万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

国民を騙す皇室と創価学会の一体化

2017-05-28 15:06:14 | 日本政治
「皇室」のニュース
 マスメディアが決して報じないにも拘わらず、ネット上で凡そ”公然の秘密”と化しているのは、皇室と創価学会との緊密な関係です。”火のない所に煙はたたぬ”とも申しますが、根拠のない噂でもなく、両者の関係を裏付ける証拠や証言も枚挙に遑がありません。

 東宮の婚姻により小和田家が皇室の姻族となったのを機に、この問題に関する警戒感が広がるようになりました。外務省内の創価学会員の親睦団体である鳳会をバックとして入内したと指摘されていますが、そもそも、国家機関の内部に一宗教団体の下部組織が存在していること自体が異常であり、公務員の公平中立性を定めた憲法第15条2項の規定にも反していると言わざるを得ないのです。外務省ですら創価学会の下部組織が公然と設けられているのですから、宮内庁をはじめ他の省庁の内部にも創価組織が根を張っていることは容易に想像がつきます。

 それでは、この状態にあって、天皇譲位(退位)に関する退位法案が可決され、凡そ2年後に東宮が即位するとなりますと、どのような事態が起きるのでしょうか。天皇とは、古来、神道における国家祭祀の長の地位を意味するのですから、創価系の東宮の即位は、日本国にとりまして重大な危機となります。否、天皇という地位は換骨奪胎され、天皇とは名ばかりの存在となるのです。にも拘らず、創価学会は、乗っ取った天皇という地位を最大限に利用し、”創価系天皇”に対する忠誠を国民に求めることでしょう。公明党は不敬罪の復活に積極的との情報もありますが、教祖とされる池田大作氏は朝鮮半島出身とされていますので、日本国は、一気に北朝鮮化する可能性があるのです。

 このことは、一般の日本人が天皇を崇敬すればするほど創価学会の力が増し、結果として、一般の日本人に対する締め付けや排斥が強くなることを意味ます。今日、現皇室に対して批判をしますと、一部の保守系の人々から不敬として指弾されますが、こうした人々は、皇室と創価学会との関係や皇室の著しい変質を無視しております。古来の天皇を装いながら、その実、”別物”であり、しかも、反日組織の傀儡である事実を知りながら”天皇崇拝”を求める態度は、一般の日本国民を騙していることになるのではないでしょうか。そして、創価学会との関係を隠している皇室もまた、国民を騙していると言わざるを得ないのです。

 ”美智子さん複数説”や”愛子さん別人説”等が信憑性を有するのも、芸能部を有する創価学会であれば皇室を劇場化し、信者の中から適任者を選んでキャスティングすることができるからです。ネット上では、東宮家の母娘、並びに、小室氏に関しては池田氏の血脈とする説もあり(確かに、写真や映像を見ると池田大作氏に面立ちが似ている…)、否が応でも国民の不安は高まります。皇室と創価学会の関係が表面化した以上、皇室問題は、創価学会、そして、背後で皇室も創価学会をも操っていると目される国際勢力の存在を前提として、解決策を議論すべきではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

 

 
  

コメント (29)   この記事についてブログを書く
« 女性宮家はもっての他では?... | トップ | 皇室・創価学会問題と世界ス... »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本人が立ち上がるとき! (Tae)
2017-05-28 17:26:50
管理人様
いつも、正論を述べて戴きありがとうございます。
私は、初めて投稿させていただきます。
先生の、おっしゃる理論そのとおりです!私は、福岡で40年過ごしました。生きてきましたが正解ですね!
何も書けません。字数がオーバしました。
創価は日本を支配出来るのか? (あずみ渚)
2017-05-28 18:27:18
こんばんは 此度の眞子さんの婚約者キムコムロも恐らく学会が仕組んだことでしょう コムロが一時勤務していた三菱UFJも創価のメインバンクですし もう皇室は完全に
かの組織に乗っ取られたかもしれません 

世間があっと思った時はもう遅い 広宣流布は達成している 池田犬作が言ってたことを思い出しました
元々創価学会は日蓮正宗の一講組織に過ぎませんでした  昭和52年頃宗門とかなり対立してましたが、その時池田の息の根を止めとくべきでした
平成3年に破門しましたが時すでに遅し
学会は巨大化し日本において多大な悪影響を及ぼしているのが悔やまれます
そのとおりだと思います。 (Tae)
2017-05-28 19:04:12
倉西様
初めまして、いつもブログを拝見させて戴いておりました。初めて投稿させていただきます。
私も、K国、創価が日本に深く侵入していることは、数年前から感づいていました。腹立たしい限りです。
倉西先生が、以前から述べておられるように、皇室も一度、大浄化をすべき時が来たのだと思います。存続以前の大問題です。私は何故か、紀子さまが不憫でなりません。涙が、出てきます。
taeさま (kuranishi masako)
2017-05-28 19:21:22
 こちらこそ、本ブログにご訪問くださり、また、コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 創価学会の信者には、外国人、特に幹部には朝鮮半島出身者が非常に多く、教祖とされる池田大作氏も北朝鮮系とされております。民間の一宗教団体、しかも、日本人ではない人々が、日本国の国権を私物化し、皇室まで乗っ取ろうとしてるのですから、日本国は、極めて危うい状態にあると言えます。”間接侵略”と言っても過言ではないのではないでしょうか。現皇室の維持は創価支配を意味しますので、国民は、心してこの危機に対処すべきではないかと思うのです。
あずみ渚さま (kuranishi masako)
2017-05-28 19:27:34
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 
 創価学会による支配を阻止するためには、まずは、国民の一人一人が危機感を持つべきではないかと思います。創価学会は、北朝鮮と同様にマスゲームを愛好するカルト的全体主義体質であり、日本国民の大半は、こうした組織の支配を受けることを拒絶するはずです。また、皇室、並びに、マスコミに対する攻勢をさらに強めている背景には、組織の弱体化があるとも考えられ(池田氏の死亡と信者の高齢化問題があるらしい…)、心ある創価学会員に対しては、脱会を勧める必要もありましょう。これまでは、水面下での活動でしたが、ここまで表に出てまいりますと、国民の反発は必至となりましょう。
こんなことがありました。 (Tae)
2017-05-28 22:59:03
倉西先生、何度も投稿して申し訳ありません。二年程前に、宮内庁に電話をいれました。内容は、宮内庁の職員が日本人でないこと、皇后は偽物であることを訴えました。全く取り合って貰えせんでした。何度も電話を入れると、年配の女性が対応して下さいました。
続きです (Tae)
2017-05-28 23:37:09
その方に、私の思っていること全て話しました。その方は、貴方の気持は良くわかりました。それではこの住所に手紙を書いて送って下さいと!ここに送れば、間違いない❗それしかありませんと言って住所を教えて下さいました。
その住所が、郵便番号もなぃ簡単住所でした。これで届くのですか?と聞くと、大丈夫です。是非お願いします。との事でした。宮内庁にも、真っ当な人達はいて、私達国民が行動を起こす事を待っているように感じました。
taeさま (kuranishi masako)
2017-05-29 09:09:26
 コメントをいただき、また、貴重な情報をお知らせくださいまして、ありがとうございました。

 若かりし日から今日までの美智子皇后の写真を比較してみますと、別人説は、かなり信憑性が高いのではないかと思います。おそらく、宮内庁のご年配の方は、内情、即ち、別人となった経緯をよく御存じなのではないかもしれません。そして、”郵便番号のない簡単な住所”とは、もしかしますと、皇居なのではないでしょうか。いよいよ、この問題は、重大な局面に至ってるようであり、日本国民も、正面を切ってこの問題に対処すべきではないかと思います。
Unknown (小梅)
2017-05-29 16:16:17
kurahashiさま

お世話になります。

正直、これまで創価を見くびっておりました。
生前退位会見から眞子さまご婚約リークまでで、創価学会が正真正銘文字通りのカルトで、金と権力、政治力をもっていることが証明されたかのように感じました。
日本国民を支配し池田王国の実現へ向けてつき進んでいる。そこにはその目的だけが正義で手段は問わない。
乗っ取り先が学会のルーツからはずれる神道系の天皇家であろうと、共謀相手が統一教会だろうと、関係ないのです。
もちろん、下層の一般信者たちは知らされていないのでしょう。

ただ、創価も統一も、各省庁の官僚を信者に取り込んでいるだけでなく、宗教と切り離された偽装団体をたくさん持っており、政党の垣根を超えた政治家が多くかかわっている現状があります。

ただ、利権・金の取り合いのなかで、上位組織の確執は少なからずあると思います。
政権との確執や、反米、親英、各財閥の思惑など、この流れをよしと思わぬ者らからの工作により突破口が開く可能性もあります。

草の根運動ではないですが、声を上げ続けるとともに、創価や統一の関連企業の商品は買わない、三菱UFJの口座があるなら解約する等、できることはし続けるべきと思いました。

Taeさま
横からですが、ご体験の情報をありがとうございました。

宮内庁の内部にも、現在の皇室のあり方に疑問を持ち、行動しようとしている方々がいることを祈ります。

既成の大いなるものをよりどころにするのではなく、知恵をもって検証し体験を積むことで、むしろ国のあり方、己の処し方を模索し、各々の自立を促している時代。
そう感じます。
小梅さま (kuranishi masako)
2017-05-29 19:17:53
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 本来であれば、公明党の存在自体が憲法違反なはずです。憲法は、特定の宗教団体が政治権力を行使することを禁じているのですから。今般の皇室関連の一連の出来事も、憲法や法律を蔑にしており、問題の本質が同根であることを伺わせております。おそらく、政治の裏側では、相当の予算が創価学会に吸い取られていることでしょう。利権に連なる国土交通大臣はあたかも公明党の閣僚ポスト化しておりますし、生活保護も、公明党の口利きであれば、審査が通るとも指摘されております。

 こうした事実を直視し、国民が創価学会対策を真剣に考えてゆくべき時期が到来しているように感じます。皇室は、もはや日本国の護りとして頼りにはならず、否、日本国民に牙を剥く可能性さえあります。今般の事件により、国民の自立意識が覚醒されるますことを、切に願っております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事