「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

入院中で学校で学びたくとも学べない病気の子の学びの継続、中央教育審議会答申(令和3年1月26日開催、第127回中央教育審議会総会)

2021-01-28 14:24:40 | 小児医療

 教育分野の最重要な答申のひとつが出されました。

 「中央教育審議会答申」

 その中に、入院中で学校で学びたくとも学べない病気の子の学びの継続もきちんと書かれています。

 個別具体的に、中央区でも、入院中の子ども達の学びの継続を行って参りたいと考えます。

●「「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~(答申)」

令和3年1月26日開催、第127回中央教育審議会総会






コメント   この記事についてブログを書く
« 健康教育において、最重要な... | トップ | 東京都 令和3年度 予算案 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小児医療」カテゴリの最新記事