NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

2013年度の高校受験も・・・

2012年05月30日 23時19分58秒 | 教育の話題
子どもたちの進路について、今年度も少しずつですが
ご相談が増えてきました。
受験準備は早いに越したことがありませんが
まだ情報不足な面が多いのではないかと思います。

毎年、定員がどうとか、今年は難しくなる・・・など
さまざまな噂が飛び交います。
どうか、それらに左右されないでいただきたいです。

また、市外の学校などへ進学をお考えの場合も
十分に視察したり、実際に電車で通ってみたりして
自分の目と体で体感してみてくださることをお願いします。

実際に通っている生徒の話も我々からはさせていただきますので
どうぞ参考になさってください!
コメント

アウトプットの練習!練習!練習!です

2012年05月29日 22時57分13秒 | 学習塾
いやぁ~すっかり定期試験モードです。
点数を取らせる指導はあまりしたくない(というかできない)のですが
やらざるを得ない状況っていうのがありますね(苦笑)

毎回、そうなのですが、やはり今回も
日頃から少しずつ理解していくことの大切さを
痛感させられました。

塾でやっている教科は良いのですが
やっていない教科が非常にまずいケースが多々あります。
ちょっとまずいのではなく、かなりまずいのです。

学校の授業だけでは足りません。
よく理解していたとしてもやはりアウトプットをしておかないと
100点は取れません。

自分が思っている80%くらいしか取れませんから
120点以上取れる自信が付くくらい何度も何度も
アウトプットの練習をしておいて下さい。

教科書ややったワーク、プリントを眺めているだけでは
ダメです。それはインプットです。

アウトプットをひたすらやらないとダメです!
お願いしますね!
コメント

定期試験で問われている2つのこと

2012年05月28日 22時31分30秒 | 勉強方法
学校のテストの点数は現段階の理解度です。
ちょっとしたミスや、時間配分を間違ったりして
思ったより点数が取れていない・・・
ってこともありますが、それも今の自分の力です。

点数を取るためだけに勉強をしているわけでは
もちろんありませんが、やはり理解の尺度として
点数を取りに行くことは非常に大切です。

点数は理解度、と書きましたがもう1つあります。
それは「学習の計画性」です。

テスト範囲が発表されるのはだいたい1週間前です。
ですが、何度もテストを経験していると
だいたいどの辺りから始まるか、くらいは予想がつきます。

そして、最低でも今、学校の授業でやっているところまでは
範囲に入るだろうと予想して準備を始めることは
10日前くらいからでも十分可能です。

その計画を立てることができて、きちんと実践すれば
必然的にテストの点数はアップします。


このように学習の理解度と、学習の計画性の2面が
定期試験では問われていると言うことに気付き
実行してください。


学習の計画性を軽んじている人
(そんなので点は変わらないと思っている人)が
まだまだいっぱいいますから
点差を付ける(縮める)チャンスとも言えますね。
今からでも遅くないのでテストまでの計画を立てて
確実に実践してみてください。
コメント

堅田校、引越して1年になります

2012年05月26日 22時12分38秒 | 当塾について
堅田校も移転してあっという間に1年を迎えます。
おかげさまで小学生の夕方の時間が
曜日によっては満席になりつつあります。

今月はご紹介によるお問い合わせをたくさんいただき
ありがとうございます。
来週も無料体験授業が続きますので
お越しいただきます方、よろしくお願い致します。

まだ空席はありますので引き続き無料体験学習
受付中です!お気軽にお問い合わせください!
コメント

クラスで1番!

2012年05月25日 22時57分27秒 | 学習塾
先日、高校生が「先生、数学クラスで1番やった!」(中間テスト)
と、嬉しい報告をしてくれました。
中学校の頃からは残念ながら想像も出来ない
たいへん嬉しいコメントでした。(ごめんね!笑)

当塾では、テストでトップを取る生徒がたくさんいます。
ですが、それはあくまでも生徒個人ががんばった成果であって
塾の予想問題が当たったとか、要領の良い勉強方法を伝授したとか
そういう類のことでは全くありません。

テスト対策のプリントなどもそんなにありません。
ただ、勉強しようと思えば毎日でも来てやれる
自習席があります。

ですが、誤解しないでください。
自習ですから、基本的に質問は後回しです。
時間が無く、質問に答えることもできないかもしれません。


学年でトップやクラスでトップを取れるようになったり
1教科20点も30点も上げようと思ったら
生徒本人の意識の変化以外ありません。

その変化を如何に引き出させるか。
そしてその変化のタイミングを見逃さないように
我々は注意しているのです。
コメント

中学 定期試験前です!

2012年05月24日 22時59分49秒 | 勉強方法
お問い合わせをいただいておりありがとうございます。
今週末から中学校では定期試験前になるので
みんないつも以上によくがんばっています。
その調子でいきましょう。

1学期の中間テストは学校の授業があまり進んでおらず
試験範囲がとても狭い教科があると思います。
範囲が狭いということで難易度が上がる可能性があるので
絶対に油断せず、教科書や学校のワークやノートの隅々まで
何度も繰り返し勉強しておきたいです。

それから、提出物。
「出さない」なんていうのは論外ですが
如何に がんばったか をアピールするのも
提出物のやり方しだいです。

1回やって終わり!ではなく
何度も違うノート(ルーズリーフ)等にやって
一緒に提出してみても良いかもしれません。

これからしばらく、中学生は定期試験に向けての
ややおも~い(笑)日々が続きますが
前向きに楽しんでやっていきましょう!
コメント

進む二極分化

2012年05月23日 23時28分25秒 | 教育の話題
学力が二極分化されています。
もう随分前から言われていますが、中学が新課程になり
益々、本格的に二分化していく気がします。

学校内でもですが特に学校間、公私間の差が
大きくなっていくような気がしてなりません。
(既に大きな差になっているところもありますが・・・)


当塾では「一人ひとりの個性を大事に」することを
指導の柱にしています。
また、進路相談の際にもこの事を重視しています。

一般論も話しますが、本当にその子に必要なことを
これからも話していきたいと思っています。

大人になって「あの時、あの進路で本当に良かった!」って
思ってもらえるように、これからも精一杯、我々の思いを
お話しさせていただこうと思っています。
コメント

進み具合

2012年05月22日 22時55分10秒 | 勉強方法
塾ではどんどん先へ進んでいる人と
こつこつ進めている人、全く進められない人と
進み具合はまちまちです。

もちろん、人それぞれのペースがあるので
それはそれで良いのですが
進まない人の中に、できるのに進められない人がいます。

それは、家でできることを塾でやる人です。

せっかく新しい単元の文法を教えたいのに
単語や熟語などを覚えてこなかったから
まずはそれのやり直し・・・みたいなことで
塾の時間を消費してしまっているのです。

これは非常にもったいないです。

宿題、ってあまり好きではないのですが
塾での時間は限られていますから
出さざるを得ません。

進み具合はこの「宿題」が大きく影響しているので
できるだけ自宅学習をがんばってもらいたいです。

どうしても自宅では集中できない、と言うのであれば
教室へ来て自習席でやってください。
(と、生徒たちにも声をかけていきます。テスト前なので・・・^^;)
コメント

中学生、テスト前です!

2012年05月21日 22時01分59秒 | 勉強方法
中学生の中間テストが迫ってきました。
1年生は初めてのテストなので、どんなものなのか
不安なことと思います。

まずは、学校の先生が課してられる課題をやり切りましょう。
そしてその課題を2回、3回とやりましょう。
同じ問題が出たらもう完璧に出来る!
と、いうくらいまでやれると良いですね。

塾でワークブックを購入した人はそれもやります。
学校の教科書に準拠していますので
対応しているページをよく見て、やりましょう。
これも学校の課題同様、何度もやれるのがベストですが
そんなに時間もないと思いますので
間違った問題や、答えがわからなかった問題などに
チェックを付けておいて、テストの前日にやり直してみると
良いと思います。

その際、必ず
問題だけを見て解けるかどうか
を、チェックすることを忘れないでください。

答えを見ながらやっても出来た気になっているだけなので
気をつけてくださいね!




**********************************

今津校のメール配信システムに不具合が出ています。
連絡メール等でご迷惑をおかけしております。
申し訳ございません。
現在、原因を突き止めて復旧させるべく動いております。
もうしばらくお時間をいただくことお願い申し上げます。

なお、連絡はお電話でもさせていただきますので
お申し付けください。よろしくお願いします。
コメント

基本は、学校の勉強

2012年05月18日 23時29分55秒 | 当塾について
僕は塾での指導の際、一番大事にしているのは
学校の授業です。我々の指導というのは
その手助け以外の何物でもありません。

勉強ができる子とかできない子は関係ありません。
学校がなければ我々の仕事はありえませんからね(^^;

学校の授業よりも早く進めて、学校の準備(つまり予習)を
手助けする生徒もいれば、その逆もあります。
そうして、歯車をきちんと合わせてあげなくちゃいけないと
常に意識して指導しています。

学校と塾が違う柱で進めてしまったら
二重苦になるだけです。
これでは2つの学校へ通っている事になって
一番子どもが可愛そうなのです。


ただ、それはあくまでも学校の授業がきちんと成立している
という状態の話です。
塾や家庭学習任せであったり、筋の通らない説明で
子どもたちがちんぷんかんぷんになっていたりしていたら
やっぱりそれ相応の対応をしてあげなくちゃいけなくなります。


また、受験の場合も少し違ってきます。
学校はみんなで学習する場ですから1人の志望校のためだけに
時間を割くなんて事はできませんし、それが当然です。

この場合も指導の仕方は当然変わってきます。


当教室には本当にいろんな生徒が集まっています。
一人ひとりの個性を大事にしたい。
その思いは開校時から変わっていません。

まずは学校の勉強ありき。
他の事はそれから。
このスタンスはこれからも不変です。
コメント