蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

椎茸と栗と落ち葉

2013年12月27日 11時24分58秒 | 小川耕太郎
松木さんの作品展が終わり、
お願いしてあった「椎茸」と「落ち葉」を届けに来てくれました。
サービスで「栗」も付けてくれて大喜びです。


展示会などに持って行って、飾り付けに使おうと思っています。
でも、椎茸、栗、落ち葉だと秋から初冬の飾り付けだから
春や夏の彫刻も揃えないといけないな。





さてさて、弊社も今日が仕事納め。
商品発送が完了したら、お正月の飾り付けをして今年を締めます。


結局、今年は「何か行動に移す」の「何か」が見つからず、
何もできなかった一年でした。
来年こそ、何かを見つけたいと思います。


漠然とですが、「和」がテーマになるような気がしています。


和食、和服、茶道、作法・・・・・。


一時、「政治」というテーマが浮かんだり消えたりしていましたが、
私の立ち位置はそこじゃない。


でも、和服なんて書いたら、妻や社員が「何をする気だろう」とビクビクするだろうな。
それはそれで楽しみです。
来年の展示会は、和服を着て営業してるかもね。


ではでは、皆様一年間どうもありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。




コメント

年末年始の休業日のご案内

2013年12月26日 10時38分42秒 | インターン生による、木もちeーデッキ一般
今年も格別のお引き立てを賜り、心より厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら年末年始の休業日を下記の通りとさせていただきます。

●休業期間:平成25年12月28日(土)~平成26年1月5日(日)



年末年始の休業期間中は、お電話での受付、お問合せいただいたメールへの返信

出荷業務をお休みさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。


◇年内発送は、明日12月27日までとなります。
 ※最終受付は、27日(金)正午まで
◇年明けは1月6日(月)から、通常業務となり 出荷開始いたします。


来年も、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
コメント

スマホで読める*\(^o^)/*木もちeーデッキまがじん 1月号のお知らせ

2013年12月25日 11時59分45秒 | 木もちeーデッキ(国産ウッドデッキ用材)

▲スマホやタブレットでも読める[木もちeーデッキまがじん1月号]をUPしました。






元プロのアイスホッケーの選手監督料理人へと転身した
上野秀幸さんのお店「くじら食堂」様のリノベーション!

「働く」と「暮らす」が同居する家

上野さんは、アスリートで鍛えられた「考えないで感じる力」に従い、行動される。
といえば通じるでしょうか?「面白い」と思ったら、即行動へ移されるそのスピード感と
バイタリティーには驚かされます

4人のお子様がいらっしゃる上野家では、住まいとして築50年の家を購入され
幾何楽堂さんと大工のみっちゃん、上野さん、奥様の麻紀さんが中心となり
リノベーションをしていました。
リノベ中に毎日「大工さんへの感謝のランチ」をつくっていた上野さん。
そのランチを毎日楽しんでいた大工さんから「ここで店をだせばいいのに」という
言葉がキッカケになって、くじら食堂を始めるキッカケになったとか





人間国宝九代目 岩野市兵衛氏が漉く草木灰越前生漉奉書

▲くじら食堂さんの衝立の明り取りに使われた、草木灰越前生漉奉書

この奉書は桂離宮と同じ製法で染めていただいた小川社オリジナルの奉書です



▲桂離宮の茶室「松琴亭」の襖紙につかわれた「藍の漉きかえし」という製法を再現しました。

是非ご一読ください


[民宿あづま×道瀬食堂]リノベーション 後編

▲この壁どうやって作ったと思いますか?D.I.Yならではの感性がギューっと詰まった
[民宿あづま×道瀬食堂]のリノベーションには、いつも驚かされます。(詳しくは電子書籍を)


▲冬のデッキには、ダルマストーブが設置され
陽だまりとパッチパッチとした薪が燃える音に癒されます。
縁側から眺めるデッキも きもちぃぃ空間です。



町内産(三重県紀北町)の食材で美味しい料理と
ゆったりとしたくつろぎ感を味わえる
独自の空間です。冬の青空もきもちいぃ


お忙しい日々をお過ごしかと思いますが・・・コタツに入りながら、電車にのりながら
ながら時間に「木もちeーデッキまがじん1月号をご一読いただければ光栄です
以上・・・木もちeーデッキまがじん1月号のお知らせでした。

木もちeーデッキまがじん リンク先(画像をクリックするとご覧いただけます)




コメント

バカみたい。

2013年12月24日 14時08分42秒 | 小川耕太郎
今年も残りわずか。
皆様、年越しの準備でお忙しいことだと思います。
弊社も27日が仕事納め。あわただしくしております。


さて、来年の消費税増税の前に高額商品の購入をされる方が多いみたいで、
9月の住宅契約棟数は凄い伸びだったようです。
お陰様で、弊社の売り上げも前年比120%程度が続いています。


でも、ここにきて、丸太や製材品の値上がりがすさまじく。
また、注文してもいつ入荷するか分からないような状況になってきました。
住宅業界っていつもそう。


「材料が無くなるぞ。大変だ。」とあっちこっちの問屋さんに
発注書を流し、いくつもの発注が重複することでパニックになる。
今もこのパターンのように思います。バカみたい。


バイオマス発電の影響もあるようですが、
(木材業者が製材品が取れる丸太まで燃やすとは何事か!とこれには腹を立てています。)
来春にはシュンとしてしまうでしょう。


再生産可能な価格に戻すことは重要で、少しずつ一定水準まで上げるべきですが、
急騰したり急落したりするのは困ります。
一部には、急騰急落するからうまく立ち回ることで利益が生まれる。
価格がずっと安定していたら、利益なんて出ない。と言う意見もありますが?


そんな、博打のようなことではなく、
丁寧に信頼を重ねて利益が上がるような体制にすべきですよね。
コメント

贈り物

2013年12月13日 13時14分00秒 | 小川耕太郎
先日、ログハウス・オブ・ザ・イヤーの優秀賞と読者賞をダブル受賞したことを
ブログで紹介しました。
そうしたら、チーム日光の小坂さんのところに夢の丸太小屋に暮らすから
盾が送られてきたそうで、その中には、弊社の分もあったとのこと。


クリスタル製(?)の盾が2つ届きました。


とりあえず、木製ブラインドの前で撮影。
社長室でもあれば飾っておくのですが、どこに飾ろうかな?






今日は、取引先様から和欄の鉢植えが届きました。
素晴らしい。


けど、ちゃんと育てられるのだろうか?
せっかくこんなに素晴らしいものを頂いたのだから、育て方を勉強しなくては。



コメント

ログハウス・オブ・ザ・イヤー

2013年12月10日 09時40分35秒 | 東日本大震災復興支援活動
先日12月4日、芝パークホテルに於いて
「夢の丸太小屋に暮らす」が選ぶ2013年度日本ログハウス・オブ・ザ・イヤーの表彰式がありました。



「チーム日光」が南三陸町歌津に建築した
竪穴式集会所「鍵」が優秀賞と読者賞をダブル受賞。



小川耕太郎∞百合子社は、
「チーム日光」の活動資金と竪穴式集会所用のヒノキ丸太を寄付し、
スタッフの藤井、竹村、私や私の友人、取引先従業員の方々も
協力してきた建物だけに大変うれしく思っています。



チーム日光のメンバーと清水国明さん





表彰式では私も舞台に上げていただきました






表彰式の後は、浜松町駅前の秋田屋と言う焼トン屋で立ち飲み会。
その後、目白の「チョトハイル・ナッツ」で11時頃まで宴会。



前日から体調を崩していた私はそこでダウンしましたが、
チーム日光のメンバーは皆ベロベロなのに、ともちゃんの「まだ飲むぞー」の一声で
ホテルを出て行きました。恐るべしともちゃん。(清水国明さんの横に写っている女性です)



12月22日には、「鍵」に野口健さんとレミオロメン(これで合ってる?)が来て、
イベントが開かれるそうです。行ってこようかな。



コメント