台に、恐ろしい獣に変貌してしまう恐怖と葛藤する少女の切ない純愛の行方を、ミステリアスかつ詩情溢れる筆致で描いたミステリー・ホラー。主演はこれがスクリーン・デビューのソニア・スール。共演にラース・ミケルセン、ヤーコブ・オフテブロ。監督は長編デビューとなるヨナス・アレクサンダー・アーンビー。
あらすじ:デンマークの美しい海岸沿いの小さな村で両親と暮らす少女マリー(ソニア・スール)。母(ソニア・リクター)はある病気を抱えていたが、父(ラース・ミケルセン)はそのことについて何も教えてくれない。村人たちは車椅子の母を恐れ、マリーへは腫れものに触るような目を向けるが、なぜそんな仕打ちを受けるのかもマリーは理解できずにいた。
ある日、マリーは職場で知り合った青年ダニエル(ヤーコブ・オフテブロ)と恋に落ちるが、同時に身体に異変を感じるようになる。感覚が鋭敏になり、突然衝動が湧き上がってしまう。その感覚は次第にコントロールできなくなっていく。不安を抱えたマリーは、自分の身体や母の病気について調べ始めるが、そこには決して避けることのできない悲しい秘密が待ち受けていた。そして、過去には村で凄惨な殺人事件が起こっていたことが分かる……。

<感想>このところ北欧作品としては西部劇からホラーまで、ジャンル映画の異色作が続々と登場してくる。この映画もその一つで、ヒロインが吸血鬼とは似つかわしくない美しい少女で、魚解体の仕事を黙々としている。こんな村では働き口など他にないのだろう。

魚の内臓の処理とか、床に落ちた魚の血とか、発酵魚の工場であり、それは魚特有の生臭さが画面から漂ってくるようでもある。
しかしながら、映像がドキュメンタリー・タッチなので、あっけにとられていると、そのリアルさが徐々に効果を生み出し始めるのだ。福祉国家のイメージが強い北欧のダークサイドや、閉ざされた共同体での差別や阻害を描くことは、目新しい試みではないと思う。

以前に「ぼくのエリ 200歳の少女」というヴァンパイアものが有名ですが、こちらは人オオカミの物語。呪われた血筋から少女の身体に現れる異変を、思春期の女性の肉体に起こる変化のメタファーとして語るにも、19歳という年齢設定は高めに思えるのだが。父親と医師が娘を抑え込み、何かの注射(筋弛緩剤)を打とうとするも、母親と同じように動けないようにして、車椅子生活を送らせようとしている。ですが、母親が狂ったように、まるで獣のように医師に襲いかかり噛み殺してしまう。

それでも主人公のヒロインを演じたソニア・スールの感情表現に乏しく危うい存在感は、ミステリーを煽る。新人女優とは思えないほど存在感があった。父親のラース・ミケルセンは、売れっ子俳優のマッツ・ミケルセンの兄だという。

そんな中でダニエルと出会い恋に落ちて、彼がソニアのことを理解してくれて、一緒に逃げることに同意するのも良かった。何故なら村の男たちに、ソニアは廃船に拉致されてしまい乱暴され、殺されそうになる。
ですが、追い詰められたソニアは「人オオカミ」へと完全に覚醒して男たちへと次々と襲い掛かる。男たちの喉元を喰いちぎり血祭にしていく。

ラース・フォン・トリアーの美術スタッフ出身だけあってか、画面は鋭角的で全編、北国独特のクリアだが鬱屈とした空気をとらえた海や、光の映像美は際立っていると思う。
ミステリーとしては意外性がなく、ホラーとしては平凡である。女性の内的な獣性を描いた象徴的な通過儀礼と捉えるならば、いくらか見どころはあるようだ。ただし、現実と幻覚の境目の曖昧さといい、陰鬱な村の環境描写も適当であり、映画としての自由な解釈に偏ってしまう。そんな雰囲気にとどまっているようなところも惜しい気がした。
2016年劇場鑑賞作品・・・166映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (5)

いしぶみ ★★★

2016年08月19日 | アクション映画ーア行

『海街diary』の是枝裕和監督と綾瀬はるかが再び手を組み、戦争の悲惨さを伝える「いしぶみ 広島二中一年生全滅の記録」を基につづる朗読劇。1969年、大女優・杉村春子による語りで広島テレビが制作した番組を基に、原子爆弾で命を落とした321名の生徒たちの残した言葉を語り継ぐ。広島出身の綾瀬が朗読を担当し、ジャーナリストの池上彰が遺族らへの取材を敢行。戦争の生々しい記憶が胸に響く。
あらすじ:太平洋戦争終了間近の広島市には、東京や大阪から疎開してきた大勢の子供たちが暮らしていた。労働力不足を少しでも解消しようと、中学生たちまでもが農作業などに従事させられる中、彼らは日本の勝利を信じ切っていた。そして1945年8月6日に原爆が投下され、建物解体作業中だった旧制広島県立広島第二中学校1年生321名全員が死亡する。

<感想>8月に入るとTVでは、太平洋戦争を題材にした映画がたくさん放映される。この映画では、本作のルーツである、松山善三・杉村春子版の「碑」は未見ですが、2015年に『碑』のリメイク版として制作し、2015年8月に放送されたドキュメンタリー番組の劇場版。
建物解体作業中だった旧制広島県立広島第二中学校の、1年生321名全員が死亡するという。ただ、321人という無機質な数ではない、一人一人、家族がいて友達や先生がいて、それぞれの人格を持っていた旧制の広島二中の子どもたち。再現ドラマも過去映像もないのが残念であります。

薄暗いスタジオに置かれたいくつもの木箱は、さしずめ棺の模型に見える。それにしても、原爆投下による阿鼻叫喚的なシーンは一切ないのに、このスタジオをベースにして紹介される一人ずつの遺影と名前。
綾瀬はるかの語り部によるささやかなエピソードは、粛然とするほどリアルに心に迫ります。

綾瀬はるかの淡々とした語りも、想像力を喚起させ、関係者への取材も余韻を残してよかった。ですが、綾瀬はるかは、「海ゆかば」のアクセントや、幾つかの語りの切り方が気になりますが、清潔さのイメージを持ち、この企画には相応しかったと思う。
本作では広島の原爆から生き残った人々の声も綴られてゆくのだが、彼らの多くは「何故に、自分だけが生き残ったのか?」という苦悩を抱えているのだ。ここには、不謹慎狩りに対する一つの答えがある。
我々は、世の不幸をすべて受け入れることは出来ないが、それでも生きてゆかねばならない。それゆえに、綾瀬はるかのバックグラウンドを鑑みて、彼女が朗読をする意味をも含めて何かを見出すに違いありません。

選挙番組では辛辣で定評のあるジャーナリストの池上彰が、本作で生存者に対する時のなんと柔和なことか。オバマ米大統領が広島訪問にあった表層化に抗う作品であり、その意図に賛同したいと思う。
これは過去の話として捉えるのではなく、現在でも起こりうることなんだということを。戦争を知らない世代の日本人が多い時代だからこそ、原子爆弾に関して、武器としては限度を超えていることを知らしめようではありませんか。
まだまだ世界の各地で宗教戦争とかで、内戦が勃発している昨今だからこそ、映像化する必要はありそうです。
2016年劇場鑑賞作品・・・165映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (1)

カルテル・ランド ★★★・5

2016年08月18日 | アクション映画ーカ行
キャスリン・ビグローが製作総指揮を務め、第88回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた衝撃作。メキシコ麻薬戦争の最前線にカメラを持ち込み、自ら武器を手に麻薬組織と全面抗争を繰り広げる自警団の活動に密着し、その戦慄の実態を赤裸々に映し出していく。監督はマシュー・ハイネマン。メキシコ・ミチョアカン州。そこでは麻薬カルテル“テンプル騎士団”が街を支配し、多くの一般市民が彼らの犯罪に巻き込まれ命を落としている。政府や警察は当てにならず、ついに一人の町医者ホセ・ミレレスが立ち上がった。彼は市民に呼びかけ、自ら銃を手に自警団を結成すると、カルテルに敢然と立ち向かっていった。やがてその活動は大きな成果を挙げ、組織も急速に拡大していくのだったが…。

<感想>よくぞ撮ったと思うシーンが残酷すぎて、命がけで撮影したんでしょね。物語もちゃんと完結しているし、綺麗なオチが用意されているしで。フェイクドキュメンタリーかと疑うくらい良くデキたストーリーになっていた。
まずは、オープニングから凄いんです。麻薬の製造シーンとか、真夜中の野原で作っているんですよ、これが。

ドラム缶に石油みたいな液体を入れて、白い粉を入れると暫くするとモワ~っと煙が出てくる。作っている人たちはTシャツをマスク代わりに被っているだけで、とにかくズサンなんです。それが覚せい剤になると思うと恐ろしくなってくる。
怖いのが麻薬カルテルのテンプル騎士団。悪玉そのものであり、農園に上納金を納めろって来て、収めないと子供を岩に打ち付けて、井戸に突き落として殺すとかする。他にも、バラバラ死体が散乱する穴の中で、女性を強姦したりとか。
しかも、その被害者を生き証人として生かしておくんですからね。少しの善意もない。つまりは都市伝説になっていくからなんでしょうね。

それに、麻薬カルテルに対抗するのが、町医者のミレレス。確かにカリスマ性はあるのだが、体がデカくてスピーチが上手いし、行動力がある。「殺されるのを待つか、銃を持って戦うか、決める時がきた。俺は戦って死ぬ」といい、まるで西部劇のガンマンみたいなことをいい自警団を結成するわけ。
それで、カルテルが占領した村を奪い返すために戦うのだが、自警団と村人たちが一体になる瞬間は、とにかく感動しました。ですが、そこへ騒ぎを知った軍隊が村へとやってくるが、自警団には軍隊は味方をしないのだ。
何故かと言うと、テンプル騎士団に占領された村に、自警団が踏み込んでいく。そこへ軍隊も来て、自警団たちに「武器をよこせ」と言うのだ。すると村人は、教会の鐘を鳴らし、あちこちから棒やナタを持った村人たちが集まってきて、軍隊に向かって「腐った政府のイヌが」と言い「自警団に武器を返せ」と軍隊を追い返すのである。このシーンはミレレスがヒーローになった瞬間ですから。

ですが、その後に、ミレレスは悲惨の一途を辿っていくわけ。つまりは、世間から脚光を浴びた自警団が大きくなっていくから。
そうなると、チームの統制も取れなくなり、中には盗人はでてくるし、警察と組もうとする人も出てくる。それでもミレレスは少人数でガンバッていくのですが、後半部分では切なさが感じられます。
結局は、ミレレスは麻薬カルテルだけじゃなく、警察、軍隊、そしてかつての仲間たちからも命を狙われてしまう。最後、彼は死んだのかと思っていたら、刑務所の中にいました。ですが、ミレレスの悪いところが途中で見せつけられます。医者なのに、患者を見ないし、若い女といちゃつくし、だらしない男。
それでも、これがドキュメンタリーなんだから、凄いもんてなもんじゃない。これを撮影したカメラマンが凄いと思った。それに音楽と構成かな。
2016年劇場鑑賞作品・・・164映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
トラックバック (4)

エスコバル/楽園の掟 ★★★

2016年08月18日 | アクション映画ーア行
コロンビアの麻薬密売組織メデジン・カルテルの創設者であるパブロ・エスコバルの光と闇に迫る犯罪ドラマ。世界的な富豪にまでなった伝説の男が築き上げたファミリーの栄光と、その背後に隠された過酷な犯罪の実態をあぶり出す。『チェ』シリーズなどの名優ベニチオ・デル・トロが麻薬王を怪演。犯罪者でありながらもいまだに地元で人気を誇るエスコバルが見せる表と裏の顔に衝撃が走る。
あらすじ:サーファーのカナダ人ニック(ジョシュ・ハッチャーソン)は兄が暮らすコロンビアを訪問し、美貌の女性マリア(クラウディア・トライサック)と出会う。たちまち二人は恋に落ち、やがてニックはマリアが慕う叔父パブロ・エスコバル(ベニチオ・デル・トロ)に紹介される。だが、国会議員として人気を集め、資産家でもあるパブロにはもう一つの顔があり……。

<感想>実在したコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルを、ベニチオ・デル・トロが演じる犯罪アクション。カナダ人のニックという青年が姪のマリアと恋に落ちるという設定は架空の物語らしいが、何やら逃避行を企てている男女のところへ、呼び出しがかかる冒頭の暗さから、一転して3年前にさかのぼり、陽光のもとコロンビアへ働きに来たカナダ人青年兄弟と、土地の女性との出会いが語られる。

何とも愚鈍な手法だが、その分かりやすさは悪くはない。実際に、女性の伯父である麻薬王の裏表が徐々に見え初め辺りから、とりわけボニーとクライドが銃撃された車にニックを乗せてパブロがニックを仲間に入れる。もう、この辺りからして観客が虜にされていくのだ。
そして、冒頭の自制に戻り、同行者として15歳の少年が父親の代わりに現れ、洞窟まで案内をし、ダイナマイトで穴を塞ぐ手際よさに驚く。それに、運んだ荷物は、ダイヤモンドと麻薬だろう。

青年ニックが、15歳で妻子持ちという彼を不憫に思い殺すのをためらいパブロに電話をする。もうこの辺から怪しい匂いがプンプンし始めて、青年ニックは殺されてしまうと思ってしまう。15歳の少年を家まで送り届け、同業者としての父親が現れてからは不条理な銃撃が切迫感をあおる。

コロンビアの麻薬王エスコバルは、何故かしら「ゴッドファザー」の生き方に憧れていたそうだが、贅沢な暮らしぶりや生活スタイルもそれを模倣しているように見えた。
ベニチオ・デル・トロが体重を増加して熱演しているのだが、それほどに感情移入できないのが惜しいところ。家族愛を描き、美人の姪のマリアを可愛がりながら、物語の核心部分でその恋人ニックを、ファミリーに相応しい人物かどうか試す真似をするから残酷だ。

ニック兄弟が、浜辺で地元のチンピラに所場代をせびられ脅されていることを、エスコバルに話すと、たちまちそのチンピラを木につるし上げて焼いてしまうのだ。とにかく怖い人物だったのだろう。
笑っても怖いし、何をしてなくとも怖い。結果として、パブロに助けて貰っても、最後には兄夫婦も自分もパブロの子分たちに殺される運命なのだ。

エスコバルの誕生パーティでは、歌を妻に捧げるいい夫を見せつけて、そういう家族と戯れるような一面も持ち合わせていながら、普段の生活と地続きのテンションで非情な行為に及ぶことすら、一人の人間として矛盾のないように見えてしまうところが凄いと感じた。

そんな彼に、ニック役のジョシュ・ハッチャーソンが、オドオドしながらも追い詰められていくのは、いたたまれなく感じつつも、怖いもの見たさで目が離せないホラーの娯楽性も兼ね備えているようである。

ですが、子分たちのアウトローたちもパターンになり過ぎで、実在する人物と事件なら年代順にドキュメンタリータッチで観たかったと思った。
麻薬王パブロ・エスコバルの逮捕劇の陰に隠れるように、家族を逃がし匿い、子分たちの裏切りや、のし上がろうとする子分たちの悍ましさが描かれている。

2016年劇場鑑賞作品・・・163映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング