蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出張報告とお願い

2009年05月21日 13時53分38秒 | 小川耕太郎
大阪、名張、四日市への出張を終え、ようやく帰ってきました。
大阪では㈱ケイ・ジェイ・ワークスさんの本社で蜜ロウワックスの
塗り方やメンテの仕方についての説明会をしました。


前日、茨木市で新型インフルエンザの患者が出たということで
数組のキャンセルがありましたが、10数名の方にご参加いただき、
全員マスク着用での説明会になりました。
皆さん、感染していなければ良いのですが・・・。
私は今のところ大丈夫です。


翌日は、従兄弟の娘が嫁に行った先の経営する会社、
「(有)ウメザワ」に行きました。
ヒノキ、ヒバのまな板やおひつなどを作っている会社で
今後、この会社と提携して色々なことができそうです。


その夜、四日市に入り、
ユニバーサルデザイン総合研究所の赤池さんらのやっている
宴会に乱入・大暴れ、翌日は赤池さんの講演を聞き、また宴会。
昨日、クタクタになって帰りました。


本当は今日、お休みを取っていましたが、
「山SUN通信」をお送りしてからというもの
ご注文とお問い合わせが殺到していて、
急遽、出社することになりました。


電話が凄い、メールも荷物も凄い。
なかなか即日発送できなくてお待たせしているケースもあると
聞いております。申し訳ありません。


在庫のあるものに関しましては出来るだけ即日発送しておりますが、
発送後、翌日分の発送作業をしても作業が間に合わない事もあります。
どうぞ、ご容赦くださいませ。


そんな中、また日曜日から出張です。
今度は浜松の材木屋さんのところに行き、同行営業します。
また、水曜日まで私がおりませんので
余裕を持ってご発注いただけると助かります。


コメント (3)

第8期社会コストのご報告

2009年05月20日 08時52分14秒 | 小川百合子
3月にブログで社会コストのご報告をさせて頂きました。
今日は、社会コストの使い道などのご報告をさせて頂きます。

-----第8期総売り上げ
●8期:2007年7月~2008年6月迄
●社会コスト額:310.000円
●小川社が目指す、社会コストとは?
[社会コスト]→(弊社の製造商品の生産過程で人や環境に与えるダメージを
元に戻す費用)の一部でも価格に組み入れ、総売り上げの0.3%を社会コストとして日本の山林循環などに還元。

 弊社は「21世紀型山林循環経済活動」をめざし、自然を生かした商品開発、
販売をしてきました。
 しかしいくら自然の恵みを活かし、環境保全につながるような商品でも、
その製造過程においても車も使えば電気やカタログなどの紙も消費、環境に
おいてもマイナス面は必ずついてまわります。そこで、税引き後利益の5%を
日本の山林維持などの活動に寄付し、社会コストを還元することを宣言して
きました。2006年度より利益のあるなしにかかわらず継続的に社会活動を行うことを決意し、売り上げの0.3%を寄付することにしました。


------社会コストの寄付先
1:「海と山を結ぶ漁民の森づくり」
  尾鷲漁協の尾鷲養殖組合(中村浩久会長,11業者)
  電源開発尾鷲事務所が行う植林活動へ社会コスト30万を還元

2:賀田町
 山林対策へ1万円(使い道は賀田町と相談中)




-----社会活動内容
●植林内容(全体計画):コナラ2500本、サカキ1500本、山桜40本、ミズナラ660本
●植林場所:三重県尾鷲市内の市有林
      市有林のヒノキ伐採跡で約2ヘクタールに植樹。

      (南浦栃川原・行野浦中山)に植林
●日時:2009年3月14日



-----社会コスト寄付内容
●小川耕太郎∞百合子社→「海と山を結ぶ漁民の森づくり」へ107本寄付





-----植林メンバー
植樹メンバー:漁協組合員、電源開発の社員、尾鷲ロータリークラブ、尾鷲市職員他 約60人が集まり植樹されました。

小川社では、毎年スタッフの藤井大造が自主参加してましたが
今回は展示会と重なったため、参加できませんでした。




-----植林目的
森林づくりにより
山崩れ防止、保水の向上、野生動物の保護、気候緩和、大気浄化などが
ゆっくり改善されます。「豊かな海づくりは森林づくりから。」
「継続は力なり」を合言葉に環境保全をされています。






コメント

郵政民営化の影響

2009年05月14日 15時26分11秒 | 小川耕太郎
今回、「山SUN通信」の戻りが多くなった。


以前の郵便局なら、近くへの引越しは郵便局員が知っていて
住所が違っていても届けてくれたり、
漢字の間違い、番地の違いなども多少なら大丈夫だったが、
民営化以降そういうことを一切やらなくなった。


弊社の場合、新築する方からのご注文が多く、
蜜ロウワックスを送るときに住所変更を教えてもらうためのハガキを
同封しているが、引越し先が分からなくなる場合があった。


ヤマト運輸から佐川=郵便局に通信の配達を変更したのは
家を新築し住所が変わった方にも届けてもらえること
地域に密着していて、誰がどこに住んでいるなど配達員がよく知っていて
融通が利くことが大きかったが、
これでは民営化してお役所仕事になったようなものだ。
民営化して何か良いことがあったのだろうか?


宛主不在、住所不明で戻ってくる数が600程度あるという。
もったいない。折角のお客様600名と連絡が取れなくなってしまった。
何か解決策を考えなくては・・・。






コメント

マクロビオティック・住まい・エコ洗濯などの「暮しフェア」in大阪

2009年05月14日 14時45分38秒 | 小川耕太郎

小川耕太郎∞百合子社の未晒し蜜ロウワックスを使って頂いている工務店さんが
イベントにて住まいのセミナーを行います。
会場の屋上テラスにはオーガニック商品の販売や
マクロビオティクなどのヘルシーな食事が楽しめるブースも出店されてます。


1:住まい・食事・菜園・エコ洗濯・漢方などをテーマしたセミナー「学ぶ」

2:カラダと地球のことを考えたこだわりのお店ブースが15点「食べる」
 またマクロビオティクパーティーなど盛りだくさんのイベントです。


●イベント名:美しく、生きる。暮しフェアー 2009年5月16(土)17(日)

---場所:大阪府中央区伏見町3-3-3 芝川ビル4階屋上
●交通:地下鉄御堂筋線 「淀川橋駅」11号 出口より徒歩1分





会場はマイ箸・マイ皿など飲食できるものを持参とのことです。
ブース内のお店で浪花伝統野菜を中心としたおばんざいもあるそうです。


コメント

タイムカプセル

2009年05月13日 16時02分30秒 | 小川耕太郎
先日、私の母校「賀田小学校」でタイムカプセルの掘り出しが行われた。
1979年に学校創立100周年を記念して埋められたもので
私は当時17歳だった。私を含め家族全員のものが学校関係者より届けられた。


私が埋めた物の中身は
1:小学生のときの同級生が書いた
 「小川耕太郎君の良いところ、悪いところ」というメモ書き
2:今までの自分と今の自分について書いた私のメモ書き
3:友人達との写真
4:「小さな恋のメロディ」の単行本
5:47歳の自分に宛てた手紙
であった。


その中の「47歳の自分にあてた手紙」には

「お金や地位などにとらわれず、自分が正しいと思うことを一生懸命やっている
 自分であって欲しい。お前は今、自分が正しいと思うことをやっているか?
 やっていないとしたら、お前は堕落している。17歳の時の自分を思い出せ。」

というようなことが書かれていた。


それを読んだお袋が「正しいと思うことを出来ていて良かったね」と言った。
青臭いかもしれないが、17歳の自分に自信を持って言えます。
「いろんな人に応援してもらいながら
 正しいと思うことをちゃんとやっているよ。」


キャ。
コメント

ケヤキ小割板

2009年05月11日 13時32分53秒 | 小川耕太郎
最近ようやく、ケヤキ小割板のお問い合わせをいただき始めた。
「山SUN通信」に掲載している小割板はすでに売れてしまったので、
お問い合わせがあると倉庫に写真を撮りにいき、こうやってお客様に送っている。













興味のない方には汚れた板=ゴミにしか見えないかもしれないが、
これらの板は探したってそうそう見つかるような板ではない。
もちろん、お金さえ払えばいくらでもあるが
写真の板は、上から200円、500円、1,000円、1500円。
今日、お買い求めいただいた。


神輿などの材料を納めていた材木屋さんから出てきた板で
木の質も素晴らしいし、充分に乾燥している。
これらの板をパレット買い(一山いくらで買うこと)して素晴らしかったので
他の材木屋さんから出ていたパレットも買ったが、
それこそ、薪にしかできないような材ばかりだった。


写真のような材は、後2~30枚でおしまい。
もうこんな良い板がこの値段で出ることは無いと思う。
「山SUN通信」に載っている「整体人」さんの看板、
屋久杉のテーブル写真横の囲炉裏に置く小テーブルも
同じ出所のケヤキ小割板だ。


本当にサービス価格で提供しているのに
私に信用がないのか、木工をしている人に情報が伝わっていないのか・・・。


ヤフーや楽天のオークションにでも出せば
何倍かの値段で売れるだろうけど
弊社のお客様へのサービスではなくなってしまうし、困ったものだ。


後からこのブログを見て「ギャー、シマッタ」といっても知りませんよ。
場合によって、リフォームする自宅で使っちゃいますからね。
もうそんなに残ってないですよ~。


コメント

山SUN通信

2009年05月08日 13時03分49秒 | 小川耕太郎
ゴールデンウィークも終わり、
そろそろ皆さんの所に新しい「山SUN通信」が届き始めたようだ。


7,8年ぶりのご注文、しばらく会ってなかった同級生からの連絡、
よくもまあこんな冊子を作ったねという驚きの声、心配の声。
お手紙を含めて、たくさんの反響を頂いております。
ありがとうございます。


発送を担当している倉本と上原はテンテコマイ。
お昼休みもなかなか取れない状況です。
しばらく発送が遅くなる場合もありますが
お許しくださいませ。


7,8の2日間のご注文で、いつもの月なら半月分の
伝票ファイルがいっぱいになってしまった。
大不況といわれている中、ありがたいことだ。


一枚板も何人もの方が見に来てくれた。
「この板素敵ですね」などと言われると嬉しくなって
テンテコマイしている会社のことを忘れて、つい話し込んでしまう。
帰ってきてから怒られるけど、ユルチテネ。


5月中旬からは出張続き、新しい「山SUN通信」ができたので
気合を入れた営業が出来るでしょう。

コメント

ゴールデンウィーク

2009年05月01日 15時20分42秒 | 小川耕太郎
弊社は明日から6日までゴールデンウィークのお休みです。お急ぎのお客さんには申し訳ありませんが、ご注文は7日の発送になりますのでよろしくお願いいたします。


明日から妻と娘は山口県の大おばあちゃんに会いにいきます。米寿のお祝いがあるのです。私も一緒に行く予定でしたが、従兄弟の娘が結婚することになり、その結婚式(鳥羽市)に行くことになりました。


3日は、北海道の叔父叔母(叔母は父の姉)、その長男で九州のどこかの大学で法学部教授をしている従兄弟が尾鷲に来るので、一緒に食事会です。従兄弟が尾鷲で一番高級といわれる寿司屋でご馳走してくれるそうで、思いっきり食べてきます。


4.5,6はいつものように寝ゴールデンウィークになるのでしょう。皆さん、高速道路が込み合いそうですし、新型インフルエンザの恐れもありますので、くれぐれもお気をつけ下さい。寝ゴールデンウィークならそんな心配いりませんよ。
コメント (2)