蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめてのD.I.Y~19歳大学一年生、長勝鋸で木もちeーデッキ90mm角材を切る。

2013年02月22日 09時54分57秒 | 新商品_長勝さんノコギリ



はじめてのD.I.Y~木もちeーデッキでつくる縁台~

小川社では2/1~3/28まで愛知大学経営学部1年生 毛受惇(めんじょうあつし)君を
インターン生として迎えています。
インターンとしての彼と小川社の目標は「木もちeーデッキを一般化」すること。




実はウッドデッキは、日本でつくられるようになってからそんなに経っていません。
湿度の高い日本で、どのように施工したら無垢材のウッドデッキが長持ちするのか?
2世代前までは新建材が無かったので、大工さん達の口承により技や工夫が継承され、
また施主様も暮らしの中で手入れすることで、無垢材の性質を理解し、モノを長く使う精神が伝えられてきました。


近年は、防腐剤の強化や合成木材など、様々な技術によりさほどメンテナンスをしなても、
長持ちできるようになりある意味便利になりました。
しかし、その結果、木を理解する暮らし方の継承が途絶えつつあります。
無垢の木」を施工業者様や施主様のご協力により長持ちが可能になります。




まずは、小川社では今まで起きた問題点などを集計。
そしてどのように表現すればお客様に伝わるのか??
この部分は、はじめてD.I.Yに挑戦する毛受君が、木もちeーデッキ材で縁台を作り
初心者の人が陥りやすい視点を探す作業をしてもらいました
この視点は施主様にもご理解いただける視点だと思います。
この報告は、より具体的なカタログや使用説明書に改定する材料となります。



最終的には6畳近くのウッドデッキを彼に製作してもらいます。
小川耕太郎∞百合子社+インターン生によるプロジェクト。
まずは、長勝鋸で木材をまっすぐ切るところからスタートです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 旭化成ホームズ[そらのま] ... | トップ | 木もちeーデッキ:もしかして... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新商品_長勝さんノコギリ」カテゴリの最新記事