蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仕事納め

2018年12月28日 11時07分13秒 | 小川耕太郎
いやー、秋ごろからずっと体調不良で、
ほとんど仕事をしていませんでした。
ブログの更新もできずにおりましたが、
今日が仕事納め、一年の締めくくりなので、
ちょこっとだけ書きます。


今年は年初から売り上げが上がらず、9月頃まで大変な状況でしたが、
10月から急回復。何とか年を越せそうです。
ありがとうございます。


弊社も個人事業で始めてから20年が経ちました。
備長炭の販売から始めて、蜜ロウワックスで広がり、
木もちeデッキ、木もちe外壁などで木材の世界に戻り、
現在に至ります。


最近よく思い出すのが、製材所が倒産し、今の事業を始めてすぐのころ、
神棚に向かって
「山の神よ、今、山が大変なことになっている。
 お前が助かりたかったら、まず俺を助けろ。」と伝えたことです。
友達には、よくそんな事を言ったなと言われるのですが、
本当に言いました。


20年いろいろな方々に助け続けてもらって、
事業を続けて来れました。
多分、山の神も手伝ってくれていたのでしょう。


ここまで助けてもらったのだから、
これからは山を何とかすることに力を入れます。


でも、木を植え、育て、大きくなったら木を切って、材として売るだけでは、
林業は成り立たないということがはっきりとしてきました。


ならば、どうやって成り立たせるのか?
来年は、その答えにチャレンジをします。
山の神よ見ててくれ。必ず約束は守る。
コメント