木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

コーヒークラブ (No 2183)

2020-01-21 08:00:00 | 飲食店

  友から、貴様が昨年一年間で一番と思ったコーヒー屋で初釜をしようと言ってきた。もとより大賛成で、ならばと行く店を考えた。 私の中で一番印象に残っているのは「沙羅の木」であったが、コーヒーの味の話ではなかったので、引っ込めた。

 もう一人の友の意見を聞くと、豆を販売しているレベルの店と言うし、私はコーヒーの味が良い店、雰囲気の良い店、が望ましいので、ネット上で調べたら、「コーヒークラブ」がよさそうと感じた。

  発案の友が言うには、その店は大昔に訪ねたことがあり、味はよかったというので、ここにした。 この店の前の道は昔の幹線道路であり、しょっちゅう通行していたが、ここに喫茶店がるとは、今の今まで全く気が付かなかった。

 

  「コーヒークラブ(菰野・珈琲倶楽部)」

       三重県菰野町大強原2818-2
   

 

 外観は質素であり、大きな看板もないが、豆も生状態でも販売しており、色々なコーヒーの味を愉しむ私には最適の店であり、こんな店が近くにあることを知って、今の在庫が減ったら買わねばと思った。 

 

  従来、豆は茶色いものだと思って居たが、それは煎った後であって、ここで始めて生の豆を見て、それが白いことを知ったのであった。

 

  この後、食事にしたが、その記録は後述する。(2020.01.08 ミニ獅子会)

                          

コメント

美味しいコーヒーを求めて (No 2190)

2020-01-20 10:27:20 | その他

 

 

試飲コーヒー一覧(粉)

         
メーカー商品名販売g10g@味覚購入先試順
Ucc ブルーマウンテンB 20066.85△+PAG 1
小川スペシャルB00917062.24 SNS10
スターバックカティカティB 15060.48 STB18
支留比亜オリジナル 20060.00 SLB23
ReconfortプレミアムB 25054.00 RCF29
ホリホリ・コーヒー 25054.00 ? 21
スターバックライトノート 16044.88△-OJA26
スターバックミディアムロースト 16043.38 MSK14
森彦深煎り 18041.88△-PAG24
ラパックエスプレッソ 25038.79× OJA25
小川フェアトレードモカB 17037.94 PAG 5
小川オリジナルB 17037.94 SNS 4
富士ブレンド0520037.65 IGK28
Key プレミアムステージ 18035.88 SNS 8
Key トラジャB 20032.20 BIK 2
小川期間限定冬 18029.88 PAG27
斉藤名古屋珈琲紀行18029.88△-SNS 7
Key プレミアム・モカB 20025.81△-SNS11
Key スペシャルB 20024.70△+PAG12
Ucc マイルド・ハイロースト 18023.88△-IGK 6
Ucc ロースト・マスター 18023.88 IGK17
Key キリマンジャロB 20020.90△-BIK 9
小川オリジナルB3 40017.50△-BIK15
Ucc スペシャルB 25016.33△+PAG13
Ucc キリマンジャロB 32013.43× SNS 3
AGF キリマンジャロB 35012.26 SNS19
Key モ カ B33011.00× BIK22
LotusCivet・アラビカ 150? - 16
ヒマラヤEvelestCoffee - 20

 

 

 

コメント

Reconfort・喫茶店 (No 2180)

2020-01-20 08:00:00 | 飲食店

 2020.01.05、今日も病院行きのボランティア運転手は、コーヒー代¥500をいただいて、近くの喫茶店で、客待ち時間を過ごすのであった。 この店の前は何度も通過するが、店先はかなり落ち着いており、目立たないから、喫茶店とは気が付かなかった。

 

  「Cafe Reconfort」  四日市市日永西3-3-20 

  「コーヒーが美味しい店」で検索して見付けたもので、コーヒーを当店自慢の焙煎による、豆を販売すると知って、ならば、是非行こうと決めていた店であった。 入って見ると、外観と内部は大違い、ほんのりとして良い印象、客は若い人ばかり。

  店は結構ゆったりとしていて、若干の販売コーナーもあった。 私が店に入ったのは、10時半ごろであったが、客はまばらであったが、それから30分も経たない内に、席の80%程にお客さんが入ってきた。 

 

 帰りがけに、オリジナルコーヒーを購入しようとしたら、これから焙煎するので、10分ほど待たねばならないという。 車の客から電話が掛る時間が近いので、諦めようとしたら、「プレミアムブレンド」なら、直ぐ渡せるという。

 特に飲みたい銘柄があるわけでも無く、先ほど飲んで美味しいと感じたものと同じものなら、悪くはないので、今回はそれにした。 それが下記であり、250gr入りが、¥1350(税別)(1350*1.08/25=58.32yen)であった。

 

  味は、一言で言えば、「まろやか」であり、やはり、店で出すコーヒーらしく、万人向けであり、私の舌でも美味しいと感じたのであった。 なお、他の銘柄との比較は別途とする。

 

                          以上

 

 

コメント

庭の花 (No 2186)

2020-01-19 08:00:00 | 我が庭の花

  令和二年最初の「庭の花」の紹介である。 今回は花が少なくて、実ばかりになったが、立派に自己主張をしているので、見てやって欲しい。

 

 「オモト」

 

 

 「チャノキ」

 これは、ボケ咲きに他ならないが、斑入りでもあり、我が家では立派な花としている。

 

 「フシチョウ」

 2m近くに育って、我が家では始めて、やっと咲いてくれた。

 

 「ルビーネックレス」

 

 「マンリョウ」

 

 「マメキンカン」

 食べて見た人が、食べて見てくれたが、すごく苦いとのこと、「キンカン」の仲間のはずなんだが、味は別か?。

 

 

 「クチナシ」

 今年も実がいっぱい成ってくれた。

 

                           以上

 

 

コメント

SQLで四苦八苦 -2 (No 2176)

2020-01-18 08:00:00 | パソコン

 経緯は何回も書いているので、ここは省略するが、データーベース(DB)は何とか作れるようにはなったが、これを実際に使うどころか、テスト的に使うことさえも、出来ないで居る。まだまだ、その初期の段階で足踏みしている。

 友に教えを請いながら進めているが、私の頭の老化現象が激しく、それについて行けないのが、甚だもどかしい。 御在所岳の頂上は直ぐ近くにありそうなのに、藤内壁 が行く手を阻む、それに回りは真っ暗で何も見えないのだ。

 暗中模索から始まり、苦難の連続にどか解らん所からの嫌がらせのようなことも起きて、抵抗しようとするが、藤内壁はこんなにも険しかったのかと、今更ながらにその克服の難しさに直面している。過去の苦労は下記に期したが・・・。 

 1. Java Script  (最初に取り組んだ) 
 2. 目標     (改めて具体化した)
 3. やる範囲   (目標の一部でもある)       以上 「暗中模索 -1」2149
 4. PHPとMySQL (試行結果の初期) 
 5. DB と SQL  (正に暗中模索)           以上 「暗中模索 -2」2150
 6. SQL Server (DBの名前付けたが?)           「暗中模索 -3」2151
 7. サーバー   (サーバーはいずこに?)
 8. SQL Server へのデーター書き込み       以上「暗中模索 -4」2152
 9. 再びPHPとMySQL               「四苦八苦 -1」2174

 今回はこの続編になる。

 

10.プラウザの比較(試用を含む)

 ウエブ上でDBを操作するためのプログラムでは、私はPHPが比較的取り付きやすいので、PHPを本格的に取り組もうと考えたのだ。 つまり、PHPの中でMySQLを動かすことを考えたのである。勿論購入した本の勧めを信じたのである。

10.1 Internet Explorer

 「既定のアプリ」にしているので、通常はこれで「実行」をしているが、いつものようにここで、PHPのプログラムを「実行」するが、「Not Find」とのメッセージが出て、進む事が出来ない。 タイプミスが無いかなど、何度も確認したが、誤りはなく、エラーが出て止らない。

 

10.2  Edge

 MSを"毛嫌い"していることから、Edgeもスタートメニューから外していたが、それが原因かも?と思い、新たに明けて、やって見るが、同じエラーになり前に進めない。 

   

10.3 Chrome

 ここに来て、やっとApacheのアイコンが出て、そこでPHPのプログラムの実行を掛けると始めて動いた。 数回やった結果問題無く動くので、一山越えたと喜び、友にもメールしたのであった。

 そして、翌日さらに進もうと、次のプログラムを実行かけると、「Not Find」のエラーがでて、止ってしまうのであった。 その後何回も試みるが前に進めなかった。

 

10.4 Firefox

 それで、最後の手段(?)として、Firefoxをインストールし、結果は同じであり、試みは徒労に終わった。

 

 

11. Apacheの再インストール

 Chromeで最初は良かった子とから、Apacheが何らかの原因で壊れたのかと考えたもである。私の場合は、本の勧めに従いXAMPPでのPHPとMySQLなどとのセットでインストールしているから、XAMPPのコントロールパネル(下の画像)から、ApacheもMySQLも正常との信号を受けている。

 しかし、それは表示だけかもしれない、実質はApacheに障害がおきているのでは?と考え、再インストールを試みたのである。 それも、同じ事をするのではなく、今度はMAMPを使って、ApacheとMySQLをセットでインストールして見た。

 下の画像がそのメインパネルであり、右上にApacheなどがきちんと動いているか否かの表示があるが、これを見ると、MySQLは正常であるが、Apacheは正常ではないと言う。これを見て愕然とした。Apacheは正常にインストールされないようにされているかも?と考えた。

 

 調べて見ると、こんなことは現実にはあるようであるが、私にはXAMPPでのApacheが壊れた原因とMAMPでのApacheの不具合が同じ原因かも知れないと感じたので、Apacheの再インストールをしても同じかも?と思い、やる気が一度に低下したのであった。 

 

                            つづく

 

 

 

 

 

コメント

帰り道・夜の湾岸道 (No 2165)

2020-01-17 08:00:00 | その他

  2019.12.11(水)、獅子会は常滑市に来てセントレアなどを見た後、半田市にまわり、新美南吉記念館や、赤レンガ建物、ミツカンミュージアム、半田市の空の科学館、図書館博物館など、精力的に見て周り、夕闇迫るころ帰還となった。 

  知多半島道路、湾岸道、から帰りは、新名神道に入り、菰野ICで下りたが、 夜の高速道を撮ったことがないので、今回撮ってみた。

 

 湾岸道の名古屋港周辺部。

 

 長島温泉周辺。

 

  車を提供し、全船運転してくれた友が頑張ってくれたお陰で、多くの収穫があり、当ブログも13本にまった。 少々、細切れ過ぎるとの批判もあると思うが、折角頑張ってくれた友への感謝の意味もあるのだ。

 

 今日も一日、楽しい時間でした。みんなに感謝、感謝、感謝である!。

 

                            おしまい

 

 

 

コメント

庭の花で"新種" (No 2177)

2020-01-16 08:00:00 | 我が庭の花

 2019.12.28(土)少し早いが、天気がいので、今年最後の墓参に出掛けた。 今日はお供えの花を通り道のホームセンター で買うというので、私は切り花には用はないので、花苗売りコーナーを、例により隅から隅まで片っ端から見てまわり、私の「花写真鑑」に未だ無い花"新種"が無いか探した。

  その結果、花ではなく、観葉植物ではあるが、いずれは花が咲くであろう事を期待して、少々高いが即、購入とした。

 

 「カシワバゴムノキ」   "新種"登録 第1811号  (¥598 KMR-K)

  店頭では「フィカス」という名前でうられていたが、調べて見ると、今や「フィカス(Ficus)」はこの種植物の総称的扱いになっているので、「カシワバゴムノキ」を基準名とし、「フィカス」とも呼ばれている実態を加味して、これに「フィカス・リラータ」を加えて、別名とした。

  店頭の表示には、空気清浄樹とも併記されていたが、そう言われれば、それらしく見るが、はてさて、実態のほどは・・・?。

 

 葉の裏面。

 

  墓参の帰路、今度は食品雑貨衣料品スーパーに立ち寄り買い物をした。 私は正月用のコーヒーと、ビールのつまみを購入した。 その後、何時もの通り、小さな花屋にやってきた。 この店は売り場も広くはないが、過去にも何度も"新種"を発見しているので、隅々まで見て回った。

 そうしたら、予感の通りに、やっぱり間違いの無い"新種"があった!。

 

 「オンシジューム・ゴールドダスト」  "新種"登録 第1812号 (¥825 PAG-K)

 店頭では単純に「ゴールドダスト」という名前で売られていたが、調べた結果「オンシジューム・ゴールドダスト」が一般的と思われるので、これを基準名とした。なお、別名としては「オンシジューム・トウインクル・ゴールドダスト」を加えた。

 

 「ラン」の仲間であるからか、花は非常に複雑に折れ曲がっているが、よく見ると4枚の額を除けば、一枚の花ビラが、複雑に折れ曲がって形作っているようだ。

 

 花は一枚の葉の根元から一本ずつ出て折り、葉の野本は大きく膨らんでいる。この中は一体何が入っているのか、興味津々。切って見たい衝動を抑えつつ・・・!。

 

 

  二種とも、園芸品種の臭いプンプンなれど、今や、もう気にしないことにした!。

 

コメント

半田博物館図書館 (No 2164)

2020-01-15 08:00:00 | 資料館

 2019.12.11(水)獅子会の四名は、12月度の行事として、常滑市、半田市にきているが、今回の当ブログは、夕闇迫る、半田市の中心部からお送りする。 

 

  「半田市・図書館博物館」

 到着したのが、16時少し前、図書館は開いていたが、博物館には入る事が出来なかったので、外観のみ撮影とした。

 

 

  図書館はまだ営業中。

  

 

  これにて本日の見学は全て終了し、帰途についた。

 

                           つづく

 

 

コメント

富州原駅・近鉄 (No 2173)

2020-01-14 08:00:00 | その他

 2019.12.20(金)、丑寅会の忘年会が、居酒屋"りむ"で開催されたので、 電車で行き、最寄りの駅についたが、集合時間11時30分には、しばし間があるので、駅周辺を歩いてみた この駅は、まだ新しく立派なので、グログに出来ると思い、駅周辺を撮った。

 

 「川越富州原駅」   近畿日本鉄道・名古屋線

 私はこの駅の二つ南の駅の周辺に、小学5年の二学期から、高校中学を卒業するまで住んでいたが、その頃は「富州原駅」と言っていたので、駅名に川越が付いたが、私には全くなじみが無いので、タイトルは昔の名前の通りにした。

 

 この駅について、私がブログにしようと、写真を撮った事を知った、この駅の近くに住む友が、この駅名などについて、メールをくれたので載せようと思う。(本人承知、原文のまま)

 

この駅名について一言。

元の駅名は富洲原駅だったが、場所は川越町内でした。 
昔は数百メートル南で四日市市内富洲原地区に有った富洲原駅と川越町(当時は村)に 有った区間の短い川越駅を統一して、現在地(川越町)に移築したが、近い方の 富洲原駅名を使って居ました。(旧駅跡にはマニアが喜ぶ転車台がまだ残って居ます。) 

今回は川越町が資金を出して新築しているので川越の名前を入れる事となり 川越富洲原駅と長い名前に成っています。(発電所のおかげで川越町は元気です、何しろ 一時は世界一の火力発電所だったのですからね。)

 

 

 川越火力発電所については、以前いつものメンバーで見学しているし、ブログにも書いているので、当ホームページの「詳細な目次」→「ブログ」→「固有の呼称」→「チ」→「中電川越火力発電所」で見られるし、また、別法としては、「ブログインデックス」からも行ける。

 

 駅西口前広場。

 

 駅舎を北側から見る。

 

 駅の東口から見る。

  

 

  駅内部(2Fエレベーター付近) 

 

  下り線(南方)プラットホーム。

 

                                 以上

 

    

コメント

半田・空の科学館 (No 2163)

2020-01-13 08:00:00 | 資料館

  2019.12.11(水)、獅子会の四名が常滑市、半田市にきている。今回は半田駅の西方、南知多道路IC近くにやってきた。 16時近くでもあり、雲が厚くなってきて、薄暗い中、半田市を進んだ。

 

  「半田空の科学館」

 

 

 

 重力の体験コーナーでご満悦のお方が・・・!。

 

                           つづく

 

 

コメント

SQLで四苦八苦 -1 (No 2174)

2020-01-12 08:00:00 | パソコン

 私が作る「花写真鑑」には、2000種近くの花を集めている。また、花には地方により名前が異なったり、商業的目的のためにか、花にはいくつかの名前がある。これを出来るだけ多く集めたので「花写真鑑」には4000に近い、花の名前を書いている。

 これを例えば、花の名前を捜したい(検索)ときなどに、「バラ」の文字が付く花とか、「クサ」という字が付く花を探したい時に、 この4000ある花の名前表から該当する花を全て探し出したい事が、私にはよくある。

 この作業を簡単にするために、先ずは4000のデーターを「データーベース」とし、そこから検索することが出来れば、仕事は簡単に早くできるようになる。 また、これをウエブ上でやれるようにすれば、誰もが使うことが出来ると考えた。

 そこから、色々と苦悩がはじまったのであるが、既に着手から、一年以上になるのに、未だその端緒にもついていないので、その整理も兼ねて、苦労の一端を書き綴っている。 過去書いてきたのは下記である。 

 1. Java Script  (最初に取り組んだ)
 2. 目標     (改めて具体化した)
 3. やる範囲   (目標の一部でもある)       以上 「暗中模索 -1」2149
 4. PHPとMySQL (試行結果の初期) 
 5. DB と SQL  (正に暗中模索)           以上 「暗中模索 -2」2150 
 6. SQL Server (DBの名前付けたが?)         「暗中模索 -3」2151
 7. サーバー   (サーバーはいずこに?)
 8. SQL Server へのデーター書き込み       以上 「暗中模索 -4」2152

 今回はこの続編になる。

 

9. 再びPHPとMySQL

 前回(8.SQL Server へのデーター書き込み)では、SQL Server を使えば、データーベース(DB)への大量データーの書き込みまで出来ることを確認したが、肝心要なのは、その後の処理なのである。

 つまり、出来たDBをどうやって使うかなのである。 特に私の目的は上記「2. 目標」でも書いたように、ウエブ上で誰もが出来るようにすることなのであるが、私の場合は、HTML上でやりたいが、それが出来る目処が立たないのである。

 出来ないはずは無いと思うが、SQL Server を使う以上、そのためには新しい言語を習得しなければならないようであり、HTMLの延長線上にはないとの思いから、DBが出来てもその先に進むことが、出来ないものとしたのであった。

 それに変る物として、それらより未だ身近に感じる、PHPやMySQLに、勢力を向けた方が、手取り早いのではなかろうかと考え、再度これらに取り組むことにした。これは、友もPHPやMySQLに取り組むと言うのが刺激にもなった。

 

 MySQLのメイン画面

 このMySQL上にて、DBを操作することは、以前にやっており、出来ることは確認しているので、今回は省略して、次のステップへと進めることにした。

 

 

 その参考資料として、前に買った本があり、これに再度取り組んだ。 (写真は前出済み)

 

 前回、これに挑戦した内容は、前記「4.PHPとMySQL (試行結果の初期)」、「5.DB と SQL(正に暗中模索)」で書いたように、DBは出来たが、4000もあるデーターを一つずつタイピングしなければならず、いくら暇人でもそれは出来ない相談であった。

 そこで友に訪ねたら、メールで、>「ExcelデータをMySQLへ一括移行する方法」で検索すると出て来ますが・・・< とくれたので、見ると、その原理は私にも直ぐに理解できたので、早速やってみた。 幸い私はこの4000のデーターはExcelで台帳として作っていた。

 MySQLに於ける、DBへの書き込み命令は・・・  (全て文字列)
  INSERT INTO DB名.テーブル名 VALUES('値1', ’値2’, '値3','値4'・・・);
であり、Excelの表内で、&で繋ぎ逢わせるのは、子供でも出来ると踏んだのであった。

 そこで必要な箇所に列を追加し、INSERT INTO DB名.テーブル名 VALUES(’ までをA列に、B列に値1を、C列に ',' を、D列に値2を、E列に ',' を、F列に・・・・と、データーを入れて行ったが、C列もE列も ,' となり、各列最初の ' が消えるのであった。

 そこでよく調べてみると、これはExcelでは最初のシングルコーテ-ションは消える癖(?)があるらしい。だから、その部分だけは、シングルコーテ-ションを二つ重ねる、つまり  '',' とするとあった。 ダブルコーテーションではなく、シングルを二つなのである。

  ここらの解析に2時間ほど要したが、Excelの表から、コピペで大量のデータを一気に書き込む事が出来、ほっとしたのも”束の間”今度は、これを「実行」(DBへデーターの書き込み)すべく、ボタンを押すと、エラーになり受け付けないのであった。

 この後色々と試行錯誤を繰り返したあと、原因はパスワードにあると感じたので、DBを改めて作り直し、パスワードの記載しないものを作ってやって見た結果、DBが出来上がったのであるが、これは今は良くても、将来公開はできないと思いつつ、取り敢えずは先に進もうと考えた。

 

 出来上がった MySQLのDBの一例(部分的)

                                   つづく

 

コメント

ミツカンミュージアム (No 2162)

2020-01-11 08:00:00 | 資料館

 2019.12.11(水)、獅子会の面々は、セントレアなど常滑市の一部を見たあと。半田市 に来て、新美南吉記念館や、半田赤レンガ建物を見たので、今度は半田市中村町にやってきた。

 

  「ミツカンミュージアム」  

      半田市中村町 2-6

       全館コース(90min)    ¥300
                    大地の蔵コース(30min) ¥100 

 全館見たいと思いつつも、大勢に従わざるを得なく、大地の蔵コースをみることになった。 原則は事前予約が要るようであるが、空いているからか、予約なしで入る事が出来た。 我々の他には参観者は見当たらなかった。

 

 酒を造ると、大量の酒粕ができるが、これを何とか出来ないかと考え、この酒粕の再利用で酢が出来ることを見付けたようだ。

 下は、巨大なテコの応用で、圧縮機のようであるが・・・

 現在は次の写真下のように、実施されているようだ。

  このフロア全体で、酢を作る工程をしめしている。

 

 

 ショップ

 

  ここが発祥地らしい、隣のビルが本社らしい。

 

 

                             つづく

 

コメント

写真Noと撮影日 (No 2167)

2020-01-10 08:00:00 | カメラ写真

  私は2008年に買ったカメラから、写真一枚ごとに番号を付け、その番号を各種資料に使っており、写真を特定するために、その番号が重要な働きをしている。 カメラには4桁の番号が付いていたが、直にいっぱいになるので、6桁にしている。

 最近になり写真の番号から、その日のブログや、周辺のことを知りたくなり、何時だったか?とか、どこで撮ったものなのか?とか、その写真を撮った前後にあったはずだ?とかを、知る必要が生じるなどがあり、ここらを整理することにした。

 目標は、写真の番号から、撮影日を知れば、その近辺のブログを探せば、多くの場合はその周辺に見付ける事が出来るし、撮影日がわかれば、写真の原画の位置が早くわかり、探す手間が相当に省ける。

   

1.節目での「写真No」と「撮影日」の一覧表

カメラ名写真No撮影日備考
D40XC00012008.04.02 
C63592008.08.22カメラの使用終了
D90D000012008.08.24新カメラ使用開始
D051462009.01.01 
D100012009.04.06 
D200012009.10.04 
D277502010.01.01 
D300012010.02.13 
D400012010.05.15 
D500012010.09.02 
D600012010.12.06 
D624852011.01.01 
D700012011.04.16 
D759292012.01.01 
D800012012.04.08 
D900012012.09.26 
D929792013.01.01 
E000012013.05.26記号を変更
E095122014.01.10 
E100012014.03.09 
E252182015.01.05 
E300012015.04.17 
E359452015.10.23カメラの使用終了
D5500F000012015.10.23新カメラ使用開始
F012272016.01.01 
F100012016.11.20 
F104372017.01.14 
F200012017.08.16 
F241122018.01.04 
F300012018.06.04 
F362682019.01.01 
F400012019.05.11 
F500012019.08.31 


 毎度のことながら、当ブログでの表は大変に見難い。 HTML上では治せるが、そのやり方は、ここでは対応していないようで、書き込んでも反応しない。 よって、残念ながら、これ以上の改善は不可能なので、ご勘弁を頂きたい。

 

 2.年度毎の撮影枚数と開始番号

年度年間枚数開始 No備考
200811,504C00001カメラ変更
200922,604D05146 
201034,735D27750 
201113,444D62485 
201217,050D75929 
201316,532D92979 
201415,706E09512No記号変更
201511,953E25218カメラ変更
20169,140F01227 
201713,745F10437 
201812,156F24112 
2019 F36268 

 

  この表は、今後もメンテナンスしていくし、私自身が見易いようにして、ホームページの「詳細目次」の最下段あたりから、見に行けるようにする予定である。

 

                       以上

 

 本ブログは年末に公開予定で作ったが、都合で年明け後に変更したので記しておく。

コメント

半田赤レンガ建物 (No 2161)

2020-01-09 08:00:00 | 資料館

 2019.12.11(水)、獅子会の四名は、常滑市のセントレア、めんたいパーク、まるは食堂ときて、今度は半田市に来た。最初に新美南吉記念館を見たので、次の参観地にやってきた。 

 

 「半田赤レンガ建物」

     半田市榎下町 8     入場料 ¥200

 

 駐車場から近い、裏口のようなところから入る。

 

 

 良くお似合いの、どこかの”おっちゃん”!。

 

 ここが表の玄関口のようだ。

 

 

                             つづく

 

 

コメント

マメキンカン・"新種" (No 2170) 

2020-01-08 08:00:00 | 我が庭の花

  2019.12.18(水)、近場のホームセンターに玄関に置く花を買いにきて、例により花売りコーナーを綿密に見た結果、私の「花写真鑑」に未だ無い花(以後"新種"という)が一点あったので、購入し写真を撮り登録とした。

 

  「キンズ(金豆)」 "新種"登録 第1810号

  別名が「マメキンカン」とか「ヒメキンカン」、「ヤマキンカン」と言い、キンカンの仲間である。 「キンカン」に比べると、名前の通り実はかなり小さい。実は「キンカン」よりも真円(球)に近いように思う。実の数も付き方が多いのでは?。

 

 盆栽などにもよく使われるようだが、私は今回が初見だ。

 

 「キンカン」以上に実の中に、果肉が殆どないに等しいようだ。

 

 

 これにて、我が「花写真鑑」登録総数は1810となり、目標に一歩前進した!。

 

                           以上

コメント