蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

木もちeーデッキ→→解体、デッキ板を剥がし検証する。[木もちeーデッキ一般化プロジェクト]

2013年02月27日 09時25分12秒 | インターン生による、木もちeーデッキ一般
愛知大学経営学部一年生 毛受惇(めんじょう・あつし)
小川耕太郎∞百合子社 インターン生 2013年2月22日日報より_______________



10:30-17:00 ウッドデッキの解体作業
いよいよ、7年半年経ったウッドデッキの解体作業が始まりました。
Fさんのウッドデッキは非常に良い状態を保っています。
今日は、床板を剥がした状態を検証します。




小川社は目透かし(デッキ板とデッキ板の隙間)を
10mm程度とるようにお願いしています。
Fさんのデッキをつくられた時は、
丁度お子さんが産まれる前だったので
子どもが指を挟まないよう、
目透かしは5mmでつくっています。


▲ちなみに耕太郎さんの家は、築80年のリフォームだったため
十分な床下の高さがとれず、通風も悪いため、目透かしを13mmとっています。





床板を一枚剥がしてみました。
当時は釘で打っていたので板を剥がすのも一苦労です。
小川社は、後々修繕しやすいように
スクリュードライバーでステンレス釘を使うようにお伝えしています。




Fさんの家のウッドデッキ土台の施工方法は特殊のようです。
束が少ない代わりに根太を多くとっています




▲根太と根太のピッチは約31cm(一尺)



▲7年半前、ウッドデッキを作っているときの写真 


▲7年半経った木もちeーデッキ材を使ったウッドデッキ

根太で床板を受けた方が、板と板の接する面積は小さくなります。
そのためか根太も、床板もほとんど傷んでいません。

しかし、一部だけ板と板を重ね合わせた部分が(写真手前)腐っていました


今回の解体作業を通して思ったこと

①施工をしっかり行えば、丈夫で長くもつものができる。
②木と木の接合部分はサンドイッチ工法のように、接する部分を少なくすること。
③ビスは、ステンレスのネジ釘を使うこと。
④切った木口には、必ずウッドロングエコを塗ること。
⑤板と板を重ねない。

詳細 木もちeーデッキ 施工上のお願い

大造さんが「ウッドロングエコを塗っていなかったら、ここまでもたなかっただろうな」と言った台詞が記憶に残っています。
検証の結果、小川社が薦めているサンドイッチ工法が
優れていることがわかりました。


▲サンドイッチ工法。ウッドデッキの土台は根太で板を受けた方が良い腐りにくく 強度が増す 素人でも修繕がしやすい。

コメント

木もちeデッキ→→解体前、7年半経ったウッドデッキ。湿度のこもらない工夫を検証する。

2013年02月26日 16時23分28秒 | インターン生による、木もちeーデッキ一般

愛知大学経営学部一年生 毛受惇(めんじょう・あつし)
小川耕太郎∞百合子社 インターン生 2013年2月20日報より_______________




■2月20 13:00-16:00 ウッドデッキ寸法調べ■→→→
前回つくった木もちeーデッキの縁台は、
大まかな数値での計測だったため、より詳しい数値を測りに行きました。
前回の反省を生かして、今回挑戦するFさん宅のウッドデッキを解体&つくります。


▲Fさんの木もちeーデッキは7年半経ちます。
ウッドデッキの状態が非常に良いので、「日本一降水量が多い、尾鷲でどうしたら長持ちできるのか?」
検証するために解体します。


どのようにして湿度をこもらないように工夫を重ねたのか??検証する


傾斜について

測っているうちにわかったことは、
束の高さから微妙な傾斜がついていること。

地面のコンクリにも水勾配の傾斜をとっています。


デッキ板を支える、根太と根太の間隔について

▲すごく丈夫につくっていました。

小川社では根太と根太の間は、
デッキ板熱さ30mmの場合→最大で600mm、
デッキ厚さ40mmの場合→最大で900mm
とお伝えしています。


▲Fさんのウッドデッキは、デッキ板厚30mmで根太と根太の間は31mmでした!

しかし、実際には予算の関係で、デッキの床下の材料費をケチるケースがあるそうです

施主様にご理解いただくためにも
「土台の予算をケチることで、結果的に高くなります。
とわかりやすくお伝えする
資料づくりが必要だと思います




パーゴラを支える支柱の傾斜を計測



▲7年半前に大工さんがつくっている情景


▲パーゴラと呼ばれる屋根の支柱の計測です。

ここも雨を流すため、水勾配という傾斜をつけなければならず、
さらに今回はデッキの大きさも拡張もするので、そこまで考慮した計測をしました。
計測の結果わかったことは、地面や水勾配の傾斜をどうするかということ。
このことを社長に相談するため、一旦会社に戻りました。




■2月20 16:00-17:00 設計図の作戦会議■→→→



▲作戦会議 

課題の傾斜についてを、社長の耕太郎さんにお話ししたところ、
数ミリの傾斜であるため、フラットでいき、
後に詰め物をするという形でいくことになり、
自分が提案したパーゴラの傾斜は
「おもしろみがあって、いいじゃないか」という結論になってしまいました。

▲以前、会社に提出した設計図についても訂正がありました。自分の出し方は芯ー芯と言って、
束(柱)の真ん中で距離を測るやり方で計算しており、それだと後々資材を切っていく段階で誤差がうまれ、
設計図通りにいかなくなるということでした

しっかり、束・根太の厚さも考え、残りの長さを出し、
そこからピッチを計算していくというのが正しいやり方だそうです。





階段・パーゴラの施工上の注意___施主様の動きの想定して測量する



▲階段の幅は人が余裕をもって通ることのできる大きさなのか、
パーゴラは傾斜をつけるので、一番低くなっているところでは、
人が通って圧迫感がないかということを教えていただきました。




今日、詳しい寸法を測ってきたので、新しくその数値の置き換え、設計図を書き直します
ほぼ振りだしに戻るということですが、作るからにはしっかりしたもの、見てきれいなものを作り、
いい販促を目指していきたいので、ここから正確にやっていきたいと考えています

コメント

木もちeーデッキ:もしかして、ストーリーテング??[木もちeーデッキ一般化!プロジェクト]

2013年02月26日 11時31分32秒 | インターン生による、木もちeーデッキ一般

「ストーリーテング」とは、
伝えたい想いやコンセプトを、第三者に想像させ、自分達も一緒になって行動しよう!
という気持ちにさせるような、印象的な体験談やエピソードや物語を引用することで
利き手に強く印象つける方法だそうです。今ではハーバード大学でも学ぶプレゼン方法だとか



ちなみに小川社+インターン生による[木もちeーデッキを一般化するプロジェクト]
かっこつけた言い方をすると・・・ストーリーテングかもしれませんね
シンプルにいえば、耕太郎さんがよくいっている「カラダを使って考えろ!」ということでしょうか
でも、カラダを使うだけでは小川社から発信する情報は共感していただけません。
そこで・・・・インターン生の挑戦を記録化しています。



まだまだスケッチ状態で、御見苦しい状態ですが、このプロジェクトの様子は
インターン生日報による記録、ブログやFACEBOOKなどという媒体を通して
日記的に情報発信しています。




湿度の高い日本で、
循環可能なウッドデッキを長持ちさせるためには、
施工業者様と施主様のご協力が重要になります


実は、ウッドデッキが日本に入ってからそんなに経っていません。
ちょっと前だったら屋外に使う木材はコールタールなどを塗布していました。
しかし現在は環境汚染などの問題から、世界各国でこのような塗料の使用は少なくなりました。
最近では、海外からハードウッドを伐採してウッドデッキに使用される例も多くなっています。
国産杉はハードウッドと比べ、耐久性が弱いで良いのでしょうか??
しかし施工に工夫を重ねれば、国産杉でも強度を保ち、エコで長持ちは実現できます!




そこで小川社では7年半前につくった、スタッフF宅のウッドデッキを
インターン生が解体し、解体した板は、木もちeーデッキ担当の竹村が検証しています。
検証を元に小川社がウッドデッキをつくる際にオススメしてる
サンドイッチ工法を推進して!国産杉&無公害塗料の活用を広めようという挑戦をしています。
名付けて[小川社+インターン生による、木もちeーデッキの一般化プロジェクト]




非常にラフな状態ですが・・・・このようなメッセージバナーを何点か作ってみようと思います。
今後、19歳大学一年生インターン生による「木もちeーデッキの一般化プロジェクト」を
ホームページなどでも立ち上げていく予定です。
しかし・・・一体どうやって伝えていくのか・・・・悩んでいます。
45歳、お肌の曲がり角を過ぎているのに・・・
日々睡眠不足の耕太郎の妻、小川百合子が、毛受君の等身大の視点を表現しています。



「キチンとつくって、キチンと伝え、キチンと売る」

小川社は、この言葉を馬鹿かと思うほど追及している会社です。


コメント

はじめてのD.I.Y~19歳大学一年生、長勝鋸で木もちeーデッキ90mm角材を切る。

2013年02月22日 09時54分57秒 | 新商品_長勝さんノコギリ



はじめてのD.I.Y~木もちeーデッキでつくる縁台~

小川社では2/1~3/28まで愛知大学経営学部1年生 毛受惇(めんじょうあつし)君を
インターン生として迎えています。
インターンとしての彼と小川社の目標は「木もちeーデッキを一般化」すること。




実はウッドデッキは、日本でつくられるようになってからそんなに経っていません。
湿度の高い日本で、どのように施工したら無垢材のウッドデッキが長持ちするのか?
2世代前までは新建材が無かったので、大工さん達の口承により技や工夫が継承され、
また施主様も暮らしの中で手入れすることで、無垢材の性質を理解し、モノを長く使う精神が伝えられてきました。


近年は、防腐剤の強化や合成木材など、様々な技術によりさほどメンテナンスをしなても、
長持ちできるようになりある意味便利になりました。
しかし、その結果、木を理解する暮らし方の継承が途絶えつつあります。
無垢の木」を施工業者様や施主様のご協力により長持ちが可能になります。




まずは、小川社では今まで起きた問題点などを集計。
そしてどのように表現すればお客様に伝わるのか??
この部分は、はじめてD.I.Yに挑戦する毛受君が、木もちeーデッキ材で縁台を作り
初心者の人が陥りやすい視点を探す作業をしてもらいました
この視点は施主様にもご理解いただける視点だと思います。
この報告は、より具体的なカタログや使用説明書に改定する材料となります。



最終的には6畳近くのウッドデッキを彼に製作してもらいます。
小川耕太郎∞百合子社+インターン生によるプロジェクト。
まずは、長勝鋸で木材をまっすぐ切るところからスタートです。

コメント

旭化成ホームズ[そらのま] 展示場に、木もちeーデッキが採用!

2013年02月21日 15時46分37秒 | 小川社の商品を使った施工例
旭化成ホームズ[そらのま]の展示場で木もちeーデッキが採用されました。
現時点では8つの展示場で使われています。





▲旭化成ホームズ そらのま in大宮展示場(埼玉県)




▲旭化成ホームズ そらのま in熊谷展示場(埼玉県)


▲旭化成ホームズ そらのま in三島展示場(静岡県)


▲旭化成ホームズ そらのま in 上尾展示場(埼玉県)


▲旭化成ホームズ そらのま in草加展示場(埼玉県)

(その他)広島展示場、茨城展示場、ひたちなか展示場 計8つ



上記の写真のようにコの字型のスペースやマンションのベランダなど

通風など条件の悪い場所に適している

木もちeーデッキ特別バージョン(熊野杉赤身材)を使っています。

詳細はお問い合わせください。㈲小川耕太郎∞百合子社 担当:竹村0597-27-3361  




コメント

出張続き

2013年02月01日 10時53分21秒 | 小川耕太郎
出張があまりに多くて、曜日の感覚がなくなってしまっています。
先々週は、家族全員がインフルエンザにかかりダウン。



先週は、東京・埼玉・千葉・神奈川に出かけ、
また明日から神戸・大阪・京都・東京・茨城へ7泊8日の旅。



帰ってきて、14日から静岡・埼玉・東京。
またまた21日から広島・東京。
25日から長野。



一体何しているのでしょうね。



セリシンというシルクのたんぱく質を抽出した液が
化粧品として使われる可能性が出てきました。



蚕を溶かし込んだ液は、腎臓病の薬として使われる可能性が出てきました。



なぜ、小川耕太郎∞百合子社が化粧品や薬の原料を?
私にも訳がわかりませんが、そんなこともやっています。



いろいろとご紹介したい写真などもあるのですが、手が回らないので
弊社HPのファイスブックを見てやってください。
百合子が頻繁に更新しています。



あっ、忘れてた。
4日の午前10:00からだったかな、神戸のFMわいわいに出ます。
出て何をするのか知りませんが、何か聞かれて話をするのでしょう。
お近くの方は聞いてやってください。
コメント