NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

丸暗記ではなく

2019年06月08日 16時30分39秒 | 勉強方法
6月は旧暦表記で水無月といいます。
梅雨の時期なのに「水か無い月」って変ですよね?

実はこの「無」は助詞の「~の」という意味で
「水の月」と解釈する説が有望だと言われているそうです。
(諸説あり)

旧暦を丸暗記で覚えようと思うとたいへんですが
どうしてそう呼ぶようになったのか、という
由来をいろいろ調べてみると面白いですし
頭にも残るものです。

社会や理科の暗記部分など、すべての事項に
このような由来とか理由とかがあるとは限りませんが
できるだけ、何か意味を付けることで覚えやすくなります。

私、永濱は「覚えておけよ!」というフレーズが
あまり好きではありませんので極力使わないようにしています。

理科の元素記号や体内の消化器系、動脈・静脈などの血液循環
などなど、丸暗記するのではなくいろんな意味をこじつけて
面白く頭に入るように工夫しています。

みなさんも暗記をするときにはただ丸暗記するのではなく
自分なりのちょっとした意味をこじつけてトライしてみてください。



ちなみに旧暦は以下の通りです。
時間のあるときにそれぞれ由来を調べてみてくださいね。
諸説あるのでそんなときは自分が1番しっくり来るものを選べばOKです。


1月  睦月(むつき)・・・始まりの月なので親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」から
2月  如月
3月  弥生
4月  卯月
5月  皐月
6月  水無月
7月  文月
8月  葉月
9月  長月
10月 神無月
11月 霜月
12月 師走
コメント

進路について

2019年05月26日 09時19分39秒 | 保護者の方へ
「やりたいことがわからず、進路が決まりません」とか
「親と子の意見が合わないです」というご相談を受けます。

まず、第一にお伝えしたいのは
ご自身だけではなく、たいていの受験生が
毎年、同様の悩みを持っていられるので
自分だけが・・・と思い込まないようにしてもらいたい
ということです。(^^)


私も親になって21年になり2人の息子がいます。
子どものことなんて心配しだしたらきりがなくなり
家族で話し合う際には言い方など些細なことから
口喧嘩になってしまうような状況はおおよそ想像がつきます。

もう一度、言います。
どこのご家庭でもこのようなことはごく普通であり
何も特別なことではないのでくれぐれも
焦って答を出そうとしないようにしてもらいたいです。


進路が決まらないという点ですが
やりたいことが見つからず、でも進学したいということであれば
今、学校で習っている教科の中でどの分野が好きとか
興味があるとか、感じられるのかを考えてみてください。

社会でも国語でも、技術家庭や体育でも、何でも良いです。
とりあえず、少しでも興味を持てる分野を勉強しに大学や専門学校に進学するとしたら・・・
という前提に立って学校を探してみてください。

そうしてピックアップされた学校のオープンスクールや説明会などに
参加して、その分野の雰囲気を感じてみてください。

1校ではなく、複数校に参加してみることをおすすめします。
また、全く違う分野の学校もできるだけ参加してみると良いと思います。

「なんか違うかな・・・」って思うことは正直に受け止めて
また同様に1から考え直して、、、を繰り返します。
そうこうしていくうちにいろいろ見えてくるものが必ずあります。

ここで保護者や我々指導者がやってはいけないのが
頭から「否定すること」です。

よくあるケースなのが
「パソコンやゲームに興味があるから、その方面の専門学校を!」
と、子どもが決めかけているときに
「そんなもので、食っていけるか!」などと言ってしまわないことです。


では親子間ではどうすれば良いのか。

保護者としてそれでは食べていけないだろう・・・と
思ってしまうのであれば「冷静に」それを伝えてあげることです。
思いが伝わるまで何度も何度も話し合いたいです。

最初はお互い譲らないと思いますが、ふとした時に
「親のいうのも一理あるな・・・」と子どもは思いますし

親も「子どもがやってみたいって言うならやらせてみるか」
なんて思いになってくるものなのです。


話し合いをしてその場で意見が合致すれば良いですが
そうでないなら何度も繰り返すしかありませんね。
ポイントはあくまでも冷静に!です。(^^)


最後に、
進路を決めてその道を生きていくのは子ども自身であるという
大前提を我々大人は忘れてはいけません。

心配なのはわかりますが
もし、親や周りの言うことを聞いて進路を決めた子が
社会に出て何かに躓いたとき
「あのとき、あの人たちの言うことを聞かなければ良かったかも・・」
という後悔をさせてはいけないと思うのです。

進路によっては重大な決断になることもあると思います。
ですが、それによってお子様は確実に大きく成長されます。

親や周りの大人は1つのアドバイスとして(感情的にならないよう)
子どもたちに接してあげるのがベストだと私は感じます。




進路のご相談などは下記よりお気軽に!

************************

お問い合わせは・・・

★ホームページのフォーム
 → http://www.pegasasu.info/contact.html
★メール
 → mail@pegasasu.info
こちらからお気軽にお尋ねください!

または

★お電話(フリーダイヤル)
滋賀:0120-85-3772
京都:0120-358-109
※日曜日を除く13:30~22:00
(※授業中(17:00~21:30)はできるだけお控え下さい。)


コメント

高次元な欲求を持つには!?

2019年04月30日 12時31分51秒 | 教育の話題
ゴールデンウィーク真っ只中。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
私は特に変わりなくいつも通り事務所に来て
諸々、仕事をしております(^^;

さて、いよいよ今日は平成最後の日となりました。
令和に向けてカウントダウンなんかも行われるようで
まるで大晦日のような様相ですね。


そんなお祭り気分のときに
久しぶりのブログ更新です(^^;


先日、ある保護者様に

「子どもが自ら勉強するようになるには
 何か必要なのでしょうか?」

と、尋ねられました。


20数年の私の学習塾歴ではありますが
今まで見てきた生徒の中で自ら進んで勉強をする子に
共通するのは、保護者の方の「愛情」をしっかり受けて
育ったという点です。

甘やかすとか、過保護に育てる
と、いう意味ではありません。


少し固い話になりますが
人は生きていくための欲求を満たしながら
高次元な欲求へと自らを進めていきます。


生理的欲求 → 安全の欲求 → 社会的欲求

 → 承認の欲求 → 自己実現の欲求
 

このマズローの欲求5段階説は有名ですね。

自ら勉強したい!という欲求は
上から2番目の「承認欲求」(認められたい!)
とか1番上の「自己実現の欲求」(自分の持つ力を最大限いかしたい!)
の部分に当てはまります。


上から3番目の欲求に「社会的安心の欲求」があります。
これは、家族や集団に所属し安心を得たいという欲求です。


これが満たされないと4番目、5番目の高次な欲求は
芽生えてきません。この3番目の社会的欲求を満たすのが
「家族の愛情」ではないかな?と考える部分です。


家族の愛情といってもずっと一緒に居ないといけないわけではありません。
早朝から夜遅くまで働かれているご家庭でも愛情は注げます。
反対にずっと一緒にいててもうまくいかない関係もあります。

家庭内教育は過保護でも放任でもダメだと言われます。
ですが、私は「無限の愛情」があり
子どもが安心できる環境を作り出せれば
過保護でも放任でも大丈夫だと思っています。

自らがんばるお子さんの親御さん、保護者さんは
「いつ勉強しているのかわかりません」とか
「勉強しなさい!と言ったことがない」などと仰います。


神童とか、天才と呼ばれるような
生まれ持って能力の高いお子さんもいらっしゃいますが
愛情や安心感に満たされなければ
その能力を発揮することはできませんからね。


簡単にまとめますと

自ら進んで勉強する(スポーツや習い事も然りです)のに
必要な要素というのは

安心してくつろげる場所、帰る場所があることと
無限の愛情を注いでもらえる環境

だということです。


ご家族で一緒に居ることが多くなるこの連休中に
いろいろ考えてみてもらえると良いかと思います!
コメント

地域密着で選ばれる塾へ精進します!

2019年04月05日 17時06分37秒 | 当塾について
お陰様で弊社6教場ともに2019年度を迎えることができました。
ひとえに日々、通ってくださる生徒さん、
それをバックアップされている保護者のみなさまのおかげです。
ありがとうございます。心から感謝申し上げます。

今後も我々ができることを愚直に精一杯
地域密着でやっていきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。


この春休み、草津のサッカークラブ(MI-O レディースU-15)の
生徒さんたち対象に学習支援を行いました。

サッカーだけではダメ、もちろん勉強だけでもダメ
どちらもがんばってやろう!をテーマにやり切りました。

最後には「むっちゃ集中してやれた!」という言葉が聞けて
とても嬉しかったです!(>_<)


新学期からも学校とサッカーの練習との両立のために
学習サポートをしていくことになりました。

文武は必ず両立できる!
というのを見せつけてもらいたいです。
これからが本番です!
コメント

高知大学合格!

2019年03月08日 10時56分21秒 | 当塾について
高知大学合格の吉報が入ってきました!
本当におめでとうございます!

これからがやっとスタート地点ですので
ぜひ、夢に向かってがんばってください!


高島市からでもコツコツがんばれば
大学入試という全国大会でも十分に結果を出すことができます。
そのことを、今年もこうして証明してくれました。

全国大会、特に国立大学を目指す人は
1日でも早く受験勉強に取り組みたいです。

我々も、そのことをもっともっと前面に出し
みなさんにお伝えしていかないといけないなと
改めて考えさせられています。


まだ結果待ちの状態が続きます。
人事を尽くし、天命を待ちたいと思います。


************************

お問い合わせは・・・

★ホームページのフォーム
 → http://www.pegasasu.info/contact.html
★メール
 → mail@pegasasu.info
こちらからお気軽にお尋ねください!

または

★お電話(フリーダイヤル)
滋賀:0120-85-3772
京都:0120-358-109
※日曜日を除く13:30~22:00
(※授業中(17:00~21:30)はできるだけお控え下さい。)
コメント

入塾をお断りするたった1つの理由

2019年02月20日 22時47分01秒 | 当塾について
ここ数週間、ちょこちょことお問い合わせをいただいております。
ご紹介いただいた方、ありがとうございます。

当塾では入会月みたいなものはなく、いつでもスタートできますので
お気軽にお尋ねください。できるだけ早めのスタートをご提案しています!


さて、新学期の一般募集に向けたチラシができ上がってきました。
http://www.pegasasu.info/PEG2019-spring.pdf
3月から新聞折込やポスティング業者さんにより
地域のみなさんのご自宅へポストインされると思います。
ぜひ、お子様の塾選びの選択肢に当塾を入れてもらえると幸いです。


よくいただくご質問の中に

「入塾選抜はあるのですか?」

「うちの子でもついていけますでしょうか?」

というものがあります。

まず、当塾は個人別に指導をしていますので
その子、その子に合ったペースと難易度で進められます。
したがいまして入塾の選抜も、授業についていけない
と、いうこともありません
のでご安心ください。


ただし、1つだけ入塾をお断りすることがあります。
それは授業中に大きな音や声を出してストレスを発散したりする
いわゆる「周りに迷惑をかける行為」をされる場合です。

大きな声を出したり、友だちと騒ぐことで自分はスッとするでしょう。
声を出した本人は、勉強をやらないだけで済むかもしれませんが
周りでがんばっている子たちはそうはいきません。

もちろん、分からないときや、やりたくないときもあるでしょうから
どんどん先生に相談してもらったら良いです。

「やる気が出~へん!」「まったくわからん!」など
1人で先生に相談したりストレス発散するのはかまいません。
とことん付き合いますからね!

ですが、周りを巻き込んではいけません


学校と学習塾が大きく違う点は
みんな「勉強をしに来ている」ということです。

イエローカードを何枚かまでは用意していますが
あまりひどい場合は退場していただいたり入塾をお断りしないといけません。
我々も非常に心苦しいです。

ただ、それが社会に出るということだと思いますし
社会の暗黙のルールに従える能力を身につけてもらいたいと願い
そういうルールを設けさせてもらっています。

幸い、今まで該当する人はほとんどいませんけれどね!

ワイワイと楽しく勉強するスタイルではありませんので
その点だけご了承ください。


************************

お問い合わせは・・・

★ホームページのフォーム
 → http://www.pegasasu.info/contact.html
★メール
 → mail@pegasasu.info
こちらからお気軽にお尋ねください!

または

★お電話(フリーダイヤル)
滋賀:0120-85-3772
京都:0120-358-109
※日曜日を除く13:30~22:00
(※授業中(17:00~21:30)はできるだけお控え下さい。)

コメント

受験真っ只中!

2019年02月12日 10時23分00秒 | 入試
受験シーズン真っ只中です。
入試は誰一人として「余裕」で受験している人はいません。

何かあったらどうしよう
解答欄を間違っていないだろうか

など、日頃の模試でどれだけA判定を取っていても
そんな不安を感じてしまうものです。
それが正常です。
みんな同じですからそれで安心してください。

最後まで応援しています!!
コメント

入試の季節です

2019年01月24日 15時56分48秒 | 入試
立命館守山中学に見事合格されました。
低学年の頃から、速読や英会話などにも挑戦しながら
(いろんな勉強を楽しみながら)の受験をされての
合格でした。本当におめでとうございます。


残念ながら他校も含めて
全員合格、というわけにいきませんでしたが
みんな前向きに次の目標に向かって
次の一歩を踏み出してくれたようです。

本番一発勝負の受験は私個人的には
やはり、どうにかならないものか?と
毎年思っております。

何かの大会とかであれば良いかもしれませんが
もう少しチャンスを貰えると良いのにな
って思います。

入試といえども人生の一通加点でしかありませんからね。
良くも悪くも今後の自分の人生の糧にして
グンと成長していってください。


これからまだまだ大学入試、高校入試と
続いていきますが体調にはくれぐれも気を付けて
みんながんばってもらいたいです。


我々講師陣にとっては長~くて短い
1,2ヶ月となりそうです。
最後まで精一杯、応援します!
コメント

驚異の72点アップ!

2018年12月13日 09時31分48秒 | 塾の様子
昨日、当塾の某教室から
高2生の○○さんが英語表現72点アップしました!
とのとても嬉しい吉報が入りました。(実際は●●点から●●点になりました!)

72点を取ったのではありませんよ。
72点アップしたのです!!

勉強をやっていなかっただけでは?と言うのは簡単です。
そこから本気でやるかどうか、ここがとても難しいのです。
ましてや高校生の英語で72点アップですから
一夜漬けの丸暗記で、などと簡単に一筋縄には行きません。


やればできる!ってことを
こうして子どもたちから日々教わる我々は
本当に幸せな職に就かせてもらっているなぁと感じます。
感謝です!


ここ最近は学力の二極化と言って
平均点が50点だとしても50点を取っている生徒が多いのではなく
0~30点のゾーンと70~100点のゾーンに
人数が集中するという現象が起こっています。

ですからどの教室でも
1教科、20点、30点アップさせる生徒がたくさん出ています。

ただ、我々は点数を取らせる仕事をしているわけではありません。
子どもたちに学習の仕方を身に付けてもらうことを仕事としています。

その結果、こうして飛躍的に点数アップを果たしてくれているわけです。
つまり、点数をアップさせたのは塾ではなく、その子自身なのです。

これからもその点数を維持できるように、もしくは
もっと高見を目指していけるように
我々は応援していきたいです!
コメント

点数の伸び悩みについて

2018年10月15日 19時06分18秒 | 勉強方法
勉強をしているのに点数が伸び悩んでいる人の原因は

1.種々の情報が入ってしまって混乱している
2.アウトプットの練習が不足している
3.点数だけで判断している

これらが考えられます。


1つずつ見ていきましょう。

1のパターンは講習会などでたくさん勉強して
種々の情報が入ってしまい頭の中が整理できていない状態です。
焦らず、もう1度、講習会でやったことをサッとで良いので
振り返る時間を取ってみてください。
そんなに焦らなくても時間が解決してくれると思います。


2のパターンは練習不足です。
教科書や参考書、問題の解説を読む、ノートにまとめる、
などインプット学習なのでこれだけではなかなか
点数に表れないものです。

スポーツで喩えるなら、うまい選手のプレイばかり見て
自分ではイメージトレーニングだけになっている状態です。
先生の説明を聞いて、分かったつもりになる、というのも
この状態ですので、塾では気をつけるように指導しています。


3のパターンはたまにあるのですが点数だけを見ると
いつも通りの400点、だから伸びていない、と錯覚してしまう点です。
必ず順位を確認しておきたいです。(順位を出さない学校は平均点)
点数は同じくらいでも実は順位は上がっている!なんてことは
ザラにありますので気をつけてください。

また、たとえ順位が同じだったとしても
この時期であれば、人と同じくらいのことはやってこれた
ということの証だということも忘れないでください。

受験生は特に夏期講習などでは一生懸命がんばりますから
順位を上げるというのはなかなか難しいものです。
下がらなかった(もしくはそんなに下がらなかった)というレベルなら
周りのみんなと同等の学力は付いていますからそれほど
神経質になる必要はありません。



ザッとですが点数の伸び悩み解決策を書きました。
2のパターンは特に注意したいです。
アドバイスとしては「間違ったノートの作成」をお勧めします。
1回やって終わり!っていう人は必ず作りましょう。

作り方は人それぞれですが
ノートを作成することが目的にならないように気をつけたいです。
後でもう1度やり直すためのノート作成であることを忘れないように!

コメント