木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

908 奈良桜シリーズ③ 宇太水分神社

2013-04-09 08:00:00 | 奈良の寺社

 桜を求めて、奈良の宇陀市あたりに来ている。 2013.04.05(金)

 

 「宇太水分神社」   (うだみくまりじんじゃ)

      宇陀市菟田野古市場244-3

      境内自由 

「参道」

宇太水分神社は、第十代崇神天皇の勅祭と伝えられており、古くから、水のまもり神として信仰を集めてきました。
鎌倉時代に建造された社殿は国宝の指定を受けております

「拝殿」

水分と書いて「みくまり」と読む。「くまり」は「配り(くばり)」の意味である。水の分配を司る神を水分神(みくまりのかみ)と言い、水源地や水路の分水点などに祀られる。崇神天皇の時代に大和の東西南北に水分神を祀り、宇太(うだ)水分神社、葛木(かつらぎ)水分神社、吉野(よしの)水分神社、都祁(つげ)水分神社とした。これらを大和四水分神社という。

 

国宝の「本殿」

「夫婦杉」

根元は夫婦の和合を表し、縁結び、夫婦円満、家内安全、子孫繁栄にご利益があるとか。

 

表参道を横切る「芳野川」の堤防には桜並木が続き、「さkら祭」も最高潮、今まさに満開の状態であった。

 

参道のお宅で咲いていた”名も知らぬ”花。

 

この後は「仏隆寺」に向うが、それは次回に掲載したい。

 

コメント (2)