木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

926 木工細工H25-7 額縁型小プランターカバー 他 

2013-04-28 08:00:00 | 木工細工

 下の写真は現役の「額縁型小プランターカバー」という名前を付けたもので、これは当工房(?)オリジナル品である。写真はブロック塀に金具で引っ掛けているが、足を付けて自立させるものも作っているが、今回は壁掛けもよし、床に置くもよしとしたものを、2個作成した。 

 

最近の方針は、”所持している材木を死ぬまでに使い切る”なので、今回も持てる材木に合わせた設計としたので、額の部分が異なる2個になった。

 

「額縁型小プランターカバー」     作品No 13-10a

パイン材(ベーマツ)  15*90*2000   *2本

(2×4(ツーバイフォー)材)  19*135 など在り合わせの材料を使った。

 

パーツ切断状態

プランターは100均で求めた「プラスチック製・深さ140、幅190、長さ350(外寸)」を基準にしたので、これが入る部分の内寸は、深さ140、奥行き210、長さ370mmとした。

額の外寸は幅602、高さ496mmとした。

また、屋外設置を前提に考えているし、朝夕の水やりは欠かせない用途であるために、水はけ風通し優先の構造としている。

組み立て完了状態(塗装前)

 

塗装(水性塗料)後の状態、

 

背面

 

寄せ植えをプラスチック製の小型のプランターに植えて飾る。このように置いてもよし、金具を付けてブロック塀に掛けて使う事も出来る。

 

 

「額縁型小プランターカバー」     作品No 13-10b

額になる部分には、2*4(ツーバイフォー)材の38*89*1800を使用、他は上記Aと同。

プランターが入る部分は上記Aと同じであるが、額の部分は素材の厚み(38mm)をそのまま生かした設計なので、極めて単純な形になった。

額の表面に余りやった事が無い、模様を彫ってみたが、様にならない。

塗装は上と同じく、白色水性塗装とした。

 

「背面」

 

寄せ植えを飾ってみる。

 

「壁掛け型トイレットペーパーストッカー」   作品No 13-11

 

以前に作ったものであるが、注文主(ワイフ)から不評で、放置されていたが、檜の板など結構高い材料を使っているので、押し付け先を探していた所、娘が使ってくれると言うので、塗装をしたもの。

ロール巻きのトイレットペーパーが最大7個収納出来る。

 機能的には不足は無いと思うが、木工製品としての価値が無い典型的失敗作であった。

 

コメント (2)