木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

喫茶店 (No 2251)

2020-05-17 08:00:00 | 飲食店

 病院行き運転手の客待ち時間は、本を持って喫茶店に入ることに決まっているが、今日(2020.05.11・月)は、四日市市の西部に来たので、以前から目を付けていた、喫茶店に入ることにした。

 

 「炭焼珈琲・亜羅琲珈(アラビカ)」

       四日市市尾平町

 

 店の前の道は良く通るが、この店に入るのは初めてであった。    

 

 

 自家焙煎のコーヒーは色んなコーヒーがあるが、今回は「トラジャ・ブレンド」というのを200Grほど購入した。(100g¥540)

 

 

 

                       以上

 

コメント

さくら寿司 (No2194)

2020-01-31 08:00:00 | 飲食店

 2020.01.22(水)、病院の帰路はよく昼前になるので、その途中にある、寿司屋でランチメニューが、安くてお値打ちなので、殆ど56日ごとに来ている。 

 

  「さくら寿司」

      四日市市赤水町1087-1

 

 我々が訪れたのは、12時15分頃であったが、いつもと違って、かなり空席が目立った。

 

 今日は写真を撮る積りで来たから、寿司定食とした(¥2200税別)。このほかに食後のデザートとして、コーヒーゼリーが付いた。 刺身と魚の煮付けが美味しかった。

 

                       以上

コメント

丑寅・食事会 (No 2188)

2020-01-27 08:00:00 | 飲食店

 2020.01.17(金)、  丑寅会の食事会が四日市駅周辺で実施した。 今日はいつもの2名が欠席したので、男子3名、女子5名の参加となった。

 

  「みやび」 

 

 

  料理は和定食。 これに天ぷらと食後にはコーヒーが出た。

 

  今日は都合で、二次会はなし、昼食のみにて解散となった。

 

                           以上

 

 

コメント

港屋珈琲 (No 2185)

2020-01-25 08:00:00 | 飲食店

  2020.01.08(水)、ミニ獅子会の三人は菰野町周辺で本年初のお茶会としゃれ込んだ。 「コーヒークラブ」に始めて入り、ショッピグセンターで昼食をとり、再度お茶をしに、喫茶店にやってきた。

 

  「港屋珈琲」 四日市インター店

      四日市市智積町6176

  ここは過去数回きているが、写真は無く、ましてブログやMapにも記載がないので、その目的もあってやってきた。

 

 喫煙ルーム。

 

 メニューの一部。 当店は、コーヒーもあるが、食べ物が多くあり、空腹時にくるべき店であるかも知れない。

 

  一般の喫茶店のコーヒーは、「まろやかな味」のものを、店では出す傾向が強いが、当店は少し違って、どちらかと言えば、辛口のコーヒーであり、好き嫌いの激しい人には、敬遠される味のように感じた。要は万人向きの味ではないと言うこと。

 午後2時近くに成り、今日のお茶会は終了となった。

 

 

コメント

コーヒークラブ (No 2183)

2020-01-21 08:00:00 | 飲食店

  友から、貴様が昨年一年間で一番と思ったコーヒー屋で初釜をしようと言ってきた。もとより大賛成で、ならばと行く店を考えた。 私の中で一番印象に残っているのは「沙羅の木」であったが、コーヒーの味の話ではなかったので、引っ込めた。

 もう一人の友の意見を聞くと、豆を販売しているレベルの店と言うし、私はコーヒーの味が良い店、雰囲気の良い店、が望ましいので、ネット上で調べたら、「コーヒークラブ」がよさそうと感じた。

  発案の友が言うには、その店は大昔に訪ねたことがあり、味はよかったというので、ここにした。 この店の前の道は昔の幹線道路であり、しょっちゅう通行していたが、ここに喫茶店があるとは、今の今まで全く気が付かなかった。

 

  「コーヒークラブ(菰野・珈琲倶楽部)」

       三重県菰野町大強原2818-2
   

 

 外観は質素であり、大きな看板もないが、豆も生状態でも販売しており、色々なコーヒーの味を愉しむ私には最適の店であり、こんな店が近くにあることを知って、今の在庫が減ったら買わねばと思った。 

 

  従来、豆は茶色いものだと思って居たが、それは煎った後であって、ここで始めて生の豆を見て、それが白いことを知ったのであった。

 

  この後、食事にしたが、その記録は後述する。(2020.01.08 ミニ獅子会)

                          

コメント

Reconfort・喫茶店 (No 2180)

2020-01-20 08:00:00 | 飲食店

 2020.01.05、今日も病院行きのボランティア運転手は、コーヒー代¥500をいただいて、近くの喫茶店で、客待ち時間を過ごすのであった。 この店の前は何度も通過するが、店先はかなり落ち着いており、目立たないから、喫茶店とは気が付かなかった。

 

  「Cafe Reconfort」  四日市市日永西3-3-20 

  「コーヒーが美味しい店」で検索して見付けたもので、コーヒーを当店自慢の焙煎による、豆を販売すると知って、ならば、是非行こうと決めていた店であった。 入って見ると、外観と内部は大違い、ほんのりとして良い印象、客は若い人ばかり。

  店は結構ゆったりとしていて、若干の販売コーナーもあった。 私が店に入ったのは、10時半ごろであったが、客はまばらであったが、それから30分も経たない内に、席の80%程にお客さんが入ってきた。 

 

 帰りがけに、オリジナルコーヒーを購入しようとしたら、これから焙煎するので、10分ほど待たねばならないという。 車の客から電話が掛る時間が近いので、諦めようとしたら、「プレミアムブレンド」なら、直ぐ渡せるという。

 特に飲みたい銘柄があるわけでも無く、先ほど飲んで美味しいと感じたものと同じものなら、悪くはないので、今回はそれにした。 それが下記であり、250gr入りが、¥1350(税別)(1350*1.08/25=58.32yen)であった。

 

  味は、一言で言えば、「まろやか」であり、やはり、店で出すコーヒーらしく、万人向けであり、私の舌でも美味しいと感じたのであった。 なお、他の銘柄との比較は別途とする。

 

                          以上

 

 

コメント

まるは食堂 (No 2159)

2020-01-05 08:00:00 | 飲食店

  2019.12.11(水)、獅子会の面々は、常滑市に来て、空港内をさっと見て、めんたいパークで、お土産を買い、空腹をみたすべく、近くにあるレストランにやってきた。

 

 「まるは食堂・りんくう常滑店」

      常滑市りんくう町 3-9-5

 

 ここで和定食を頂く。

 

 

 空港の管制塔が見える。

 

                             つづく

 

 

コメント

コロラド・喫茶店 (No 2168)

2020-01-04 08:00:00 | 飲食店

  2019.12.15(日)、 今日も日曜日というのに、日永の医院にボランティア運転手として、雇われて来たので例により、本を持って喫茶店に入った。 ここは何年か前に友に連れてこられた店であるが、コーヒーの味は良い方と思うが、当ブログには、何故か載せていなかったので来てみた。

 

 「Cafe' COLORADO」

       四日市市鵜の森 1-4-16 

 

 時刻は9時を過ぎたばかり、お客さんは2~3組であった。

 

 今日の目的は、ここのコーヒーを購入することにあり、先ず棚を見た 

 

 そして、下のものを購入した。 味等は追って紹介する。

 

 

  そして店のお姉様と雑談していたら、今お買い得の品があると言われ、また、とても美味しいと言われ、買う羽目になってしまったのであった。 (25杯分/1800(税別))

 

 

                          以上

 

コメント

忘年会 (No 2172)

2019-12-30 08:00:00 | 飲食店

 2019.12.20(金)、小学校の同級生で作る、「丑寅会」の忘年会を、富州原の居酒屋「リム」にて実施した。 出席者は女子6名、男子4名のいつものメンバーであったが、終始賑やかに楽しい一日を過ごすことができた。

 

 

 メンバーの一人が欠席した。 原因はご主人が亡くなられたので、今夜が夜とぎだとか。 亡くなられた方は、私の会社の同じ職場の先輩であり、ご冥福をお祈りした。 寂しくなるが、また一人知人が減少した。 

 

 

 今日の料理。この他に刺身と揚げ物、おにぎり、コーヒーが付いて、¥2000はお値打ち価格。 飲み物は各自別途。

 

  この店は、カラオケの音響がよく、歌うのが楽しい店であり、新人歌手などが、PRに来ているようだ。 

 

 ステージもあり。

 

 楽しい時の経つのは早く、あっという間に15時を過ぎたので、年越しの挨拶を交わし、来年も必ずと誓い合って帰途についたのであった。

 

 皆さん、ありがとう!。 良いお正月を迎えられんことを祈ります。 

 

 

 

コメント

ティーボックス(日永)(No 2148)

2019-12-19 08:00:00 | 飲食店

 四日市市日永の医院に来始めて、もう10年にもなるが、三週間毎に、ボランティア運転手として来ており、何時も客待ち時間は一時間前後となるので、その間は、読む本を持って、喫茶店に入るのを常としている。 

 四日市市の中心よりは、少し南になり、いくつかの喫茶店はあるが、① 長時間居てもうるさくない店、② コーヒーが美味しい店、③ 空腹時で何か食べられる店、の三店があり、その時の状態により、この三店を使い分けている。

 2019.12.08、今日は日曜日であるが、何故か医院は営業しており、予約されているようで、仕事が舞い込み、日当として¥400戴いて、日永まで出て来たのであった。 なお、最近、消費税が上がり、今時は¥400では、コーヒーも飲めないが、上げてもらえないでいる。

 きょうは、予約時間が10.00時とかで、日永には9時40分頃付いたが、友の家に届け物があり、それを終えたので、10時30分ごろとなり、空腹を覚えたので、食べ物がいろいろある、上記③の、食べ物のある店にやってきた。 

 

 「ルックスウイートファクトリーティーボックス」  

  ここは、食品、雑貨のスーパーに隣接しており、時々お世話になってるが、今まで店の名前を知らなかったが、この記録のために調べて、始めて知った次第。しかし、何と”長ったらしい名前”であることと感じたのであった。

 

  日曜日なのに、ここは空席が多い。 食事時でも満員になったのは、見た事ががない。 

 

 

                               以上

 

 

コメント

歌行燈(日永) (No 2147) 

2019-12-17 08:00:00 | 飲食店

  2019.12.06(金)、用があって四日市に来たが、今日の昼食は当ブログの記事を目指して来たが、思えばここは、娘の嫁ぎ先の家族と最初に逢った日に、食事をした場所であることを思い出した。

 

  「歌行燈」(日永店)

 

 

 右方は個室になっており、各部屋数名は入れる。

 

 麺類付の和食の店である。

 

 

                            以上

 

コメント

車の運転手の暇潰し (No2122)

2019-11-27 08:00:00 | 飲食店

  病院行き、ボランティア運転手の、客待ち時間つぶしは、本を持って喫茶店と大体決まっている。 また、最近は「美味しいコーヒーを求めて」などと言って、コーヒー行脚を始めてからは、あちこちの喫茶店に足を伸ばしている。

 当地域に最初に訪れた時から、長年お世話になってるが、従来当ブログにはご登場の機会がなかったので、今回、取り上げたのであった。

 

 「コメダ珈琲店・日永」

 

 

 

 

 

 日永の医院には三週間毎に来ているが、ここに来た日は今日までよぞ生きて居られたとばかりに、日頃の「ケチ昼飯」から解放され、少し予算が付くようであり、「木曽路」が多いが、今日は昼食時間であり、土曜日であるから、満席だったので、違う店に来た。

 

 「鈴のれん」

 

                             以上

 

 

コメント

桜・珈琲庭 (No 2110)

2019-11-12 08:00:00 | 飲食店

 2019.10.27(日)、あさあけプラザでの山野草展の帰路、空腹を覚えたので、いつもよく行くレストランに寄って見た。 ここは過去何度も来ているが、ブログに登場していないので、喫茶店巡りに入るので、撮ったのであった。 

 

 「珈琲庭 桜」

       三重郡菰野町大強原字内垣外   

 

 

 

 

 この他に、別室があり15名くらいは入ると聞いたので、丑寅会の食事会に手頃と思うが、四日市から年寄りを引っ張ってくることも出来ず、積極的な提案をしていない。

 

 

 「シダレウメ」が元気だった頃にわざわざやってきて、ここから、ウメを眺めながらコーヒーを飲んだものだ。

 

 中庭には、開店直後は見事な「シダレウメ」があったが、なぜか元気がなくなり、今は「シダレサクラ」になっている。 植え替えてもう数年経過するが、あまり元気には見えないが、この辺り一帯は田んぼであったから、水はけ悪く、土の質が合わないのだろうか?。

 

                              以上

 

 

 

コメント

獅子会が桑名でお茶 (No 2104)

2019-11-08 08:00:00 | 飲食店

  「純喫茶巡り」と「美味しいコーヒーを求めて」の両者を達成させようと、友が選んだ店が桑名市にあったのだ!。

  

 「ホリ・コーヒー(本店)」

     桑名市中央町

  「美味しいコーヒーを求めて」では、前に娘が買ってきてくれたので、紹介済みなので、ここには書かないが、私にはここのコーヒーは「まろやかさ」があって、好みに合ってると思っている。 

 

 今回もここで、250gr入りを購入した(¥1350)

 

 ここのコーヒーを飲んで、大変に「まろやかな味」がすると、友に言った。 それに対し友から「まろやかさ」とは、コーヒーの味の評価として一般的なのかと聞かれたが、その時は”そうだ”と答えたが、よく考えてみれば、そんなことはなさそうだと気がついた。

 ちなみに、当店に置いてある印刷物(パンフレット)「一杯の珈琲で、人に幸福を」によると、コーヒーの味のランク付けには、香り、甘味、酸味、コク、苦味の五項目で評価されていたので、「まろやかさ」はなく、甘味を中心とした、味の総称かも知れない。

 この後日、もう一人の友から、次のようなメールが来た。(原文のまま=抜粋)

「ホリ本店」のコーヒーはまろやかな感じがして、こういうのが美味しいと言うのかなと 感じて来ました。 喫茶店であれだけのパンフレットを用意する所は多くないと思いますが 「店主が毎朝自家焙煎し、倍の量を使用して・・・」の文面は 美味しくなりそうですねー! このパンフレットに暗示を掛けられてだろうか美味しいと思いましたね。

 ごらんのように、偶然のことながら、彼も「まろやか」であったと評しており、一般的な評価ではなくとも、味を表す言葉として使っても、あながち間違いではなさそうと思った。

 

  「さがみ」

  書く順は前後するが、ここで食事とした。

 

  かくして、獅子会の集まりは滞りなく終了した。

 

                          <完>

コメント

丑寅食事会 (No 2098)

2019-10-25 08:00:00 | 飲食店

 2019.10.18(金)、今日は四日市市羽津小学校を昭和25年に卒業した同級生(丑寅会)による、食事会がり、ほんの一杯ながら、アルコールを飲みたいばかりに、近鉄電車でやってきたのであった。 

 

  「富洲原川越駅」

 11時30分に集合すれば、幹事さんがお迎えに来てくれるというので、少し早いが遅れては申し訳ないと、11時頃に到着したら、早くも来て待っていてくれた。

 

 今日の食事会は「居酒屋・りむ」と言い、駅からはゆっくり歩いても、5分もかからないところであった。

  

 参加は男子4名、女子6名であり、ご主人の具合が悪く、欠席が一名であった。 また、同級生が一名、あの世に旅立たれたと聞いた。 明日は我が身かも知れないが、とりあえず、ご冥福を祈った!。 そういえば、彼は当時流行した「コマ回しが上手だった」なあと、昔を偲んだ。

 

  料理は和食風であり、¥2000であった。 (飲み物は別)このあと、エビの天ぷらが出て来たし、果物デザート(カキとブドウ)と食後にはコーヒーも付いた。

 

 

 

 食事後はカラオケタイムとなり、2時間ばっちり歌わせて戴いた。 14時すぎに解散となった。今夜もぐっすり眠れそうだ。

 お陰で、今日も一日楽しく過ごすことが出来た、みんなありがとう!!!。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント