NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

賢者の書

2009年09月23日 18時00分55秒 | メンター
この連休中、子どもたちのインフルエンザのことも
少し懸念してしまいましたので
人混みにはどこにも行かず。

うちの子どもたちは祖父母と芋掘りや
親戚の子たちとバーベキューや花火などで
少しは満喫できたかと思います。

僕もゴールデンウィークからたまっていた本を
一気に読んでしまいました。

その中でかなり衝撃的だった本を1冊ご紹介します。
先日、奈良県にある稲田塾の前田先生、乾先生に
ご紹介いただいた本です。

子ども向けに書かれている本ですが
僕自身のバイブルになってしまいました(笑)
お父さんに(もちろんお母さんにも)オススメの1冊です!


『賢者の書』
著 者 喜多川泰
出版者 ディスカバー・トゥエンティワン
http://www.amazon.co.jp/o/asin/4887597339/


プレゼントしたい本がまた1冊が増えました。
感謝です!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 海外へ行ってみたい | トップ | 何になる?ではなく、どうな... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (前田@稲田塾)
2009-09-24 10:47:48
永濱先生
読んでくださったのですね。
子どもたちにとって、私たちは言わば“知の水先案内人”。
どんどん素敵な本を紹介したいですね。
ありがとうございます。
Unknown (永濱)
2009-09-24 22:04:50
前田先生
コメント、ありがとうございます。
知の水先案内人、、、そうですね!
僕にとっても前田先生は水先案内人様々です(笑)


ところで賢者の言葉ですが
僕は第五の賢者の言葉「今」が
一番グサッときました(^^;

今後も楽しみにしています!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メンター」カテゴリの最新記事