蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長勝鋸 (特注品)

2018年06月26日 11時31分13秒 | 新商品_長勝さんノコギリ
「広葉樹の丸太を切る鋸が欲しい。」
というお客様からのメールがあり、
長勝さんに問い合わせをしたところ、
「腰鋸の良い刃がなくなって、もう作れない。」
とのことだった。


しばらくして、長勝さんから連絡があり、
「北海道の知り合いのところにたまたま銘品が残っていた。
 最後の2丁のうちの1丁で作りましょう。」
との連絡がきた。


おそらく、もう二度と手に入れることができないであろう
名人の作った鋸らしい。


それなら私が頼んで取っておきたいと思ったが、
私のところに残して使われないよりも、
本当に使う方のところに行ったほうが良いだろうと思い直し、
お客様に連絡。ご購入いただいた。


尺六寸腰鋸。



恐ろしいくらいの刃。



銘が入っているが、私には分からない。



もう1丁はこれよりも小さいものだが、
今のところ残っている。


銘の分かる方ならビックリ仰天する鋸らしいです。
もちろん、針葉樹用にも出来ます。
早い者勝ちです。





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 木もちe-外壁(自宅と離れ) | トップ | 木もちeデッキ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有難う御座いました (森谷)
2018-06-27 22:16:26
この度は御世話になりました。
堪えきれず先程、コナラの生木15センチ程の丸太を玉切りしました。
身幅の太さに響く木挽音と振動が、持つ手に、耳に伝わり、
同時に見る見る切れて行きました。
昔人はこうして木を切り、炭を焼いた事でしょう。大事にします。
ありがとうございます。 (小川耕太郎)
2018-06-28 16:44:33
この度は「長勝鋸」のご購入をありがとうございます。鋸の作者は、50年ほど前まで秋田で鋸を製作されていた中屋儀右衛門という方とのことです。50年も前の手作り鋸が新品のまま残っていたとはビックリでした。長勝さん曰く、銘品中の銘品とのことです。楽しくお使いいただければ嬉しいです。

コメントを投稿

新商品_長勝さんノコギリ」カテゴリの最新記事