魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

切り昆布とえのきのゴマポン和え

2019年10月30日 | ~昆布~レシピ


切り昆布は、昆布を細切りにして使いやすい形にしたものです。
出汁をとることに使われやすい昆布ですが、切り昆布はサラダや常備菜に使える便利な食材です。今回の和え物は手早く作れる一品で、ちょっとした副菜におすすめです。シャキシャキとろとろの食感を楽しみましょう。


★材料(4人分)
・切り昆布・・・150g
・えのき・・・100g
・モロヘイヤ・・・30g
・ポン酢・・・大さじ1.5(23g)
・ごま油・・・小さじ1(4g)
・炒り白ごま・・・2g


★作り方

①切り昆布はサッと湯通ししてざるに揚げ、3センチほどの長さに切る。

②えのきは石づきを切り落とし、長さを半分に切ってサッとゆでておく。

③モロヘイヤは葉と茎に分けておく。

④モロヘイヤの茎をゆでて、葉も加えてサッとゆで、冷水に取る。

⑤④のモロヘイヤは細かく叩いておく。

⑥白ごまは小鍋でサッと炒っておく。

⑦ガラスボウルにポン酢とごま油を合わせておく。

⑧切り昆布、エノキ、モロヘイヤを入れて和える。

⑨器に盛りつけて、白ごまを振って完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2019年9月21日開催)
<1人当たり>エネルギー:101kcal たんぱく質:7.2g 脂質:4.7g 炭水化物 8.2g

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぶりと白かぶの和風ポトフ

2019年10月30日 | ~ぶり~レシピ

フランスの代表的な家庭料理であるポトフに
和風のテイストを盛り込んだ一品です。
身も心もじんわり温まる優しいスープ。
野菜やキノコもたっぷり食べられる優等生です。

★材料(4人分)
・ぶり・・・1切れ(100g)
・日本酒・・・大さじ1(15g)
・白かぶ・・・大1個(300g)
・しめじ・・・1株(100g)
・まいたけ・・・50g
・長ねぎ・・・1本(140g)
・しょうが・・・50g
・水・・・720ml
・塩・・・小さじ1/2

★作り方

①白かぶは皮をむいて8等分のくし切りに切り、水から7分位下茹でしておく。

②ぶりは一口大に切り、熱湯にサッと通して、冷水にとり、鍋に入れて日本酒を振っておく。

③しょうがは皮をむいて半分は薄切りして、半分はすりおろしておく。

④長ネギは1センチ幅の斜め切り、しめじとまいたけは石づきを切り取ってほぐしておく。かぶの葉は3センチ長さに切る。

⑤②の鍋に水と下茹でしておいた白かぶと薄切りしょうがを入れて火にかける。

⑥⑤がくつくつしてきたら、しめじ、まいたけを入れて火を通す。

⑦長ネギとかぶの葉も加え、塩で味を調える。仕上げにしょうが汁を加える。

⑧器に盛り付けて完成!

【レシピ考案】
東北女子大学(2019年9月21日開催)
<1人当たり>エネルギー:41kcal たんぱく質:2.3g 食塩:1.2g 脂質:1.6g 炭水化物:10.0g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本格!はらこ飯(鮭といくらの親子丼)

2019年10月29日 | ~さけ~レシピ


はらこ飯は、秋から冬にかけ宮城県沖で水揚げされる「天然秋鮭(学名:シロサケ)」を使った宮城県の郷土料理です。「はらこ」はその名のごとく「鮭の腹子」のことです。
鮭の身を甘辛く薄味で煮込み、その煮汁でごはんを炊き、最後に炊いたごはんを丼ぶりにのせ、その上に柔らかく煮込んだ鮭の身と、この子どもであるイクラをのせるのが本来の作り方です。

★材料(4人分)
・秋鮭(生)の切身・・・4切れ(320g)
・塩・・・小さじ1/2(3g)
・米・・・2合(300g)
・水・・・600ml
・昆布・・・5g
・いくら・・・80g
・三つ葉・・・4本(10g)

【A】
・きび砂糖・・・大さじ1(9g)
・薄口しょうゆ・・・大さじ3(54g)
・酒・・・大さじ2(30g)
・みりん・・・大さじ3(36g)

★作り方

①鍋に水と昆布を入れて30分くらい置いておく。

②米は洗ってザルにあげておく。

③鮭は皮、骨付きのまま一口大に切って塩を振って、しばらく置く。

④①の鍋にAの調味料を入れて混ぜ、鮭を入れて中火で6分程煮る。

⑤洗っておいた米を鍋に入れて、粗熱を取った(4)の煮汁を450ml加えて炊飯する。

⑥ご飯が炊きあがるタイミングをみて、鍋に残しておいた鮭と煮汁を火にかけて温めておく。

⑦形が整っている鮭を寄せて、残りの鮭は皮と骨を除いてほぐす。

⑧ほぐした鮭を炊きあがったご飯に混ぜ込む。

⑨三つ葉はよく洗って、2cmほどに切っておく。

⑩⑧のごはんを盛り付け、寄せておいた鮭をのせて、いくらをのせる。三つ葉を散らして完成!

【レシピ考案】
東北女子大学(2019年9月21日開催)
<1人当たり>エネルギー:458kcal たんぱく質:29.7g 食塩:2.5g 脂質:7.4g 炭水化物:62.8g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする