ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

島正 (2) @名古屋市中区・伏見

2018年06月14日 | 名古屋(中区 老舗)

ふと店の前を通ったら中の様子が見え、いつものようにいっぱいではなさそうだったので思わず暖簾をくぐってしまったのは、伏見の創業昭和24年(1949)のどて焼き(味噌おでん)の店「島正」。いつも混んでいて店に入るのは4年ぶりくらい。変形カウンター席はほぼいっぱいの盛況で、少し詰めてもらい入口付近に腰掛ける。自分の後は数人入って満席になった。カウンターの内側には主人と女将さんをはじめ、若いのも2人居て大忙しの様子。涼しい夜だったので最初から「上等賀茂鶴」(広島)を常温でお願いする。近くの老舗「大甚」も賀茂鶴なのだが何かいわくがあるのだろうか。ちろりとコップが渡される。”どて焼き”と呼ばれる味噌おでんのタネは「豆腐」「里芋」「玉子」をお願いした。

平皿に盛られたおでんダネは串に刺さったまま。八丁味噌のつゆがしっかりと染み込んで濃く色づいている。こちらでいつも思うのだが、皿につゆは盛ってくれないのでタネだけ食べる感じになる。どうしてもタネが乾き気味になるので少しでいいから上からかけてくれると嬉しいんだけれど…(頼めばやってくれるのかな)。濃い見ためとは違って口当たりも味もあっさり。「串カツ」を2本追加。味噌でもソースでもOKだが、味噌で。カリッと揚がった串カツが、くぐった味噌でだんだんふやけてくるのも旨い。いつも腹が減っていない時に来るので食べたことがないが、次は「どてめし」か「どてオムライス」を食べてみようっと。(勘定は¥2,100)

以前の記事はこちら

 


 

↓ 道の向こうに建つ、新築なった夜の「御園座」はこんな感じ。

 


 

 

どて焼き 島正

愛知県名古屋市中区栄2-1-19

 

( 名古屋 なごや 伏見 ふしみ しましょう 居酒屋 おでん 味噌おでん どて味噌 島田正吾 池波正太郎 散歩のとき何か食べたくなって きむらや 屋台 みそのざ 歌舞伎 ) 

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 金龍(八代) (3) @岐阜... | トップ | カーリーバーガー @岐阜県... »

コメントを投稿

名古屋(中区 老舗)」カテゴリの最新記事