木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

丑寅・食事会 (Mo 1998)

2019-04-28 08:00:00 | 飲食店

 昭和25年に四日市の羽津小学校を卒業した同級生で作る丑寅会は、毎月食事会を開催しているが、2019.04.19(金)に桑名市で開催した。今日は都合の悪くない、女子6名、男子3名が参加した。

 

 「歌行灯(本店)」  桑名市

  ここは以前に親友会で食事会を行ったところであり、大昔は東海道、七里の渡しもすぐ近くで、歓楽街、料亭のひしめく場所であった。

 

 だんだんと、参加人数が減るように思うが、何時までも元気で、長く続くことを、節に願うのであった。

 

 食事後は大料亭がその1Fで食品などを販売しはじめたようで、二次会の時間調整のためもあり、しばし、買い物ですごす。

 

 そのあとは、いつもの富州原に戻り、毎度のデニーでのコーヒーではなく、珍しく「カラオケ」となった。 

 

 男子2名は、少々お年を召したようで、歌には参加せず、聞く方に回られたようであり、四名の女子と、男子一人が、3時間近く歌いまくったのであった。

 

  女性達は、食事会とは別に集まり、毎月カラオケをやってるそうであるが、私は何年ぶりかのカラオケであったから、腹一杯歌わせて貰った。 昼間でもあり、アルコールの少ない間は乗りが悪かったが、飲むに従い、何時もの調子を思い出したのであった。

 久しぶりに、目一杯、思う存分、歌わせてもらったから、ストレスゼロとはなったが、やや興奮気味で、床に就いても歌が次々と現れて、かえって寝付きが悪かったのであった。

 今日も一日、楽しい時間を過ごすことが出来、みんなに心から感謝し、且つ、この会がいつまでも続くことを祈るのであった。

 

 

コメント

「宙の台所」で食事会 (No 1976)

2019-04-06 08:00:00 | 飲食店

 2019.03.26(火)今日は高校時代の友三人と月例の食事会を実施した。メンバーは四人であるが、一人は奥様が体調を崩され、病院行きで来れないとか。 現在四人とも夫婦揃っているが、どこも何かの要因を抱えており、体調不良で欠席は止むを得ない年代であり、何時永久に出来なくなるやも知れないから、友には悪いが、出来る時にはやろうと決行したのであった。

 

  「宙の台所」  いなべ市大安町石榑

 

 

 

 左の建物が宙の台所。 池は調整池。

 

 11時に到着したが、しばらくしたら入れてくれた。

 

 

 池の端の見晴らしのよい席に座ることになった。

 

 

 入った時はこんな状態であったが、12時頃には広い店が満席となった。 遅いと常時待つことになるらしい。

 

 「かきフライ定食」 ¥880(税込)

 味もよし、この価格なら、満足であった。

 

  混み合ってきたので、席を立ち、いなべ市の農業公園の方向に友が運転する車は走り出した。

 

 

 

コメント

久々の喫茶店 (No 1951)

2019-03-02 08:00:00 | 飲食店

 出不精を決め込んでいる私のことを考えたのか、友が久しぶりに「お茶」しようという。 最近は我が家でコーヒーをいれているから、毎日安くて美味しいコーヒーを飲んでるので、考えて見れば、喫茶店は随分とご無沙汰している。

 友を誘ってゆくから、美味しいコーヒーが飲みたいので、よい店を捜しておけと言う。 我が家の近辺で、コーヒーが美味しく、折角行くのだから、ブログの記事になり得る店となると限られてくる。 

 そこで撰んだのは、ちょっと高くつくが、全額私が持つ積りで、我が家から車で10分ほどで行ける、湯の山温泉駅の直ぐ近く(手前)、湯の山街道沿いにある、古民家風で凝った趣向の店にした。  

 

  「茶房 轤夢庵(ろまん)」

 

 

  店の内外ともに、手作りのような、机や椅子、その他の調度品も、アンティーク調で店は構成されている。

 

  少し小さめのコーヒーカップかなあと思ったら、小さな急須が着いており、ここにもコーヒーが入っており、お代わりが出来るのであった。 それに、子供の帽子のようなものを被せるが、コーヒーが冷めないためだという。 この気配りがとてもうれしい!。 

  結局ここは、今日を言い出した友が、全額を払ってくれた。 ごちそうさま!。

 

  このあと、隣の陶磁器や古風な衣類などを置く「器屋」(下の写真)を見学した。 高さ200mm位の、万古焼らしい、お地蔵様が並べられていたが、価格を聞くとなんと18万円という。 こんなのも買う人がいるんだなあと、感心した。

 このあと、商業施設「アクアイグニス」をちらっと見学し、我が家に来て貰い、ベトナム産のコーヒーを飲んだが、少し賞味期限がすぎたものであり、味はいまいちであった。

 二人の友のお陰で、今日も楽しい一日を過ごすことが出来、生きていて良かったと、改めて知った次第!。

 

コメント

丑寅・食事会 (No 1948)

2019-02-18 08:00:00 | 飲食店

 毎月行っている、昭和25年に羽津小学校を卒業した同級生で作る、丑寅会の食事会が四日市で開催された。 今回から、哀しいかな仲間(女性)が一人亡くなり、11名出席の追悼の会となった。 

 仲間が減ったことは大変に寂しいことではあるが、皆がその年代に達し、明日は我が身に起きることかもしれないと、改めて知らされたのであった。 今日一日が生きていられることに感謝しながらの、時間となった。

 

 中国料理の店 「浜木綿」 

 

  11時30分に集合し、13時30分を回ったが、まだまだ話は終わることは無く、場所を変える事になり、「シグマ」という、大きな喫茶店に向かった。

 更に、おしゃべりは続いたが、15時30分を回ったところで、再開を祝しお開きとなった。 今日も一日、元気で楽しい時間を過ごさせてくれた皆に、感謝しつつ帰途についた。

 

 

 

 

コメント (2)

丑寅食事会 (No 1939)

2019-01-25 08:00:00 | 飲食店

 四日市の羽津小学校を昭和25年に卒業した同期生でつくる、丑寅会の食事会が桑名市で開催された。 今日は都合の悪い女性3名が欠席したので、合計9名が出席とのことであった。 

 楽しい席であるがために、やっぱり一杯飲みたく、電車で行くことにし、四日市の近鉄霞ヶ浦駅から、友の車に乗せて貰うので、10時に駅集合と聞いたと思い込んでいた。 家を出てみると、ちょっと、何時もより速いとは思ったが、別段、おかしいとは思わなかった。

 電車を乗り継いで、10時丁度に駅に到着したが、誰もいない???。 これは変だと感じ、暫く待った後、幹事に電話して、始めて私が勘違いして、一時間早く着いてしまったことに気が付いた。 遅いのではなくてよかったが、遂にボケは本物になったようだ。

 そこで、駅から1Kmもない所に、今日同行する友(K)が住んでいるので、その家まで歩こうと決めた。 ここら辺りは、小学生から中学卒業まで。暮らしたところ、懐かしく思い出したりしながら、歩いていた。

 友の家が近づいた頃、もう一人、今日車に乗せてくれる友(H)が手を上げて道に待っていてくれではないか!。 小一時間速く着いたのに、偶然も重なって、結果的には一切待つことなく、車に乗せて貰い、もう一人の友(N)を待つべく、駅に向かった。 

  そうしたら、その友も電車で無く車に乗せてもらって来たので、11時集合には、30分ほど速いが駅に我々と同時に駅に到着するなど、いくつもの偶然が重なるという、何とも不思議な一日になったのであった。

 

 今日の食事場所は、桑名市の北部にある、「温席(おんせき)」という、洋食と和食をチャンポンにした、料理を食べさせてくれる、大変に料理が美味しい店で、私は二回目の訪問であった。

 

  最初に出されたのは、濃いスープ?。

  二番目は、一口にも食べられるほどの、小さい三角形に切られた、味付けのパン一切れをバターを付けて戴く。(写真はなし)

  三品目はサラダの用だが、白いのは味付けしたエビで、大変美味しかった。

  そして、固茹でのパスタ。

  「サワラ」(?)の煮付け。菜の花のようなものが添えられている。

  この後、酒のチョコのような小さな器にはいったシャーベット(写真はなし)で口直しのあとは、本日のメインディッシュであろうか、ちょっと歯ごたえのある角切りのステーキのようだ。

 話にいっぱいの花が咲く。 

  ご飯に味噌汁と漬け物。

  デザート、と小さなカップに入ったコーヒーで締められた。

 

 

 その後の二次会は、いつもの「デニーズ」に入って、私はコーヒーを二杯戴いた。 

 

 何時もは終日、しゃべることが少ないが、今日は顎が”くたびれる”ほどのおしゃべりをした、 まだまだ話は尽きないが、時間となったので、15時に帰路についた。

 今日も一日、楽しい時間が持てて、ありがとうと心で叫んだのであった。

 

 

コメント (2)

いつもの友と食事 (No 1931)

2019-01-11 08:00:00 | 飲食店

 一人の友が年末から心身共に不調と言っていたので、心配していたが何とか持ち直したような気配を感じたので、もう一人の友の提案で、その慰労を兼ねて食事会をすることにし 、昨年の夏頃に出来た店に出掛けることにした。

 この店は、やや高級感があり、ここの所人気集中で、突然来ても昼時は満員で入れないので、今回は事前にネットで予約をしたので、すでに満席ながら、坐る事ができたのであった。 

 

 12時に予約し、ほぼその時間に到着したが、駐車場も席も我々が最後のようであり、後から来た人は車を止められないほどに人気があるのであった。 友が言うには。丁度入るだけの駐車場が用意されているのだと!、正にその通りであった。

 

 一番混雑の時間帯に訪れたせいか、結構時間をかけた美味しい料理が出てきたが、何時もは12時前に昼食をしている私には、空腹がたまらず、料理が出てきた瞬間に箸をとっていたので、折角のきれいなお料理の写真を撮り損なってしまった。

 

 ここの料理は、姉妹店と同様に味はよく、また年寄りには、丁度腹に入る量の昼食を戴いたのであった。 このあと、デザートとコ-ヒーが出た。

 この後は、我が家に来てもらい、しばし楽しい時間を過ごしたのであった。 このようにして、ああ!、今日も一日、生きていてよかったと、思える時間をすごしたのであった。

 

 

コメント (2)

仲良しで食事会 (No 1911)

2018-12-13 08:00:00 | 飲食店

 2018.12.12(水)、高校時代からの仲良し四人が、四日市で食事会を行った。 午前11時半の少し前に、集合場所の富田駅前の大型スーパーの駐車場に一気に揃った。今日は富州原に住むS君が幹事役で、予約をいれてくれた、中華風レストランに出向いた。  

 

 中華料理「楽山居(らくさんきょ)」

    三重県川越町豊田  (近鉄富州原川越駅近く)

  本日ご出席の、三巨頭である。

 

 今日の料理は「日替わりランチ」である。

 

 まず、なすびとトマトのオードブルとスープが出が、このナスビが私には大変美味しく感じた。煮てあるように思えた。

 

 メインディッシュは豚肉のソテー風(?)だ!。 ご飯はお粥に変えることも出来る。

 

 そして占めは、甘いデザート。

 

 この後、古代歴史館を見学したが、その記述は別途としたいので、その次の「コーヒーで一服」を、我々がよく訪れる「ランプ」に今日もやって来た。 

 

 ここで、一時間ほど、おしゃべりの後、「末広橋梁」へ向かったが、その記録は別途とする。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

丑寅・食事会 (No 1876)

2018-10-30 08:00:00 | 飲食店

 四日市市羽津小学校を、昭和25年の春卒業した同級生で作る「丑寅会」の2018年10月度の食事会が開催された。 

 

  「トミス亭」

      三重県三重郡川越町

  いつもの12名が、元気よく集まり、今日は肉料理であるからか、最初から最後までわいわいがやがやのまことに賑やかで楽しい食事会となった。 

  何を食べようかと、深く考えるまでもなく、殆ど瞬時にサロインステーキと一挙に全員一致したのには驚いた!。 みんな口には出さないが、お金持ちばかりなんだなーと感心する。

 

  しゃべりにしゃべったが、まだしゃべり足らず、 少々長居をしても追い立てられることが少ないいつもの店にやってきた。

  「デニーズ」

 

 

  ここでも話は尽きず、午後も3時が近くなってようやく再会を期してお開きとなった。 なお、来月は伊勢志摩方面に一泊する計画になっており、食事会はお休みとなった。

 

 

 

コメント

丑寅食事会 (No 1844)

2018-09-28 08:00:00 | 飲食店

 2018.09.21(金)、昭和25年3月に四日市市羽津小学校を卒業した、同級生で作る「丑寅会の食事会」が開催されたので、3ヶ月ぶりで参加した。

 先々月は私の体調不良で欠席し、先月は猛暑に年寄りが出歩くのは危険と思ったのかどうかは知らないが、開催されなかった。 

  開催場所 「ニーナ」 カフェ&サロン
         四日市市大字羽津3530-5 

  聞けば、ここは私が長年勤めた会社の工場長の住まいであったようで、それを今の家主が買い受けたものらしい。 なお、その工場長は私が入社した、昭和31年には、本社に転出後であたので、第一会議室の歴代工場長の写真でしか知らない。

 食事会の集合時間は11時30分であったが、少し早く着いて写真を撮らせて戴いた。 人が居ないことで私には好都合であった。 

 

  いつも元気な女性軍!。

 

 何時もは12名参加であるが、男子一名が、都合で欠席らしい。

 

 食事はランチ定食であり、この前にオードブルとして、2品出たが、おしゃべりに夢中になり、写真を撮るのをわすれていた。

 

 

 

 この後、コーヒーが出た。 まだ2時半、おしゃべりは十分でなく席を改めることになり、 「ランプ」というコーヒーショップに向かったが、今の時間は満席であり、富州原の「デニーズ」に向かった。 

 お代わり無料のコーヒーを飲み、おしゃべり第二部は16時近く迄続いたのであった!。

 

コメント (2)

仲良し四人の食事会 (No 1839)

2018-09-19 08:00:00 | 飲食店

 中断していた、いつもの仲良し四人が勢揃いで、食事会を開催することにして、菰野町のスーパーの駐車場が集合場所としていた。

 約束の11時30分になったが、一人が現れない 、そうこうするうちに、電話があり、何といなべ市の同名のスーパーの駐車場にいるという。

 菰野のスーパーと、いなべのスーパーとを聞き違えたらしいが、お陰で、入った事が二度目のショッピンッグセンターに来る事が出来、ここで食事会となった。

 

 店舗

 

 久々集まった!、お三方。

 

  和定食

 

 この後、友がコーヒーの割引券をもっているからと、四日市市羽津別名にあるコーヒーショップ「ランプ」に入った。 

 最近、コーヒーはスーパーで安い物から、最高価格のものまで、色んな名前の粉を買い、我が家で飲んでるから、喫茶店には用がなく、久しぶりであるが、やっぱり雰囲気が違う!。

 一杯当たり、¥10から最高でも¥76で飲んでいるから、¥400も出すのは馬鹿らしいところで有るが、やっぱりこの雰囲気は出せないのである。

 冷静になって考えて見ると、この味自体は、高い粉でなくても、我が家でも満足なものは出せるが、それは、あくまでも個人の好みの問題であり、人により異なるが、この雰囲気だけは、ここでしか味わえないと思った。

 

話は変わるが・・・

 この2日後に、町内の食品スーパーの隣の店へ、買い物ついでに、菓子パを買うため訪れた。ここは、¥250で”美味しくないことはないコーヒー”が飲めるので、以前は買い物に来た都度利用していたが、ここの所ご無沙汰していた。

 喉も渇いたし、味の比較と暇つぶしに、飲んでみた。 今までは普通の味と思っていたが、私が入れるコーヒー一杯当たり¥10前後のものにも劣るのではないかと感じる程。 ここは喫茶店としての雰囲気もなく、パンを食べる所だと確信した。

 

  

コメント

丑寅・食事会 (No 1813)

2018-06-28 08:00:00 | 飲食店

 小学校時代の同級生で作る、「丑寅会」のいつものメンバー12名が、今日は近鉄四日市駅の近くに集まり、食事会を開催した。

  しゃぶしゃぶと日本料理「四日市みやび」
      四日市市諏訪栄町 (四日市シティホテル2F) 

 

 

  今日はしゃぶしゃぶ料理だ。 駅近くであることから、電車で来たので、美味しいビールも久々にたっぷり飲むことが出来た。

 

  話は尽きないが、13時すぎては、席を変えねばならず、今日は二次会を行うことになった。

 

 「スワサロン」
      四日市市諏訪栄町

  この辺りは”連鎖街”と言って、古くから賑わいの中心であり、若かりし頃、女性とよく訪れた、私に取っては思いで深い場所であり、是非行きたかったところであり、かなり前からその日を目論んでいたが、やっと今回それが叶った。

  珍しく、今回はまさかの全員が二次会参加となり、坐る場所があるか心配したが、2Fに空席があり、12名坐る事が出来て、ほっとしたものだ。

 

 15時30分ようやく、席を立つことになった。 

 

コメント (2)

お食事会 (No 1805)

2018-06-14 08:00:00 | 飲食店

 2018.06.08(金)、中学時代の仲良し5人(女子3名、男子2名)が集まり、食事会を行った。 この集まりは、羽津小学校の同級会、丑寅会の一部と、小学校は違ったが、中学時代の同級生が一人参加したのであった。

 昭和の20年代後半、終戦の後始末がまだ終わっていない時代のことで有るが、私は父の転勤で羽津小学校に5年生の二学期から転入した。 当時羽津地区は2クラス100名弱であったが、中学は海蔵地区と合わせた、合計5クラスで山手中学であった。 

 「レストラン温席(おんせき)」
      桑名市新西方3-85

 

 

 料理のことは、全く知識がないので、写真のみ羅列する。下の写真はサラダのようであるが、この前にブロッコリー(?)をすり下ろしたものに、もずくを入れたものが、極小さい器で出された。 

  ほんの少量であるが、味は抜群!。

  焼き魚のようである。 この後に極々小さい器にて、冷やしたものが出たが、写真は省略。

  ステーキを、おろし醤油やごま塩で戴く。

  そら豆のご飯に味噌汁。

  フルーツ。

  コーヒー。

  ほんの少量ずつではあったが、間を取って出てくるから、物足りなさは全く感じなかった。 高級料理はこんなものだろう!。 (¥3、024 税込)

 

 食事の後、コーヒーショップに移動して、さらにおしゃべり会は続いた。

 

 「珈琲銘香 さんく」
        桑名市新西方

 

 

  ・・・・・・・・16時、ようやく解散。

 

 

 

コメント (2)

今日は中華で丑寅会 (No 1787)

2018-05-27 08:00:00 | 飲食店

  昭和25年3月に羽津小学校を卒業した同級生で作る「丑寅会」の昼食会を毎月開催しているが、今日は中華料理である。 今日もいつもの女子8名、男子4名が集まった。

 

 「中国料理  浜木綿」

        四日市市生桑町高田553-1

 

 

 ヒマワリとタンポポと名付けられた小部屋の中仕切りを外して会食となった。

 

ありがたいことに、今日も全員元気で逢えたことに、感謝である。

 

 11時半頃に集まって、14時近くまで、何時ものように、おしゃべりに興じたのであった。 私たち5名は二次会として、川島町のコーヒーショップに出掛けた。 この二次会には、中学が同級であった、私のいつもの友も呼び、合計6名で16時ころまで、おしゃべりに夢中となった。

 今日も元気で、楽しい日が送れたと、有り難く思ったのであった。

 

コメント (2)

雨の中捜した店 (No 1777)

2018-05-15 08:00:00 | 飲食店

 久しぶりの土砂降りの雨の中、ネット上で調べた喫茶店を捜すが見当たらない。 その位置には斎場があった。 そこは大きな斎場であるから、その中かも知れないと友は言うが、それはいくら物好きな私でも遠慮したくなった。

 ならばと、もう一つの店を捜す。 インターネット上では、四日市の松本駅近くとあったのでその辺りを捜すが見当たらない。 半ば諦めかけたが、念のため、再度スマホで調べたら、あった!。 場所が違っていたのだ!。

 駐車場がないから違うと友は言うが、スマホを信じて、雨の中ずぶ濡れになって、店頭前に言ったら、小さな看板があり、ここが目当ての店であることが判明し、隣の食品スーパーに車を置かせてもらい、ようやく店にはいった。

 

 「 カフェ・フラン」
       四日市市松本町二丁目
       数台置ける駐車場が店の西側にあった。 

 建物の外も、そして内部も白一色で統一した明るい店である。白壁との相性はどうなのかちょっと判断に迷うが、骨董品級(?)のアンティーク家具が使われており、私の好む店の作りになっている。 

 骨董品の間に、クッキーやケーキが置かれているが、売れ行き好調なのか、品数は少なかった。

 

 時刻は3時のオヤツ時、ケーキを付けてコーヒーをいただいた。

 

ご満悦のお客さんも・・・・

 

   今日は15時前の集合であたので、これにて、”今日は、この辺でよかろうかい”となり解散となったが、今後も10日に一度位、少なくとも2店舗ぐらい回れる余裕をもって、また喫茶店めぐりをしようと話したのであった。

                            以上

 

コメント

蕨採りにきて蕨採らずお茶 (No 1770)

2018-05-05 08:00:00 | 飲食店

  春になり、新芽が出始めると、我が家の奥様は、「蕨がそろそろ出始めたかも・・・」 とそわそわし始める。 TVの見過ぎで、最近は”だに”騒動が起き、遠慮がちであるが、それも、もう辛抱たまらんと、ほっかむりに長袖、長ズボン、長靴とまるで戦争にでも行くのかと思う装束をし、これなら大丈夫と出掛けたのであった。

 私は例により、運転手に専念。報酬はコーヒー代¥500硬貨を握りしめ、湯の山温泉駅の近く、江野高原と言って、旧陸軍の演習場跡・・・といっても、今は一般家屋も建ち並び、蕨の生える場所は圧迫されて、限られた場所だけになってきた、貴重な”蕨スポット”にやってきた。 (2018.05.03(木))

 ここには「ヒル・トップ」 という喫茶店があり、ここには私のターゲットになる花が多数植えられており、今までにも、私の作る「花写真鑑」にまだ無い花(以下”新種”と略す)が結構あって、何点かを新規登録している。(なお、店から広告宣伝料は一切受けとっていない、念のため!)

 

黄色い花は「 キングサリ」

 

「アカツメグサ」 

 

「ラムズイヤー」

 

 

 「イリス」or「オリスルート」  ”新種”登録 第1647号

根を芳香剤に使用するらしいが、花は臭わないとか。

 

 「ジャーマンカモミール」  ”新種”登録 第1648号

 よく似ていて、一見すると、違いは分からないが、この他に「ローマンカモミール」というのがあって、属名も異なる別種ということなので、”新種”とした。 園芸品種なら、外見が変わらなければ”新種”昇格(?)を見送るところなれど、この場合は”新種”とした。(実にいい加減!、行き当たりばったり!)

 

 「ジューンベリー」

 6月果実採取のブルーベリと言うわけである。 これも当店で花の写真を撮り、”新種”登録をしたのであったが、今回はその実が成ったので、写真を追加とした。

 

 今日も蕨は袋にいっぱい採ったようであるが、友達を呼びつけて、無理矢理袋毎押しつけていた。 依って、今回も蕨が我が家の食卓に上がることはなかった!。

 

コメント (2)