木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

美味しいコーヒーを求めて (No 1936)

2019-01-21 08:00:00 | その他

 まだコーヒーの粉にこだわって、美味しいコーヒーを求めている。 今回は前にも紹介したが、四日市市日永のある食品スーパーで、その場で豆を100グラム単位で挽いて 買える所があり、前に2品種を買ったので、今日は残りの2種を買うためにやってきた。 

 スマホで撮ったので、かなりブレてしまったが、4種の豆とその右端に電動のミルが見える。

  前回はうまく出来たので、今回も豆を100gミルに投入したが、右端のスイッチを入れても動かない。 店員を呼んだ所、あちこち触っていたが、しばらくして、どうにかライトが付いて、ミルが動かせるようになった。

 そこで、挽いたら前回は挽く音が変ったので、終わりにして、次の豆にしたが、今回はその終わり頃に自動的にストップしたので、終わりと思い、少し少ないなあと思いながら、粉が湿気らないようにしっかり袋のふたをした。

 そして次の豆を挽きだしたら、袋が溢れるほどに成ってしまった。 結局、前の豆が終わらないうちに停止したらしい。それを知らずに、次の豆を入れたから、溢れたのらしい。これでは、品種がまざってしまうので、返却した。(停止後は店員立ち会い)

 やりなおしは店員が全てやってくれた、今度は2種ともにうまく挽く事が出来たが、こんなことでは、ここで豆を挽いて買う者が殆どいないのではないかと店員に尋ねたが、明快な返事は無かった。 買うのは新物喰いの私だけなのかも知れない。  

  店員が袋を閉めて、セロテープを張ってくれたが、私が前回やった方法に比べたら、実に軽便であり、湿気を防ぐには少し不十分と見たが、店員は私が直ぐに全部飲むと思ったに違いない。

 今回の粉はインドネシア産の「マンデリン」とタンザニア産の「キリマンジャロ」であった。 果たして、どんな味になるのであろうか?。

 

 味覚としたが、味覚神経が低下し、基準のない実にいい加減な、私だけにしか通じない判定であるが、最終的に今後継続して購入する品種を決めたいがために記録しているもので、参考にはならないかも知れない。

 メーカー商品名販売g10g@挽き味覚購入先試順
UccマンデリンG-115050.26PAG1
ブラジルブラジル10032.18△-SNS2
コロンビアコロンビア10032.18SNS3
インドネシアマンデリン10032.18×SNS4
タンザニアキリマンジャロ10032.18 SNS5

 

 前にも書いたが、粉の部のデーターは下記である。

  
 メーカー商品名販売g10g@味覚購入先試順
UccブルーマウンテンB20066.85△+PAG1
小川スペシャルB00917062.24SNS10
小川フェアトレードモカB17037.94PAG5
小川オリジナルB17037.94SNS4
Keyプレミアムステージ18035.88SNS8
KeyトラジャB20032.20BIK2
斉藤名古屋珈琲紀行18029.88△-SNS7
Keyプレミアム・モカB20025.81△-SNS11
KeyスペシャルB20024.70△+PAG12
Uccマイルド/ハイロースト18023.88△-IGK6
KeyキリマンジャロB20020.90△-BIK9
UccスペシャルB25016.33 PAG13
UccキリマンジャロB32013.43×SNS3

 

 味覚が空欄のものはまだ味わっていない。 

 

コメント

黄色いカリフラワー (No 1932)

2019-01-13 08:00:00 | その他

 食事会を行った日に、友が普通の白い「カリフラワー」と、私には大変に珍しく初見の「黄色のカリフラワー」 を持ってきてくれた。 

  調べて見ると、「ブロッコリー」の突然変異したものが、カリフラワーであり、ブロッコリーの黄色いのは、花が黄色いように、成熟すると黄色くなるらしい。 故にブロッコリーは冷蔵庫に長く保管すると黄色くなるのは、鮮度が落ちることらしい。

 しかし、カリフラワーの黄色いのは、紫色もあるように、そのような品種が存在するようなことが書いてあったが、友が言うには何かを被せておくと黄色くなると」言うが、私には良く分からない。

 照明の電球の加減により、黄色く見えるが、下は普通の白いカリフラワーである。

 

  それに対し、下の物は黄色くなっている。 私の「花写真鑑」に未登録の花=”新種”にはならないが、これは花の蕾であるから、花の色違いとして、掲載することが出来る。

 

  

 またしても、友のお陰で「花写真鑑」の内容充実が一歩進むことが出来た。

 

 

コメント

美味しいコーヒーを求めて (No 1929)

2019-01-07 08:00:00 | その他

 2019.01.01の夕刻、娘が一族郎党をつれてやってきた。 旦那も揃うことは一年ぶり。 私が昔々働いていた会社に現在内二人が在籍するとあって、私は会社の現状を知りたくて、また、そこで働く孫の状況を知りたくて、矢継ぎ早に色々と聞いてみた。

  会社の状況は私がいた頃とは、格段に違っており、聞いても解らない事が殆どであっても、我が孫や娘の旦那が、元気よく仕事をしていることが解れば、それで私は充分なのである。 私が長年仕事をした「回転機」は、四日市の工場にはなくなったのが、少し寂しいことであった。

 

 何はともあれ、食事が終わったあとは、私が入れるコーヒーの時間だ。 今日はこの日の為に買ったKeyCoffeeの「スペシャルブレンド」 である。 これを孫達に飲んで貰うことが、私の望みでもあったのだ!。 

 

  価格帯としては、中の上を狙って買った積りが、中の下であったが、 味は価格に比例しないと言う友の言葉をここで都合よく思い出し、心だけはいつも以上に”入れた”のであった。

 

  そして、今まで飲んできた全てのコーヒーに」ついての比較表を掲載してみたが、肝心の味(下の表では”味覚”)については、基準がなく、私のその時々の感じに他ならないととを、申し添えておきたい。

  
 メーカー商品名販売g10g@味覚購入先試順
UccブルーマウンテンB20066.85△+PAG1
小川スペシャルB00917062.24SNS10
小川フェアトレードモカB17037.94PAG5
小川オリジナルB17037.94SNS4
Keyプレミアムステージ18035.88SNS8
KeyトラジャB20032.20BIK2
斉藤名古屋珈琲紀行18029.88△-SNS7
Keyプレミアム・モカB20025.81△-SNS11
KeyスペシャルB20024.70△+PAG12
Uccマイルド/ハイロースト18023.88△-IGK6
KeyキリマンジャロB20020.90△-BIK9
UccスペシャルB25016.33 PAG13
UccキリマンジャロB32013.43×SNS3

 

 さて、問題の"味覚"であるが、コーヒーの生命と私は思っている「苦み」であるが、この品種は、一杯を8.5gr位にした場合、つまり若干薄めにした場合が、一番美味しいように感じたが、今までのベストには届かないとした。

 なお、Uccの「スペシャルブレンド」については、購入済みではあるが、未だ味わってはいないので、味覚欄はブランクになっている。

 




 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

謹賀新年 (No 1926)

2019-01-01 08:00:00 | その他

 

   あけましておめでとうございます。

   今年もよろしくお願いいたします。

 

  今年もよい年でありますように。
  皆様におかれましても、健やかな一年であることを、お祈りいたします。

 

 

コメント (2)

年末のご挨拶 (No 1925)

2018-12-31 08:00:00 | その他

 国の内外でも各地で災害に見舞われ、いまだに不自由な生活を強いられていると聞きますが、お陰様で我が家は大過なく平成30年を終わることが出来たことを、大変有り難く思います。 

 今年も一年間、大変お世話になりました。 どうぞ来年もよろしくお願いいたします。 最後になりましたが、皆様のご健勝とご発展を、心よりお祈りいたします。

コメント

美味しいコーヒーを求めて (No 1921)

2018-12-27 08:00:00 | その他

 美味しいコーヒーを求めてまだ放浪の旅を続けて居る。 いくつかの食品スーパーなどの店頭に並ぶコーヒーは殆ど買って味わったが、未だに決定的なものはなく、またしても、違うコーヒーを買うことになった。

 挽き立てのコーヒーと言うように、美味しいコーヒーなら、豆を買ってくるべきであるが、その前に四日市市日永の食品スーパーには、四種類の豆かから撰んで、そこにある電動のミルで挽いたものを買う事が出来るのでこれを味わうことにした。

 豆の種類を撰んで、下の口元にに袋を持ってきて、レバーを引くと、豆が100グラム袋に入る。その豆を隣にある、ミルに投入し、豆を入れた袋をその口に当てて、スイッチを押すと粉が出てくる・・・という訳である。(¥289、100gr)

  今回は初めてでもあり、ブラジル産とコロンブア産の二種類を各100grずつ購入した。 なお、豆には産地の表示はあったが、豆の種類については、何ら表示が無かった・・・と言うことは、広い意味のブレンド(つまり、ごちゃまぜ?)か?。  

 

  ぎちゃまぜ(?)にしては、値段が中クラスであるから、そんなに粗悪品(失礼)ではなさそう?。 このあたりの比較のために、ここまでの味わったコーヒーの一覧表を再掲しておく。

  
 メーカー商品名販売g10g@味覚購入先試順
UccブルーマウンテンB20066.85△+PAG1
小川スペシャルB00917062.24SNS10
小川フェアトレードモカB17037.94PAG5
小川オリジナルB17037.94SNS4
Keyプレミアムステージ18035.88SNS8
KeyトラジャB20032.20BIK2
斉藤名古屋珈琲紀行18029.88△-SNS7
Keyプレミアム・モカB20025.81△-SNS11
Uccマイルド/ハイロースト18023.88△-IGK6
KeyキリマンジャロB20020.90△-BIK9
UccキリマンジャロB32013.43× SNS3

 

  それで、今回はまず、ブラジル産を飲んでみることにした。購入量が少ないので、すぐに次に移るが、とりあえずは、ブラジル産のみについて書く。

 一応、挽き立ての部類として別に書いて見た。 

 メーカー商品名販売g10g@挽き味覚購入先試順
UccマンデリンG-115050.26PAG1
sansiブラジル10035.53△-SNS2
sansiコロンビア10035.53 SNS3

 

  飲んでみた結果であるが、やはり「オールブレンド(私が作った名前!)」である。 すなわちいろんな味が混入して、特徴が全くない、個性の無い味であり、ある意味万能的で誰にも好まれそうであるが、個性感に乏しい!。 ・・・とした。

 例えば「苦み」は、コーヒー愛好家(?)にとっては、重要な味のファクターと私は考えているが、これが殆ど感じられない。こんな平凡な味を求める人には好かれようが、私は物足りなさがあって、上記とした。

 

 

 

 

 

コメント

長芋の作付け (No 1916)

2018-12-23 08:00:00 | その他

 友が長芋を今まで私が聞いた事の無い方法で作ったと言って、メールをくれた。長芋は垂直に地中深く育つので、掘るのが重労働であるために、塩ビパイプを半切りしたものを使って育てるとは、何処かで聞いていた。

  今回、友は塩ビの波板を使うと言う。 確かに波板を使えば溝があるから、二枚合わせば円になるが、”円が小さい=土が少ない”のではないかと思うなど、興味を持ったら、彼が詳しく絵や写真付で説明してくれた。

 この方法がどの程度普及しているのかは知らないが、参考に出来る人も居るかと思い、彼が書いたそのままを、掲載したいと思う。このことを事前に全文を見せて承認をもらってあることは言うまでも無いこと。(文字が青い部分は、彼が書いたもの、原文のまま載せる)

 

 

 「野菜の見た目」の目標をスーパーで並べられている商品を目指して野菜作りに励んでいます。
プロにはかなわない事は分かっているが大根、ニンジン、エンドウなどは近い所まで来たなと感じています。
しかし他の物は、とてもかないません収穫初期の物はかろうじて合格だが、しばらくすると小さく成ったり、いびつになる等、見劣りして来ます(ナスビ、ピーマン)。

昨年作ったが出来の悪かった長芋を今年はネットで知った、塩ビトタンを使った方法で植えた。
長芋は下に1m程もぐるので収獲も大変だし、その土をコントロールするのも大変という事で
塩ビトタンで斜めに誘導して上記作業を楽にする方法です。 

 

 ネットから借用した設計図、 上が畝の断面、下の黄色は畝を上から見た様子です。

下図は絵にして見やすくした物で、一個だけを表しています。これも別のサイトから
借用したものです。 

 パイプ使用の場合はこの波板がパイプに変わる事で発芽点から下がって来た物をパイプに
誘導するテクニックが必要でしょうね、今回は手持ちの波板塩ビトタンを使用しました。

4月16日の植付時の写真です、上の図と方向が逆に成っています。 

 左のガイド棒4本の横には種芋が植えて有り、次の2個用の塩ビトタンを置いた状態です。
この様に重ねる様に右にずらして植え付けていきました。
トタンを6枚用意したので12個収穫予定ですが?です、土は「ふるい」を使い石を
選別しながら埋めていきます、あとの作業は支柱を立てるだけで他の事は何もせず。
(ガイド棒とは上図の蔦が出てくる発芽点に立てたものです。)

今日は畝の右端の2個と別途1個を収穫しました。 

 別途1個とは余った種芋を昨年と同じように適当に植えたものです。
(予想の通り、土の中で異物にぶつかり、そこで変形していました。)
新しい植え方の物は成長し始めて直ぐに2本に分かれたので細くなっている。
(写真に写していない右端がつながっています、もう一個は少し短く3本に分かれていた)
別途一個分は一本のまま太く伸びそうだったが塩ビトタンを使って居ないので異物に当たり
変形してしまった。

掘り出していない残って居る中から、形のいいものが何個出てくるか、楽しみにしています。
実は写真に写って居ない裏側にトタンの波目が付いています。
長芋栽培器¥443/個が市販されているがこれを使えばさらに見栄えは良くなるだろうが
元が取れません、古い雨樋が手に入れば良いがね!

 

  以上である。なるほどねー!。 芋はまっすぐ下に伸びる習性があるから、溝に当たれば溝に沿って、まっすぐ伸びるように、ガイドの役をしているわけだ。これで解った!。

 門外漢の私には完全消化とは行かないが、先日逢った時彼が持ってきてくれた立派な長芋を見て、この方法が正しいことが、見事に証明されたのであった。 今夜はこの芋を擂って戴くことにしている。

 野菜の作付けをおこなっている方には、参考になるかと思い、初の試みとして、全文を無修正で載せさせて貰ったが、如何であろうか?。

 

 

 

コメント

末広橋梁 (No 1913)

2018-12-17 08:00:00 | その他

 2018.12.12(水)食事会と言う名の集まりは、四日市港の古くからある方、千歳町に来て、我が国最古と言われる、「跳開式可動橋」を見た。

 場所は下の地図で、千歳運河を渡る関西本線の支線になるが、四日市駅から埠頭までの極めて短い「四日市港線」の鉄橋であり、地図では略中央辺りを斜めに走る線路である。

 

  「末広橋梁」

  ウイキペディアによると・・・

 1931年(昭和6年)12月竣工で、日本国内では現役唯一の跳開式可動鉄道橋梁である。5連の桁により構成され、1連がコンクリート桁、4連が鉄桁となっている。中央の跳開部の桁が四日市駅側(西側)を支点として、橋脚上に建つ門型鉄柱の頂部に渡されたケーブルにより持ち上がる形式である。四日市駅側にある機械室からの操作で、ウィンチで巻き上げて跳開部を動かしている。平日は通常、約80度の角度で橋が跳ね上がっていて船舶が航行できるようになっているが、列車運行時に桁が降ろされ通過が可能になる。一方、休日には常時降ろされた状態で船が通過する時のみ跳ね上げる運用となっている。

 国の重要文化財の指定を受けている。

 

  塔の上部にある、重りとのバランスで橋梁を上げ下げをするようだ。

  そして、時刻になると、列車が通過する。今回はセメント会社の車両が何台も何台も連なって、ゆっくり動いていた。 (生憎の小雨で、カメラのレンズに水滴が付いてしまった)

 

 最初に現地に着いたとき、本来なら鉄橋があがっている状態と思って来たが、橋は下がっている。 橋があがっている写真が欲しいと思ったが、何故か上がらない。

 近所にお住まいかと思う人に聞いてみると、先の台風による高潮(20か21号?)により、故障し今は橋が上がらないとのこと。

 数少ない四日市の観光スポットでもあり、我々の他にも2~3名がカメラ持って、橋が上がるのを、待ち構えて居るが、無駄のようである。

 列車が通過したあと、線路の両側に保安要員が立ち、安全を確認している。 胸には列車が通過する予定表をぶら下げているのだとか・・・!。

 

 この橋脚の真ん中あたりが、深くくぼんでおり、この中に機器が入っており、それが高潮で浸水し故障したものと思われる。 今正に、修理のため作業員が入るところのようである。

 

 今日はいくら待っても、橋は上がりそうもないので、この末広橋梁よりも目視300mほど南にある、同じ運河にかかる「臨港橋」に向かう。(先の地図では下部の中央付近参照)

 

 この橋は線路はなく自動車と歩行者用であるが、船が通る場合は橋を何とかしなければならないが・・・???。

 

  この橋を動かすための、操作をするところらしいが・・・。 

  

 橋を動かす前に、この遮断機が下りて、車などを停止させ・・・。

 

 橋が動くのであるが、下の写真、右が固定部分であり、左が可動部分と思われるが・・・

 

 一方の端は斜めに切れており、左が動き、右が固定されているのであるが、はてさてどう動くのであろうか?。(斜めに切ってあることから、こちら側が支点になるようだ)

 

  その辺りを、見られる範囲でしかないが、見て回ったが、どう動くのか誰も決定的見解を述べることができなかった。 そこで、帰ってから調べたら・・・。

 再度ウイキペディアによると・・・

 四日市港の千歳運河に掛けられた四日市市道の道路橋で跳開式可動橋。現在の橋は全長72.6メートル、幅員11メートル、可動部の長さは26.1メートル。通常は下ろされた状態で、船が通過する時のみ中央部分を油圧ジャッキによって約70度まで跳ね上げる。

 ・・・と言うことで、ダンプカーなどによく使われる、方式で動くものと思われる。

 

 今回に限った事ではないが、私のカメラ・ニコンD5500が撮影枚数が4万枚にまだ遠いが、早くも時々不調になる。 今回もいつの間にか画面が暗く成り始めた。 一部は修正したのでおかしな色合いになったが、修理も一方なれど、買換えの時期かもと考えている。

 

コメント

美味しいコーヒーを求めて (No 1907)

2018-12-05 08:00:00 | その他

 私の味覚神経がほとんど壊れているせいで、未だに美味しいコーヒーの銘柄を決められず、さまよい続けている。 いよいよ試すものが無くなってきたので、今回は我が親友が”嫌い、美味いとは思わん”と 言うものに敢えて挑戦した。

  Key Coffee製 「プレミアム・モカブレンド」  No11

 名前は私でも昔から知っている商品ながら、何故か友以外にも”嫌い”と言う人が何人かおり、個性的な味がするのかもと思いつつ、買って確かめてみたのであったが・・・。

 

  味を濃くしたり、薄くしたりして、数杯飲んでみたが、私には”嫌いな味”とすることが出来ないで居る。 あまり明確ではないが、飲んだ後に残る感覚にちょっと違う物があるように思える程度であった。

 例により、一覧表に書き込んでみると下記のようになる。

  
 メーカー商品名販売g10g@味覚購入先試順
UccブルーマウンテンB20066.85△+PAG1
小川スペシャルB00917062.24SNS10
小川フェアトレードモカB17037.94PAG5
小川オリジナルB17037.94SNS4
Keyプレミアムステージ18035.88SNS8
KeyトラジャB20032.20BIK2
斉藤名古屋珈琲紀行18029.88△-SNS7
Keyプレミアム・モカB20025.81△-SNS11
Uccマイルド/ハイロースト18023.88△-IGK6
KeyキリマンジャロB20020.90△-BIK9
UccキリマンジャロB32013.43×SNS3

  

 ともあれ、味に大きな違いがあるとは思えないが、好まない人が何人かいる以上、今後この商品を買うことはないと思われる。

 

コメント

大失敗の巻 (No 1903)

2018-11-26 08:00:00 | その他

 2018.11.20(火)、今日は天気もよいので、墓参りに行こうと、そしてついでに紅葉を見に行こうと言う。 日頃は体調不良で、出る事を渋っていたから、これはブログネタ取材のチャンスと意気込んだのであった。 

  墓は我が家よりも北方にあり、車で30分近く走るから、ついでに行くのなら、山越えて滋賀県に出るのは今や体力上、不可能に近い、よって三重県北部、いなべ市周辺になる。そこで慌てて捜すも、中々適当な行き先が見つからない。

 最も手頃な紅葉の名所としては、西藤原の「聖法寺(しょうぼうじ)」であるが、紅葉の季節は300段の石段を登らねば成らず、足腰に問題がある私にはちょっと無理、秋は本当に難しい!。

 そこで、いなべ市の観光課が出してる資料にあった、「東林寺」と「賀毛神社」と「東員町スポーツ公園」を、カナービに入力した。歴史やその由緒など調べる余裕はなく、いなべ市を信用したのであった。

 そして、墓参を終え、阿下喜町で食事をしてカーナビに従って走ったが、最初の賀毛神社の所番地に着いてみると、そこは畑!。 写真で見る限り、大したことがなさそうなので、パスを決め、二番目の「東林寺」に向かった。

 くねくねと曲がる、対向車が来たら、止らねばならないような道を走るが、なかなか着かない。道が細くてカーナビが案内をしないのである。 最近買ったばかりの車についていたもので、不慣れもあるが仕方なく更に走ると立派な寺があった!。

 もう、辛抱溜まらず、トイレも借りたくて、兎に角入ることにしたが、何と「東林寺」ではなかった。 写真で見た「東林寺」とは大同小異と判断し、この寺を見させて戴くことにした。

 

 「養泉寺」  
       真宗大谷派 
       いなべ市北勢町川原211

 

  先ほどの寺から少し走った所に、神社があったので入って見た。

 帰って写真を見たところ、何と神社の名前を撮ってこなかった。 地図で調べてもその位置には神社が現れない。 ネット上で「いなべ市 神社」などで検索しても、この位置に該当する、神社がないのである。 おばけか???。

  よって、この神社には名前がないのである。

 

 「東員町中部公園」

  員弁川の北側の元は河川敷だった場所らしきところであり、川と東員町役場に挟まれた一帯であり、その多くは「東員町スポーツ公園」と呼ばれているようである。

 その北部一帯を「東員町中部公園」と言い、池があり、町の資料によると、花などが植えられており、景色がよさそうに見えたので、ここを目指したのであった。

 草ぼうぼうではあるが、一応川らしいものはあるが、池がない・・・・

 あるのは、「パークゴルフ場」と呼ばれる、グランドグルフ場ばかりである。ぐるりと一回りしたが、池は見当たらない。 きっと道路を挟んだ南側の町民プールのある方にあるのだろうと思った。 もう、この時点で膝は痛いし、足は”がくがく”して、とても先には進めず、池は諦めて帰路についたのであった。

 

  帰って、よく調べて見ると、私は池の反対側、グランドゴルフ場しかない辺りを痛い足を引き摺っていたのだと判明した。

 

 調査不足と周辺の知識不足とは言え、尋ねた3ヶ所ともに、全てが予定外となり、ひとつとしてまともな物がなかったのであった。 正に大失敗の一日であった。 

 

 

 

 

コメント

美味しいコーヒーを求めて (No 1900)

2018-11-24 08:00:00 | その他

 美味しいコーヒーを求めてと称し、市販されている粉を購入して、味を確かめている。 略一巡したんで、そろそろ品種を決めたいと思っているが、価格は高い物安い物など、いろいろあるが、その味に特徴や良さの差がなく、決めかねている。

 今回は、小川珈琲の「スペシャリティーブレンド」という名前で売られており、価格は結構高めの商品なのである。

 

 

  例により、その比較表に書き込んでみると・・・。

  
 メーカー商品名販売g10g@味覚購入先試順
UccブルーマウンテンB20066.85△+PAG1
小川スペシャルB00917062.24SNS10
小川フェアトレードモカB17037.94PAG5
小川オリジナルB17037.94SNS4
Keyプレミアムステージ18035.88SNS8
KeyトラジャB20032.20BIK2
斉藤名古屋珈琲紀行18029.88△-SNS7
Uccマイルド/ハイロースト18023.88△-IGK6
KeyキリマンジャロB20020.90△-BIK9
UccキリマンジャロB32013.43×SNS3

 

 ・・・となるが、〇と△の差は殆ど無く、単にその印象で思ったままをかいているので、当然私の好みであり、物の善し悪しでは決して無い事を断って起きたい。

 今回のものは、〇として評価が高いように見えるがそうではなく、苦みが柔らかく、”こく”のようなものを感じたからであり、私の味の好みに近いし、他の飲んだ人からの否定の言葉がなかったに過ぎないのである。

 

コメント

オーガニック・ハーブ・ティー (No 1899)

2018-11-22 08:00:00 | その他

 先日、当ブログにて、友からのメールにヒントを得て、「ウスベニアオイ」の花から、色がきれいなハーブティー が出来ると書いたら、これを見た娘がそのハーブティーを買って持ってきてくれたので、一文を書く事が出来た。

  そのブログは、こちら!(2018.11.13 No1892)

 

 「オーガニック・ハーブ・ティー」 
       マローブルーとも書いてある。

 

 萼ごと採取して、乾燥したものらしい。 まだ、紫色が見えるから、完全に乾燥させたものではないように見える。

 

 これを容器に適量入れ、お茶や紅茶などと同じ方法で入れればよいとのこと。

 

 熱い湯を注ぐと、きれいなブルーになる。

 

 一分も経たないうちに色が薄くなってゆく。

 

 

 今度は紫色に変化し・・・

 

  そこに、好みで「レモン果汁」を2~3滴たらすと・・・

 

 ピンク色に変わってゆく。

  

 そして戴くと・・・・

 

  そのお味は・・・・
 しばらく考えたが、表現力の乏しい私には、言葉が思い浮かばない。 強いて言うならば、かなり抽象的で分かり難いが、個性のない味と書くしか無いようであり、また、決して美味しいとは想わなかった。

 花も食べてみたが、よくも悪くも、味が殆どしないのは、私の味覚がまた一段と落ちたのかと思ったが、必ずしもそうでもないらしい?。

 飲み物としては、決して美味しい物ではないが、飲めば薬効成分はあるらしいし、色の変化を愉しむことも出来るのであった。

 ひとつの体験が出来たし、ブログが一本書けたことは、有り難いことであった。

 

 

 

コメント

美味しいコーヒーを求めて (No 1898)

2018-11-21 08:00:00 | その他

 当ブログを見ている娘が。コーヒーの飲み方で少し変わったのがあると言って、私がやっている「美味しいコーヒーを求めて」用のブログネタにと、機材を持ってきてくれたのであった。 (2018.11.15 木)

 

  それは「クレバー・コーヒー・ドリッパー」というヤツであり、機材としては、プラスチック製のドリッパ-と・・・ 

  抽出したコーヒーを受ける容器の2点である。(一応専用=他のは寸法的に合わない可能性あり)

 

  入れ方は、まずドリッパーに普通よく使う紙のフイルターを装着し、ここにコーヒーの粉末を規定量入れる。 

 

  そして、沸騰させた湯を規定量そそぐ。

 

 そして、冷めないようにフタをして、3分間待つ。

 

 3分経ったら、二番目の容器の上に乗せる。 この容器は専用になっており、乗せるだけでバルブ(?)が開き、液が落ちるようになるのである。 3.5杯分が落下に要する時間は1分前後であった。

 

 

  後は飲むだけである。

 飲んだ結果であるが、味は大変まろやかで私の口に合ってると想うが、他の二名からは、美味しいとの言葉はなかった。 この味は豆(粉)に由来するところが大きく、この入れ方の評価にはならなかった。 (粉の味については、別途に書くよていである)

 

 

 

コメント

美味しいコーヒーを求めて (No 1891)

2018-11-15 08:00:00 | その他

 美味しいコーヒーを求める旅は一通り終えたつもりであった、そこで最も無難なものを「Key製・トラジャブレンド」と決めて一袋買って飲んでみたが、いまいちピンと来ないので、再度、旅がはじまったのであった。

 味は価格では左右されないと言うし、以前飲んでいたものは、娘がまとめて買うから安くなっているが、それに比べたら高いというので、購入価格の安いものにしてみた。 一杯分10g当たり、20.9円に相当するものだ。

  

  娘が買ってくれていたものが、フイルター付であるが、一杯分19円であったから、やや高めになるが、味は私にはこちらの方が好ましいと感じた。

 

 飲み比べたコーヒー(粉)の一覧

 メーカー商品名販売g10g@味覚購入先試順
UccブルーマウンテンB20066.85△+PAG1
小川フェアトレードモカB17037.94PAG5
小川オリジナルB17037.94SNS4
Keyプレミアムステージ18035.88SNS8
KeyトラジャB20032.20BIK2
斉藤名古屋珈琲紀行18029.88△-SNS7
Uccマイルド/ハイロースト18023.88△-IGK6
KeyキリマンジャロB20020.90△- BIK9
UccキリマンジャロB32013.43×SNS3



 この後は、少し高価なのを試みる積りである。


 

 

 

 

 

 

コメント

湯の山・かもしか大橋 (No 1878)

2018-11-01 08:00:00 | その他

 今年の夏は特別に暑く感じていたので、8月24日に湯の山温泉に於いて、「かもしか大橋」が開通したと聞いたが、その当時は体調も悪く、出かける事ができないでいた。

 涼しくなり、紅葉が始まったら、見に行こうと思って居たが、国道477のバイパスが10月27日から部分開通したし、健康も天候もよし、ならば見に行こうと出掛けたのであった。

 

 我が家から、湯の山温泉方向(西方)に車を走らせると、数分で出来た橋が見えてくる。

 この道は昔からある道であり、今は県道577号になっているが、湯の山温泉に入る有一の道なのである。 従って、もしもこのあまり広くもない道が、災害などで通行できなくなれば、温泉街は陸の孤島になってしまう。

 この道は「大石」を過ぎたあたりから、更に道幅が狭くなり、対向車が来れば広い場所まで下がらなければならないほどであり、景観を壊すので、道を広げられないでいる。

 この道をどんどん登り、「長石」あたりから1Kmほど進むと、「鈴鹿スカイライン」に出られるから、陸の孤島にはならないとも言えるが、これは非常の場合であって、通常車は通行できないようになっている。

 通常この道を開放すると、狭い温泉街の道が通り抜けるだけの道になり、混雑するが、地元の利益にはならないと温泉街の人達からの意見で、折角道を作りながらも、通行止めとしているのであろうと推測する。

 

 理由は兎も角、我々の税金37億円が使われて、「かもしか大橋」が完成し、温泉街に入る道がもう一本出来たのである。 菰野富士の西、菰野富士への登山道入口のある鳥居道山駐車場から少し登った位置に入口がある。

 

 

 橋の長さは269mであり、余り長くはない、北谷川にかかるが、橋脚の長さが70mほどあり、結構高い所を走るのが特徴みたいである。

 

 鈴鹿スカイラインを少し登り、上から見ると・・・

 

 温泉街側から北の方向を見る。 左に行けばスカイライン、右にゆけば四日市方面になる。

 

 スカイラインの方向(西方)。

 

左に行けば、鈴鹿スカイライン、右は温泉街、手前はロープウエイ乗り場。

 

 これで立派な近道が出来たが、珍しさがある内は、どんどん人は訪れるであろうが、今のままでは一巡したらお仕舞い、何のために橋を作ったのかと言われないようにしてほしいものだ。

 廃墟と化した歴史ある温泉宿の数々、ロープウエーは空の箱を回しているだけでは、人は来てくれない。 この橋とロープウエーと温泉(冷泉)を生かす工夫が欲しい、今のままでは勿体ない気がする。 

  四日市方面へのR477バイパスも部分開通したし、新名神高速道が来年にはインターチェンジまで数分と道路環境は格段に良くなるので、これを活用し、菰野町の発展に是非とも寄与してはしいとつくずく思った。

 

 

 

コメント