NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

堅田教室より

2016年10月26日 09時30分40秒 | 塾の様子
2学期中間テストの結果が出始めています。
昨日、堅田教室の中学生から嬉しい得点アップが続々と届きました!

特に、夏休みから来てくれた生徒さんたちの
1学期期末テストからのアップがすごいです。

理科46点アップ

数学28点アップ  

理科24点アップ 

英語11点アップ

合計185点アップ

5教科で185点アップと言うことは
単純に1教科平均37点アップですからすごいですね。

もちろん、テストの難易度にもよりますので
一概にアップしたからと言って喜んではいられませんが
平均点や問題を見るからに1学期末程度もしくはそれ以上の難易度でした。



今回のようにがんばったからと言ってすぐに
結果が出るとは限りませんし
この先、伸び悩む時も必ずやってきます。

ですがやれば必ず力は付いていますし
知識と経験が蓄積されていきます。
焦らず積み重ねていくことで必ず結果に繋がります。


この調子で来月の期末テストまで一気に行ってしまいましょう!



<<告知>>
中間テスト反省会開催!
10月29日(土)と11月5日(土) 堅田教室 / 11月4日(金) 守山サプリ校
中間テスト反省会を行います。
塾生さんからのご紹介がメインですがまだ席に空きはあるそうです(26日現在)。
テスト結果の検証をして、次回のテストに活かすのはとても効果的なのです。
終わったところはもう良い?次のテストには出ないからやらなくても良い?
いえいえ、そんなことはありません。なぜ、必要なのかも感じてもらえると思います。
料金は無料ですのでぜひ、お気軽にご参加ください!



※今回は中学生のみの開催となります。高校生は別途ご相談ください。
※塾生にはご案内を配布します。
※詳細は下記までお気軽に。

************************

お問い合わせは・・・

★ホームページのフォーム
 → http://www.pegasasu.info/contact.html
★メール
 → mail@pegasasu.info
こちらからお気軽にお尋ねください!

または

★お電話(フリーダイヤル)
滋賀:0120-85-3772
京都:0120-358-109
※日曜日を除く13:30~22:00
(※授業中(17:00~21:30)はできるだけお控え下さい。)

コメント

技術革新

2016年10月21日 23時59分08秒 | 生活・人生など
朝晩、急に冷えてきましたね。
風邪など引かないように気を付けたいです。

今日はお昼に地震が起こりました。
僕は堅田教室にいたのですが
緊急地震速報が携帯から鳴り響き
「鳥取で地震発生、強い揺れに備えてください」
とのメッセージがきておどおどしてました。


最初は「へっ?」って感じでしたが
しばらくして大きく揺れ始めました。

わりと長い時間揺れていましたが
速報のおかげで少し余裕を持てた気がしました。

この速報のおかげで次、来たときも
机の下にもぐろう、とか
部屋の真ん中に移動しておこうとか
何らかの対処ができるかもしれないなぁ~って
感じながら揺れていました。


こういった技術もどんどん革新してきましたね。
学校で習う算数・数学や理科が直接関係してるわけ
ではないのですがそれらを考え、こなしていることは
確実に関係してきます。

子どもたちは勉強の中身もですが
それを通じて勉強のやり方を学んでいます。

近未来の技術革新を担っている子どもたちに
我々ができる最善を尽くしていきたいと
改めて感じました。
コメント

2017年度の高等部について

2016年10月14日 11時11分50秒 | 当塾について
秋ですね!日中は過ごしやすい気温でとても気持ちいいですね。
ただ、昼夜の寒暖差が大きくなっていますので
体調管理には十分注意したいです。

今月は高校生から定期テストが始まっています。
塾としては10月~12月上旬まで
ほぼ定期テスト期間といった感じです。

大学の公募推薦入試などもはじまります。
いよいよ入試シーズンも到来です。



さて、来年度から当塾では高校生の授業をコース制に変更します。
1つは学校の定期試験、内申アップコース。
部活や生徒会などと勉強の両立を応援します。

内申アップを目指した学校の授業を主流とした学習内容です。
将来は指定校推薦やAO入試、公募推薦による大学受験を目指すので
英検はじめその他資格試験の対策なども行います。


もう1つは大学受験コースです。
今も一応そういう位置づけのものはあるのですが
より明確に分けるように準備しています。

将来は一般入試による難関私大、国公立大学受験を目指すため
学校の授業準備(予習)などは原則扱いません。
(定期試験前に復習する程度は行います)

また年に数回実施される予定でもある到達度テストや
英検、TOEICやTOEFLといった大学受験英語に深く関与されるであろう
資格試験の対策をその道の専門家の先生をお招きして
指導にあたる準備を行っています。

大学受験は今後大きく変化してきます。
ただその変化の度合いは正直、我々はもちろん
入試に関する主要関係者の方々も未知数だと言っています。
「やってみないとわからない」が現状です。

大学受験が今後いかなる方式に変化したとしても
柔軟に対応できる準備を整えていきます。
コメント

一生懸命に取り組むことが大事

2016年10月07日 11時06分47秒 | 教育の話題
「息子はサッカーが好きでそこそこ上手なのですが
 サッカーで生きていくのは並大抵のことじゃないので
 勉強をしっかりやっておいてもらいたい。」

「できれば高校ではサッカーは趣味程度にして
 勉強にも精を出し大学へ行ってもらいたいです。」


保護者面談をさせてもらっていると
よく、こんなご相談を受けます。

スポーツだけでなく、絵画とか音楽や
中にはTVゲームやカードゲームが上手で
全国大会に出た!などといったケースもあります。


まさに夢と現実の両側面といったところですね。
お気持ちはよくわかります。


ただ、勉強が最優先されるのはどうかな?
と、塾長の僕が言うのもなんなのですが(^^;
人は様々な分野で可能性を秘めているので
どこでどんな可能性の芽が出るかわかりませんから
ここは慎重になりたいです。

学力テストで偏差値70を取る人も
陸上競技でインターハイに出る人も
どちらもそれ相応の努力、挫折、あきらめなどを
経験しながら日々過ごしています。

どの分野でこういった経験をするのかが違うだけで
みんな同じ経験をするということを大人はわかっておきたいです。


どんな世界でも上には上がいます。
常に1位以外の人はどこかの段階で自分の限界を知って
あきらめなくちゃいけない人がほとんどです。
というか、全員がそうでしょう。
(レスリングの吉田沙保里さんでさえも勝ち続けられませんからね)


勉強、受験、進学にしろ、スポーツや芸術にしろ
要はそこで何を学ぶのかってことなんですよね。

自分が本当に限界を感じるまでやりきれる人は
そのあとも必ず限界までがんばれます。

保護者や周りの大人はそこで燃え尽きさせないように
しなくちゃいけません。スポーツも勉強も同じです。


自分が活躍できる場面には優劣なんてありませんから
全力で打ち込めるものがあるのなら
まずは、一生懸命やってみると良いと思います。

我々はまず応援してあげたいです。
そして、その応援を感じられた人は
自然と勉強(に限らず何に対しても)がんばります。
コメント

自分の進路を見失わないように!

2016年10月03日 23時55分31秒 | 入試
10月になりました。
寒暖の差が出始める時期ですので
受験生始め生徒のみなさん、体調管理には
くれぐれもお気を付けください。

10月、11月はテストや検定が目白押しです。
学校でも体育祭や文化祭、その他行事ごとが多く
勉強も生活も、そして部活も忙しくなってきます。

どれも学生時代の貴重な体験をする時間ですから
全力で当たれるように時間を上手に使ってください。


大学入試もいよいよ始まります。(既に始まっています。)
指定校推薦などもほぼ出そろってボツボツと
合格者が出始める頃でしょうか。

受験生はどうか、焦らないでください。
今こそじっくりと志望校や、自分の将来について
考える機会になります。

周りで「合格した」って声を聞くと
「いいなぁ~」という思いから、自分の進路が
安易な方へと流されてしまいそうになります。

どうか、自分が本当に歩みたい進路を
見失わないようにしてください。


僕は毎年、10月11月は
「楽になりたい!」という気持ちに
打ち勝つ時期だと生徒たちに話します。


公募推薦、センター試験、一般入試、前期、後期と
入試というチャンスは3月までまだ6ヶ月間もあります。

どうか心を見失わないように!
最後まで我々が応援しますから!(^^)
コメント