NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

周囲の環境がもたらす効果

2007年08月31日 07時13分35秒 | 学習塾経営
今日で8月も終了。あっという間の夏休みだった。
そんなことを昨日、生徒たちと話していた。
特に大学受験生は終盤、かなりの勢いでペースが上がってきた。
安曇川校の生徒の中には6~8時間、塾で過ごしている者も。

何よりも良い刺激を受けているのが高2生。
進学を考えていなかった生徒でさえも進学を意識し始めている。
目の前でがんばっている受験生から直接「今からがんばりや!」なんて
声をかけられている姿も見受けられた。

個人別指導でありながら、受験は実は団体戦でもあるなぁと思っている。
塾で、あるいは学校で、友達同士の支えや先輩からの助言などは
心理戦では非常に重要な要素だ。

学力面と心理面。
この2面をうまくサポートできる塾でありたいと思っている。
心理面は特に学力面に大きな影響を与える。
悩みや心配事があると学力にかなり響いてしまう。
逆に心理的に安定していて、先輩や友人からやる気をもらったりしたら
同じ学習をしているにもかかわらず学力は想像以上に伸びてくる。

周囲の環境が大事なんだとつくづく感じる。
ま、これは学生だけの話ではないが。
コメント   この記事についてブログを書く
« コーチの役割 | トップ | 9月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学習塾経営」カテゴリの最新記事