蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

杉・赤・追柾目板(フローリング、内壁・外壁用)

2015年12月25日 11時19分00秒 | 小川耕太郎
コピーライターお二人とデザイナーの方に文章やレイアウトをお願いしながら、
来年の3月頃に、新しい「山SUN通信」を出すことになりました。



あれも入れたい、これも入れたいとやっているうちに、
60ページを超える冊子になることが決まり、
基本原稿の製作や写真撮りを急いでやっております。



あれやこれやの一つが
杉・赤・追柾目板(フローリング、内壁・外壁用)
私の独断で販売することになりました。
フローリングにも内壁にも外壁にも使えるように、
無塗装品で販売します。





この写真を使おうと思っていたら、まさかのダメ出し。
実際に住宅で使っているような写真にしようという事になり、
トチのフローリングを張った部屋にこの追柾目板を並べて、実際に張っているように見えるようにして、
写真撮りすることになりました。



さてさて、この空間がどのように変わるでしょうか?
私も楽しみです。





コメント

尾鷲市有林

2015年12月17日 15時27分20秒 | 小川耕太郎
9月24日の弊社フェイスブックに竹村君が以下の文章を投稿していた。



「苦境の林業」

先日の地元紙にこういう記事が載っていた。
「尾鷲市は本年度の伐採林の一部1.6ha(58年生、ヒノキ、杉計1,459本)を最低制限価格25万円で入札する。これは立木価格を454万円と算定、伐採、搬出費用402万円及び必要経費を引いて、立木売却額を25万円と試算したため」と。つまり58年育てたヒノキ、杉を1本単価171円で売却するというわけ。

尾鷲市は4年前から、市有林の林齢平準化と尾鷲林業活性化の目的で、60年生前後の市有林を伐採しているが、去年は自前で伐採、搬出し、原木市場でセリ売りしたところ数百万の赤字がでたので、立木売りも試験することになったようだ。25万円だったらお買い得だろうと市内の業者に聞くと、「ヒノキの単価の落込みがひどうてな、タダで貰っても採算合わすかどうか」という返事だった。

個人山であれば植林、下刈り、枝打ち、間伐と58年間手塩にかければ、1.6haで400万位の経費はかかる。伐ったら植えるルールに沿うなら、次の植林代も60万位は見ないといけない。収支計算では、過去に掛った経費は親や祖父の代だから目をつぶったフリをしても、売却収入25万円では植林費用と所得税だけで当然マイナス。それで山は58年生の伐木山から、手のかかる植林したての苗山に若返って、「オレいったい何やってんだ?」みたいな話になる。

戦後70年で、これほど林業不況の際立った年はないのでは? 林業が生業(なりわい)ですとはもういえない。徳俵に足が掛ったのはずっと前からだけど、その時期も過ぎたのかも。
(竹村)



この私有林の入札があったが、入札参加者無し。
つまり、1,459本の立木を、たった25万円なのに、買おうという業者が現れなかったという事だ。


伐採した丸太を尾鷲木材市場で売却しなければならないという条件も入札業者がいなかった大きな要因であったが、
それにしても、58年育てた杉・桧(9割はヒノキ)が、1本171円にもならないというのは衝撃だ。


林業という業種は、完全に成り立たないことがはっきりしたと言えよう。


とすると、林業家は伐採搬出業者、製材業者、材木屋、建築業者、木工業者などとコラボして、
あるいは、それらの事業を自ら立ち上げて、それとも、それ以外の方法で何とかしなければ、終わりという事だ。


だけど、まずもって必要な、育林・伐採・搬出をできる人間がほとんどいなくなってしまった。
日本中、どの地域も似たり寄ったりだ。


今後、一度無くしたものをゼロから再建する事になる。
思ってもいなかったほどの莫大な費用が掛かるだろう。
災害が増え、復旧などの費用は、国の大きな負担となってくるだろう。


何年か前、高速道路が通るという事で、土方の業者が、トンネルが通るところの木を伐採する見積もりを作った。
自分たちで切ったらおおよそ30万円程度の費用がかかるだろうという事になり、
私の弟に「それより少し安い金額で切ってくれ。」と言ってきた。(弟は山仕事をしている。)


「休みの日に切るよ。」と金額を決め、たった2日で全部切ってしまった。
土方の業者は慌てて金額を安くしてくれと言ってきたらしいが、弟は突っぱねた。
そりゃそうだろう。まだ暗いうちに山に入り、日が暮れるまで切っていたらしい。
それに、土方の業者には、国から30万円の見積もり通りのお金が入るのだ。


林業のプロと土方の人間ではそれだけの差が出るのだ。


これから国は、林業家は、木材に関連する人たちはどうするつもりだろう。
どうするよ小川耕太郎∞百合子社。


コメント (2)

東京出張「三重テラス」--木づかい交流会---東京・日本橋

2015年12月03日 10時32分38秒 | 耕太郎の出張報告


耕太郎です。風邪をこじらせて、1週間ほど寝込んでいました。
もう寝たくありません。寝飽きました。



さてさて、明日から東京出張です。
日本橋にある「三重テラス」で、
三重県の木材業者と共に商品説明会を行います。
■2015年12月4日 18:30~20:30 立食交流会があります
■三重テラス 2階
■対象者:建築関係者・木材関係者
■定員:30名


まだまだ空きがあるらしいので、お時間のある方は是非、お越しくださいませ。
更にお時間のある方は、その後の「飲み」にもお付き合いくださいませ。



よろしくお願いいたします。
コメント