木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

909 奈良桜シリーズ④ 仏隆寺

2013-04-10 08:00:00 | 奈良の寺社

2013.04.05(金)、奈良県宇陀市の桜めぐりをしているが、四番目の寺にやってきた。

 

 「仏隆寺」  (ぶつりゅうじ)

     真言宗    摩尼山

     宇陀市榛原赤埴1684

     拝観料¥200

室生寺の南門として本寺と末寺の関係にある。 空海(弘法大師)が唐から持ち帰った最古の茶を栽培したといわれ、大和茶発祥の地とされる。彼岸の頃には約200段もの石段の両側をヒガンバナの花が埋め尽くす。平安時代前期の嘉祥3年(850年)に空海(弘法大師)の高弟・堅恵(けんね)により創建されたと伝わるが、それ以前に奈良・興福寺修円が創建したともいわれる。

 

県指定「天然記念物」のサクラの巨木

花付きが悪いのか、まだ早いのか、それともお疲れになってるか、元気のないのが少し残念だ。

その桜もこちら側(北側)は白く咲いているのだ。

 

「開祖堅恵大徳・入定石室・西歴859年構築」との立て札があった。(重文)

内部を写させてもらった。

 

上(寺)から見た表参道。咲いてない桜が多数あった。陽気のせいか?。

 

「この木は山梨で樹齢450年、長十郎の原木」と記されていた。

 

寺とは関係なさそうだが水車小屋が・・・

 

この後地図にはまだ出て居ない、最近拡張されたらしい山道を通って「西光寺」に向った。

 

コメント (2)