「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

小児科医として伝えていただきたいこと科学的に述べて下さっています。「私は一斉休校に反対する 小児科医が語る変異株の事実」長崎大森内浩幸教授

2021-04-22 09:40:57 | 小児医療

 長崎大森内浩幸教授が、小児科医として、科学的に、変異株に関連して子どもへの対応に関し、重要なことを述べて下さっています。

 (朝日新聞の記事表題のつけ方は、刺激的ですが、決して、森内先生が、一切の一斉休校を反対しているわけではなく、大人の活動をすべて禁止するぐらいのロックダウンが必要な感染拡大の場合には、一斉休校の検討の必要性がでることは留保しながら発言されておられます。)

 朝日新聞:「私は一斉休校に反対する 小児科医が語る変異株の事実」
 ➨ https://digital.asahi.com/articles/ASP4P12ZDP4NUTFL003.html
 本日4/22(木)、朝のNHKでも、インタビューに答えられておられました。

 感染制御と学びの場の保障を両立させて参りましょう!

 感染制御で、大事なポイント。

 一、専門家に聞いて疑問を解消すること

 一、対策を立てる際は、子ども達の意見を聞き、子ども達にお願いする姿勢で臨むこと























コメント   この記事についてブログを書く
« 学問のすすめ | トップ | 中央区が、東京都に対し、一... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小児医療」カテゴリの最新記事