木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

”新種”を求めて (No 2426)

2021-11-21 08:00:00 | パソコン

 私が何時も行くホームセンターを墓参の際訪ねたが、私の求める花(私の作る「花写真鑑」に未登録の花、以後"新種"と言う)が一つも無かったとその友にメールしたら、その友からある花苗販売の専門店の広告を見て、ここに「ドラキュラ」「エッグタルト」などが入荷したと宣伝されていたと聞かせてくれた。

 2021.11.19(金)たまたま家内が病院に行くので、その近くの店であるから、立ち寄って店の中を例の如く隅々まで見て回ったが、友が言う花はひとつも見られなかったが、"新種"に値する?花(植物)が多数見られたので、その内の値段が手ごろの3点を購入してみた。

 最初は花の名前が解らなかったが、調べたら「ウエストリンギア」別名「オーストラリアン・ローズマリー」であることが判明した。 花が無い時期だからと、花を見ずに葉や茎を見て購入したが、やっぱり、"新種"では無かったのであった。

 私の記憶では「ウエストリンギア」はこんなに白くは無かったような気がするが、それを確定するような、資料が手元に無いので、残念ながら、"新種"としての登録は見送り、「ウエストリンギア」に補足して、充実化とした。(¥320 HYB)

 

 次の一点は、現場では「バリエガータ」と表示されており、そんな名前は聞いた記憶がないので、"新種"と信じて購入した。帰って、私の「花写真鑑」を調べた所、「バリエガータ」の名前は無いが、「コロニラ・バレンティナ」と言う花が存在し、調べたところ同一であることが、判明したので、"新種"とすることを断念し、充実に寄与させることにした。(¥320 HYB)

 

 

 最後の一点は「ロニセラ・ゴールド」と言うが、調べて見ると元は「ハニーサックル」そのものであるが、薬を飲まされたのか否か不明なれど園芸品種であり、何らかの加工をして、葉を黄色にしただけであるが、3種ともに討ち死にしたのでは、申し訳ないので、本品のみ"新種"に登録とした。(¥420 HYB)

 「ロニセラ・ゴールド」  "新種"登録 第2064号

 

 花の少ない時期に入ったので、花はいずれ咲くであろうことを考えて、花の苗を購入するが、特に実績のない"新種"には、要注意と知らされた次第。 また、今や2000種を遥かに超えたのであるから、もう数の多いことが目的ではないようにした積りながら、やはり数を追ってしまうのであった。

 

                          以上

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

"新種"候補 (No 2425)

2021-11-17 08:00:00 | ホームページ

 園芸品種であろうと思われる花が多いが、私の作る「花写真鑑」には未登録であるから(これを簡単のために以降”新種”という)登録作業を始めたいが、まだ花の苗の状態であるし、観葉植物ではないのだから、少しだけ遠慮して、”新種”候補としたのであった。

 

 「サルビア・ディスコロール」    (¥298 HHB)

 

 「カタナンケ・アモールブルー」    (¥298 HHB)

 

 「ネペタ・ウオーカーズロウ」    (¥398 HHB)

 

 「ラティビラ・レッドミジェット」    (¥298 HHB)

 

 「ホヤ・カテイシー」    (¥438 HHB)

 

 「リグラリアミッドナイトレディー」    (¥298 HHB)

 

 なお、葉や茎が伸びて、それらしくなってきた場合は、早めに"新種"登録をするかも知れない。

  

                          以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

買い出しの"新種" (No 2424)

2021-11-15 08:00:00 | ホームページ

 2020.11.04(木)、一年ぶりに、多度にある大型の花苗専門店にやってきた。いつもよく道を間違えるので、新しくできた、高速道路を使った方が簡単そうなので、今日は少し行きすぎるが、桑名ICまでやってきた。

 久しぶりに訪れたが、私の花写真鑑に未だ登録の無い花(以下"新種"という)が、従来の数倍も多いので、その全てを籠に入れてみた。幸いにして(?)特別に高価なものは見当たらないので、全てを買うことにした。

 誠に珍しく、私の好む花、即ち"新種"の山であり、この店だけでも10点近い"新種"を見つけることが出来た。 友がこれを聞いて、大漁の旗を揚げるべしと言ったが、まさにその気分であった。

 今回のブログでは、この"新種"だけを、扱うことにした。なお、今回"新種"は多かったが、花がまだ咲いてないものが、多くあるが、それらは花が咲いてから、"新種"として登録をしたいので、今回は省く。

 

 今回購入分で、"新種"に登録したのは、下記の11点である。

① 一般的な花

 「モノプシス・ショコラ」  "新種"登録 第2052号

 

 「ヒトミソウ」  "新種"登録 第2053号

 

 私が求める花たちは、もう一人の友が言うように、きれいな花が無くなったが、今日もその傾向は変わらず、きれいな花は全然見当たらないのであった!。

 

 

② 多肉植物。

 「アカネノトウ」  "新種"登録 第2054号

 

 「ウチワサボテン」  "新種"登録 第2055号

 

 「ペアルソニー」  "新種"登録 第2056号

 

 「キンジシ(金獅子)」  "新種"登録 第2061号

 

 「ヒメザサ(姫笹)」  "新種"登録 第2062号

 

 

③ 観葉植物

 「バロータ」  "新種"登録 第2057号

 

 「ヒマラヤキソケイ」  "新種"登録 第2058号

 

 「ブラン・ルージュ」  "新種"登録 第2059号

 ベースは「キンギョソウ」らしい!。(ゴマノハグサ科キンギョソウ属)

 

 「フロリダ・ビューティー」  "新種"登録 第2060号

 

 

                            以上

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寄せ植え用の花たち (No 2423)

2021-11-13 08:00:00 | 我が庭の花

  寄せ植え用には、従来買い集めた木があるので、これをその背景に使うので、今回は主として前景用の花を買うことにした。

 

 「アリッサム」       (¥150×2 HHB)             

 

 「シクラメン」

 前景用なので、花の高さが高くない、ガーデン・シクラメンを購入した。

 

 「ビオラ」

 

 「キンギョソウ」

 

 「ハツユキカズラ」

 寄せ植えには”もってこい”の花。     (¥250 MTK)

 

 「ビデンス」                (¥218 MTK)

 

 「ハボタン」

 年末から年始に玄関先を飾るの恒例になったようだ。  (¥174×10 MTK)

 

                             以上

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花の買い出し (No 2422)

2021-11-11 08:00:00 | 我が庭の花

 2021.11.04(木)、今日は天気も良し、体調も良し、一年ぶりに桑名市の多度までの遠出での花の買い出しを実行した。 近場のホームセンターなどでは、私が求める花、即ち、私の作る「花写真鑑」に未だ登録されていない花(以後、”新種”という)が殆ど見られないので、大型の花苗専門店を時々訪れるのであった。

 今日は来てみると結構”新種”があるので、隅から隅まで見落とすことが無いように綿密に見て回り、”新種”らしいと思うが自信が無い場合は、スマホでホームページを見て確認しつつ、集めるのであるが、今日は大変に多く、店の担当者か責任者が私と同じく、新もの食いになったようにも思えるほどだ。

 

 

 家内が集めたもの(ここは”新種”ではなく、比較的安いもの)

 

 多肉植物。

 

 花の苗が多いが、今の時期ではそれも仕方がない。まだ”新種”候補である。

 

 観葉植物。これも”新種”候補である。

 

 花の写真を撮るなど、”新種”登録をする準備をしていたところ、土などが足りないというので、中断して、近くのホームセンターに腐葉土、赤玉土を買いに出かけたが、この店は、花を結構安く販売しているので、ついでにと、また、購入をしてしまった。

 

 

 結局、合計で26種類、43ポットを購入することになってしまった。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落穂拾いで"新種"-5 (No 2421)

2021-11-09 08:00:00 | ホームページ

 「落穂ひろい」と称して、過去に撮った花の写真が、その名前が解らずに放置していたものが、最近はいくつかのサイトがあって、花の名前を教えてくれるようになったので、再度調べなおしをしたものである。

 その結果、以前は観葉植物などは、登録をしていなかったり、写真の撮る目的が違っていたりして、「花写真鑑」用には使いきれなかったが、少しレベルを下げたりして、使うようにしたものもある。

 それが第2050号をもって、一段落したのであった。

 ここにその2050号までの10種を紹介しよう。

 

 「タブノキ」  ”新種”登録 第2041号

 

 

 「ナガボソウ」  ”新種”登録 第2042号

 

 

 「ヤマアイ」  ”新種”登録 第2043号

 

 

 「イ ペ ー」  ”新種”登録 第2044号

 

 

 「ペトロコスメア」  ”新種”登録 第2045号

 

 

 「プレイジングサンセット」  ”新種”登録 第2046号

 

 

 「シロスジアマリリス」  ”新種”登録 第2047号

 

 

 「ナツメヤシ」  ”新種”登録 第2048号

 

 

 「シシバタツナミソウ」  ”新種”登録 第2049号

 

 

 「プシュキニア」  ”新種”登録 第2050号

 

                      以上

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落穂拾いで"新種"-4 (No 2419)

2021-11-05 08:00:00 | ホームページ

 「落穂拾い」と称して、過去に撮った写真の中から、私の作る「花写真鑑」に未だ登録をしていない花を探し出し、これを"新種"として、新しく登録していた結果、この数が先日、大目標の2000種を超えることが出来た。その後も益々増加し続けているが、その苦労の一端を書いておこうと考えたのであった。

 前回の当ブログの続編になるが、最近の「花の名前さがし」の具体的な方法であるが、それぞれ一長一短があるので、確定したわけではなく、今はまだ手探りの状態から、脱してはいない。(なお、過去の方法は、今後一切関わらないために、デスクトップにも出ないように完全削除した。この方法は優れているので、少し勿体ないが・・・。)

 

 まず、私がGoogleドライブの「共有」に載せて、友の支援を待つようにした。彼は「Googleレンズ」「PlantNet」などを使って、名前(英文?)を知り、これを「検索」して、確認しているようであるが、彼のこの行動結果をヒントにして、私の調査が始まるのであった。

 私の調査とは言うものの、大したことはやっていなくて、要は検索結果と、私が撮った写真とを比較して、正しいか否かを確認しているだけかも知れない。また、このほかに写真から得られる各種ヒントを拡大解釈(?)したりして、細かく調べているに過ぎないのである。以外な所にヒントはあるものである。

 

 こうして得られた、「落穂拾い」の結果を、No2031号から、10点を紹介しよう。

 

 「ヌマトラノオ」  "新種"登録 第2031号

 

 

 「モミジイチゴ」  ”新種”登録 第2032号

 「キイチゴ」との違いが、大変微妙ではあるが、取り敢えず載せたもの。

 

 

 「フォーチュン・ベゴニア」  ”新種”登録 第2033号

 久々の墓参りの副産物として、得られたもの。”新種”と思い込んだ購入3点の内、2点は既に登録済であり、¥2000に近くなり、高いものについた花である・。

 

 

 「スルガダイニオイ」  ”新種”登録 第2034号

 

 「ビーララ・スマイル エリー」  ”新種”登録 第2035号

 

 

 「ブラッシア・ギレオウディアナ」  ”新種”登録 第2036号

 

 

 「プラトニア・オルメック・サチ」  ”新種”登録 第2037号

 以上3点は、園芸品種らしいが、今はそんなことはお構いなし!。

 

 

 「ホソアオゲイトウ」  ”新種”登録 第2038号

 雑草であるが、自然界での変異が著しく、色んな名前が、浮いた消えたりしているので、修正が入る可能性多い。

 

 

 「ボタンヅル」  ”新種”登録 第2039号

 

 

 「ヨウシュハッカ 」  ”新種”登録 第2040号

 

 

                           以上

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落穂拾いで"新種"-3 (No 2418)

2021-11-01 08:00:00 | ホームページ

 昔、昔に撮った写真をひっくり返しつつ、私の作る「花写真鑑」の収集数を増やしているが、過去何回も再調査はやってはいるが、今回ほど徹底してやるのは、初めてであり、そこそこの出来栄えの写真であれば、ひとまずピックアップして、それぞれの名前を調べている。

 従来はあるサイトに写真を送り、花名を教えてもらっていた。 ここは、花名を知る者にとっては、頭の体操になるとして、私も何度か参加していた。 ここはその筋の専門家(と称する)が2~3名常駐し、必ず最後は正解でまとめてくれていた。これがきちんと機能していてくれれば、すばらしいサイトであると思い、私は丁寧な応対をしていた。

 ところが、この「落穂拾い」を始めたので、私の投稿数が一気に増えた、・・と同時期に他の人の投稿が減り始めた。 そのとたんに、私の投稿が多いとは直接の言及はなかったが、「花が展示されている公園などに聞け」などと言われてしまった。このことは投稿者のエチケットとして制定されてり、守るよう注意していたが、結果的には私の比率が大きくなってしまったのは事実であった。

 その後は、他の人の投稿を待っていた。 他の人が投稿したので、やっと私の番が来たと投稿をしたところ、エラーになってしまった。時間をおいて3回やったが、いずれも同じであり、その最後には、「今月の私の投稿は終わったので来月にせよ」との表示が出た。その後はまた、同じエラーが出て、一切の投稿が拒否されてしまった。

 これでは、仕方がないので、他のサイトにせざるを得なくなったのである。その後は後述する。

 

 

 「落穂拾い」の第3弾、No2021からの10種を紹介しよう。

 

 「ヤ マ モ モ」  ”新種”登録 第2021号

 雄花ではあるが、雌花もいずれは撮れることを期待して、取り敢えずの登録とした。

 

 

 「ツンベルギア・グランディフロラ・アルバ」  "新種"登録 第2022号

 

 

 「ヒメシャリンバイ」  "新種"登録 第2023号

 

 

 「カエンキセワタ」  "新種"登録 第2024号

 

 

 「ペンステモン・ダークタワーズ」  "新種"登録 第2025号

 

 

 「アリウム・ギガンテウム」  "新種"登録 第2026号

 

 

 「カナダ・アネモネ」  "新種"登録 第2027号

 

 「クローバー・テイント・ワイン」  "新種"登録 第2028号

 

 

 「レイジンソウ」  "新種"登録 第2029号

 

 「ダッチアイリス」  "新種"登録 第2030号

 

                           以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする