NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

子どもの教育

2015年11月27日 20時03分43秒 | 入試
「子どもの教育」と言ってもいくつかあって
学校、家庭、地域 これらそれぞれが
担っている役割があると思います。

小学校卒業の12歳くらいまでは
ご家庭ではなんと言っても「しつけ」です。
勝手に外で覚えてくることももちろんありますが
やはり圧倒的に自宅にいる時間の方が長いので
家庭で学ぶことがそのまま外でも反映されやすいです。

家庭で躾けると、言いましても
何も難しく考えるのではなく
本当に基本的なことで十分です。

たとえばあいさつ(おはよう、ありがとう、ごめんなさい、など)
は社会に出てから最低限のコミュニケーションツールです。

またルールや時間を守ること、自分の事は自分でする練習など
こういうことはご家庭が担っている教育だと思います。

間違った対応は外では恥をかいてしまいますが
ご家庭ならいくらでも経験させて大丈夫ですからね。
いっぱい経験させてあげたいです。


学校では学習と団体生活のしかたです。
特に団体生活でしょうか。
同年代や先輩後輩、教師と生徒など
さまざまなシチュエーションでの対応力を
教育できるのは学校しかありません。

そして地域。
家族ほど繋がりはないけれど
学校の教師以外で接する初めての大人です。
遠慮や気遣いなんかも覚えていくのも
やはり地域の方々との交流があってのことです。


学習塾が関与できるところはやはり
教科、入試、資格など「学習」です。

ただ、学習にもいろいろな要素が影響してきます。
学校や家庭での悩みなどを持っていると
点数に出てくるケースが多いです。

また時間管理や忘れ物、教わる姿勢や
言葉使いなど様々なアドバイスが可能なのも
学習塾の良いところかな?とも思っています。

限られた時間しか接することができませんが
学校、家庭、地域それぞれを統合した
総合的な「教育」を意識してこれからも
塾生には接していきたいと思っています。
コメント

時間管理のできる人に

2015年11月21日 15時46分56秒 | 生活・人生など
受験勉強は時間をうまくコントロールすることが
1つの大きな課題です。
高校受験や国公立大学を受験する生徒は
たくさんの教科をうまくマネジメントできるかどうか
試されていると言えるかもしれません。


ところで長い間、塾業界で生徒たちを見ていて
受験に失敗してしまう人の共通点があります。

それは時間を守れない、という点です。
大きな遅刻と言うよりも始業時間に1,2分遅れる
などという小さな遅刻が多い生徒が失敗しています。


つまり時間管理がうまくできていないため
何もかもがぎりぎり直前で行われている可能性があります。
そして、まだ時間に間に合っていれば良いのですが
少し遅れてしまっているのが非常に問題なのです。
(社会人になっても同じですね!)


学校の始業時間、友だちとの約束の時間など
タイムリミットがあるときの準備、行動を
きちんと守ることを最優先して時間管理をしてみましょう。

入試までまだ時間はあります。
生活のリズムを正すという意味でも時間管理を
もう1度ご家庭で話し合ってみてください。
コメント

子どもの可能性は無限大!

2015年11月15日 10時30分22秒 | 指導方法
昨日、北大路教室で2回目のブレインブースト体験会を開催しました。
今回もかなりびっくりの結果がバシバシでました。

2回目の生徒さんも初めての生徒さんも
なんか、前よりもむちゃくちゃ早く
どんどんグレードアップしていくのを感じたのですが
これってやはり指導する我々側の思いが伝わっているのだと
改めて指導者の心構えの重要性を感じました。


ピグマリオン効果というのがあります。

これは、指導する先生が
「この子たちはできる!」と思い込んで指導するのと
「あまりできないから基本を徹底させないと・・・」と
思いながら指導するのではまるで効果が違ってくる
というものです。


このブレインブースト講座はまさにそれです。
我々が普段、今までの常識にいかにとらわれすぎているのか
痛切に感じさせらていれます(苦笑)

子どもたちの可能性は無限大です。

昨日は、今まで本読みなんかしたことがなく
音読もたどたどしかった生徒が
すらすらと本を読み始めて、本が好きになってきたと
言ってくれました。


周りの大人が子どもたちに対して

できる!絶対できるよ!

っていう思いを持ち続けることが
本当に大事なんだなぁ~とベテラン講師たちとも一緒に
しみじみと話していました。(^^)

我々講師も本当に日々勉強です。
いくつになっても気付かせられることはいっぱいですね!
感謝です。(^^)
コメント

ブレインブースト体験会

2015年11月10日 22時52分12秒 | 当塾について
先日、北大路教室で速読プログラムを使った
能力開発(ブレインブースト)の体験会を行いました。

みなさんも左脳とか右脳という言葉を
聞いたことがあるかと思いますが
まさにこのブレインブーストは
右脳活性化のプログラムです。

脳科学についてはまだまだ未知の世界で
僕も正直まだまだ勉強不足です。
ただ、右脳の可能性に関しては
昔から興味があったのでいろいろ調べています。


このブレインブースト体験会では
右脳で読書ができるようになるのが1つの目標です。

先日の体験会では最初は左脳なので
1分間に200~800文字(原稿用紙半分~2枚)
くらいのスピードで読んでいるのですが

がわずか2時間ちょっとのトレーニングで
3000~10000文字(原稿用紙75枚~250枚)を
認識できるようになりました。


読書が好きな生徒はもとより
普段読書をしない生徒でも速くなるので
びっくりしました。


体験されたあるお母様からは
家で本など読んだことがないのに読んでいます!
ぜひ、講座を受講させたいです。
と、嬉しい感想を戴きました。


11月中に数回、体験会を行って
12月から開講する予定で準備を進めています。
塾生の方には後日、詳細をお知らせ致します。
(来年度からは塾生は授業に組み込んでいく予定です)
コメント