魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワカメ入り餃子

2019年01月31日 | ~わかめ~レシピ


★材料(4人分)
・生わかめ・・・20g

<餃子の皮>
・強力粉・・・75g
・薄力粉・・・25g
・塩・・・1g
・熱湯・・・60ml

<具>
・鶏ひき肉・・・85g
・レンコン・・・50g
・白菜・・・75g
・生わかめ・・・30g
・しょうが・・・3g
・にんにく(チューブ)・・・3g
・塩・・・1.5g
・しょうゆ・・・3g
・砂糖・・・1.5g
・酒・・・15g
・ごま油・・・2g
・うま味調味料・・・1振り

<つけ醤油>
・醤油・・・18g
・酢・・・5g
・ラー油・・・適量

★作り方
①レンコン…半分みじん切り、半分はおろし金ですりおろす。
 生わかめ…フードプロセッサーにかけて細かくする
 しょうが…すりおろす
 白菜…さっと茹でてみじん切りにし、かるく絞る。

②強力粉と薄力粉を合わせてふるいにかける。熱湯に塩を加え粉に入れて、耳たぶくらいの硬さになるまで練る。こねた生地にぬれ布巾をかぶせて30分寝かせる。寝かせたら、細かくしたわかめを混ぜながら練る。

③②を棒状に伸ばし12個に切り分ける。
切り口を上に向け手のひらで押してから、麺棒で外側を薄く、中心部を厚めにして直径10cm位に伸ばし皮を作る。

④ひき肉に調味料と野菜、わかめを加えてよく練り、12等分する。

⑤皮に④をのせ、皮を半分に折って片方にひだを寄せながら包む。(中のあんが出ないようにふちをしっかりおさえておく)

⑥フライパンに油を熱して、餃子を3個1組にして2列に並べ、中火でこんがりと焼き色をつける。

⑦⑥におたま1杯の熱湯を入れて中火にし、ふたをしてお湯がなくなるまで蒸し焼きにする。

⑧焼き目を上にして盛りつけ、つけ醤油を添えて完成!

【レシピ考案】東北女子短期大学 生活科2年(2019年1月26日開催) 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イカとキャベツの中華炒め

2019年01月31日 | ~いか~レシピ


★材料(4人分)
・いか・・・1杯
・キャベツ・・・150g
・にんじん・・・30g
・さやえんどう・・・10g
・長ネギ・・・15g
・しょうが・・・10g
・サラダ油・・・小さじ2
・ごま油・・・小さじ1
・塩・・・2g

<合わせ調味料>
・豆板醤・・・1g
・オイスターソース・・・小さじ1/2
・しょうゆ・・・大さじ1/4
・酒・・・大さじ1/4
・黒こしょう・・・1振り(0.05g)

★作り方
①キャベツ…大きくざく切り
 イカ…わたを抜いてよく洗い、胴は1cmの輪切り、足は3cmに切る。
 さやえんどう…筋を取り除いて、塩ゆでする
 しょうが…みじん切り
 長ネギ…みじん切り
 にんじん…短冊切り

②中華鍋にサラダ油を入れ、しょうがと長ネギを炒めて香りを出し、イカを入れて強火で炒め、皿に取り出す。

③②にキャベツを入れて炒め、イカを戻し入れて炒め合わせる。合わせ調味料を鍋肌から回し入れ、さやえんどうとごま油を加え、手早く仕上げて完成!

【レシピ考案】東北女子短期大学 生活科2年(2019年1月26日開催) 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鯛ラーメン

2019年01月29日 | ~鯛(たい)~レシピ


★材料(4人分)
・中華麺・・・4玉
・鯛の身・・・半身
・ネギ(白い部分)・・・1/2本
・しょうが・・・10g
・わかめ・・・40g
・ゆで卵・・・2個

<スープ>
・鯛のアラ・・・1尾分
・水・・・2000cc
・ネギ(青い部分)・・・1/2本
・塩・・・小さじ3 ※スープ1500ccに対して0.8%計算
・薄口しょうゆ・・・大さじ1

【下準備】
・鯛は三枚おろしにし、身は切身(8切位)にして塩をふっておく
・アラは湯引きをしておく

■スープ用
 ネギ(青い部分)…5cm位の大きさに切る
 しょうが…皮がついた状態で薄切り

■トッピング用
 ネギ(白い部分)…白髪ネギにしておく
 ゆで卵…ゆで卵を作り、半分に切る
 わかめ…湯通しをして3センチに切っておく

★作り方★
①鍋に2000ccと湯引きした鯛のアラ、ネギの青い部分、しょうがを入れ、弱火で15分煮る。アクが出たらすくい取る。

②15分煮出したら、ザルでこして鯛のアラのスープを取る。スープ1500ccを鍋に戻して、塩と薄口醤油を入れて味を整える。

③鯛の切身はグリルで10分程焼く。

④大きい鍋に水を沸騰させ、麺をほぐしながら2分程茹でて、湯切りをする。

⑤丼ぶりにスープを入れた後に、麺をほぐし入れ、麺の上に鯛の切身、白髪ネギ、わかめ、ゆで卵をきれいに盛り付ければ完成!お好みで千切りしょうがをのせても美味。

【レシピ考案】東北女子短期大学 生活科2年(2019年1月26日開催) 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第81回 おさかな食育クッキングレポート

2019年01月29日 | 料理教室
 

青森県弘前市にある「弘前水産市場」では、魚食文化の普及と食育をテーマに、隔月でお料理教室を開催しています。
2019年1月26日(土)東北女子短期大学において、第81回おさかな食育クッキングを開催しました。旬の食材「真鯛」「生わかめ」「やりいか」を使った中華レシピに挑戦しました。

■■■本日のレシピ■■■


当日の様子を写真でご紹介!



今回のお料理教室も東北女子短期大学の学生さんが主体となり、
レシピを考え、当日の講師も務めていただきました。


弊社伊藤もお魚に関することを皆さんへ説明させていただきました。
今回は「真鯛」の3枚おろしを実演で指導しました。


お魚を捌くのは初めてとのこと。
学生さんにアドバイスを受けながら、鯛は切り身に、ヤリイカはわたを抜いて捌いていきます。


子供たちも興味津々。
なんでもご自宅でも料理のお手伝いをしているんだとか。





今回は市販されている餃子の皮でなく、皮から作る手作り餃子です。
生わかめをフードプロセッサーで細かくして混ぜて、練れば、わかめ入り餃子の皮が完成!
皆さんで楽しく餃子を作りました。


料理が完成したグループからいただきます。
皆で作った料理の味はどうでしょうか?お疲れさまでした!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする