パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

泣く男 ★★★

2014年10月21日 | アクション映画ーナ行
『アジョシ』などのイ・ジョンボム監督が、『ブラザーフッド』などの韓国を代表するスター、チャン・ドンゴンを主演に迎えた衝撃のアクションドラマ。クールな殺し屋が少女の命を奪ったことをきっかけに、次第に人間的な感情に目覚めていく悲痛な葛藤を本格的アクションと共に描き切る。『恋愛の温度』などのキム・ミニが、殺された少女の母親を熱演。孤独な主人公が贖罪(しょくざい)のために選んだ壮絶な死闘はもとより、彼の揺れ動く感情が胸を締め付ける。
あらすじ:悲しい過去を持つゴン(チャン・ドンゴン)は、中国系マフィアの殺し屋として暗躍していた。すご腕のプロとして名をはせた彼だったが、ある晩、任務遂行中に無関係の幼い少女ユミ(カン・ジウ)の命を奪うという大きなミスを犯す。彼は取り返しのつかないことをしたと行方をくらますが……。

<感想>チャン・ドンゴン主演の、超ハードボイルドサスペンスだと言うので観賞した。いや、あんまりにも「アジョシ」のイメージが頭にチラついていたので、一目観た時に違う人かと勘違いかなぁ、なんて思ってしまいました。

上が「アジョシ」のチャン・ドンゴンで、下の男が今回の彼です。
それくらい、顔の形相が変わり果てていたので、ヘアースタイルでこうも変わるのか、少し太ったのか中年のおっさんのような、そんな感じを受けました。本当にガッカリでした。

物語は、冒頭のシーンでチャン・ドンゴンの暴れっぷりの凄いことといったらない。韓国人ビジネスマンもロシアンマフィアも、みんな皆殺しにするんですから。呆気に取られて観ていると、ドアの向こう側に誰かいる。で、バンバンと銃をぶっ放して、ドアを開けると少女が撃たれて立っていた。
それからですね、罪のない少女の命を奪ったことから贖罪を願う心優しい殺し屋になっていました。ですから、組織を裏切ってまで、少女の母親を守り抜こうとします。しかし、父親もなんであんな幼い娘をナイトクラブへ連れて行くのかなぁ、闇取引の仕事で行ったのに、幼い娘を連れて行くなんて。それに、母親だっていくら父親が連れて行くからと言っても、仕事なら家で待っていた方が良かったのに。
でも気に入らなかったのは、少女の母親を助けるために、育ててもらった組織を裏切ってまで、仲間を殺したりするんですから。その母親も、睡眠薬自殺を図って、そこへゴンが現れ死なれては困るとばかりに病院へと担ぎ込むわけ。

確かに、その母親が大事なファイルのデーターを持っているらしい。そのデーターを盗み、母親も殺せと命令される。ですが、絶対に母親の命だけは守りたいと、マンションでの銃撃戦の激しいことといったらない。韓国人ギャングを殺したと思ったら、反対側からの殺し屋の狙撃手が撃ってくるし、外へ出て車に乗っても追い掛けて来て車に向かって乱射して穴を開けるし、絶対に主人公は撃たれているはずなのに。

私が一番のお気に入りは、主人公が負傷して身動きが取れないところへ、殺し屋が近づいてきて、手榴弾のピンを見つけるも「そんな古い手は通用しないぜ」という。ですが、後ろの電子レンジの中には、スプレー缶とハサミが入っていた。それが爆発して、ハサミが殺し屋にぶっ刺さるシーンが最高にスカッとしました。
でもね、こういうアクション映画は、ジェイソン・ステイサムの作品で観ているし、彼のアクションは半端じゃないくらいにカッコイイよ。だからっていう分けじゃないが、最期に見せ場というか、母親に電話して「ドアの向こうに娘を殺した犯人がいる。入ってきたら、拳銃をぶっ放せ」と言う。そして、ドアが開き、母親は男を目がけて銃を乱射するのだ。
ゴンが、一人で廃墟の中で、自分が殺した人たちを泣きながら弔っているような、そんなシーンがありました。特に、幼い娘の写真のような、その前で泣きじゃくるゴン、タイトルの「泣く男」は、冷酷な殺し屋稼業を後悔しながらも、自分の生き様を見つめ泣いたのでしょうね。
監督は、『アジョシ』を大ヒットさせたイ・ジョンボム監督だけに、銃撃戦&格闘技戦の迫力は半端なく申し分ありません。主人公のゴンが、重火器で武装した殺し屋軍団とマンションで戦うシーンは、もはや戦争映画のような有様でした。もう少し内容が充実していたらよかったのに。
2014年劇場鑑賞作品・・・322  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« グレース・オブ・モナコ公妃... | トップ | 近キョリ恋愛 ★★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーナ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

泣く男/流石は元祖韓流四天王 (MOVIE BOYS)
『アジョシ』のイ・ジョンボム監督が送るアクションノワール。主演は元祖韓流四天王チャン・ドンゴンだ。共演にキム・ミニ、『ウルヴァリン:SAMURAI』のブライアン・ティー、『アジョシ』のキム・ヒウォンといった俳優が出演している。韓国映画らしい本格アクションと一...
劇場鑑賞「泣く男」 (日々“是”精進! ver.F)
哀しみと罪を背負い、生きた男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410180000/ [Blu-ray] アジョシ スペシャル・エディション価格:3,914円(税込、送料別)
『泣く男』 2014年10月10日 なかのゼロホール  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『泣く男』 を試写会で鑑賞しました。 凄い疲れた(かなり凄いことになってまっせ奥さんって感じw) 【ストーリー】  悲しい過去を持つゴン(チャン・ドンゴン)は、中国系マフィアの殺し屋として暗躍していた。すご腕のプロとして名をはせた彼だったが、ある晩、任...
『泣く男』 (2014) (相木悟の映画評)
やがて哀しきコリアン・ノワール! 情感溢れるルックとクールな活劇に魅せられる一級の韓国映画ではあるのだが…。 本作は、『アジョシ』(10)にて韓流バイオレンスの凄まじさを世に知らしめたイ・ジョンボム監督作。主演は、『ブラザーフット』(04)で『アジョ...
泣く男/チャン・ドンゴン (カノンな日々)
『アジョシ』のイ・ジョンボム監督が韓国のスター俳優チャン・ドンゴンを主演に孤独な殺し屋の運命を描いたハード・バイオレンス・クライム・アクション・ムービーです。 出演は ...
『泣く男』 (こねたみっくす)
プロ意識のない殺し屋たちによる残酷なだけで不細工な映画。 『アジョシ』という大傑作を作り上げたイ・ジョンボム監督があのジョー・ライト監督のようにアクション映画の撮り方 ...
「泣く男」 (ここなつ映画レビュー)
どういえばいいのか…。色んな意味でたいして面白くなかった。感想が1~2行で終わるのもナンなので、たいして面白くない「色んな」を紐解いてみた。?アメリカ・韓国・ロシア…色々な国と組織(たぶん)が出てくるが掘りが浅いので消化不良。韓国側のボス以外は何を生業と...
泣く男 (銀幕大帝α)
NO TEARS FOR THE DEAD 2014年 韓国 116分 アクション/犯罪 R15+ 劇場公開(2014/10/18) 監督: イ・ジョンボム 『アジョシ』 脚本: イ・ジョンボム 出演: チャン・ドンゴン:ゴン キム・ミニ:チェ・モギョン ブライアン・ティー:チャオズ キム・ジュンソ...
泣く男 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【NO TEARS FOR THE DEAD】 2014/10/18公開 韓国 R15+ 116分監督:イ・ジョンボム出演:チャン・ドンゴン、キム・ミニ、ブライアン・ティー、キム・ジュンソン、キム・ヒウォン、カン・ジウ その殺しの報酬は、購(あがな)い。 Story:幼い頃に中国系犯罪組織に拾われ....
泣く男 (だらだら無気力ブログ!)
アクション見応えあった。
映画評「泣く男」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年韓国映画 監督イ・ジョンボム ネタバレあり